« 大黒点 2014/10/23 | トップページ | 太陽大黒点その2 2014/10/24 »

木星 2014/10/23-24

 天気予報では少し雲が出る予報だったのですが、一晩中ほぼ快晴でした。
 シーイングは相変わらず悪いのですが、東風、北風入り乱れて何とも言えません。
 Skyris132M は相変わらず調子が悪く、ドライバーをイメージングソース社から最新のものにダウンロードして入れ替えてみました。でも、変わらずでした。
 ファームウエアも換えようとしたのですが、該当無しになりできませんでした。
 今日は、コーディックY16によるキャプチャーはすべてトーンジャンプが現れ、Y800で何とか撮影することができました。
Kmj2014102319h57mut

 何か、もう分からない状態です。

見飽きたと思いますが、トーンジャンプ画像も載せておきます。
Kmjupskyris132m0006

 どうしましょうね・・・

|

« 大黒点 2014/10/23 | トップページ | 太陽大黒点その2 2014/10/24 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

RB星さん、こんにちは。

この問題はやっかいですね。
自分も苦労していて、完全には解決していません。
一つ考えられるのは、センサーの前面にある保護ガラスがハレーションを起こして輝度ムラが発生している場合です。

もし分解できるなら、ガラスの固定方法を確認して、接着材など安易な方法などで取り付けられてないか、調べた方がよいです。

接着剤の厚みにムラがあって、光軸に対して傾いていると、こういう現象が発生します。

投稿: OKA | 2014年10月25日 (土) 12時12分

OKAさん おはようございます。
 ホントに厄介ですね。
 私は、光学的なものでは無く、AD変換部やカメラ内部のソフトでは無いかと疑っています。
 Basler Ace acA640-100gm で、どうしても克服できなかったのですが、同じソニーのセンサーで他のメーカーは普通品を出していますから。
 どちらにしても、ちゃんと撮したいものです。

投稿: RB星 | 2014年10月26日 (日) 08時44分

RB星さん、こんにちは。

改めて自分の動画ファイルで検証してみましたが、
動画ファイルにフレーム間ノイズリダクション、フレーム内ノイズリダクションを強弱変えてスタックしても、同じ場所に発生しますね。
スタック数を変えても同じです。
トージャンプ(のようなもの)が発生しているのなら、この処理で違いが出ると思ったのですが。

カメラによって出るもの出ないものがあるのなら、ADに問題があって、
A/D変換後の受光量-変換値グラフが一定のカーブ曲線を描いてなくて、わずかに波打っているんでしょうかね。
何か電球など使って0から255のグラデーションを撮影すると判ることがあるかもしれませんが、
こういう検証は疲れます(苦笑)


投稿: OKA | 2014年10月26日 (日) 11時05分

OKAさん こんにちわ
 検証ごくろうさまです。
 Skyris132M は出たり出なかったりするので疲れています(苦笑)
 昼間に部屋でテストできる方法も考えないと、木星相手では疲れが倍増です。
 白いボールを撮してみるとかですが、ゆっくり考えてみることにします。

投稿: RB星 | 2014年10月26日 (日) 12時06分

RB星さん、こんにちは。

グラデーションを作ってヒストグラム見たら、原因の1つが判りました。
ドライバにも問題があるようですね。
カラーカメラの場合はホワイトバランスの設定値によって発生する理由があるようです。
モノクロカメラの場合はゲイン以外に設定項目があるんでしょうか。
自分の方は解決の糸口が判ってよかったです(笑)

投稿: OKA | 2014年11月 1日 (土) 10時59分

OKAさん こんばんわ
 検証が早いですね。ごくろうさまです。
 ホワイトバランスによって現れるのですか・・・
 現れる数値と現れない数値がある訳ですね。
 数値の見極めが大変ですね。
 Skyris132M で設定を変えているのはゲインとシャッタースピードだけです。
 明るさは変えることができますが、変更したことはありません。
 ガンマも変えることができるかも知れませんが、変えた記憶がありませんので、ディフォルトのままだと思います。
 まだまだ検証ができていないので、先は長いです。

投稿: RB星 | 2014年11月 1日 (土) 18時25分

RB星さん、こんばんは。

カメラのチップにしろキャプチャソフトにしろ、A/D変換後の数値に何か演算させた時点でトーンジャンプが発生する要因になります。
カメラゲインとシャッタースピードは影響を与えませんが、それ以外の要素はカメラに演算を行わせない方がベターです。
ちなみに、IC CaptureのホワイトバランスはR=G=B=64がカメラのデフォルト値に相当するようでした。

投稿: OKA | 2014年11月 1日 (土) 22時00分

OKAさん こんばんわ
 詳しいデータありがとうございます。
>IC CaptureのホワイトバランスはR=G=B=64がカメラのデフォルト値に相当するようでした。
 CMOSカメラだけとは言いませんが、高感度と引き替えにバックグランドノイズを、カメラ内部で平坦化画像処理をしているので危ない(際どい)と思っています。
 もちろんそれを越えて有効な感度があるために使っている訳ですが、そのぎりぎりでいろいろな症状が現れているのだと思っています。

投稿: RB星 | 2014年11月 1日 (土) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大黒点 2014/10/23 | トップページ | 太陽大黒点その2 2014/10/24 »