« ポチしてしまいました。 2014/09/17 | トップページ | 秋をもとめて大泉緑地へ 2014/09/23 »

Skyris132のテスト 2014/09/22

 天体での撮影テストはできないので室内テストをしてみました。
 いつも?言っているゲインと解像度の関係です。
 実質の感度はこれでは分かりません。
 付属のCDからドライバーとソフトをインストール。マルチ言語支援て書いてますが、日本語は登場しません(笑)
 ドライバーと、キャプチャーソフト「 iCap」 とを入れました。 iCap はイメージングソース社の 「IC Caputure」 とまったくいっしょだと考えられます・・・たぶん。
Img_4916p42

 Skyris132はUSB3対応で、高速フレームキャプチャーできる筈なんですが、iCap はいろいろ触ってみたのですが、フルフレーム(1280x960ピクセル)では60FPSが出ませんでした。少なくとも私のパソコンでは。
 そこで、FireCapture2.4beta を新しくインストールしてみました。「Start.bat」ファイルは日本語対応に書き換えています。(Windows7 32bitです。)
 FireCapture2.4betaではフルフレームで60FPSが出ました。
 FireCapture2.3では上手く動きませんでした。

 Skyris132にCマウントレンズを取り付け、汚れたスピーカーを撮影しました。
Img_4915p42
3脚ネジが付いてないので輪ゴムで三脚に留めました。

 ホントに汚いスピーカーです。
Jup_140606_g3_ap145

 ちょっと暗いですが、ぎりぎりを狙っています。
 30秒間でフルフレーム約900フレームを撮影し、AutoStakkert!2で全てのフレームをスタックし、Registax6でウエーブレットを掛けています。
 左下のボリュームあたりをトリミングして並べてみました。
G2047g400c

 やはり?ゲインが半分くらいになると画像が綺麗で鮮明になってきますが、感度も落ちてきますので、実際の惑星撮影ではどの位置のゲインが使えるか微妙な判断が必要かも知れません。
 最大ゲインでは縦縞ノイズやホットピクセルが目立ちます。

 実際の感度も分からないので、これ以上のテストは木星撮影をしてからでしょうか。

|

« ポチしてしまいました。 2014/09/17 | トップページ | 秋をもとめて大泉緑地へ 2014/09/23 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰、阿久津です。実はFireCapture2.4betaを使いたくなりましたが、ダウンロードにはユーザー名、パスワードが必要ですが、ご存知でしたら教えてください。C14で今後、チョット、トライします。

投稿: 阿久津富夫 | 2014年9月26日 (金) 22時29分

阿久津さん こんばんわ
 ダウンロード名は「firecapture 」で、パスワードは「空」何も無しです・・・(笑)
ご健闘を祈ります。
 ではまた

投稿: RB星 | 2014年9月27日 (土) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポチしてしまいました。 2014/09/17 | トップページ | 秋をもとめて大泉緑地へ 2014/09/23 »