« 土星 2013/03/08-09 | トップページ | 土星 2013/03/11-12 »

パンスターズ彗星in和泉葛城山 2013/03/11

大スターがやって来たのですが、当初の予報よりはだいぶ暗めです。
3月始め南半球では立派な尾が写り始め、少し持ち直した風になり、多くの方々が近日点通過前から撮影を始められました。
 ただ、近日点通過が3月10日で、その後も日本からは条件が良くありません。西空超低空を這うように北上します。
 もう少し日が経ってからと思っていたのですが、みなさんの勢いに乗って下見がてらに、大阪南部和歌山県との県境にある和泉葛城山に登りました。
 ここは車でてっぺんまで行くことができます。
 堺から約1時間ほどで到着すると、どこかで見たことがあるような人が・・・
 和歌山のTsumuraさんと、ソフィア・堺プラネタリウムのKitaさんがすでに到着されていました。
Img_0255p36

 南の方に雲があるものの、ほぼ快晴状態です。
 ここには展望台があり、大阪平野を見渡すことができます。
Img_0260p36

 思ったよりガスがかかっていますが、淡路島からそのむこうの四国まで見渡すことができます。
Img_0280p36

 私の望遠鏡はミニボーグ60ED(7885)にニコンD70で、スカイメモに同架しています。
 展望台の壁の高さがけっこう高いので、持ってきた三脚では高さが足りず、Tsumuraさんの大型三脚をお借りしました。
 西の空の低空は若干雲があるものの、なんとか見えそうな夕陽でした。
Img_0284p36

 超低空は残念ながら薄雲がありました。
 日没は18時03分です。
Dsc_6778p72_2

 日没前後から、双眼鏡でパンスターズ彗星を探しますが全然見つかりません。

 ようやく18時40分ごろ、隣りにいたKitaさんが7cm×10倍の双眼鏡で見つけました。
 位置を教えてもらってかろうじて私の5cm×7倍双眼鏡でも確かめることができました。
 カメラのファインダーでは見えないので、双眼鏡で見た位置をたよりにそこへ向け試写を繰り返すとなんとか彗星を確認することができました。
Dsc_6879bp20

 思った通りにショボイけど、まあこれでショボイと言える(笑)

 でもせっかくなので、16枚ほどスタックしてむりやりトリミングして大きな彗星風に仕立ててみました。
 これまた、ちょっと誤解を招くかもしれません。
01c

 18時55分ごろにはほぼ見えなくなってしまいました。

 ちょっと夜景を撮影して帰ることにいたします。
 関空方面です。
Img_0354p36

 私には初めての和泉葛城山でしたが、彗星が見えて良かった。

 日没前後にはカップルが数組・・・

 気温は0℃と思った以上に寒くて指が動かないので、片付けはなかなか大変でした。

 パンスターズ彗星は今後も西空低空を動くので、この光度では苦しい日々が続きそうです。

|

« 土星 2013/03/08-09 | トップページ | 土星 2013/03/11-12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土星 2013/03/08-09 | トップページ | 土星 2013/03/11-12 »