« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

木星 2015/01/29-30

 久しぶりに気温が下がりながら晴れました。
 シーイングはさすがに期待していないのですが、前回大赤斑が中央通過にもかかわらず、撮影しなかったので、今夜は諦めムードでも撮影しました(笑)
 予定どおり、大赤斑は見えていますが、シーイングはガタガタです。
Kmj2015012813h27mut

 大赤斑の経度は、体系Ⅱ=224°でした。
 後退しているというか、経度的には増加の一途を辿っています。

 気流は北寄りの流れですが、高層は西から北西の流れ、中層は北寄りの流れ、低層は北東寄りの流れでした。

 撮影中、思ったより雲が多く後半は完全に曇られてしまいました。
 ベランダからの撮影可能時間は21時半から23時半になり、間もなく衝を迎えます。

 撮影時刻はだんだんと早くなり、生活時間に食い込んできました。

 もうちょっと良いシーイングを待ちたいと思います。

| | コメント (0)

アライメントポイント数 2015/01/25

 昨夜(1月24日)の木星画像をもう少しがんばって処理してみました。
 報告画像はAutoStakkert!2でアライメントポイント数を8個、ボックスサイズは200でした。
 置く位置はSEBとNEBの縞の上で、それも中央付近でした。
 今日は、アライメントポイント数を22個に増やし、ボックスサイズは少し小さめの150でした。プリントスクリーンが上手く機能しないので画面をカメラで撮りました。
Img_6283w800

 結果が以下です。
 差は微妙ですが、シーイングが良ければやはりポイント数を増やした方が良いようです。
Kmjup_ap8vsap2210

 最後の、ap8+ap22 はそれぞれの画像をコンポジットしたのち画像処理したものです。
 僅かですがこれも良くなっています。
 最後の方法が良いかどうかは分かりませんが、さしあたり有効ではないかと思いました。

 画像処理は複雑ですね(笑)

| | コメント (0)

木星 2015/01/24-25

 少し冬型の気圧配置が緩み、シーイングが良くなる方向にあるのですが、日本海に弱い低気圧があって、雲の流れが良くありません。
 おおよそ晴れは続いているのですが、雲も通り、木星も今ひとつスカッと見えません。
 シーイングはまずまずで、大ボケはないのですが、けっこう木星の揺れは忙しく、思ったほど細部は写りませんでした。
Kmj2015012414h01mut

 SEBは淡化傾向にあるんでしょうかね。強い模様が減ってきているようです。

 昨日、23日夜も木星は眺めましたが、余りにも酷いシーイングで、大赤斑が見えているにもかかわらず、撮影しませんでした。

 まもなく衝になりますが、良いシーイングをひたすら待ちたいと思います。

| | コメント (0)

いっぱいがんばって画像処理ラブジョイ彗星 2015/01/22

 1月20日分のラブジョイ彗星の画像処理にがんばってみました。
 フラットを撮影していないので、びんたんさんの「フラットエイド」を利用させていただきました。ありがとうございます。
 後はできる範囲で強調しています。美しさはありません(笑)
Kmlovejoy20150120180mmf4w1600

 NikonD600 NIKKOR ED 180mm F2.8Ai →F4 ISO6400×30sec×10frame×2
心眼で見れば昴を越えて尾が伸びています。

 同時にキヤノンEOS Kiss X2 に、NIKKOR-S 55mm F1.2 →F2.8 ISO1600×60sec×17frame の画像も処理してみました。
 思ったほど尾は写りませんでした。
Kmlovejoy2015012050mmf28w1200

 カメラはどちらもノーマルで、改造はしていません。

 1月20日は北から冷たい気流と雲で、堺では昼間はほぼ曇り状態のままでした。
 夜には晴れる予報でしたが、より確実な和歌山南部の周参見まで出た訳です。
 高速道路に入って和歌山の海岸沿いはほぼ快晴状態でした。
Img_6264w800

 久しぶりに使う架台で、取説と首っ引きでした。危うくコード類も忘れるところでした。
Img_6277w800

 まあ、ベストとは言えませんが何とか格好は付いたかと思います(笑2)

| | コメント (0)

木星 2015/01/20-21

 ラブジョイ彗星撮影から帰ってきて、堺も良く晴れて木星が見えているのでこれまた慌ただしく撮影しました。
 穏やかそうに晴れているのですが、思ったほどシーイングは良くありません。
Kmj2015012014h53mut

 大ボケはなく、そこそこ見えそうですがディティールは見えません。
 こんな時は地域性が強いので、どこかでシーイングの良いところがあるのでしょうね。

 SEBの北半分が何だかおかしな雰囲気になってきていますね。
 何か変化が始まっているのでしょうか。

| | コメント (0)

やっとラブジョイ彗星 2015/01/20

 今回のラブジョイ彗星はみなさんが凄い写真を撮影されているのですが、なぜか乗り遅れていて、も一つ撮影する元気がなかったのです。
 でも、和歌山のTsumuraさんが19日に和歌山のすさみ町で撮影されている凄いのを見て、急遽、周参見まで撮影に出かけました。
 以前、スバルとマックホルツ彗星が接近したときにも周参見近くで撮影したことがあったので「すさみ」に刺激されて動く気になりました。
 久しぶりの彗星撮影で、カメラの使い方も架台の使い方も忘れ、汗ばかりかきながらの撮影でした。
2172218121842196b3w1600

NikoD600 Nikon Ai180mmF2.8→F4  ISO6400×30sec×10frame×2
 フラットも撮っていないし、アバウトすぎる画像処理で、左右の色も星像もばらばらになってしまいました。
 もうちょっとたっぷり露光の方が良かったようですね。

 私の壊れかけた眼では辛うじて肉眼で見えていましたが、尾は5cm7×双眼鏡でも微かでした。

 画像処理は、もう少し真剣にやってみようと思います。

| | コメント (0)

月惑関西山科例会 2015/01/18

 月惑星研究会関西支部の例会が京都山科であり、参加してきました。
 今日は久しぶりに若い人たちが参加されたので、平均年齢が恐ろしいほど低くなりました(笑)
Img_6233w800

 おじさん達は自己紹介ならびに近況報告です。
Img_6235w800

 Adachiさんのまとめで各惑星の近況解説などがあるのですが、今回木星のコーナーでは地球の低気圧・高気圧の仕組みから、木星の低気圧などの仕組みについて考察と学習がありました。
Img_6240w800

 私は、ダミアンピーチさんの「High Resolution Astrophotography」DVDについて報告させていただきました。
Dapeach

 Sさんからは2014年の土星に現れた白斑についてまとめられたものが発表されました。
Img_6243w800

 最後に、遠くなって小さくなった火星に現れたダストストームについてAdachiさんのまとめです。
Img_6244w800

 若い人たちと記念写真です。
Img_6247w800

 若いって良いですね!ねっ!

 おじさん達はここで若い人たちとお別れして、懇親会となりました。
 まぁ、新年会と言うことで乾杯です!
Img_6249w800

 最近シーイングが悪いことに対する愚痴や、体の愚痴・・・
 色々ありますね・・・
Img_6252w800

 ちょっと食べ過ぎかも知れませんが、気持ちよく山科の夜は更けていくのでした。

 シーイングの良いところで惑星を撮したいですね・・・グチでした・・・いや、夢ですね・・・

| | コメント (0)

木星 2015/01/16-17

 なかなか良いシーイングに当たらないのですが、1月13日はみなさんの木星画像を見るとまずまずのシーイングだったみたいですね。 私は宴会でしたので仕方ないですね。
 今夜は夜半に低気圧に伴う前線が通過してお天気が悪くなる予報でしたが、思ったより曇るのが遅かったので、木星撮影に動きました。
 ただ、1セット撮影すると曇ってしまい、天気予報よりほんの少し遅かっただけのようでした。
 シーイングは散々ですが、かろうじて大赤斑が見えているので、よしとしましょうか。
Kmj2015011613h50mut

 モニター上では衝に近づいた木星はかなりでっかく写っているのですが、これだけシーイングが悪いと不釣り合いですね。

 ひたすら我慢の子・・・ですね!(笑)

| | コメント (0)

ぷらね研修会 2015/01/13

 大阪市立科学館でぷらね研修会がありました。今回は全天周ムービーの研修です。
 現役を離れている私ですが、時代を知るためにゴソゴソと出かけました。
Img_6156w800

 いやー60人からの人が各地から集まっていました。
 ぷらねの機械は今日はお休みです。
Img_6158w800

 たくさんの映像を見たのですが、危うくブラックホールやベテルギウスに吸い込まれそうになりました(笑)
Img_6175w800

 研修会場から懇親会場に向かう途中、夕焼けの空に金星と水星が輝いていました。
 縮小しているのでちょっと見がたいかも。
Img_6206bw800

 私の目的はもちろん懇親会です。
 今夜は、昨日?星のスイーツ大会があったというので大きな満月のクッキー?が登場しました。
 もちろんその一部をいただきました。
 ブラック星博士もいそがしそうです(笑2)
Img_6224w800

 いやー楽しく呑むことができましたが、少し呑み疲れました・・・m(_ _)m

| | コメント (0)

ダミアンピーチDVD勉強会 2015/01/11

 去年(2014年)8月にイギリスの惑星撮影の第一人者、ダミアンピーチさんが高解像天体写真のチュートリアルDVDを発売され、私はそれをいち早く購入しました。
http://www.damianpeach.com/dvd.htm
Img_4660p42

 でも中身はダミアンピーチさんが2時間半にわたって喋りまくる内容で、英語のできない私には付いて行けない状態でした。
 一部のAutoStakkert!2の処理などの画像がでてくるところは類推できるのですが、お手上げ状態でした。
 今回、星仲間の友人に英会話の先生が居られるので、このDVDを見ながら、同時?通訳?をしていただけるようになりました。
 アル先生の通訳?でDVD勉強会をすることになりました。
Img_6147w800

 大阪の福島に集まり、英語のシャワーです。
Img_6141w800

 全部のメニューを消化することはできませんでしたが、AutoStakkert!2の使い方やRegistax6の使い方、Q&Aなどを中心に勉強しました。

 このDVDの内容は、
1、AutoStakkert!2 Introduction(5.5分)   
2、Jupiter with AutoStakkert!2(6分)
3、Lunar with AutoStakkert!2(7.5分)  
4、Mars with AutoStakkert!2(7分)
5、Saturn with AutoStakkert!2(5分)   
6、Solar with AutoStakkert!2(8分)
7、Cameras(17分)                      
8、Telescopes(20分)
9、Atmospheric Dispersion(12.5分)   
10、Photoshop Intro(18分)
11、Q&A Session(28分)        
12、Registax 6 tutorial(17分)
13、Seeing & Weather(19.5分)    
14、WinJUPOS Intro(16.5分)
15、WinJUPOS Animations(11.5分)  
16、WinJUPOS De-rotation(12分)
17、WinJUPOS Maps(16分)

 学習した内容を憶えている間に箇条書きすると、
○スタックソフトはRegistax6よりもAutoStakkert!2の方が良い。特にAutoStakkert!2はコントラストの弱い画像に強い。
○Registax6はシャープ画像処理で使うと良い。
○Registax6のマルチポイントは数を少なく。リム周りを外すこと。
○AutoStakkert!2のマルチポイントボックスは大きめを使用すること。
○AutoStakkert!2のマルチポイントを手動で置くとき、リムではなく惑星の内側のグラディエーション部分に置くこと。
◯AutoStakkert!2のマルチポイントを木星の場合は縞模様に合わせておくこともあり。
○望遠鏡は高精度の物を購入すること。
○望遠鏡はいつも調整して完璧な状態にしておくこと。光軸調整だけでなく温度管理も。
○ピント合わせは恒星を使用してバーティノフ・マスクなどで合わせるのは無駄。対象の惑星で合わせること。
○大気による色分散はウエッジプリズムを使って補正すること。高度65°以下で使用すること。高度70°以上は意味がない。
○今一番の良いPCカメラはZWO ASI120MMあるいはZWO ASI120MM-S
○画像処理では奇跡は起こらない。
○撮影時のRAW画像に全てのデータが決まる。撮影時に全力を尽くすこと。
◯晴れているときは次の日に仕事があっても撮影すること。
◯良いデータを得るためにはできるだけ多くの撮影をすること。
◯気流で一番大事なのは地上から10メートルまでの気流。ジェット気流ではない。
◯何度も撮影し経験すること、積み重ねが大事。
◯フォーカスは電動フォーカサーを使い、手動で合わさないこと。
◯拡大光学系はバローレンズやパワーメイトが良い。
◯"You cannot make a silk purse out of a sow's ear."
  《諺》 雌豚の耳(品質の悪いもの)から絹の財布(品質のいいもの)はできない
◯WinJUPOSのDerotationは15分まで、それ以上は良くない。

 順序はめちゃくちゃで、なおかつ私の記憶回路のフィルターを通しているので、どこまで正しいかは・・・疑問ですが、雰囲気は伝わるかとも思います。
 もっとたくさんのことが出ていましたが、あくまで私の記憶範囲です。

 最後に記念写真です。
P1030010w800

 ダミアンピーチさんの秘密のテクニックと言うのは存在しないと言っているらしいのですが、私はそれを信じることができません(笑)

 まぁ、良いシーイングの下で、目一杯調整された、良い望遠鏡を使い、良いデーターを得ることが、一番と言っています。

 それはそうなんですけどね・・・がんばるしかないですね・・・

| | コメント (6)

木星 2015/01/10-11

 昼間は晴れたり曇ったりでしたが、夜遅くになってほぼ快晴になりました。
 しかし、シーイングは相変わらずで、画像としてまとめるのがなかなか大変でした。
Kmj2015011015h09mut

 AutoStakkert!2のマルチポイント数を増やすと繋ぎ目破綻が起きるので、マルチポイント数を6個にして何とかでき上がりました。

 残念ながら何の特徴もない画像ですが、まあ、撮影できただけ良しとしましょうか。

| | コメント (0)

木星 2015/01/04-05

 今年初の木星です。
 夜中になるまで月は木星は雲間から見えているのですが、撮影できるほどの晴れ間はありませんでした。
 もうそろそろ寝ようかと思い、もう一度ベランダに出ると、西から晴れ間がやって来ていました。
 慌てて準備し撮影しましたが、シーイングは良くありません。主に北西からの気流ですが、ぐるぐる回っている気流もあり、時折、激しいパンチを受けるような急な歪みを持った木星になったりしました。地上は無風でした。
Kmj2015010415h48mut

 詳細は写っていませんが、このシーイングでは難しいところです。
 大赤斑が沈みかけです。

 衝が近づいて、視直径も大きくなってきましたが、シーイングが良くなることを待つことにしましょう。

| | コメント (2)

しぶんぎしんねんかい 2015/01/03-04

 奈良県にある共同観測所、室生観測所でしぶんぎ座流星群にかこつけた新年会があり雪の室生に行って来ました。
 1月1日、2日と雪が降り続き、着けるかどうか心配しましたが、幹線道路には雪は無く山道の日陰に少し雪が残っているていどでした。
 でも安心のために、新しく購入したチェーンを嵌めての走行でした。
Img_6071w800

 お天気は雲が多い者の晴れ間もあり星も見えましたが、満月前の明るい月があって5等級のラブジョイ彗星も中心部だけしか見えませんでした。
 いちおうニコンD600にシグマの15mmF2.8フィッシュアイを空に向けてインターバル連続撮影しておきました。
Img_6073w800

 残念ながら流れ星は一つも写らずでした。
 飛行機ばかりが写っています。真ん中の白い帯は月です。
Output_compw800

 なかなか強烈な月の明るさでした。
 観測所の中では、みんなで新年会です。

 流れ星は写らなかったので、後半の雲の流れを動画にしたものを揚げておきます(笑)


 翌朝には雪が溶け初めてつららでできていました。
Img_6089w800

 ジョウビタキも観測所の周りを飛び回っていました。
Img_6100_w800

 先日、観測所のC14のキャップを壊してしまったので、応急修理としてアルミテープで補修することにしました。
Img_6124w800

 格好は悪いですが、まぁさしあたりは使えるでしょう。
Img_6125w800

 毎年思うのですが、なかなか室生まで来る回数が減っています。
 もうちょっと使ってあげないとね・・・

| | コメント (0)

おみくじ 2015/01/01

 天気予報では堺でも雪マークがついてる15時ごろ、近くの金岡神社まで初詣に行って来ました。
 天気予報の荒天が効いているのか、例年の3分の1ぐらいしか並んでいません。
Img_6050p800

 写真では分かりませんが強風で木々が揺れていました。

 でも新年の未がお迎えです。
Img_6055w800

 いろいろいっぱいお願いしました。
 かなうかどうかは自分次第だとは思うのですが、念のためおみくじを引きました。
 吉でした。
 まずまずですね。強風が吹いているので、おみくじがあおられて、しっかり押さえないと写真が写せません。
Img_6059w800

 「旅行」は「よし」!
Img_6058w800

 でもね、今年は大きな旅行計画は無いのですけどね・・・
 3月20日の日食は行かないし・・・

 今年の旅行・・・ぼちぼち考えることにしましょう(笑)

| | コメント (0)

新年 2015/01/01

 明けましておめでとうございます。
 このブログへやって来てくれるみなさんありがとうございます。
 2015年も惑星を中心にあれやこれやとやっていく予定です。

 お屠蘇に浮かんでいる金箔です(笑)
Img_6046w800

 金には成れませんが、金箔のように薄~くなっても輝きが無くならないように天文活動を続けて参ります。
 時に輝く瞬間があったら、もっと良いなぁ~と思っています。

 今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »