« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

核崩壊でもがんばるアイソン彗星 2013/11/29

 昨日から今日に日付の変わるころ、そこそこ晴れていたので木星の撮影準備をしていました。
 もちろんそれと同時にインターネットでSOHOの画像を見ながらアイソン彗星を見ていました。
 太陽に近づくと、明るくなってブルーミングでスパイクの出ていた頭部が、やけにおとなしくなっていくのが見えました。何か急にしぼんでいくように見えてしまいました。
 晴れていた空は急に曇り雨まで降ってきてC11が濡れてしまいました。
 SOHOのサイトも繋がりにくくなり、画像の更新も得られなくなり気にはなりますが寝てしまいました。
 今朝、起きてから慌ててSOHOのサイトを確認すると、C2の画像にぼんやりとしたアイソン彗星の姿がありました。
 核、頭部の輝きはありません。
 残念ながら崩壊したようでした。
201311282148c2latest

 でも、ばらばらになった姿でも尾を残しています。

 C3の視野に入ってきた姿は、なんとか彗星らしい姿をしています。
http://sohowww.estec.esa.nl/data/realtime/c3/1024/latest.html
Ison201311290818c3latest

 本体が崩壊した彗星はどんなふうに見えるのでしょうか?

 最後までがんばるアイソン彗星を見守っていきたいものです。

 SOHOから画像をお借りしました。ありがとうございます。

| | コメント (0)

アイソン彗星がんばれ!!! 2013/11/27

 いよいよ近日点通過まで2日ほどになり、太陽観測衛星SOHO-C3の視野に入ってきました。
http://sohowww.estec.esa.nl/data/realtime/c3/1024/latest.html
Isonsohoc32013112709h30mut

 大きな太陽フレアが出ていたので心配しています。

 SECCHI観測機からの画像も続いています。
http://secchi.nrl.navy.mil/sccimages/index.php?subdir=HI_STARS_A/20131126/1024&nothumb=0
20131126_000901_tbh1a

 アイソン彗星の直ぐ下はエンケ彗星だそうです。

 いずれも画像をお借りしています。
 感謝いたします。

 がんばれアイソン彗星!

| | コメント (0)

木星 2013/11/25-26

 夕方まで雨が降り、ようやく夜中近くに晴れが広がってきました。
 まだ、雲が流れていましたが撮影決行です。
 気温は南風が入っているのかやや高い14℃、ベランダの中にもけっこう風が吹きこんでいました。
 シーイングは良くありませんが最悪ではありません。
Kmj2013112516h31mut

 永続白斑BAがオレンジ色で見えています。

カラーPCカメラ、ZWO ASI120MC 単独で撮した画像も載せておきます。
11月5日付けでZWO ASI120MCのドライバのバージョンがアップされていたのでインストールしてみました。
 V2.0.0.909 20131105 "USB Traffic"が拡張されたとあったのですが、私の使い方では"USB Traffic"を最大にするとやはり不安定になりました。
Kmjup_2013_11_25_zwo_asi120mc_4

 あまり良くないシーイングの中ではまずまずの写りでしょうか。

| | コメント (0)

体の中の宇宙 2013/11/24

 ソフィア・堺プラネタリウム「堺星空館」で、体の中を特殊顕微鏡で撮影した動画をプラネタリウムドームいっぱいに映す市民講座が開かれました。
 ちょっと見学してきました。
Img_1701bp42

 昔、ミクロの決死圏という映画があり、そんなイメージかとも思いましたが、そこまでは行ってなくて、がん細胞やいろいろな細胞の動きを動画にして擬似カラー化したものでした。
 最近のプラネタリウムでは全天周デジタル上映によって、ビッグバンとか星の誕生、星雲とかを派手なカラーで表現することが多くなっているので、驚く映像というわけではありませんでしたが、なかなか面白い映像だと思いました。
 ただ、予備知識がないとその凄さの一部しか感じられなかったような気がしたのが、ちょっと残念でした。

| | コメント (0)

木星 2013/11/23-24

 いやー穏やかそうに晴れたのですがシーイングは一昨日とは雲泥の差!
 通過中の衛星イオの、あの黒い影ですら全く見えなくなる時間が続きました。
 撮影意欲も画像処理する意気込みも萎えてしまいました。
Kmj2013112317h01mut

 それでも画像処理でなんとか見えていますが、解像度は全然でした。

 せめてもう少し気流は良くなって欲しいものです。

| | コメント (0)

堺からアイソン彗星 2013/11/22朝

 アイソン彗星の近日点通過の11月29日まであと1週間に迫ってきました。
 楽しみでもあり心配しているのですが、その割に行動が伴わなくてアイソン彗星をあまり見ていません。
 木星撮影後、意を決して(笑)明け方までがんばることにしました。

 5時を過ぎるとスピカが高く見えていて、その下に居てるはず・・・
 左横には惑星の水星が・・・団地の隙間から水星が昇って来て5cm7倍の双眼鏡で水星から右へ振ると・・・見つかりました。
 ちょっと普通の星でない、でも尾っぽは見えません。もちろん肉眼でも見せません。
ニッコールAi-ED180mmF2.8 +ニコンD600 5秒露出 ISO1600 固定
Dsc_0118colp42_2

 明るさは4等星ぐらいでしょうか、空の暗いところであればもう少し明るく見えるのでしょうか。
今日はせっかくですからセレストロンC11で撮影することにしました。
 惑星用のPCカメラ Basler Ace acA1300-30gm で動画撮影し、スタック処理でディティールを出そうと・・・
 画像処理は思いの外、手こずり、結果的に上手くいきませんでしたが、まあ雰囲気は伝わるかと思いますが・・・。(擬似カラーです)
Kmison2013112120h43mut_b

 透明度に助けられて堺の空でもなんとか撮影するとができました。

 近日点を生き延びて、長大な尾を見せてくれることを祈っています。

 がんばれ! ISON !!!!!!!!

| | コメント (0)

木星 2013/11/21-22

 日本海の低気圧が緩んでようやく晴れてきました。
 シーイングは思っている以上の好シーイングでした。
Kmj2013112116h38mut

 大赤斑がないのがとっても残念です。

 ただ、撮影後半は次第にシーイングが悪くなってきました。

 何時もこれぐらい写ると楽しいのですがね・・・

追記 2013/11/23
 カラーPCカメラ ZWO ASI120MC だけで撮影した画像を載せておきます。
 シーイングが良ければ、カラーPCカメラ単独でもこれぐらい写るんだ!凄い!
Kmjup_2013_11_21_zwo_asi120mc_16h42

おまけです。
 木星の画像処理をしていると火星が高く昇ってきたので今シーズン2回目のメモ撮影。
 北極冠以外は大きな模様がなくて残念です。
Kmmars_20131121_19h38mut_2

視直径5秒角です。そのことを思うとそこそこ写っていますね。

| | コメント (0)

季節の彩り 2013/11/21

 ソフィア・堺の南にあるおさ公園の木々が紅葉を迎えています。ちょっとメモ写真。
 桜の木々の高いところは結構早く色づいたのですが、紅葉はなかなか進まず、未だ木の下の方は緑が多い。
Img_1569p42

 ここの所の嵐でぼちぼち赤い葉が落ち始めていました。
Img_1579p42

今、日本海にある大きな低気圧のおかげで、一昨日は堺でも霰が降ったり、突然の大雨になったり、めまぐるしい天候でした。
 今日は少し気温も緩み青空が広がっていて、紅葉とのバランスが清々しいです。
Img_1592p42

 赤くなった桜の葉もカメラで撮ると思ったより色が浅くなりました。
Img_1605p42

 ともかく、目の前に冬がやって来ていますが、ぜひともアイソン彗星にがんばってもらって長い美しい尾を眺めたいものです。

 アイソン彗星の近日点通過は11月29日ですが、騒がれ過ぎた彗星は明るくならないと言うジンクスもありますが、ジンクスなんてくそくらえ!なっ!

 楽しみに待っています(笑)

| | コメント (0)

散財? 2013/11/19

 この秋には私の人生で考えられないほどの高密度でいろいろを購入してしまった。
 そろそろ終わりかなと思うのですが、今回はポチではなく大阪梅田の協栄産業で直接です。
 暇に任せて、またチャリンコで大阪梅田往復してきました。
 今回のブツはこれ。
Img_1562p42

 星景写真用の赤道儀?ビクセンのポラリエです。

 一般の人にとってはカメラみたいに見えるかも知れませんが、カメラを乗っけて星を追いかける優れものです。
 ナノトラッカーと最後までずいぶんと悩んだのですが、剛性が高そうに見えるポラリエにしました。
 価格が倍違うというのはかなりの問題でしたが、剛性に心が偏ってしまいました。
 いちおう、恒星時、月、太陽、1/2恒星時、南天などそこそこ充分なシステムは持っています。
Img_1565p42

 もちろんまだ実写はしていませんが、アイソン彗星が大化けをして、長い雄大な尾っぽを現したら景色とともにキャッチする予定です(笑)
Img_1567cp42

 手元にはスカイメモもあるし、共同観測所に行けば立派な赤道儀もあるし・・・なんですが、なんと言いましょうか、気軽に持ち運べる赤道儀でロケーションを簡単に選べると言うことで選んでしまいました。
 ただ、思ったよりはずっしりとしています。

 活躍できることを祈っています・・・

 昨日今日と大荒れの天気!、寒い風と、時々時雨と、今日は雹も降りました。
 そして今、大雨です。

| | コメント (0)

木星 2013/11/15-16

 アイソン彗星が日増しに明るくなって、尾も扇方になりバースとしているらしいので、多くの天文屋さんはそちらへ行かれていると思いますが、元気がなくベランダから木星撮影です。

 朝は、冷たい雨が降り、冬の冷たさを実感したのですが、昼ごろから穏やかに快晴になりました。
 急に晴れたのであまりシーイングは期待していなかったのですが、思ったよりも揺れの少ない気流でした。
 ただ、画像処理をしてみるとモニターで見ていたよりは悪く、何とかみられるショットは2ショットぐらいしかありませんでした。
Kmj2013111517h14mut

 大赤斑が通り過ぎた後で、面白みに欠けますが仕方がありません。

 それでもそこそこは写っています。

 ZWO ASI 120MC で撮影したからカラー画像もまた載せておきます。
Kmjup_2013_11_15_zwo_asi120mc_3_171

 やっぱりもう少しシーイングが良くなってほしいですね。

| | コメント (0)

アイソン彗星&ラブジョイ彗星 @ 室生

 アイソン彗星の近日点通過が11月29日で、それまでの月の大きさや、天候を考えると今日しか無いと室生観測所でかけました。
冬型の気圧配置が続き、北から鉛色の雲がどんどん流れてくる。
 でも、11月14日の朝は冬型が緩み始めて晴れる予想だ。
 夜半近くまでは雲があり時折時雨れる不安定な天候でしたが、夜半から明け方まではほぼ快晴でした、肝心のアイソン彗星が良く見えそうなころ、雲が流れ、下界から霧が昇ってきました。
 夜明けの室生です。
Dsc_0103p42

 アイソン彗星は朝霧と雲の間でなんとか撮影できました。
 23cm fl=1010mm ライトシュミット+ニコンD600 ISO3200+60sec×5
Kmison2013111319h28p20

アイソン彗星よりもラブジョイ彗星の方が明るいと言うので雲を避けて撮影。
 23cm fl=1010mm ライトシュミット60sec×2
Kmlovejoy2013111320h04mutp20

 ピンぼけ片ボケ・・・で、まともではありませんが、なんとか格好は付いたようです。

 夜明けから明け方まで気持ちのイイ青空が広がっていました。
 明るいところで23cmのライトシュミットを見ると光学系にはホコリだらけでちょっと恥ずかしい。
 そこでCP補正板を洗うことにしました。
 洗う前です。
Img_1536p42

 中性洗剤で洗った後です。
Img_1538p42

 主鏡も洗いました。
Img_1544p42

 昼間の金星を導入して、組立直しました。
 ひとり記念写真です。
Dsc_0111p42

 なかなか私の言うことを聞いてくれない望遠鏡ですが、なんとか彗星はキャッチすることができました。

 何せハレー彗星時代にできた望遠鏡なので、ライトシュミットも 6×7版のフィルムで撮影できる、広視界を生かしたシステムで、一眼レフはおまけ状態で作っています。
今回は新しく購入したニコンD600を生かそうとしたのですが、D600の飛び出した「おでこの量」が大きくてぶつかってしまい、簡単にピント合わせもできませんでした。
 なかなか疲れました(笑)

 秋がやって来て木々の色も変わりつつあります。
Img_1554p42

 アイソン彗星は、当初の予想とは違ってずいぶんと小さな彗星になってきましたが。
 近日点通過の11月29日から後に変身して長い尾を見せて欲しいと思います。
 するとまた、ここにやって来ることができます。

| | コメント (0)

木星 2013/11/08-09

 昨夜よりシーイングはずっと良くなりました。しかし、撮影中に淡い雲が通過し木星面の輝度が変化してAutoStakkert!2はがたがたになりました。
 マルチポイントを手動設定し、なんとかでき上がりました。
Kmj2013110817h36mut

 撮影の始めに少し時間余裕があったので、PCカメラのゴミを掃除しようとして結局増やしてしまいました(涙)
 ゴミが出ないように木星は画面の中を行ったり来たりでした(笑)

 ZWO ASI120MCカラーカメラによる画像も載せておきます。
Kmjup_2013_11_08_zwo_asi120mc_2_172

 撮影の色からPhotoshopCSで彩度もカラーバランスも変更しています。

| | コメント (0)

木星 2013/11/07-08

 眼が覚めるのが遅くていったんは諦めかけたのですが、1ショットでもと望遠鏡を木星に向けるとシーイングは最悪。
 モニターを見ると木星が淡く2重になっている・・・えっ?そう言えばモニターのコントラストを変えたんだった・・・気づくまで時間を無駄にし・・・
 結局まともな像にはなりませんでした(涙)
Kmj2013110718h10mut

 せっかく大赤斑がこちらを向いてくれているというのに・・・

| | コメント (0)

木星 2013/11/05-06

 安定して晴れてきましたので良いシーイングを期待して準備しました。
 撮影の最初のころはまずまずだと思っていたのですが、だんだんと悪くなり、大ボケが止まらなくなり撮影を中断したまま、ベランダからの撮影可能時間が終わってしまいました。
 わずか40分ぐらいしかない時間なのに・・・
 でも、最初の写りはまずまずで、リサイズを少し大きめにしています。
Kmj2013110517h35mut

 上空の気流は右往左往しており、ジェット気流とは別物の中低層の気流が入り乱れているようでした。
 11月1日の時もそれに近いと思いますが、このような中低層の気流は地域性に左右されることが多いので、日本のどこかでは良い気流に出会っているのではないかと思っています。
 前回撮影した11月1日は、けっこう高解像の木星を撮影されている方々がおられるので、堺、いや堺でも高解像を撮しているYさんが居られるので、悪いのは「新金岡」上空だけだったようです(涙)

 ZWO ASI120MCによるカラー画像だけも載せておきます。
Kmjup_2013_11_05_zwo_asi120mc_2_173

 今回、不安定だったトリミングモードのROI で撮影することができました。
 不安定の原因は、FireCapture2.3betaで 「USB Traffic」を最大にしていることでした。
 これを下げると安定して動くようになりました。

  どちらにしても、もっと良いシーイングが欲しい!

| | コメント (0)

久しぶりの太陽黒点 2013/11/05

 夏以降静かになっていた太陽面ですが、10月ぐらいから中くらいの黒点が増えてきていました。
 今朝というか、夜中の木星は曇りで撮影することができませんでしたが、望遠鏡はおっぴろげてそのままにしていました。
 新しいそこそこの大きさの黒点が現れていたのはSOHOで見ていたので、久しぶりに黒点を撮影してみました。
 黒点1890群です。擬似カラーです。
Kmsun20131105col

 元のモノクロ画像です。
Kmsun20131105mono

 撮影システムはいつもと同じで、C11+#23A+Nikon EiC-16+Basler Ace acA1300-30gm+FireCapture2+AutoStakkert!2+Registax6+PhotoshopCS

 シーイングが悪かったのですが、10ショットの内2画像はなんとか見られるものになり、その2画像をコンポジットしています。

 相変わらず大きさが拡大ではわからないので、SOHOのSunSpotsからお借りしました。
Mdi_sunspots_102420131105b

 そこそこの黒点がならんでします。

| | コメント (0)

木星 2013/11/01-02

 イイ天気が続いていますが、シーイングがいっこうに良くなりません。
 そこそこ見える時もあるので、もう少し写るかなと思うのですが、残念です。
 21本のL画像ショットのうち、一番のショット、1本だけで画像を作りました。
 なかなか連続でのシーイングは良くなりませんでした。
Kmj2013110118h00mut

 永続白斑BAが中央にやって来ています。

 まあ、もっと酷いときがありますから贅沢は言ってられないのですが・・・

 ZWO ASI120MCカラーカメラ単独での画像も載せておきます。
Kmjup_2013_11_01_zwo_asi120mc_18031

 相変わらずキレはありませんが、それなりの写りです。

| | コメント (0)

木星 2013/10/31-11/01

 昼間は少し雲が通ったものの、夕方から晴れ始め、夜中には快晴になりました。
 早めから準備をしていると、先日露で曇った補正板も主鏡も汚く見えて仕方が無い。
 そこで夜更けというのにC11を分解して補正板と主鏡を洗いました。
 その所為か心持ちコントラストが付いたでしょうか(笑)
Kmj2013103117h46mut

 衛星イオ本体とその影が通過中です。
 シーイングが悪いので、衛星イオの色が木星本体の色と混じってしまいました。

 今日も穏やかそうに晴れているのですがシーイングは乱高下が激しく、模様が全然見えないときとそこそこ見える時と忙しく揺れ動いていました。
 それでもなんとか大赤斑からSEBの様子をそれなりに撮影することができました。

 ZWO ASI120MCのみで撮影したカラー画像も載せておきます。
Kmjup_2013_10_31_zwo_asi120mc_

 これもそこそこは写っていますが、キレはありません。
 最後はやはりシーイングが良くならないと・・・

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »