« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

第6回 星なかまの集い イン 西脇 2016/02/27-28

 兵庫県西脇市で完済された星なかまの集いに参加してきました。
 会場は西脇市立青年の家と西脇経緯度地球科学館「テラ・ドーム」を使って開催されました。
 テラドームに入るのは夜の観望会になるので、昼間のうちに記念写真です。
Img_0877w800

 初日のメインは国立天文台副台長の渡部潤一先生の講演で、「宇宙生命は存在するか? -天文学からのアプローチ-」と題して話されました。
 つかみだけで30分ぐらい話され、みなさんの笑いを誘っておられました。
Img_0921w800

 どこへ行っても凄い人気者の、渡部先生のサイン会もありました。
Img_0927w800

 夕食後、テラ・ドームで観望会ですが、夕方は少し雨が降り、最悪の空かと思っていたのですが、観望会途中から晴れてきて星もちゃんと見えました。
Img_0942w800

 テラ・ドームの81cm望遠鏡でも何とか星が見えました。
Img_0955w800

 テラ・ドームではデジタルプラネタリウムも見ることができました。
Img_0960w800

 観望会が終わると待望の乾杯です(笑)
Img_0963w800

 記念写真をもらいました・・・m(_ _;)m
P1150598b

 引き続き?2次会の乾杯です(笑2)
Img_0972w800

 2日目の朝・・・なかなか眼が覚めず、危うく朝ご飯に間に合わないところでしたが、辛うじてセーフでした。
 2日目はポスター発表で、私は、C14シュミカセ改造について報告しました。
Img_0904w800

 仲間のKasebeさんは、2017年の北米皆既日食ツアーの現状とツアー勧誘報告されました。
Img_0988w800

 お昼からは大ビンゴ大会で、ブラック星博士が進行司会をする賑やかなビンゴ大会で、私は辛うじてクリアファイルをいただきました。
Img_1009w800

 最後に、森本奨励賞の発表、渡部先生から授与されました。
Img_1018w800

 無事、2日間を乗り越えました。

 C14の改造報告もできたし、まずまずの2日間でした。

| | コメント (0)

彗星研修会 2016/02/24

 プラネタリウムのワーキンググループで、彗星探査機ロゼッタと彗星のことについて勉強会があったので、参加してきました。
Img_0839w800

 まずはプラネタリウムで「ロゼッタ、彗星を探査せよ」の投影を見学です。
Img_0844w800

 チュリモフゲラシメンコ彗星の大型映像や詳細な画像が出てきました。
 さすがにそれは撮してません(笑)
Img_0843w800

 研修室に戻って、LLP京都虹工房の小林先生から「彗星核の形と組成から探る太陽系の形成」の講演です。
Img_0846w800

 そして、大阪大学大学院の藪田先生から「彗星の有機物と水」についての講演がありました。
Img_0853w800

 私の頭ではなかなかついて行けない濃ぉ~いお話でした。

 研修が終わったころ中之島界隈は日暮れておりました。
Img_0855w800

 そして、頭を使った後はこれです。
Img_0856w800

 夜遅くまで、喧々諤々・・・お疲れさまでした。

| | コメント (0)

ZWO ASI 178MM 2016/02/25

 何かの気も迷いかポチってしまいました。
 Skyris132Mに替わるモノクロ版のPCカメラを探しているところではあったのですが、も一つ、これだ!と言うのがありませんでした。
 で、ネットを見ているとソニーのCMOSセンサーIMX178LLJを使ったカメラが出ているではありませんか。
 IMX178はカラーセンサーが出ていたのですが、確かモノクロ版はなかったのでした。
 で、これはと思ってついポチってしましました。
 ZWO ASI178MMです。
Img_0860w800

 IMX178は裏面照射型CMOSイメージセンサで高感度と宣伝しています。
 2.4µm角単位画素で小さく、最大3000×2000ピクセルの画像を得ることができます。
 こんなに多くの画素は惑星には要らないのですけどね。
Img_0874w800

