« 星の広場同窓会 その1 2013/02/23 | トップページ | 第3回星なかまの集い~天文楽サミット~ 2013/03/02-03 »

星の広場同窓会 その2 2013/02/24

 2日目の朝も快晴です。
 かんぽの宿で朝の記念写真を撮った後、近くの阿蘇神社へ参ります。
 火祭りなどで有名だそうですが、彗星が明るく見えるようにと私はお願いしておきました。
Img_0529p36

 阿蘇神社の周りにある水基巡りをした後、天気も良いのでみなさんと阿蘇の火口を見に行くことになりました。
 私は去年の秋にプライベート旅行で来たときには、火口は雲の中で視界は数メートルと散々だったので、今回リベンジできると青空に生える阿蘇を見てロープウエイ口までやって来るとなんと、火山ガスの発生により全面禁止規制がかかっていたのでした。
火口に行くことはできませんでした・・・2連敗です(涙)
Img_0572p36

 気を取り直して?南阿蘇には大望遠鏡のある南阿蘇ルナ天文台があって、みなさん見学に行くことになりました。
 閑静なペンション群の中にありました。
Img_0600p36

 84cmのカセグレン・ニュートンがメインでオーナーさんは居られませんでしたが、詳しく解説していただきました。
Img_0614p36

 こちらは太陽望遠鏡です。
Img_0618p36

 ここにはプラネタリウムもあります。当初は小型の光学式プラネタリウムでしたが、現在はデジタルプラネタリウムになり、最近にパンスターズ彗星の解説などをしていただきました。
Img_0646p36

 南阿蘇ルナ天文台にお別れし、そろそろ阿蘇とも離れてしまうのですが、最後に外輪山の風力発電の風車がたくさんあるところ(俵山峠園地)から、阿蘇のカルデラを眺めました。この写真を撮っている背後には大きなプロペラがビュービューと音を立てながら回っていました。
Img_0669p36

 ここで飛行機組のみなさんや熊本のスタッフのみなさんとお別れし、一路福岡へと走ります(私は相変わらず乗ってるだけです)。

 少し時間があったので、福岡は太宰府の近くにある望遠鏡ショップ「天文ハウスTOMITA」に連れて行ってもらいました。
Img_0683p36

福岡は遠いですが、ここには面白そうな望遠鏡がいっぱい展示されています。
 これはPlaneWaveの変形Dall-Kirkhamで補正レンズを入れて写真鏡です。
 できたらこれぐらいのDall-Kirkhamをベランダに置きたいのですが無理ですね・・・
Img_0674p36

 この赤い架台は韓国製AstroDreamTech(アストロドリームテック)のMoningCalmシリーズで赤経部と赤緯部が分離できるので、赤経部だけをベランダに置けないかと思ったりもしていました。
Img_0681p36

 ああ、思ってるだけで妄想の世界です。まだまだ本気ではありません(笑)

 トミタにお別れし、また大野城駅まで帰り着きました。
 Nagataさんにお別れし(ありがとうございました)、大阪、堺へと帰り着いたのは22時になっていました。

 運転していないのにちょっと疲れましたが、自分用に買ったお土産のくまモン焼酎をいただきながら、この2日間を思い出していました。
Img_0688p36

 今回は馬刺しを食べるタイミングがなかったので、馬刺しの燻製「けっとばし」を酒の肴に買って帰りました。

 あっという間の2日間でしたが、また新しく思い出ができました。

 みなさんありがとうございました。         

|

« 星の広場同窓会 その1 2013/02/23 | トップページ | 第3回星なかまの集い~天文楽サミット~ 2013/03/02-03 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星の広場同窓会 その1 2013/02/23 | トップページ | 第3回星なかまの集い~天文楽サミット~ 2013/03/02-03 »