« 七夕の日の太陽黒点 2013/07/07朝 | トップページ | モロッコみやげ 2013/07/07 »

太陽黒点その2 2013/07/07

 太陽が思いの外良く写ったので、GIFアニメにして見ました。
 ただ、ココログの制限の1MB以下にするために大幅にトリミングしています。
 フルサイズだと16MBもあります。
Kmsun_20130707_01h05m55smc

 半暗部の端から外は米粒斑が湧きだして外に広がっているように見えます。
 そして半暗部から黒点に向けては半暗部の流れが黒点に向かって落ちていくように見えます。
 ただ、一つだけ矢印で指している明斑点は黒点から半暗部を通って外に向かって流れているように見えます。
Yajirusi1

 それではGIFアニメをご覧ください。
Kmsun201307070118cb4

 10時04分~10時40分(JST)に18本の動画を撮影しアニメ化しています。
 1MB以下にするため少しフレームを間引きしています。

 私の技術力ではこれ以上の位置合わせは難しいかと思います。
 どうか太陽酔いにならないようにしてください。

 ホント、太陽は激しく熱いですね!

 堺も梅雨明けです。 

|

« 七夕の日の太陽黒点 2013/07/07朝 | トップページ | モロッコみやげ 2013/07/07 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お初です。
太陽の黒点画像、凄いですね。粒状斑もしっかり、半暗部の構造もよく分かります。なかなか撮れるものではありませんね。
フィルムタイプの減光方式だとは思いますが、口径+シーイング+画像処理がツボにハマると、ここまで写るのですね。
私も、昨年の金星日面通過時は、自宅の30cmでの撮影を検討していたこともがあり、未使用ですがこのフィルターを
持っています。この画像を見ていると、トライして見たくなりました。

投稿: hasyama | 2013年7月 8日 (月) 23時18分

hasyamaさん ありがとうございます。
 去年の金星日面通過でちょっと太陽の拡大撮影にはまりました。
 バーダーのフィルムフィルターですが太陽熱の危険を避けるためには前面に置くフィルターしか使えないでしょうか。
 まあ、28cmのフル口径での太陽撮影にはこれが安全でしょうね。
 昔見た太陽専門の望遠鏡で撮影された粒状斑の動きなどにちょっと近づいた気がします。
 hasyamaさんの実力ならもっとすごい太陽面詳細を撮影されることと思います。

投稿: RB星 | 2013年7月 9日 (火) 00時07分

ご無沙汰です。太陽の黒点の微細構造と変化画像は見事です。私もC14でも熊森さんと同じように撮ってみましたが、日中の暑さにはダウンしました、熱中症になりそうでした。 黒点変化をGIfで記録するのはおもしろそうですが、大変な作業ですね。筒内気流が相当あり、写りはぱっとしませんでした。

投稿: 阿久津 | 2013年7月10日 (水) 10時04分

阿久津さん ありがとうございます。
 GIFアニメで思ったより短時間で動いているのがわかりました。
 筒内気流対策用のファンは回しっぱなしです。
 望遠鏡も人も太陽光が直接当たると厳しいようですね。
 セブだったらもっと高解像が撮れるんじゃないですか。

投稿: RB星 | 2013年7月11日 (木) 07時33分

こんばんは。GIF動画、動きがわかりやすく、本当にすばらしいです。太陽撮影は、屈折でしかできないものと思っていましたが、ファンなどの対策は必要だとしても、シュミカセで撮影できるのですね。また、バーダーのフィルターで太陽表面の模様までしっかり写るのですね。太陽撮影、特にこのような詳細な模様を撮影するには、専用の高価なバンドパスフィルターが必要だと思っていました。色々勉強になります。

投稿: ER34 | 2013年7月12日 (金) 01時00分

ER34 さん ありがとうございます。
 反射系は筒内気流も含めて太陽撮影には不向きとされていましたが、大口径?にも使えるフィルム製のフィルターや、惑星撮影用システムなどが発達したおかげでしょうか。
 海外ではこのような写し方をされている人が多いですが、日本では少ないようです。

投稿: RB星 | 2013年7月12日 (金) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七夕の日の太陽黒点 2013/07/07朝 | トップページ | モロッコみやげ 2013/07/07 »