 最新のドライバーのインストールが簡単にできないなど、色々苦労しましたが、何とか使えるようになりました。
 木星もちょっと試写してみましたが、現在の撮影システムでは拡大率が高過ぎてまともな画像を得られませんでした。
 そこで、木星を後から追いかけている月を撮影してみました。
 C14の直焦点です。
 ココログの制限で画像は小さくなっています。
Moon_170118_zwo_asi178mm_8

 ZWO ASI178MMはローリングシャッターなので、シーイングの悪い月面を見ていると、こんにゃく現象のおかげで月酔いをしそうです(笑)
 この時の撮影では、高速SSDが木星で満杯になったので、ハードディスクにキャプチャーしたのですが、何と6FPSしかキャプチャーできませんでした。上の月面は600フレームから300フレームをAutoStakkert!2で抽出した後、Registax6でウエーブレットしています。
 どちらにしても、全画素が表示されていないので、とってもやりにくいところです。

 惑星撮影に使えるかどうか微妙な気もしますが、せっかくの購入なので使えるようにがんばってみたいと思います。

| | コメント (0)

木星 2016/02/25-26

 久しぶりに晴れました。移動性高気圧がやって来て、シーイングが良くなるかと思ったのですが、最悪ではないものの大ボケ有りのしっちゃかめっちゃか気流残念でした。
Kmj2016022515h00mut

 それでも大赤斑は良く見えているので、何とか画像にはなりました。

 思っていたよりは寒く、明け方でベランダは2℃、地上は氷点下になっていました。

 ZWO ASI224MC単独の画像も載せておきます。
Kmj2016022514h49mut

 どちらにしてももう少しシーイングが良くなって欲しいですね。
 衝まであと僅かです。

| | コメント (0)

忙しい雲 2016/02/19

 昨夜の木星は雲も多くてシーイングも悪くて、超がっくりのお天気でした。
 今日になって気象衛星ひまわりの画像を見ると、とっても忙しい雲が見えていました。
Kumo00

 赤丸の雲がそれで、昨夜、堺のベランダ木星にダメージをくらわした雲は、早々と今朝は関東沖まで出かけていたのです。
 途中、名古屋も通過しました(笑)
 全般的には高気圧に覆われていたのですが、小さな低気圧とそのお供の低気圧気団にこてんぱんにやっつけられました。

 なかなかシーイングの予想は難しいですね・・・

| | コメント (0)

木星 2016/02/18-19

 移動性の高気圧に覆われて、良く晴れる予報だったのですが、ベランダからの木星時間は低い雲がひっきりなしにやって来て、シーイングも悪く、がっくりでした。
 雲間からの撮影です。
Kmj2016021814h42mut

 雲が通る1500mぐらいのシーイングが悪く、概ね南西からの気流でした。
 地上はほぼ無風状態で、低層気流は右往左往、高層は南西からの気流でした。

 日本のどこかで良いところがあるんでしょうね・・・

| | コメント (0)

木星 2016/02/17-18

 久しぶりに晴れました。
 夕方まで時雨れたりして不安定な冬空でしたが、夜になって晴れてきました。
 ベランダからの木星時間は早くなって23時過ぎには撮影できるようになりました。
 シーイングはまずまずですが、高層は南西の気流、中層は西からの気流、低層は右往左往のメラメラ気流で、時折大ボケもありました。
Kmj2016021715h10mut

 Derotationを掛けているので、衛星イオの本体も影も伸びています。

 ZWO ASI 224MC単独の画像も上げておきます。
Kmj2016021715h48mut

 大赤斑が登場し始めています。

 2時間近くの撮影で、256GBのキャプチャー用のSSD(USB3)の空きがが205GBだったのですがいっぱいになってしまいました。
毎回ごとの撮影データーは、3TBのハードディスクに移動して保存はしていますが。
 もう少し大容量のSSDが必要かも知れませんが、先立つものが・・・

| | コメント (0)

木星 2016/02/11-12

 移動性高気圧に覆われ、とってきれいな青空が続き、季節風による低い雲も遠退いて、シーイングが昨夜よりも良くなるだろうと期待しましたが、ぜんぜんだめでした。
Kmj2016021114h39mut

 木星を見ていての気流は中・高層で西からの気流が見えましたが、その他はめろめろで右往左往していました。
 この日 Windytyを調べてみると、低空は南風になっていました。
 移動性の高気圧が、一度、太平洋沿岸に下がった季節風による雲を、また引き上げていたようです。
 まあ、要するにしっちゃかめっちゃかの気流になっていたのだと思います。

 あまりのシーイングの悪さで、撮影意欲が無くなり途中で寝てしまいました(笑)

| | コメント (0)

木星 2016/02/10-11

 夕方までは、けっこう冷たい北風が吹いていましたが、木星時間には地上はほぼ無風状態になっていました。
 シーイングは思ったよりも良く、低層が北から、中・高層が北西からの気流で、乱高下はありましたが、撮影中もほぼ模様が見えていました。
Kmj2016021015h57mut

 ZWO ASI224MC単独の画像も上げますが、モノクロ時よりもシーイングが悪く、長時間のDerotationで引っぱりましたが、間の時間があるので、上手く処理できず、特に右側のリムが不自然になってしまいました。
Kmj2016021016h05mut

 これぐらいのシーイングが続くと嬉しいのですけどね。

| | コメント (2)

JPA研修会イン琵琶湖 2016/02/08-09

 ほんとは3日間ある研修なんですが2日間だけ参加してきました。
 プラネタリウム業界も現役を離れて久しいのですが、そろそろ本格的な終わりかなと思って、最後?の参加に行って来ました。
 琵琶湖のほとりにあるラフォーレ琵琶湖で開催されました。
 てっぺんだけ雪をかぶった比良山系です。
Img_0780w800

 何度か来ているこのホテルですが、もう30年以上・・・
Img_0807w800

 色々な研修があるのですが、星のお兄さんの爆笑ウエルカム投影と、渡部潤一さんの「異空間に望むもの」笑いがいっぱいの講演がありました。
Img_0796w800

 プラネタリウムドーム内で記念写真ですが、ドローンを飛ばして記念写真です。
 も一つ上手く飛んでいませんでした(笑)
Img_0804w800

 夜は情報交換会です。
 いっぱい楽しいイベントがあったのですが、写真がありません。
 普通の写真です。
Img_0811w800

Maruさんとこから勝手に画像をいただきました・・・m(_ _;)m
乾杯です。一番奥に私が居ます。
Biwako_n1

 プラネタリウムにもゆるキャラなどがいっぱい居てます。
Biwako_n2

 レッドさん・・・おいらが写らないにゃ・・・
Biwako_n3

この後、部屋に戻ってと言うか2次会があったのですが、年甲斐も無く若人の中に入り午前3時までグダグダと参加しました。
 疲れました・・・

 2日目も研修がいっぱいです。
 キャラを使ったプラネタリウム・・・びわっちくんは・・・ここ、ラフォーレ琵琶湖のキャラです。
Img_0820w800

 ベテランたちの模擬投影もありました。
Img_0825w800

 私の参加したグループは、キャラを使ったプラネタリウム番組を作ることでして、リハーサルなどいっぱいしました。
 短い時間で組み立てるのはとっても大変です。
 びわびわ~びわっち!!!
Img_0834w800

 びわっちくんを助けています・・・奧が私です(笑)
Biwako_n4

 私たちの研修グループメンバーです。
_dsc7670sw800

 私は発表本番の3日目まで参加できませんでしたので、ちょっと残念でした。

 疲れましたが楽しい二日間をいただきました。
 あぁ、私は個人会員で入っていますので何ごともフリーです・・・たぶん・・・

| | コメント (0)

木星 2016/02/07-08

 ちょっと冬型で寒いですが良く晴れました。
 シーイングは不安定で乱高下が激しく、何とか良く見えそうな時間が短く、写りに差が激しく、もひとつでした。
Kmj2016020716h25mut

 と、言いながらも悪いシーイングながら何とか写っています。
 疲れるシーイングです。

| | コメント (0)

木星 2016/02/05-06

 午前1時過ぎに撮影しようと始めると、曇ってきました。
 時々雲間から木星は見えるのですが長続きしません。
 諦めようかと思っていたころ大きな晴れ間がやって来ましたが、木星は南中を過ぎて、上階のベランダにケラレてしまっていますが、大赤斑も見えていることだし、強行して撮影しました。
Kmj2016020518h03mut

 上空には南西からの気流が強く、中低層は右往左往していて、木星が忙しく揺れていました。
 なかなか良いシーイングには当たりませんね。

| | コメント (6)

MARS ウイスキー 2016/02/05

 国産のウイスキーです。
 今シーズンの火星はまだ撮影していませんです。
Img_0765w800

 気合いを入れてがんばろう!!!!

 (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木星 2016/02/03-04

 昨夜より空の状況は良さそうで、大赤斑がこちらを向くベストタイミングで、期待して望みました。
 シーイングは西からの気流で、見えそうで見えない、そこそこのシーイングの時間が非常に短くて、Derotationを行うにもコマが揃わない状況でした。
 LRGBは、L画像3ショットだけでDerotationをやってみましたが、ノイズ消しと言う意味では少ないようです。
 ちょっと・・・イマイチですが、大赤斑が中央ですから良しとしましょう。
Kmj2016020316h19mut

 雲の通過などもあって、暫くシーイングが悪くなり諦めかけていたのですが、木星が上階のベランダにケラレるようになってから、ちょっとシーイングが良くなったと思って撮影した
ZWO ASI224MCによる木星です。
 2ショット分しか良くなかったので、Derotationではなく、2画像を中央の模様で位置合わせし、加算平均コンポジットしました。
Kmj2016020317h03mut

 どちらが良く写っているかはドングリの背比べの範疇ですが、ZWO ASI224MCの方が少し良く写っているようです。ほんとに僅かです。

 不安定なシーイングに振り回されている感じがしますが、日本のどこかでもっと良いシーイングのところがあるんだと思うと、良いシーイングが堺にやって来るのを待ちたいと思います。

| | コメント (7)

木星 2016/02/02-03

 久しぶりに一晩中良く晴れました。
 しかし、撮影途中で睡魔に襲われ中途半端な撮影になってしまいました。
 シーイングは思ったほど良くなく、北からの気流でメラメラでした。
Kmj2016020215h48mut

 まあ、それでもちゃんと?撮せたので良しとしましょう。

 明け方、眼が覚めた時には月と惑星たちが並んで輝いていました。

| | コメント (0)

今夜は晴れそう 2016/02/02

 今、20時台は良く晴れていて、C14の光軸修正を行いました。C14の光軸はC11以上に良くずれます。ベランダに載っかっているだけなのでそんなに動くはずはないと思うのですが、良くずれます。
 Windytyの3000mを見ると、一番、悪気流でえげつないと思われる南海上の前線に伴う南西からの気流は、南へ下がって大阪あたりは関係なさそうです。
20160202windyty

 もちろん完璧ではありませんが、なんとかなりそうです。
 ただ、光軸修正の時に見た内外像によって見える気流は、望遠鏡の直ぐ近くのメラメラ気流でした。
 木星時間の夜半にどれぐらい持ち直しているかとっても楽しみです。

 持ち直していないかも・・・(笑)

 話は変わって、このブログのカウンターが間もなくオール7になりそうです。
 ラッキーセブンになるかどうかは分かりませんが、多くのみなさまのおかげです。
 ありがとうございます。

 あぁ、当たった人は幸運だと思います。
 ただ、何も私からは出ませんです(笑2)

| | コメント (0)

やっと木星 2016/01/31-02/01

 久しぶりに木星撮影。
 と言うか、1月31日(日)の大阪は朝から快晴が続き、小さな太陽黒点も良く見えていました。
 ところが夕方ぐらいから雲がやって来て、夜半過ぎの木星は薄雲の中で迎えました。
 撮影するかどうか迷ったのですが、久しぶりに見えているので撮影を決行です。
 薄雲があって透明度はイマイチで、撮影ゲインを上げたのでノイズまみれでして、ごまかすのに必死でした(笑)
Kmj2016013116h15mut

 眼視で見るよりは良く写っているのですが、これ以上は難しいですね。
 南西からの気流が暴れていて、詳細は写りませんでした。

 衝まで、後一月ほどになり、視直径は大きくなってきました。

 衝のころに良いシーイングを待ちたいと思います。

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »