« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

白鷺公園の花菖蒲 2015/05/31

 堺の小学校では、いわゆる運動会が秋ではなく5月に行われることが多くなり、今日が一番のピークです。
 とは言っても今の私には直接関係ないのですが、天気予報よりもお天気は良くなり、青空が見える運動会日和です。
 大阪府立大学の近くに白鷺公園(しらさぎこうえん)が有り、堺では菖蒲の花が有名で、満開を迎えているというのでちょっと花見に出かけました。
Dsc_4227w800

 いろんな種類があるのですね。
Dsc_4286w800

 写真を写す割に花のことは何にも分かっていない・・・のです。

 白鷺公園なんですが、小さな蓮の花のところではアオサギが鎮座していました。
 (指導をいただきました:小さな蓮の花は、未草(ヒツジグサ) 別名:睡蓮(スイレン)と言うんだそうです。)
Dsc_4265w800

 白くて小さな蓮の花です。(睡蓮)
Dsc_4345w800

 大蓮の花は、まだ蕾状態で、咲いているものはありませんでした。

 まだ雲が多いですが、夜には晴れるのでしょうか。
 

| | コメント (0)

土星 2015/05/29-30

 低気圧の雲の固まりが過ぎた後、東からの強い風が吹いていたのですが、夜に入り風はなくなり蒸し暑くなってきました。
 シーイングは良い方に行くかと思ったのですが、覗いてみると、上空高いところには西からのザワザワ気流があり、も一つ良くありませんでした。
 ただ、画像処理してみると、見かけのシーイングよりもまともな土星像が現れてきました。
Kms2015052914h16mut

 環の詳細は難しいですが、まずまずの写りです。

 でも、もう少し良いシーイングが欲しいですね。

| | コメント (0)

ZWO ASI120MCによる土星 2015/05/29

 5月26日は思った以上に写った土星ですが、LRGB合成のカラー情報を受け持っているPCカラーカメラ、ZWO ASI120MCによる土星はなかなか表に出ないのですが、まずまずの写りをしているので、単独画像として登場です。
Kms20150526zwo_asi120mc

 細かいノイズが見えていますが、解像度を重視して、ボカシは少ししか入れていません。
 1/5秒露出、5FPS、180秒×3ショット、AutoStakkert!2で、80%をスタックしています。
3ショットの時間がかなり離れていますがDerotationはせずにそのままコンポジットしています。
 大気の色分散は基本的にバリアブルウエッジプリズムで補正していますが、モニター上では限界があるため、Registax6のウエーブレット時にR・G・Bの位置合わせを僅かですが行い、最後にこれも僅かですがPhotoshopCS上で最後のR・G・Bの位置合わせをしています。
 ただ合わせても、2ピクセルあるかないかです。
 LRGB合成の時は彩度を上げていますが、これは触っていません。

 1/5秒露出としては良く写っている方だと思います。

| | コメント (0)

土星 2015/05/26-27

 北からの高気圧に覆われ、朝から夜までほぼ快晴状態が続きました。
 ただ、日中の気温は高く30℃まで昇り、北の高気圧とは思えないほど蒸し暑く感じられました。
 シーイングは相変わらずメラメラ気流なのですが、今夜は昨夜までの西風メラメラとは違って、上空は東からの気流でメラメラです。
 モニターを見ている限りでは昨夜とあまり変わらない揺れと思っていたのですが、画像処理をすると、一段以上、良く写っていました。
Kms2015052614h38mut

 良く写っていたので、Registax6のウエーブレットのパラメーターを、若干シャープ側に寄せました。
 環の両サイドはエンケの隙間も写り始めています。
 ただ、南北のA環には擬似エンケの隙間みたいな暗線が入り、もひとつよろしくありませんが、クリストファー・ゴーさんの土星にもこの暗線が入っているので、まあ、いいか・・・(笑)

 見た目のシーイングよりも、良くディティールが出ました。

| | コメント (0)

土星 2015/05/25-26

 昼間は雲が多かったものの夜に入って晴れてきました。相変わらず透明度は悪いのですが、シーイングは昨夜より少し良くなっています。
 とは言っても相変わらずメラメラ気流で、上空は西からのメラメラで、土星ははためいていました。
Kms2015052515h10mut

 今回は北極の六角形が上手く捉えられたようです。
 環の詳細は写りませんでした。

 後、暫く粘るしかないようです。

| | コメント (0)

土星 2015/05/24-25

 夕方ぐらいから晴れてきて、薄雲は通るもののまずまずのシーイングになりそうな雰囲気でした。
 ところが気流はメラメラで、概ね西からの気流ですが、全体的には右往左往していました。
 メラメラの割にはカッシーニの隙間もまずまず見えていたのですが、残念ながらシャキッとはいきませんでした。
Kms2015052414h46mut

