« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

AutoStakkert!2の使い方? 2013/05/28

 Registax6と勝負するスタックソフトのAutoStakkert!2のチュートリアルがウエブ上では以前から公開されています。
 意を決して機械翻訳したものを自分なりに編集してみました。
 良く分からない部分も多いですが、せっかくですからここに載せてみます。
 が、責任は取れません、私は英語ができません(笑)、分からないこと、おかしな訳を見つけたら原文を読んでください。
http://www.astrokraai.nl/software/manual/as2_planet.html

 それではPDFファイルをご覧ください。

「autostakkert2.pdf」をダウンロード

As201

 ではまた

| | コメント (6)

まもなく夏の大泉緑地 2013/05/26

 一般的には晴れが続いている1週間でしたが、そろそろ明日から天気が悪くなるらしい。
 久しぶりに散髪に出た後、散歩も兼ねて大泉緑地まで出向きました。
 大泉緑地の中はフリーマーケットやバーベキューの人でいっぱいでしたが、ムチャ込みと言うほどの人出ではありませんでした。
 木々や草は新芽に変わり、あおあおしい世界になっていました。
 大池の蓮も緑いっぱいですが、まだ花の姿は見えません。
Img_0253p42

 花も花壇に植わっているものはそこそこですが、それ以外にめぼしいものは無く、モンシロチョウが吸う姿でも・・・メモ。
Img_0249p42

 写真的には成果なく、ひたすら歩いて健康維持(笑)
 鳥撮りの人たちも見かけましたが、暇を持て余して雑談をしているようでした。

 のどか、と言うにはちょっと暑い1日でした。 

| | コメント (0)

土星 2013/05/24-25

 上空のジェット気流も崩れて、高気圧に覆われシーイングがゴッツー良くなるかと期待したのですが、高気圧が持ってきた冷たい北からの気流の方が遙かに強く、土星はぼやぼやでした。
 撮影を諦めようとも思ったのですが、望遠鏡を準備した勢いで撮影した中から1ショットだけ使えるものがあって、なんとか処理してみました。
Kms2013052413h37mut

 例年、5月末ぐらいにシーイングの良い日に出会うことが多かったのですが、だめですね。

 気長に待つことにいたします。

| | コメント (0)

土星 2013/05/23-24

 日中はそこそこ雲が出ていたのですが、夕方から絹層雲のような秋を思わせる雲がたなびき、少しひんやりした北風が吹いていました。
 月の直ぐそばで輝く土星はちと覗きにくい状況でしたが、透明度はそこそこ上がってきました。
 シーイングは期待どおりというか、冷たい気流が入っているのか忙しく小刻みに揺れ、眼視ではそこそこ見えるカッシーニの隙間も、モニター上では忙しく見える揺れとぼけで全周に渡って見える時間はほとんどありませんでした。
Kms2013052313h12mut

 やはりもうちょっとシーイングが良くなって欲しいものですね。

| | コメント (0)

土星 2013/05/21-22

 月面撮影の後、土星にもC11を向けましたが、透明度が悪くフルゲインでもぎりぎりでした。
 露光を倍に伸ばしたものも撮影してみましたが、シーイングの影響で写りが良くなく、超露光アンダー画像を持ち上げて処理しました。
Kms2013052112h52mut

 最終的に整えてしまうと、透明度の悪さは見えがたくなりますが、解像度にも響いているかと思います。

 昼間は夏ですね。

| | コメント (0)

久しぶりに月面 2013/05/21-22

 久しぶりに月がベランダからイイ位置にやって来たので撮影。
 シーイングはそれほど良くないが最悪ではないので、画像処理をすればそこそこの画像となりました。
 スタックして画像処理したままのトリミング無しの画像です。

 GASSENDIです。
Kmgassendi20130521

 FLAMSTEEDあたりです。
 日当たりの場所の白飛びを押さえられなくて中途半端になりました。
Kmflamsteed20130521

CLAVIUSから南部です。
Kmclavius20130521

 同じ光学系拡大率で撮影した土星です。
Kmsaturn20130521

C11+#23Aフィルター+ニコンEIC-16コンバーター+Basler Ace acA1300-30gm+FireCapture2+AutoStakkert!2+Registax6+PhotoshopCS
 100秒間AVI(3000フレーム)の60%指定でスタックしています。

 日中は夏の暑さになり、まもなく梅雨がやって来ようとしています。
 シーイングは最悪を脱していますが、もう少し良くなって欲しいところです。   

| | コメント (5)

眼がスターin伊丹 2013/05/20

 大阪国際空港の横にある伊丹(いたみ)市立子ども文化科学館で、プラネタリウム担当者の会議があり、今年3月にリニューアルされたプラネタリウム機のお披露目も兼ねていたので、現役を外れている私ですが参加させていただきました。
Img_0152p36

 メガスターⅡBの常設館としては国内最西端になっています。
 肉眼等級よりも暗い星を投影することで有名になった大平技研のメガスターですが、伊丹ではちょっと少なめで、よりリアリティを追求したそうです。
 それでも500万個の星です。
Img_0160p36

 天の川も多数の星で構成する銀河の姿はなかなかきれいでした。
 残念ながら星の画像はありませんが、ぜひとも実物を見に行ってください。
Img_0197p50

 このプラネタリウム機はリフトで上下し、要らないときは深く沈み込みます。
Img_0203p50

 メガスターⅡB itami は世界で10番目のMEGASTAR-ⅡBで、SNもちゃんと貼り付けられていました。
Img_0201p36

 リニューアル前のプラネタリウム機は鉄アレイ型のオーソドックスな姿でしたが、解体され、その一部が展示されていました。
Img_0163p36

 館内の展示に、私の土星画像「環の傾き」を大きく掲示していただいています。
Img_0166p50

 今回の会議では、豊川ジオスペース館のKatoさんが製作されたモバイルドーム(2m)の公開もありました。
Img_0214p36

 プラネタリウム機はHOMESTAR EXTRAを改造したもので、投影レンズはロシア製のフィッシュアイに交換されています。
Img_0225p36

 夕方までびっちり情報交換が続きました。
Img_0234p36

 もちろん、夜の懇親会まで参加したのは言うまでもありません(笑)

 そして伊丹の夜は更けていきました・・・           

| | コメント (0)

大赤斑の予想経度 2013/05/17

 木星のガリレオ衛星の位置表示と大赤斑の予想経度を計算しているプログラムに、2012年のデータと2013年の5月までのデータを入れてプログラムを修正しました。
http://homepage2.nifty.com/rb_star/soft-01.htm
Jupiter2rb2013

 大赤斑の予想経度以外は触っていないので、相変わらず不十分ですが、まあ、私の実力です。

 夕空の木星とはしばらくお別れです。

| | コメント (0)

土星 2013/05/14-15

 天気予報は晴れマークなんですが、淡ーい雲がやって来ているようで、1等星ぐらいしか見えません。
 露光も普段の倍になりスタック枚数も減ってしまいました。
 カッシーニの隙間の写りもギクシャクしておりあまり良くはありません。
 特に左下のカッシーニの隙間はぶれて写っています。
Kms2013051413h22mut

 大阪では日中の気温が30℃を超えるところも出て(堺では29.4℃)、夏の気流になるかと思ったのですが甘かったようです。

| | コメント (0)

真夏日!日本橋(にっぽんばし)まで 2013/05/14

 大阪日本橋まで電気パーツを買いに出かけました。健康のためにチャリンコです。
 堺市は大阪市の南に隣接しているのですが、遠くの方々の認識は和歌山に近いと思われています。
 私は堺市の北部に住んでいるので大阪市は直ぐ隣です。
 自転車で15分ほど走れば、大和川にたどり着きます。
Img_0103p36

 大和川を越えると大阪市に入ります。
 しばらく走ると、南海電鉄高野線の踏切です。
Img_0110p36

  あべの筋をひたすら北上し、阿倍野に近づくと安倍晴明神社もあります。
Img_0135p36

 このあたりまで50分ぐらいでしょうか。
 そして目の前には日本最高峰のビルになる阿倍野ハルカスが地上60階300mの高さにそびえております。
Img_0114p36

 しかし天王寺には入らず、左折し北上するとめざす通天閣に5分ほどでやって来ます。  
 高さは阿倍野ハルカスよりも遙かに低いですが、歴史の高さを見せてくれています。
 ここまで堺から約1時間です。
Img_0122p46

 通天閣を過ぎるとそこは恵美須町から大阪日本橋の電気街です。
 大阪日本橋は電気の街でんでんタウンですが、今や何でもあり?の世界です。
 しかし、私の行くところは主にパーツやさんです。
Img_0124p46

 シリコンハウスとデジットが主な捜索場所です。
 古いジャンクなモーターなどの中古部品を売ってる店は少なくなってしまいました。
Img_0127p36

 2時間ほどウロウロするとそろそろ帰らなくてはいけません。
 またまた通天閣の下を通って堺へと戻ります。
Img_0133p46

 今日は真夏日になりました、ちょっぴり喉が渇いてはいますが、今日は静かに帰ります(笑)

 帰りは、疲れているのと気合いが足りないのを足し算して1時間20分ほどかかってしまいました。

 今日のパーツです。
Img_0137p36

 公共交通機関で行くと、このパ-ツの一つ半分ぐらいの費用が要りますから、健康を含めてエコに貢献していると・・・ハイ!

 と言うことで、時々日本橋までチャリンコで出かけています。      

| | コメント (0)

福島のお土産 2013/05/13

 昼間はけっこう南海上の前線の雲が北上し天気予報とは違って雲が多く流れていました。
 夕方ころから前線が南下し晴れてきて、今夜も土星を撮影しようと準備していたのですが、C11で覗いてみると久しぶりに酷い気流で、すっかりやる気を無くしてしまいました。
 で、気分を変えて、先日、桜の旅で福島県に行ったとき自分用のお土産として買ったお酒をちびりちびりといただきました。
 あまり関連性はありませんが・・・
Img_0102p46

 大河ドラマでもっといっぱい「八重の桜」にちなんだお土産がいっぱいかと思ったのですが、想像していたよりは少なく感じました。
 その中で、まあ、私好みというか・・・箱とボトルデザインだけなんですけどね、これを買いました。
 まあ、味はそこそこで問題はありません。

 でも、刀の位置がちょっと気になります。
 まあ、脇差しとは言うのですけどね(笑)
 まあ、いいっか・・・

| | コメント (0)

久しぶりに太陽黒点 2013/05/13

 昨夜の土星撮影から望遠鏡を片付けずにそのまま放置しておいたのですが、朝、ネットでSOHOのSunSpotsを見ると、そこそこの大きな黒点が現れているではありませんか。
 ベランダ望遠鏡の日光浴を兼ねて撮影してみました。
Kmsun_20130513_00h28mut

 シーイングはあまり良くありませんでしたが、このショットはそこそこ写っていると思います。擬似カラーです。
 C11(28cmフル口径)+ソーラーフィルター+YA3フィルタ-+ニコンEIC-16コンバーター+Basler Ace acA1300-30gm+FireCapture2+AutoStakkert!2+Registax6+PhotoshopCS

 黒点の拡大だけではスケールが分かりませんのでSOHOのSunSpotsから画像をお借りしました。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/sunspots/
Soho20130513mdi_sunspots_1024

 1745群のようです。
 他の黒点も撮影したのですが薄雲がどんど増えて、AutoStakkert!2でもスタックできずでした。

 久しぶりの昼間撮影で、要領を忘れていて手間取ってしまいました。
Img_0078p72

 去年の今ごろ太陽撮影のためにあれやこれやと慌てていたのを思い出します。
Img_0089p36

 金環日食も金星の太陽面通過も昔になってしまいました(笑)

 たった1年ですが・・・   

| | コメント (0)

土星 2013/05/12-13

 朝のテニスが応えてきたのか、撮影中に眠たくなってきました。
 シーイングもあまり良くありません。
 それでもなんとか無事に撮影できました。
Kms2013051213h05mut

 3色分解撮影のテストなどもしていたのですが、集中力に欠けたのか、も一つ思った結果が出ませんでした。

 いろいろな試しはまた今度報告いたします。

| | コメント (0)

三日月と木星 2013/05/12夕

 朝からイイ天気で、少し雲が広がったときがあっても夕方にはまたほぼ快晴でした。
 今夕は西の空で木星と、三日月がならびました。
Dsc_7814p76

 北側にある小さなベランダからメモ写真です。
 南側のベランダ望遠鏡から撮影できなくなって久しい木星ですが、月とのデュエットで楽しませてくれました。
 ズームレンズでの簡単撮影で星像はあまり良くありませんが、記念写真としてはこんなところでしょうか。
Dsc_7836p120

 まぁ、地球照も写って雰囲気は出ているので良しとしましょう。 

| | コメント (0)

イイ天気だテニス 2013/05/12

 久しぶりにテニスに参加しました。
 ただでさえ下手くそなのに、練習もせず、永らくタイミングが合わなくて不参加でした。
 それでも今日は朝から青空になり絶好のテニス日和です。
 私は写っていません・・・
Img_0049p42

 もちろんこのメンバーの中で一番下手くそな私ですが、この歳になると参加することに意義があります(笑)

 真新しいラケットもデビューです。
Img_0050p42

 気持ちよく走り回って汗をかきました。
 狙っているところに球が飛んでいかないのは新しいラケットのせいではなく私のせいです。

 いやーぁ、動けるって良いことです・・・・(^o^;)/~ 

| | コメント (0)

土星 2013/05/09-10

 夕方から曇ってきたので今夜はだめかと思っていたら、雲が薄ーっくなって星が見えてきたので撮影。
 シーイングもまずまずですが、モニター上の土星は忙しく小刻みに揺れていました。
Kms2013050912h46mut

 今回もAutoStakkert!2で Drizzle 1.5x でスタック、画像処理した後、もとのサイズに戻しています。
 あまりディティールが写らなかったので、きれい仕上げに専念しました(笑)

 カッシーニの隙間の表現は素直になっていると思います。
 つまり、手前に来ているカッシーニの隙間が不自然に幅広くなっていないと言うことです。

 やっぱし、シーイングはだいじです。

| | コメント (0)

昨日今日買ったもの 2013/05/09

 昨日、買ったのは3T(テラ)の3.5インチハードディスクです。
 惑星撮影データ保存用のハードディスクが満杯になってきたので買いました。
 今日、買ったのはテニスラケットです。
 最近テニスには参加できていないのですが、少し気分を変えて気合いを入れようかと・・・
Img_0038p50

 ちなみにハードディスクの方がちょっと値が高いです。

 無駄金にならないように少しがんばることにします。

| | コメント (0)

土星 2013/05/08-09

 冷たい高気圧が南下してシーイングも良くなりました。
 眼視ではかなり良く見えるような気がしたのですが、撮影中のモニターでは忙しく揺れる土星でした。
 それでもこの撮影の時は一番シーイングが良くなり、エンケの隙間も良く写りました。
Kms2013050812h55mut

 AutoStakkert!2の Drizzleで1.5xリサイズしてスタックし、報告画像は少し小さくして120%サイズにしています。
 最大エントロピーは使っていません。

 今シーズン一番の画像になりました。
 こんなのが続くと良いのですがね。

追記:
 北極周りの展開マップを作ってみました。六角形が良く分かります。
2013050812548c2p50

 自転アニメ(3画像)も作ってみましたが、も一つですね。
 白斑嵐の名残のそばにある小暗斑などが良く分かります。
Kms201305083sc

 北極の六角形も分かると言えばわかるのですが、良く写っているのは1画像だけなので、後、少しインパクトが足りませんね。 

| | コメント (0)

土星 2013/05/07-08

 ゴールデンウイーク中はまずまずの暖かさになっていたのですが、5月6日の夜から寒くなり、シーイングもガタガタです。
 今夜は良く晴れているので撮影してみましたが、やっぱり無理でした。
Kms2013050714h03mut

 気温は12℃で、それほど寒い訳ではありませんが、上空には北からどやどやと冷たい気流が流れ込んでいるようです。月惑への報告はやめておくことにします。

 5月4日、5日が、みなさんの撮影された画像を見ていると気流が良かったみたいですが、残念ながら、撮影できていませんので、ちょっと心残りです。

 と言っても始まらないので、シーイングの良くなる日をお待ちしております(笑)

| | コメント (0)

オートガイド回路TLP521-4テスト 2013/05/07

 前回、自作オートガイド回路でなんとかオートガイドが成功したのですが、最終段のフォトカプラTLP521-4の入力電流制限抵抗を取ってしまったのがどうしても気になっていました。
 もちろん動いたからそれで良いのですが、将来まで安定しているかどうか不安になっていました。
 そこで気休めになるか、TLP521-4の入出力をブレッドボードを使ってテストしてみました。
Img_0034p42

 こんなテストが正しいかどうかも分かりませんが、ネットで調べても私を安心させてくれる記事が見つかりませんでした。
 測定値です。
Tlp521401

 実際の自作回路とは条件が少し違いますが、入力の電流量によって出力の抵抗値が大きく変わることが確認できました。
 やっぱり単なるリレーではないと再確認できました。

 確実なのはフォトMOS-FETリレーなどを使った方がイイのでしょうか?

 分かってる人には簡単なお話なんでしょうけどね・・・

| | コメント (0)

ロシアの隕石 2013/05/05

 5月5日のこどもの日、大阪天満で日本天文同好会の例会がありました。
 隕石コレクターのKさんが、今年2月15日に、ロシア・チェリャビンスクの空に出現した大火球の破片を手に入れられ、皆にお披露目がありました。
Img_0025p36

 わずか1.2gの破片ですが、入手経路ならびに費用は秘密です(笑)。
 「はやぶさ」が持ち帰ってきた小惑星イトカワと同じLLタイプの鉄分の少ない隕石だそうです。
 また、Kさんは近々、モロッコへ隕石探しの旅に出るそうで、新しい隕石が増えるかも。

| | コメント (0)

明日はこどもの日 2013/05/04

 と、言っても我が家のこどもたちも大人になって久しく、どこかに連れて行くようなことがなくなってからも久しい。
 今日は、歩いて15分ほどのところに紀伊國屋書店があり、例月より早く発行となっている天文ガイドと星ナビを購入に散歩がてらに出かけてみました。
 ダイアモンドシティの中央フロアーではプリキュアショーが開催されており多くの家族連れが取り囲んでいました(写真はありません)。
 で、天ガと星ナビを買った後、家族連れに触発されてと言うか、ちょっと我が家用にケーキなるお土産を買った次第です。
Img_0018p36

 明日は星の例会で家には居ないので、ちょっと気を遣ってるところでもあります(汗)
 メインのケーキはなんと言っても不二家の「コロコロくまさん」ケーキです。
Img_0016p36

 こんな子どもっぽいケーキを誰が食べるんだってぇ~

 私ではありません(笑)

 こどもの日、前日のお話でした。 

| | コメント (0)

土星 2013/05/03-04

 3日続けて晴れました。
 冷たい北風も収まり、雲はあるものの雪雲のような冷たそうな雲は無くなりました。
 地上は弱い東風に変わり、シーイングも昨夜より少し良くなりました。
Kms2013050313h09mut

 気持ち?エンケの隙間が写り始めていますが、確実とまではいきませんね。
 シーイングは撮し初めが良くて、だんだんと悪くなっていきました。
 北極圏の六角模様を写そうと思ったのですが、画像が揃わず上手くいきませんでした。

 良像2枚を強調処理しアニメにして振ると、赤道帯に小さな白斑が見えました。
 また、2010年の白斑嵐の残像が、かろうじて動いているのも分かります。
Kms201305032sumb

 欲張りですが、ここまで写ればもうちょっと上のシーイングが欲しいですね(笑) 

| | コメント (0)

土星 2013/05/02-03

 北から相変わらず冷たい風が吹き、白い雲が流れています。
 シーイングは少し良くなりましたが、不安定でした。
Kms2013050213h25mut

 北極の暗部が六角形をしているので、なんショットか集まればアニメにしたいと思っているのですが、なかなか揃いません。
 この画像も良く見れば六角形をしているのが分かります。

 やはりもーちょっとシーイングが良くならないとね・・・

| | コメント (0)

土星 2013/05/01-02

 4月29日に衝を迎えている土星ですが、なかなか撮影できる天気とチャンスに恵まれず、やっとこさ衝の二日後に撮影することができました。
 冷たい北風が吹き、北から雪雲のような白い雲が流れ不安定な天気でしたが、オートガイドテストに引き続いて撮影してみました。
Kms2013050113h18mut

 シーイングはあまり良くありませんが、贅沢は言ってられません。
 衝効果で環が明るくなっている姿を捉えることができました。

 もう少しシーイングが良くなって欲しいですね。

| | コメント (0)

オートガイド回路テスト 2013/05/01

 USB-IOを使った回路でオートガイドテストを繰り返しています。
 前回不調だった回路を見直して改めました。
 ベランダからウミヘビ座のアルファ星コルヒドラでテストしてみると、なんとか長時間追いかけていくことができました。
 オートガイドソフトはiAGです。
 赤緯のウオームギヤーのクリアランスが大きいのか赤緯修正を往復で動かすと行ったり来たりして大きく外れましたが、片側修正にすると収束しました。
Img_0002p42

 望遠鏡はAdvanced-GT+SynScan+ミニボーグ60ED+PHILIPS ToUcam PRO+Windows7 64ビットの組み合わせです。
 PHILIPS ToUcam PROは昔にファームウエアをspc900nc用に書き換えているのでWindows7でも spc900nc として認識されています。
Img_0007bp42

 前回の失敗の原因は出力段に使っているフォトカプラTLP521-4にオートガイドのモジュラージャックと高速オートガイド用のDCモーター駆動回路とを二つ繋げていたために出力が不安定になったようでした。
 今回はTLP521-4を2個用意し、それぞれ別々に出力するようにしました。
 もうひとつ、今回の修正で分かったことは、フォトカプラーTLP521-4は単純なリレーではないことでした。
 どうも私の浅い知識では単純にオンオフする「リレー」的な使い方が多かったのですが、入力側のLED点灯電流に出力側の電流も制限されているという、フォトトランジスタとして扱わないといけないようです。
 入力側に赤経赤緯修正の確認用のLEDを直列に繋げて使っていると、今回の場合電流制限抵抗は不要でした。
 電流制限抵抗があると出力側が不安定になりました。
01

 そんなこんなで、まだ実験中の域を出ないオートガイド回路です。

 あーぁ、私の回路は先輩諸氏の回路を見本にカットアンドトライしているので決して真似しないでくださいね、意味が分かって繋げているのではありませんから・・・(笑)   

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »