« 木星 2013/11/29-30 | トップページ | 木星 2013/12/02-03 »

ZWO ASI120MC vs LRGB 2013/12/02

 11月21日に撮影した木星はシーイングも良くてかなりの木星像が得られました。
 特に、ZWO ASI120MCカラーカメラ単独による木星像は今までに無い解像度をもたらせてくれました。
 あまりにも良く写っているので、LRGBで処理した画像もたじたじ(笑)となっていましたから、L画像(モノクロ)の処理を丁寧にやり直して精一杯の高解像に仕上げてみました。
 L画像は、20ショットの内のベストショット1本を丁寧に仕上げています。
 画像をクリックしてピクセル等倍でご覧ください。
Kmjup_2013_11_21_zwo_asi120mc_vs_lr

 どちらも最大エントロピーなどの画像復元処理は掛けていません。
 模様の抽出はRegistax6のウエーブレット処理だけです。

 かろうじてLRGBが勝っていますが、その差は僅かで、ノイズが少しZWO ASI120MCの方が多いでしょうか。

 思ってた以上に良い勝負をしていますね!

|

« 木星 2013/11/29-30 | トップページ | 木星 2013/12/02-03 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

木星面の詳細がよくみえます。 私の望遠鏡(注:15センチ)でも観たかったですが長年光軸修正を怠っているので、、、、(笑)。 

投稿: 河野 正 | 2013年12月 3日 (火) 05時47分

こんにちは。

CMOSのカラーカメラでここまで写るのは凄いですね(確かな技術あってのものだとは思いますが)。
やっと使えそうなカラーCOMSカメラの登場でしょうか。

ご報告
CelestronのSkyris 618Mですが、4GB超のAVIデータがRegistax6にて読み込み可能でした。

投稿: ひろぽん | 2013年12月 3日 (火) 13時25分

河野さん ありがとうございます。
 木星のシーズンはこれからです。がんばってください。

投稿: RB星 | 2013年12月 3日 (火) 18時08分

ひろぽんさん ありがとうございます。
 ZWO ASI120MCは疑心暗鬼で使っているのですが、思いの外想像以上でした。
 Skyris 618Mの情報ありがとうございます。
 いろいろなキャプチャーソフトやスタックソフトを使っていると、どのカメラがどの条件で動くのか混乱してしまいます(笑)
 もっと簡単に撮せるようになると良いですね。

投稿: RB星 | 2013年12月 3日 (火) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2013/11/29-30 | トップページ | 木星 2013/12/02-03 »