« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

雲仙温泉でスーパームーンは見えず 2013/06/23-24

 星なかまでの星ネタ無しの温泉ツアーです。
 初めての神戸空港から、8時10分発のスカイマークの飛行機に乗りました。
 台風が通り過ぎた直後は晴れマークも出ていたこの日なんですが、現実は雨が降りそうな天気で、飛行機に乗っても下界も雲、飛行機より上空も雲、暗いフライトでした。
 この画像はほんの僅かの時間上空が青空になった瞬間を撮影したものです。
 写真は怖いですね(笑)
Img_0173p32

 神戸空港から70分で長崎空港へ。
 ドラゴンのお迎えです。
Img_0176p32

 長崎空港からはレンターカーでの移動で、最初は北に向かい佐世保方面の西海国立公園・九十九島 を展海峰から観光です。
 時折雨が降る透明度が悪い九十九島ですが、逆に奥行きがあって大自然を見ることができました。
Img_0189p32

 佐世保で昼ご飯ですが、佐世保と言えば佐世保バーガーが最近有名だそうで、ナビを便りに探します。
 ここは佐世保ですが店中ではくまモンが出張中で真ん中に鎮座していました。
Img_0193p32

 食べたのはもちろん佐世保バーガーです。
 まあ、ちょっと大きめのバーガーです。
Img_0196p32

 佐世保からは高速道路を通り一気に南下し、雲仙温泉に入ったのは16時過ぎでした。
 ホテルにチェックイン後、近くにある雲仙地獄へとまいります。
 思っていたよりは、小ぶりでぶくぶく地獄もなく硫黄臭の水蒸気がそこそこ・・・
Img_0215p32

 この後、地獄近くの新湯温泉館に入ったのですが、めちゃ湯の温度が高く、私は水道水を周りに流しながら入ったのですが熱くて体は真っ赤、それでも地元のおいちゃんは平気でイイ湯だなをしていました。

 ホテルに戻って水分の補給です。
Img_0244p36

 このために私は風呂に入っているようなものです。
 ホテルの露天風呂にも入り天を見上げましたがスーパームーンのカケラも見えませんでした。

 翌朝は激しい雨の音で眼が覚めました。
 今朝のコースは普賢岳を山から見ようとしたのですが、なんと濃霧のため通行止めでした。
 仕方なく下界へ降り、普賢岳からの火砕流で埋もれた民家などを見学しました。
Img_0266p32

 自分がその現場に居たらビビッテ動けなくなるだろうな・・・

 島原城もちょこっと見学。外回りだけ・・・
Img_0274p32

 島原を後にして、諫早湾の水門上にできた道路を通過します。
 これだけしっかりした土手で仕切られていたら、小さな水門を開けたぐらいでは何もできないような気がしました。

Img_0291p32

 長崎に戻って、超観光名所のグラバー邸を観光。
Img_0341p32

 グラバー邸、庭園など狭い場所ながらもアップダウンかなりきつく、足腰にガタが出てきたらとても歩き回れない厳しい観光名所でした。
 まあ、長崎では平坦な場所はないですけどね。
Img_0382p42

 グラバー邸で準備運動をした後は、遅めの昼食です。
 近くの四海楼で長崎ちゃんぽんをいただきました。
Img_0397p32

 今回の旅での食事は基本的に味が甘く、刺身醤油ですら甘く、ちょっと関西とは違うことを改めて認識しました。
 ちゃんぽんもクリーミーで薄味で美味しいのですがちょっと甘く感じました。

 旅の仕上げは平和公園で平和祈念像にお会いしました。
Img_0417p42

 ちょっとお天気が悪かった2日間ですが、安全な旅は終わりました。

 長崎空港からの帰路は神戸空港まで約60分、低空の雲は相変わらず多いのですが飛行機より上は青空が広がっていました。

 やはり梅雨でしたね・・・ 

| | コメント (0)

土星 2013/06/22-23

 夕方まで雲が多かったのであまり期待していなかったのですが、晩食後ベランダに出てみると透明度が悪いものの土星が見えていました。
 慌てて、C11の光軸修正を行っていると、雲がやって来て撮影時には雲間からの撮影となりました。
 透明度が悪く、ショット数も稼ぐことができませんでしたが、なんとか撮影することができました。
Kms2013062212h21mut_2

 微妙な量の光軸修正でしたが、土星の左側の写りが悪かったのがなんとか治ったようです。

 本格的な梅雨空になりました。
 次に晴れるのはいつでしょうかね・・・

| | コメント (0)

画像処理コンテスト 2013/06/19

アストロアーツで

「ステライメージ7」を使った天体画像処理コンテストを開催

 が始まったようです。

 なんで惑星がないねん!

 それだけです。

  決して雨の所為ではありません・・・m(_ _;)m

| | コメント (0)

父の日にいただきました。 2013/06/18

 父の日に子どもたちからいただきました。
 一つはオーストラリアのスパークリングワインの赤です。
Img_0153p36

 その日のうちに飲み干してしまいました。
 味は何とも言いにくい赤の味でしたが、美味しくいただきました。

 2本目は福島のお酒で「会津中将」純米大吟醸です。
 普段、高級な大吟醸は飲むことはありませんが、もったいないので少しずついただくことにしました。
Img_0159p36

 こどもたちも大人になって、飲んべえの父さんに気を遣っていただいたようでありがたいことでございます。

 そう言えば自分の親父にはほとんど何もしてなかったなぁーーー

 あの世で諦めて、くしゃみしてるかな・・・

| | コメント (0)

土星 2013/06/16-17

 天気予報では晴れマークの一日でしたが、夕方近くまでけっこう雲が多く暑いだけでした。
 夕方近くから一気に晴れわたりほぼ快晴状態です。
 鏡筒ファンを早めから動かしていて、夕方に35℃ほどあった主鏡の温度は、撮影時には27℃台まで下がっていました。
 シーイングは、大ボケは無いもののシャキットは来ません。
Kms2013061612h09mut

 最近?良く見ると左半分の写りが良くありません。
 そう言えば最近光軸調整などしていませんので、光軸不良なのかもしれません。
 あるいは大気の色分散補正に使っているバリウエッジプリズムの影響でもあるのでしょうか、.今度晴れたら確かめてみることにします。

| | コメント (0)

望遠鏡カバー交換 2013/06/16

 いつもベランダで太陽の光・紫外線や雨風を受け続けているC11のカバーはバイク用のカバーを使っています。
 永らく使い続けていたので防水効果も弱くなり、生地も薄くなって少し引っかけると破れ始めてしまいました。
 今年の梅雨は昨日だけ雨が降りましたが、雨がほとんど降っていません。
 これから本格的に雨が降る前に、カバーを新しくすることにしました。
 今度もバイク用のカバーです。
Img_0129p42

 かなり大きいのですが仕方がありません。
 まあ、裾を折りたたんで使います。
Img_0137p36

 これでまた当分の間、C11を守ってくれるでしょう。 

 今日はイイ天気です、夕方でも30℃ありました。
 シーイングはどうでしょうか。 

| | コメント (2)

土星 2013/06/13-14

 昼間はかなり雲が出ていたのですが、夕方から雲が消え、撮影時には快晴状態になりました。
 昼間は堺でも35℃を超えて、真夏日となりました。
 台風3号は弱まって台風でなくなりましたが、なぜか後退しながら近畿に近づいて来ました。
 シーイングはまずまず見える時と、大ボケの時間とが繰り返され、忙しいシーイングでしたが、なんとかそこそこの画像となりました。
Kms2013061311h39mut

 不可思議な天気ですが、晴れることは良いことです。

 でも、これだけ雨が降らないと水不足になる・・・それも困りますね。

 まあ普通になることを期待しています(笑)

| | コメント (10)

土星 2013/06/12-13

 台風3号が最初は近畿上陸か?と言われていたのですが、だんだんと東へ傾き、近畿には台風一過を思わせるような青空が広がりました。
 ただ、日中は雲も多く、白い雲と青空のコントラストがきれいでした。
 夕方頃から雲がどんどんと消え、20時ごろには一時快晴状態になりました。
Kms2013061212h00mut

 シーイングもまずまずです。細かい揺れはあるものの、カッシーニの隙間もそこそこ見えていました。
 もちろんもっと良いシーイングであればそれに越したことはありませんが、我慢できる範囲でしょうか。
 撮影時の気温は28℃と、真夏に近づきました。

| | コメント (4)

Kangaroo Jerky 2013/06/11

 カンガルージャーキーで、オーストラリアのお土産です。
 私が行った訳ではなく、下の息子が会社の研修旅行の名の下にオーストラリアに行ってきたお土産なのです。
Img_0065p36

 味は・・・照り焼き風マグロの缶詰か赤貝の缶詰か・・・何とも言えない味ですが、寝酒のお供にいただきました。
Img_0063p42

 普通のビーフジャーキーもいただきました。

 オーストラリアと言えば、私が初めて海外旅行した国で、それは1976年の皆既日食ツアーでした。
 マウントガンビアという小さな町で、雲がいっぱいながら雲間から奇跡的に見えた興奮の皆既日食でした。
 それから何度か、日食などの機会はあったのですが、結局2回目のオーストラリアは実現しておりません。
 行きたいなー・・・

 そして息子が持って行った旅行スーツケースが壊れて帰ってきました。
 まあ、取っ手が壊れただけなんですが、そろそろ寿命のようです。
Img_0066p36

 貼ってあるユニバーサルスタジオのステッカーは、大阪のユニバーサルスタジオでなく、アメリカロサンゼルスの本家のものです。
 これは1991年のバハカリフォルニア・メキシコ皆既日食の時にロサンゼルスで遊んだ記念でした。
 昔の思い出が詰まったスーツケースですが、あちこち凹んだりしているので修理することなく粗大ゴミでしょうか。

 いろいろ思い出しながらちびりちびりと・・・あーぁ歳行くなぁー・・・・・・・・(笑)   

| | コメント (0)

あじさい 2013/06/10

 あまり時を有効に使っていないRB星の時の記念日です。
 早めに梅雨に入った今年の梅雨は天気があまり良くないものの、堺ではほとんど雨が降っていません。
 でも季節はすっかり梅雨で、あじさいがきれいに咲いていました。
 団地の中で丁寧に世話をされている「あじさい」を撮させていただきました。
 あじさいと言ったらこの色でしょうか。
Img_0048p36

 赤みを帯びた色もなかなかです。
Img_0050p36

 白色は私にとってあじさいに見えないですが、気品の輝きがありますね。
Img_0053p36

 今日は雲が切れ、けっこう青空が広がりました。
Img_0055p36

 でも、星が見えるほどの広さではありません。
 台風3号もやって来るようですから、まだしばらくお天気が悪いようです。

 花と言えば?我が家のベランダ鉢の花が、先日アブラムシの発生にやられてしまい、一番賑やかだったマリーゴールドの花がほぼ全滅してしまいました。
 今日、替わりと言ってはなんですが賑やかそうな「太陽のサンバ」をマリーゴールドの跡地(鉢)に植えてみました。
Img_0241p16

 左の小さいのはかろうじて生き残ったと思われるマリーゴールドです。
 太陽のサンバもマリーゴールドもこの夏を乗り切ってくれるでしょうか。

 やっぱし、世話しないとだめですね・・・惑星撮影のたんびにあちこち動かされるしね・・・    

| | コメント (0)

可変式ウエッジプリズム(PADC)の効果 2013/06/08

 惑星撮影時に惑星の高度によって、大気のプリズム効果による色分散が変化します。
 高解像惑星撮影にはこれが必携といつも使っている可変式ウエッジプリズムですが、南中高度が低くなった土星で久しぶりに効果のほどを試してみました。
Adctest20130607

 可変式ウエッジプリズムは私のホームページに自作記事があります。
http://homepage2.nifty.com/rb_star/vari-prism.htm

 AutoStakkert!2でスタック、Registax6でウエーブレットしています。
 スタック数、ウエーブレットの数値はどちらも同じです。

 やはり効果はずいぶんとありますね。

 撮影システムは以前のブログにあります。
http://rb-star.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-6030.html

| | コメント (3)

土星 2013/06/07-08

 雲の合間でシーイングが良くなるかと期待したのですが、日中の暑さとは関係なく夕方には北からの冷たい?風が吹き、土星はユラユラとはためいていました。
 南中を過ぎるころにはますますシーイングが悪くなり諦めました。
Kms2013060711h48mut

 シーイングが悪いとカラーカメラ画像の色解像度も悪くなり色が濁ってしまいます。

 気温だけは上がってもシーイングは良くなりませんね。
 やはり太平洋高気圧でないとだめなんでしょうか。

| | コメント (0)

土星 2013/06/04-05

 梅雨前線が南に下がり良く晴れ渡りました。
 日中の気温は30℃を超えて真夏日になったのですが、夕方から少し冷たい風が吹き、シーイングは大ボケもあるしガタガタでした。
 疲れるワールドカップ予選のサッカーの試合を見ながら?の撮影でした。
 シーイングも気合いの入らない土星ですが、画像処理のおかげでなんとか写っています。
Kms2013060411h50mut

 白斑嵐の残っているあたりはムラムラがありそうですが、はっきりとは写りません。
 透明度も悪く、露光不足での撮影ですのでC環あたりはほとんど見えません。

 北の高気圧が降りてきた分シーイングは良くなかったようです。
 日本中のどこかでシーイングの良いところはあったのでしょうか。
 高気圧の中心部は良いかもしれませんね・・・

| | コメント (5)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »