« 土星 2013/07/12-13 | トップページ | 梅雨明け後の大泉緑地 2013/07/14 »

土星の撮影動画 2013/07/12のもの

 C11+DMK21AF04(モノクロ)での撮影画像をアップしてみました。
 圧縮されているので雰囲気が伝わらないかもしれません。

 本来、3000フレーム100秒間ですが、1000フレームになっています。
 全体的に露光アンダーはそのままです。
 ホットピクセルが6個ほどあります。
 シーイング2~4/10は私の基準ですが、この動画の最後あたりが2/10に相当しています。

 サムネイル画像?が白飛びしているのは私の所為ではありません。
 勝手に誰かがしています(笑)

|

« 土星 2013/07/12-13 | トップページ | 梅雨明け後の大泉緑地 2013/07/14 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

kumamoriさん、早速私の要望にお答え頂きましてありがとうございます。

私のところより 2~4/10のシーイングでもいいですね やはり高さが関係しているんでしょうか
一瞬良くなる瞬間がありますが 4/10相当でしょうか
私の所は、最後の動画並です

処理のやり方は 私も同じことやっていますので大差無いはずですが・・・・
ホットピクセルは、私のカメラでも出ます FireCaptureをお使いでしたら
鏡筒の前に蓋をしてダークフレークのところをチェックして撮影すると 見事に消えます。
お試しください

良シーイングをひたすら待つこととします(笑)

投稿: ミュートン | 2013年7月14日 (日) 18時15分

ミュートン さん ありがとうございます。
 私のシーイング基準は撮影中のモニターで行っています。
 4/10は、今シーズンの土星でカッシーニの隙間の広いところは常に見え、手前になる細いところが時折見えている。
 3/10は、カッシーニーの隙間の広いところは見えるが、細いところは全然見えない。
 2/10は、カッシーニの隙間の広いところもほとんど見えない。
 眼視観測ではこれより1段から2段上の数値になります。
 私の耄碌した年寄りの眼では眼視での判定ができなくなってきています(涙)
 ホットピクセルはRegistax6やAutoStakkert!2のダークで対応しています。
 FireCapture2はBasler Ace acA1300-30gmの時にしか使っていないので、今のところダークのお世話になっていません。
 ダークを引かなくても思ったよりホットピクセルは最終画像に影響はほとんどありません。
 私の動画を見て安心されたでしょうか。
 時々そのまま画像処理をしています。
 「高さ」と言うのはベランダの高さでしょうかね、効果、影響はあまり変わらないかと思いますが・・・

投稿: RB星 | 2013年7月14日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土星 2013/07/12-13 | トップページ | 梅雨明け後の大泉緑地 2013/07/14 »