 衝、一日後です。環が明るく写っています。
 衝の日は残念ながら曇りで、撮影することはできませんでした。

 梅雨前線が北上しています、梅雨に入る前に良いシーイングを期待したいですね。

| | コメント (0)

土星 2015/05/19-20

 雨を降らせた前線が通過し、じわじわと晴れてきて、夕方ぐらいからはほぼ快晴となりました。
 ただ、台風が南海上にあって、どんな気流になるのか興味津々でした。
 上空は西風、中層は北風、低層は東風?地上は東風微風でした。
 上空の西から北からやって来る気流は土星を波打たせており、忙しく揺れ動かしていました。
 しかし、激しく揺れる割にカッシーニの隙間が全周に渡って見える瞬間が多々有り、全体としてはそこそこの気流となり、そこそこの画像が得られました。
Kms2015051915h20mut

 揺れ動いているけれど、そこそこ見える状態は、スタックソフトの活躍が期待できる、本領発揮できる状況だと思います。
 マルチポイント、マルチアライメントの独壇場です。

 衝、間近になって環が明るく、とっても気持ちの良い土星でした。

 良くを言えばもう少しシーイングが良くなって欲しいものです。

| | コメント (2)

土星 2015/05/17-18

 晴れそうで晴れないというか、曇りそうでも星は見えている。
 淡い雲が広がっているのですが無理して撮影してみました。
 高層は西風、中・低層は東風から右往左往状態で、地上は東風微風でした。
Kms2015051715h27mut

 シーイングは良くありません。

 衝が近くなったので土星の環が明るく見えているのですが、これだけシーイングが悪いと詳細は見えません。

 環が明るい内にシーイングが良くなって欲しいものです。

| | コメント (0)

C14の補正板カビ取り 2015/05/17

 セレストロンC14の改造はまだまだ先ですが、補正板のカビ取りぐらいなら直ぐできそうなのでちょっと挑戦。
 まずは補正板を止めているリングを外します。インチ規格の六角レンチはC11のために持っていたので楽勝です。
Img_7024w800

 リングを外すと補正板の位置決めをしているコルクが3箇所見えていました。
 マジックで位置をマーキングしておきます。
Img_7043w800

 副鏡ホルダーを持って補正板を外そうとしましたがなかなか外れません。
 シンナーなどの有機溶剤を流し込もうかとも思ったのですが、ゴソゴソしている間に外れてしまいました。
 以前の所有者が副鏡あたりまでは触っているのか、副鏡ホルダーのネジ固定剤は外れていて、補正板から副鏡ホルダーを取り外すことができました。
Img_7058w800

 補正板は青板ガラスでコバ取りもしていないもので現有のC11と同じ状態でした。
Img_7046w800

 補正板を風呂場に持って行き、台所用の中性洗剤で洗います。
 指の腹を使って少し撫でてみました。
 これで普通のカビは取れるはずです。
Img_7049w800

 副鏡も2箇所ほどカビがありましたので軽く洗いました。
 主鏡は良く見てもカビらしいものは殆ど見えませんので、今日は触るのをやめておきました。
Img_7064w800

 補正板固定リングに貼ってあるコルクから接着剤?が、はみ出していたのでカッターでカットしました。
Img_7060w800

 元に戻して補正板をストロボ撮影です。
 拭きムラやホコリは見えますがカビは消えたようです。
Img_7076w800

 写真には写っていないのですが、良く見ると補正板のコーティングがハゲ始めていました。
 実害はないかと思いますが、歳でしょうか?

 今日の作業はここまでです。
 覗けるようになるのはまだまだ先・・・です。

| | コメント (4)

大きなポチ 2015/05/16

 2回目の退職記念に大きなポチをしてしまいました。
 新品を購入する財力はないので、またしても中古品です。
 今朝、ヤマト便で届きました。
 でかっ!!
 狭い玄関には簡単に入りません。
Img_6988w800

 重さは35kgぐらいなんですが、玄関からの移動も困難なので、玄関で荷物の解体です。 くしゃくしゃの新聞紙広告でいっぱいです。
Img_6990w800

 ちなみに、くしゃくしゃの新聞紙ならびに広告チラシは約3.3kgの重さがありました。
 新聞紙を取り除くと、プチプチに巻かれた鏡筒が見えてきました。
Img_6993w800

 登場です!
 でかっ!!
 セレストロンのC14です。
Img_6996e800

 C14は室生観測所でも見てるし、あちこちで見ているのですが、狭い我が家に来ると一段とでかいです。
 今、世界の惑星撮影は、口径35cm~40cmの望遠鏡が高解像の標準になりつつあります。
 狭いベランダでは、現在所有しているC11(口径28cm)でも限界に近い大きさになっているのですが、どうしても夢を諦めきれず挑戦することにしました。
 狭いベランダで、ホントに載るのかどうかを含めて考え直さないといけないかも知れませんが・・・

 この個体はCPにカビ多数、主鏡にカビ少し・・・とありましたので、覗いてみましたがぱっと見には、それほどでもないかな・・・
Img_7011w800

 そこでカビを目立つようにフラッシュを焚いて強調してみました。
 カビだらけです・・・
Img_7013w800

 お金を払ってオーバーホールして貰ったら綺麗になりそうですが、そんな余裕はありません。
 自分の力でカビ取りをすることにします。

 C11の架台のパルスモーター回路の改造計画も、C14への変更を含めて白紙に戻らないといけないかも知れません。
 まあ、次の木星が東の空に観測できる11月ごろを目処に全体を考えていくことにしましょう。
 ぼちぼちまいります。

| | コメント (11)

土星 2015/05/13-14

 台風一過の青空が一日中広がっていました。
 ただ、風は強く、青葉の木々が激しく揺れていました。
 夜に入って地上は穏やかな風になったのですが、上空は強い西風が残り、シーイングはガタガタでした。
Kms2015051314h20mut

 むりやりの画像は汚いですね・・・

| | コメント (0)

クローバーじゃなかった 2015/05/10

 ベランダで鉢植えの花桃を植えている鉢にクローバーがいつからかやって来て葉っぱがいっぱいになってしまっていました。
 ところがその隙間からピンクの花が咲き始めました。
Img_6921w800

 クローバーってこんな花が咲いたっけ?
 て、ふしぎでネットで調べると違いました。
 この花はオキザリスと言う花で、葉っぱの形が似ているのでよく間違えられるそうです。

追記:岐阜の大御所からこれは普通「ムラサキカタバミ」と呼ばれているのだそうです、と、教えていただきました。:追記終わり

 私はずーっと元気なクローバーだと思っていました(笑)

| | コメント (0)

続々パーツ 2015/05/09

 まだプログラムもできていないのに、パーツ集めで自分の背中を押しています(笑)
 まずはギヤー。
 モジュール1の平ギヤー15Z、穴径Φ5mmです。
 パルスモーターの出力軸に付けて現稼働中の赤経部に入ります。
 500円ほどなんですが、送料手数料でその3倍。
Img_6910w800

 次は、L6470パルスモータ駆動回路の追加です。
 今考えているのは、C11が載っている架台のモーター駆動部を、Arduino+L6470 3組で、赤経モーター、赤緯モーター、フォーカスモーターの3箇所をリニューアルしようと考えています。
Img_6920w800

 左に写っているパルスモーターのシャフトがネジになっているものは、今回の改造とは関係がなかったのですが、前から気になっていたので、ついでに購入したものです。
 カセグレン系の副鏡を動かしたり、フーコーテスターを動かしたり、光軸修正なんかにも使えるかも知れません。
 思ったよりガタがあるので使い方は工夫が必要でしょうか。
 いつまで経っても使う機会がないかも知れませんが・・・ まぁ、いいでしょう。

| | コメント (0)

ひとつ分かりました L6470  2015/05/06

 昨日、日本橋でパーツを買って少しでも前に進まないといけないArduino+L6470なんですが、今日やってて分かったことがありました。
 L6470は 128分割できるマイクロステップ型のステップモータードライブなんです。
 これを、マイクロステップの分割数を変更することによって、回転速度を変更できると思っていたのです。
Img_6903w800

 ところが、マイクロステップの分割数を変更しても回転速度が変わりません。
 たぶんそう言う仕様のようですが、取説を見てもそんなことは書いてありません。

 そこで、18:1のギヤーヘッドが付いているものでは恒星時速度から20倍ぐらいしか最大速度が速くなりません。
 しかたなく、ギヤーヘッド無しのステップモーター用にプログラムしてみました。恒星時の250倍ぐらいまで行けそうです。
 恒星時駆動での遅いステップ数でのモーターの振動を心配したのですが、さすがに128分割マイクロステップです。モーターを手で触っている限りでは振動はなさそうでした。

 まだ良く分かっていませんが、ほんの少し進化したようです。

| | コメント (2)

土星 2015/05/05-06

 昼間は綺麗な青空だったのですが、夜は思ったほど透明度がありません。満月過ぎの明るい月の周りは白くぼやけていて、月の光芒に隠れて土星が肉眼で見えません。
 シーイングも上空に西からの気流が入り、中層では南西の気流、地上は東風とガタガタでした。
Kms2015050515h13mut

 撮影中、モニター上で殆どカッシーニの隙間が見えないほど暴れていましたが、画像処理をするとそこそこ現れるので、画像処理様々でした。

 光軸合わせを撮影前にスピカで行いました。
 その結果かどうかは分かりませんが、前回のような像の流れはありません。

| | コメント (0)

パーツ買いに大阪日本橋 2015/05/05

 こどもの日、子どもたちはお父さんの相手をしてくれなくなったので、天気イイし、チャリで大阪日本橋までツーリング。
 昨日までとは変わって北の高気圧が張り出してきたせいか陽射しは暑いものの、風は心地良い。
 デジットとシリコンハウスで、そこそこ買い出し、写真は帰ってきてから撮影。
Img_6901w800

 日本橋の直ぐ南は新世界で通天閣があります。
 連休中で人がいっぱい。
Img_6885w800

 通天閣はさほど高さはありませんが、大阪のシンボルです。
 今日の青空に抜け出しています。
Img_6887w800

 もう、人がいっぱいです。
Img_6889w800

 帰路、ツツジで有名な堺の浅香山浄水場の側を通りましたが、すでに閉まっていたので隣の遊歩道のツツジをメモ写真しました。
Img_6892w800

 堺から大阪日本橋まではチャリで約1時間ほどです。
 ちょっとした運動です(笑)

 パーツは買っても、なかなか前に進まないコントロール回路ですが、まあ、ぼちぼちまいります。

| | コメント (2)

土星 2015/05/02-03

 月面撮影の後、土星を見ると、けっこう揺れていて撮影をやめようかとも思ったのですが、じっくり見てるとカッシーニの隙間もそこそこ見えているので、撮影決行です。
 天気予報ではこれから曇りなので、曇る前にと慌てて撮影しました。
Kms2015050214h55mut

 やっぱりそれほど良くないので、4ショットで終了です。
 あまり良くありません。特に南北方向と言うか北方向に像が流れていて、カッシーニの隙間のゴーストがB環やA環に出てしまっています。
 AutoStakkert!2のパラメーターを変えても変化ないので、撮影時に問題があったみたいです。

 5月に入りましたね。衝まであと20日です。

| | コメント (0)

また月面 2015/05/02-03

 もやっているけどイイ天気が続いています。
 シーイングは上空に東風がさざ波のように流れているのですが、大ボケはなくそこそこのディティールが見えると言う不思議なシーイングです。

 まずはアリスタルコスです。
 昨夜より平板になりました。
Kmaristarchus20150502

 昔、グリマルディ、今、グルマルディ?と、昔、Saheki です。
Kmgrimaldi20150502

 最後は、ダーウィンとシルサリス谷です。
Kmdarwin20150502

 C11+Nikon EiC-16+YA3フィルター+Skyris132M+AutoStakkert!2+Registax6+PhotoshopCSで、Skyris132Mはゲインが150/2047で、昨夜よりゲインを少し下げました。

 月を撮していると、切りがない(笑)
 フルサイズでデーター量が半端ない・・・

| | コメント (0)

久しぶりの月面 2015/05/01-02

 大きな高気圧に覆われているような筈なのに薄雲っぽく月が黄色です。
 シーイングもも一つなんですが、揺れている割にはそこそこ見えているので久しぶりというか、このSkyris132Mでは月面撮影は初めてでしょうか。

まずはアリスタルコスです。
Kmaristarchus20150501w1000

 そしてリュンカー山の夜明けです。
Kmrumker20150501w1000

 最後にでっかいシッカルトです。
Kmschickard20150501w1000

 C11+Nikon EiC-16+YA3フィルター+Skyris132M+AutoStakkert!2+Registax6+PhotoshopCSで、Skyris132Mはゲインが200/2047で撮影しています。
 全体にそこそこは写っていると思うのですが、最後の一伸びがありません。
 もっとグリグリしたい衝動に駆られますが、自重しました(笑)

 土星の時間帯にはもっと薄雲のようなのが濃くなってきたので、今夜は月面だけで終わりました。

| | コメント (0)

土星 2015/04/30-05/01

 夕方の月を見たときは、あまり良いシーイングとは思わなかったのですが、夜半に土星を見るとなかなかの良いシーイングでした。
 ただ、良くは見えているのですが、土星は忙しく小刻みに波打っていまして、最終的にどの程度に仕上がるか、ちょっと不安でした。
Kms2015043015h36mut

 環の両サイドは微かにエンケの隙間が写り始めています。
 また、Derotationのおかげで、北極の六角形も何とか捉えることができたようです。

 九州の横に冷たい低気圧が居座り、それに向かって流れ込む東からの気流が主流のようです。
 地上は緩やかな東風でした。

 12本撮影したショットをWinJUPOSのDerotationで全部コンポジットしました。
 あともう少し解像度を伸ばしたいですね。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »