« まもなく夏の大泉緑地 2013/05/26 | トップページ | 土星 2013/06/04-05 »

AutoStakkert!2の使い方? 2013/05/28

 Registax6と勝負するスタックソフトのAutoStakkert!2のチュートリアルがウエブ上では以前から公開されています。
 意を決して機械翻訳したものを自分なりに編集してみました。
 良く分からない部分も多いですが、せっかくですからここに載せてみます。
 が、責任は取れません、私は英語ができません(笑)、分からないこと、おかしな訳を見つけたら原文を読んでください。
http://www.astrokraai.nl/software/manual/as2_planet.html

 それではPDFファイルをご覧ください。

「autostakkert2.pdf」をダウンロード

As201

 ではまた

|

« まもなく夏の大泉緑地 2013/05/26 | トップページ | 土星 2013/06/04-05 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

すごく参考になりました。

より上手にAutoStakkert!2が使えそうです。

ありがとうございました。

投稿: ひろぽん | 2013年5月29日 (水) 10時51分

ひろぽんさん ありがとうございます。
 自分では一部の機能しか使っていないので、もう一度見直しました。
 正しい訳ではありませんが、AutoStakkert!2が使いやすくなったら良いかなと、公開しました。
 惑星の画像処理がもっと楽になれば良いですね。

投稿: RB星 | 2013年5月29日 (水) 18時46分

こんにちは。
このソフト、私もDLして試してみましたが、使い方が良くわかりません。そこで質問です。
①Registaxのように、評価値の低いフレームを切り捨てることは出来るのでしょうか?。
②スタックした画像をウェブレット処理するのはどのようにすれば良いのでしょうか?。
③保存は自動的になされるのでしょうか?。
以上、お忙しいところ恐縮ですが、ご指導いただければ幸いです。

投稿: mn3192 | 2013年6月 2日 (日) 12時07分

mn3192さん ありがとうございます。
 Stack Options Panelで、フレーム数か%指定でクオリティ上位の画像を設定することができます。
 Save in Foldersにチェックが入っていると新しくフォルダーが作られ、自動的にファイル名も作られてスタックされた画像ができています。
 私は、%指定で使っています。
 シーイングの良い日は80%、シーイングの悪い日は60%を基準にしてスタックしています。
 スタックされた画像をRegistax6のウエーブレットで処理しています。
 必要があれば、その後にステライメージ7の最大エントロピー画像復元処理をしています。
 AutoStakkert!2のファイルオープン時に、複数のAVIファイルを選択しておくと、1本目は設定作業をしないといけませんが、2本目からは1本目と同じ条件で自動的に処理してくれます。
 これはけっこう便利です。

投稿: RB星 | 2013年6月 3日 (月) 18時04分

Kumamoriさん、こんばんは。
スタックされた画像は私もRegistax6で処理しますが保存はモノクロになってしまいます。
カラーで保存するにはどうすればよいのでしょうか?。

投稿: mn3192 | 2013年6月 3日 (月) 19時40分

mn3192さん おはようございます。
 AutoStakkert!2でカラーを触れるのは、上部にあるメニューで、「Color」を開くといろいろな設定があります。
 普通は「Auto Detect」に有効チェックが入っていると自動的にカラーかモノクロかを判断しています。
 DFKで撮影され、RGB24で保存されたAVIファイルはこれで普通にカラーで処理されます。
 ベイヤー配列変換に有効チェックが入っていると逆にモノクロ表示になるかと思います。
 それ以外の理由だと私には分かりません。

投稿: RB星 | 2013年6月 4日 (火) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まもなく夏の大泉緑地 2013/05/26 | トップページ | 土星 2013/06/04-05 »