« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

木星 2013/01/31-02/01

 朝から一日中穏やかに晴れているのですが、シーイングは全然でした。
 中低層の気流は右往左往していて、大ボケの時間も長く・・・
Kmj2013013109h27mut

 冷たい季節風が吹いている方がまだまあし・・・
 中低層の気流は上昇気流でしょうか、こんななのは地域性の理由も濃いので、日本のどこかでイイ気流に遭っている人がいるかもしれませんね。

 残り少ないベランダからの木星時間ですが残念ですね。

| | コメント (0)

ポチ 2013/01/28

 ちょっと・・・ポチしました。
 大したものではないのですが、心の隙間に入り込んだもの、あぁ、望遠鏡のパーツなどです。それも中古です。
Img_0327p42

 左からセレストロンCG-5用の極軸望遠鏡、φ31.7mm用 23A赤フィルター、ミードETX用XYコントローラーです。
 極軸望遠鏡はアドバンスGT用に、赤フィルターはいっぱい持っていますが、31.7mmはないので・・・、XYコントローラーは分解して自作ベランダ望遠鏡のコントローラーにしようと思ってです。

 今日はさしあたりアドバンスGTに極軸望遠鏡を取り付けてみました。
 アドバンスGTの極軸望遠鏡はオプション扱いだったので、架台購入時はふつうのファインダーを押し込んで使っていました。
 極軸南端の金具は極軸望遠鏡とかぶっているようです。
 購入時の極軸南端です。
Img_0326p42

 CG-5用の極軸望遠鏡ですが、アルミの傘?には目盛りがありません。
Img_0333p42

 極軸のパターンです。
Img_0335p42

 アルミの目盛り傘は交換して、組み立ててみました。
Img_0342p42

 このパターンで目盛りを使うかどうかは、分かりませんが、目盛りはあった方が自然ですね(笑)

 これだけが残ってしまいました。
Img_0343p42

 アドバンスGTとCG-5はやっぱし違うんでしょうかね・・・

 あぁ、私はだめもと買いですので違ってても文句は言いません(笑)

 ミードXYコントローラーはウェブで調べても良く分からなかったのですが、ボタン付きケースとして利用の予定です。      

| | コメント (0)

吹雪だ 2013/01/27

 今朝から青空が広がっていたので、夕方の木星を楽しみにしていたのですが、夕方には雲が多くなり、木星は諦めました。
 夜が更けるに付け、風の音がヒューヒューゴーゴーとなりいつの間にか雪が降り始めてきました。
 あっという間に芝生の上や車の上は白くなりました。
Img_0316p42

 久しぶりの積雪です。

 さあ、この後どのぐらい積もるか楽しみです・・・(^o^;)/~

追記:
 この後あっという間に吹雪は止み、見る見る間に雪は消えていきました。
 朝まで残ったのは芝生の上にホンの微かでした。
 忙しい吹雪でした。

| | コメント (2)

木星 2013/01/26-27

 今日はの昼間は雲が飛ぶもののまずまずの天気でしたが、北西風が強く、時には子どもたちが飛ばされそうになっていました。
 昨夜より風が強くて望遠鏡が揺れますが、大ボケがないので、まだなんとか画像が得られました。
Kmj2013012609h28mut

 特に目立った模様はないようです。

 大赤斑がないと寂しいですね。

| | コメント (0)

木星 2013/01/25-26

 夜明けごろは曇って一時時雨れていたのですが、だんだんと青空が広がり冷たい北風も強くなりました。
 夕方も雲は飛ぶものの青空も多く、木星も高い位置で見えていました。
 木星のベランダ時間は18時前後と、早過ぎて厳しくなってきました。
 シーイングは期待していなかったのですが、そこそこ模様が見えているので、最悪ではありません。
 ただ、木星はシーイングで忙しく揺れるし、風で望遠鏡も揺れ木星が時々フレームを飛びだしてしまいましした。
 それでもなんとか大赤斑は見えているし、良いことにしておこう。
Kmj2013012509h28mut

 晴れそうで晴れない日々は続いていました。
 寒波がやって来てなんとか晴れると言う情けない天候です。

 後、何回撮影できるか微妙なタイミングになってきました。
 シーイングが良くなって欲しいですね。

| | コメント (0)

カニカニタンゴ 2013/01/21-22

 シーズンの蟹を食しに丹後半島の網野まで行って来ました。
 堺からは、阪神高速堺線-中国縦貫池田-舞鶴・若狭自動車道-与謝野天橋立まで一気に走ります。
 約3時間で、先日まで続いていたチェーン規制もなくなっていました。
 天橋立を右に見ながら、丹後半島を周回コースでドライブです。
 途中、伊根浦舟屋群を高台から見学。観光船も巡っているようです。
Img_0220p42

 テレビなどでは良く見るのですが、船が家の中に留められ、その上が住居になっています。ここは津波などは来ないんでしょうね・・・Img_0201p42

 海岸沿いをゆっくり走っても、網野に付いたのは午後3時過ぎ、雪がなかったので、予定よりも早く着いてしまいました。
 丹後風創作料理&源泉かけ流し湯「割烹の宿こばま荘」です。
 早速、源泉掛け流しのお風呂で体を温めます。
 他のお客さんがいないので失礼して記念写真です(笑)
Img_0236p42

 夕食はもちろんカニカニが主体です。
Img_0252p42

 カニだけでなく造りや色々あって、どれも美味しいのですが、私はこのトラエビに感動しました。こりこりして甘く・・・
Img_0246p42

 もちろん焼きがにも美味しいのですが、甲羅を焼いて熱燗を注ぎ・・・普段日本酒をあまり飲まないのですが、これも美味い!
Img_0250p42

 この他にもいっぱいいっぱいですが、写真を撮る暇がない・・・
 それでもほぼ完食と言えるまで食べました。
 もうお腹はパンパンです(笑)

 翌朝は近くの海岸、八丁浜でこの寒いのにサーフィンをしているみなさんを見学しました・・・あんまり若いい人はいない(笑)
Img_0279p42

 日本海までマイカーで来るにはたぶん多くのみなさんがそうだと思うのですが、雪があると大変だなーと。
 今回は、走行道路には全く雪はありませんでした。少し山越えの時には路肩や山肌には雪を見ましたが、走行には全く問題なしでした。いつもチェーンだけは載せているので、基本的にはだいじょうぶです。
 所々で雪をかき集めたモノが残っていました。
Img_0280p42

 帰路は出石(いずし)によって蕎麦をいただきました。
Img_0295p42

 出石は皿そばが有名ですが、今日は「吟そば」を注文し、生ワサビをひたすら摺りおろし、気持ちよく十割そばをいただきました。
Img_0297p42

 そして、夕方には堺まで帰ってきました。

 ちょっと食べ過ぎのカニカニでしたが 、最後の仕上げは自分用に買ったお土産の日本酒「笑顔百楽」で乾杯です。
Img_0306p42

 何ごとも笑ってごまかす私には、ちょうどのお酒です(笑)        

| | コメント (0)

土星 2013/01/18-19

ぼちぼち土星にシフトしないとと思いつつも、寒い朝にはなかなか眼が覚めない。
木星撮影後、ベランダの望遠鏡はセットしたまま眠るのですが、明け方に使わないまま片付ける日が何回かありました。
 今日は子どもがスノボーに行くというので、夜中からゴソゴソ騒がしいので眼が覚めました。
 ちょうど良い時間帯でした。
 ただシーイングは良くありませんが、薄明が始まり空が明るくなるころから少しだけ良くなりました。
Kms2013011821h26mut

 とは言ってもカッシーニの隙間が微かにしか見えません。
 辛いシーイングです。

   もう少しシーイングは良くなって欲しいですね。

| | コメント (0)

木星 2013/01/18-19

昼間は雪がちらついた堺ですが、夕方から晴れてきました。
気温は低く、撮影時で4℃を割っていました。
夕方の空、薄明中にもすでに高度の上がった木星は、ベランダからの木星時間も早くなって、18時台になりました。
 このままで行くと2月始めぐらいで撮影限界の終わりになりそうです。

 大赤斑が中央にあり、シーイングも忙しく揺れはするのですが、大ボケは少なくそこそこの模様が写りました。
Kmj2013011809h42mut

 今シーズンの冬の気流では、これ以上のディティールは難しそうで、ちょっと残念ですが、もう少しの期間がんばることにします。

| | コメント (0)

室生の雪 2012/01/15

 昨日関東以北に大雪をもたらした爆弾低気圧は室生にも雪を運んでいました。
 共同観測所の望遠鏡のドライブ回路を自宅で修理してあったのですが、今日思い立って観測所まで届けました。
 堺では昨日は雨で、少し雪が混じっていた程度で、ほぼなにもなかったのですが、西名阪を走り、天理東から山道になるとまわりは雪景色と変わってきました。
 名阪国道は除雪してあり全く普通に走れたのですが、針インターを出ると一面雪景色なっていたので、道の駅に降りて久しぶりのチェーンを巻きました。
Img_0148p42

 何年ぶりでしょうか?こんな雪だらけの針は。
Img_0149p42

 最近はスタッドレスタイヤの時代になっているのでチェーンを巻いている人は見かけません。

 観測所へたどり着く最後の坂道は無理をすると危ないので、坂道(銀河街道←かってに名前を付けてます)手前で車を止めて置いて、最後は歩いて登りました。
Img_0153p42

 地元の人も通っているようですが、なかなかの雪です。
 15cmから多いところは20cmぐらい積もっているでしょうか。
Img_0154p42

 雪景色の観測所も久しぶりです。
Img_0161p42

 修理済みアスコのドライブを取り付け動作確認をして完了。
Img_0169p42

 もう一つの90sのドライブ回路も動作確認をして完了。
Img_0175p42

 無事に任務?はお終いです。
 そうこうしていると、ちょっと粉雪がちらついてきたので長居は無用と急いで帰ることにいたします。
 せっかくですから雪と記念写真です。
Img_0180p42

 ホント、久しぶりの大雪ですね。

 チェーンを巻いてる車は1台しか見ませんでした。
 ホントに少ないですね・・・       

| | コメント (6)

月惑関西例会 2013/01/13

 京都山科で月惑星研究会関西支部の例会がありましたので、久しぶりに参加してきました。
午前中はイイ天気だったのですが、昼からは曇り、夜には雨の予報です。
 いつもは少ない参加者ですが、今回は高校生も入って少し賑やかになりました。
Img_0127p42

 自己紹介の後、ADACHIさんによる木星面の近況解説がありました。
 大赤斑のサイズが小さくなった利しているとのことです。
Img_0128p42

 高校生のみなさんに永続白斑の歴史についての解説です。
Img_0130p42

 地上からはほとんどなにも見えていない火星に起きた黄雲のお話です。
 このプロジェクター、赤色が全く出ないんですよね!?どないかしたってください!?
 火星の色も大赤斑の色も永続白斑BAの色も出てないんです・・・(涙)
Img_0131p42

 私はPCカメラBasler Ace acA1300-30gmと最近の惑星撮影システムのお話をさせてもらいました。(写真はありません)

 最後にみなさんで記念写真です。
Img_0135p42

 例会後、おじさんたちはヤングなみなさんとお別れし新年会に突入です。
 最近、宇治でバンバン木星撮影をされているHORIUCHIさんも初参加です。
Img_0142p42

 イヤー生ビールはイイですね、ノンアルコールの人もおられましたが(笑)
Img_0143p42

 まあ、ともかくも2013年の惑星つながりはスタートしました。

 良いシーイングになって、いい年でありますように・・・      

| | コメント (0)

木星 2013/01/11-12

 冬型は少し緩んできて、夕方から良く晴れてきました。
 地上の風はほぼ無いのですが、上空はメラメラでした。
 それでも最悪はなんとか避けられたようで、悪い割にはそこそこ写っています。
Kmj2013011110h16mut

 衛星エウロパが通過中です。
 大赤斑があるのでなんとか体裁を保っています。

 中低層の気流がメラメラでした。

 ベランダからの木星時間が早くなって、撮影できるのももう少しの間のようです。

| | コメント (0)

木星 2013/01/10-11

 日中から雲の覆い天気でしたが、ちょうどベランダからの木星時間に晴れ始めました。
 しかし完全に晴れずに雲間からの撮影となりました。
Kmj2013011010h09mut

 大ボケは少ないものの木星は揺れ続けていました。
 撮影時間の離れた画像2枚をWinJUPOSのDeRotationを使って合成しています。

 永続白斑BAが見え始めです。

 もうちょっと、ちゃんと晴れて欲しい・・・

| | コメント (2)

木星 2013/01/08-09

 今日も一日時折雲が広がる程度で青空が広がるイイ天気でした。
 シーイングは大ボケがほとんど無くなり、良くはないのですがまずまずのシーイングです。
Kmj2013010810h15mut

 永続白斑BAが相変わらず赤みが強く見えています。
 このあたりのNEBsのフェストーンも青みが淡くなっていますね。

 大赤斑とBAがあると一気に木星らしくなりました。

| | コメント (0)

木星 2013/01/07-08

 今日は一日中穏やかな天気で雲も少なく良く晴れました。
 気温も陽射しがあった分上がり、撮影時は8℃を超えていました。
 ところがシーイングは、良くありません。
 高層も中低層も北から北西の気流がブンブンと流れています。
 地上は無風なんですがね・・・
Kmj2013010709h58mut

 何とも言えない写りですね・・・

 NEBs あたりのフェストーンに伴う青みがほとんどありませんので、余計に寂しく感じます。

 撮影時間帯がますます早くなって来ました。

| | コメント (0)

アスコの修理 2013/01/07

 室生観測所のアスコ架台の駆動回路を持ち帰ってきて、我が家でじっくり故障探検いたしました(笑)
 1月4日から今日まで3日間、回路を追いかけながら頭の中は回路でグチャグチャでした。
Img_0099p42

 ハンドコントローラーは特におかしな所はなく、原因はつかめません。
 ハンドコントローラーの中にある基板です。
Img_0054p42

 コントロールボックス(ピアー内)の赤経駆動回路基板です。
 両面基板ですがスルーホールではないので IC たちも両面に半田付けしないといけませんが、銅のパターン線が細く剥がれやすいので、怪しいところは直接ジャンパ線で配線しました。
Img_0094p42_2

   最初はパルスモーターのドライブ IC を疑ったのですが違いました。

 3日間あれやこれやと探しまくった結果、ハンドコントローラーからのボタンスイッチ入力を受け付ける 74LS14 (シュミットトリガー) IC が反応していない、壊れていることが分かりました。
 どうやらこれ一つが壊れていたようで、手持ちの予備と交換すると順調に動きました。
 左が予備で、右が壊れた IC です。
Img_0086p42

 また壊れるかもしれないので、ソケットを通し、いつでも交換できるようにしました。
Img_0097p42

 3日間の回路実装を見ながら、考えていくのはずいぶんと疲れましたが、久しぶりの頭の体操になりました(笑)

 実は室生からはもう一つ壊れた駆動回路を持って帰ってきていました。
 それはタカハシの90s用のドライブ回路です。
 倍速などが動くのですが、恒星時駆動が動かないのです。
Img_0101p42

 こちらの回路はアスコに比べると簡単です。
Img_0113p42

 基本的には水晶が発振していませんでした。
 少し追いかけると、水晶発振用のインバーター IC(M C14049B) が不安定です。
 手持ちの IC を探してみると1個だけ使った跡のある IC が見つかりました。
Img_0123p42

 今回もソケットを通し、動作させると順調に動きました。

 無事修理できましたが、同じように IC が壊れるのは、ひょっとすると去年激しかった雷のせいかもしれませんね。
 直接落ちれば全回路が吹っ飛ぶのですが、近くに落ちたと言うべきか・・・

 まあ、これでまた望遠鏡が使えるようになりました。    

| | コメント (4)

木星 2013/01/06-07

 夕方まで雲が多く諦めていたのですが、急に晴れてきました。
 残念ながらシーイングは相変わらず良くないです。
Kmj2013010610h18mut

 まあ、大赤斑があるだけ良しとしましょう。

| | コメント (0)

木星 2013/01/04-05

 冬型の気圧配置が強まり今日も寒く、撮影時は3℃とマウスを持つ手が悴みます。
 地上は風がほとんど無いのですが、上空は激しそうで、木星は常にぼけて揺れていました。
Kmj2013010411h00mut

 衛星エウロパの影が通過中です。

 大きな変化は無いようです。

 衝から一月経って、視直径が小さくなってきました。

| | コメント (0)

しぶんぎ新年会 2013/01/03-04

 しぶんぎ座流星群観測を口実に奈良県室生にある共同観測所で新年会を開いています。
 今回はそれに合わせて、アスコの架台の駆動が故障しているので修理も兼ねています。
Img_0024p42

 ドームの中にあるアスコ架台にはセレストロンC14とタカハシの16cmイプシロンが載っています。
Img_0033p52

 アスコのピアーを開けてモーターを見ると「なんや回ってるやん」と簡単に修理ができると思ったのですが、よ~く見るとなんと逆回転しているではありませんか。
Img_0035p42

 オシロで見ると、超不安定なパルスが出ていました。
Img_0048p42

 で、簡単には治らない・・・、回路を追いかけないといけないので、ここで修理するのは諦めて、持ち帰ることにしました。

 夜は宴会モードでしたが、私以外のみなさんは観測もされていて、リニア彗星などを見せてもらいました。
 で、しぶんぎ群を私は一つも見ることはありませんでした(笑)

 今年は、さあ、何度観測所に来られるでしょうか?
 今年期待する大彗星二つがホンマものになれば増えるはずです・・・ねッ!?   

| | コメント (0)

あけおめ 2013/01/02

 元旦は明け方の空に土星でも撮影しようかとC11は撮影セットをそのまま置いておいたのですが、眼が覚めたときには太陽が煌々と輝いていました。
Img_0004p42

 なんやかやと過ごした後、近くの金岡神社に詣でたときはもう夕方に近づいていました。
Img_0016p42

 相変わらずそこそこの人出です。
 巳も迎えてくれています。
Img_0020p42

 今年のお願いは初心に帰って、無の境地でした。
 そこで、おみくじを引くと「大吉」
Img_0022p42

 なんと「太陽を手にとる相あり・・・」日食に行けと言うことかな、それとも太陽観測せよと言うことかな・・・(笑)

 いやはや粘り強く、今年もよろしくお願いいたします。   

| | コメント (0)

木星 2012/12/31-2013/01/01

 ベランダ隙間からの木星時間がだんだんと早くなり、19時半から20時ごろとなって慌ただしい時間帯に入ってきました。
 これから撮影できる日数も残り少なくなってきましたが、できる範囲で粘ることにします。
 気温は3℃と低いのですが、気流は思ったほど悪くはありません。小刻みに忙しく揺れてはいますが大ボケがありません。
Kmj2012123111h01mut

 大赤斑がいないのが寂しいですが、ディティールはそこそこ写りました。

 冬でもこれぐらいのシーイングは欲しいですね。

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »