« 月惑関西例会 2013/04/21 | トップページ | 若菜祭 2013/04/28-29 »

三春の瀧桜・・・東北桜の旅 2013/04/22-24

 東北地方の有名な桜を見に格安パックツアー二泊三日をプライベートで行って来ました。
 22日朝早く大阪駅から「特急サンダーバード」で金沢へ、金沢で乗り換えて「特急北越」で直江津まで列車の旅です。
Img_0118p36

 福島県のどちらかというと太平洋側にある桜を見に行くのに、なんと新潟まわりです。
 格安ツアーの所以でしょうか。

 直江津からはバスに揺られ青い日本海を横目に通って新潟を通過、磐越自動車道で今日の宿泊地裏磐梯までひたすら走ります。
 磐梯山までやって来るとなんと吹雪!2日前に桜会場でも雪が降ったとニュースで流れていましたが、想定外の雪にただビックリ。
 裏磐梯五色温泉のホテルで雪と記念写真です。
Img_0244p36

 雪見の露天風呂を堪能しました。

 翌日(23日)眼が覚めると快晴です。
 ホテルから裏磐梯山がクリアーに見えていました。
Dsc_7354p72

 今日から本格的に桜巡りです。
 最初は日本三大桜なそうな、三春の瀧桜です。
 ここはネットライブで現況が見えていて、すでに満開は1週間前に過ぎており最悪は葉っぱだけかと思っていたのですが、日当たりの悪い方がなんとか持ち堪えているいて、遠目の写真ではそれなりに写っている。
Dsc_7390p72

 こちらが北側から見た三春の瀧桜です。
Dsc_7434p72

 ちょっと残念ではありますが、背景になっているまわりの桜は満開を迎えており、なかなかの賑やかさでした。

 次は福島の花見山公園で、太平洋に近づき気温もぐっと上がります。
 ここでは桜の多くはすでに散ってしまっており、残り少ない桜とたくさん植えられた木々とでそれなりの景観を示していました。
Dsc_7527p72

 菜種畑があったので、桜ではないですが彩りに添えておきます。
Dsc_7514p72

 次は、日本の桜名所100選に選ばれている白石川堤の8kmに渡る桜並木です。
 ここも残念ながら散り終わりに近い状況で、「これが満開だったらなぁー」とみなさんのため息ばかりが聞こえてきました。
 咲き終わった桜と黒ゴマのソフトクリームで乾杯です。
 お疲れさまでした(笑)
Img_0436p36

 2日目の宿泊地は蔵王温泉です。
 硫黄の強い温泉で、金属は真っ黒になるそうです。温泉好きの人にはたままらないでしょうね。
 蔵王スターワインで乾杯です。
Img_0471p36

 3日目(24日)は山形弁での方言ガイド案内がある山形鉄道に乗ります。
 その前に、置賜桜回廊の一つ、八乙女種まき桜を見学しましたが、全くの蕾硬しでした。
 全景で撮ると全く桜のピンクが見えないので蕾だけのアップです。
Dsc_7600p72

 山形電車は短い距離でしたが、方言ガイドで楽しく乗ることができました。
Img_0550p36

 そして最後に樹齢1200年、天然記念物に指定されている久保桜です。
 これも残念ながらまだちらほら咲きでした。
Dsc_7734p72

 幹は空洞になっており、大手術がなされたようですが、ちょっと痛々しい姿でした。

 その他、最上川堤防の千本桜など車窓から眺めた桜などは満開の場所もあり、つくづく桜予想は難しいと思いました。

 ツアーを予約したときには、気象庁の桜予想は「平年並み」だったのですが、その直後から今年は一気に開花が早くなりました。

 天気の予報よりも難しいですかね・・・

 この後、また直江津まで戻り、大阪・堺にに帰着したのは23時を回っていました。
 桜で満開を外すと・・・ツアーも疲れますね・・・(笑)   

|

« 月惑関西例会 2013/04/21 | トップページ | 若菜祭 2013/04/28-29 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遠路、東北までお出でいただきありがとうございます。21日は、こちらも雪が降り、仙台、福島も積もったそうです。
蔵王温泉、長井市、どちらもここから1時間半ですね。奥様にお会いしたかったのですが残念!次はさくらんぼ狩りにどうぞ。

投稿: 星のお父さん | 2013年4月26日 (金) 18時29分

星のお父さん ありがとうございます。
 近くまで行って挨拶もせずにすいません。
 最上川を見ると、昔、船に乗ったことを思い出していました。
 今度は桜でない季節に旅することにします。
 今年は気温の変化がめまぐるしくて、桜も惑星もガタガタです。

投稿: RB星 | 2013年4月26日 (金) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月惑関西例会 2013/04/21 | トップページ | 若菜祭 2013/04/28-29 »