« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

おおみそかの木星 2012/12/31

 2012年もあと僅か、金環日食に金星の太陽面通過といろいろと楽しませてもらいました。
 木星は夏から全体にシーイングがもひとつで、消化不良が続いていますが気流との我慢比べをしています。
 今夜は何とか晴れたので今年最後の木星撮影です。
Img_0096p42

 気温は3℃とかなり寒いのですが、シーイングは12月としてはまずまずです。
 まだ、画像処理が途中ですが、最後まで行くと年を越しそうなので、さしあたりの木星画像を載せておきます。
Kmj20121231

 このブログへ訪問していただいたみなさんありがとうございました。
 また、来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 ではまた

| | コメント (2)

木星 2012/12/27-28

 寒気をもたらした高気圧が近畿の上空にその中心を移動させてきて、季節風も弱まり穏やかに見える青空は、良シーイングを期待させるモノでしたが、結果は全然だめで、昨夜より悪くなりました。
 高層は北西の気流で、ジェット気流を思わせる流れでしたが、中低層は支離滅裂な流れで木星を揺さぶっていました。
 それでも大赤斑があるので、なんとか木星らしさを得ることができました。
Kmj2012122711h38mut

 衛星ガニメデが接近中です。

 なかなか手強いシーイングと寒さにめげそうです(笑)

| | コメント (0)

土星 2012/12/26-27

 久しぶりに明け方の空に起きました。
 今シーズン初の土星です。
 ベランダでも氷点下になり、デジタル温度計にマイナス記号が付くのを久しぶりに見ました。
 シーイングは、残念ながら良くありません。
Kms2012122621h24mut

 眼視ではほとんどカッシーニの隙間が見えません。
 それでも画像処理をすると隙間が見えてくるから凄いですね。
 シャープさにはほど遠いですが、まあ、こんなモノでしょうか。

 木星と拡大光学系を同じモノでしているので、輝度の低い土星ではBasler Ace acA1300-30gmは感度的にちょっと苦しいので、DMK21AF04(ICX618ALA)を使っています。

 シーイングの良くなる春を待つことにしましょうか・・・

| | コメント (0)

木星 2012/12/26-27

 久しぶりに夕方から良く晴れ渡りました。
 日中は強かった風も収まり、地上はほぼ無風となっています。
 ただ、シーイングは、相変わらず良くありません。
Kmj2012122611h38mut

 シーイングの悪い割には良く写っていると思うのですが、どうもシャキッとしません。

 明日に期待することにしましょう。

| | コメント (0)

木星 2012/12/22-23

 低気圧に伴う雲が通り過ぎた後も、北からの雲が流れ続けて、時々時雨れる嫌な天気でした。
 夕方から晴れ始めたのですが、完全には晴れず、雲が多く流れて、雲間からの撮影でした。
 そして今夜も、高層雲があるのか雲間の透明度も悪く、PCカメラのゲインはフルゲインになっています。
 シーイングも最悪とは言いませんが、ディティールはお預けです。
Kmj2012122211h51mut

 今年もあと一週間ほどですが、今年のC11は実力発揮できずに終わりそうですね。

| | コメント (0)

木星 2012/12/20-21

 北からの高気圧が移動性となって寒気も緩み好シーイングを期待しましたが、晴れそうで晴れず、雲の合間からの撮影になりました。
 雲の合間もスカットは晴れず、高層雲があるのか木星の輝きは弱く、シーイングも小刻みに揺れながらボケる状態で、詳細は写りませんでした。
Kmj2012122011h38mut

衛星ガニメデの影が本体を通過中です。
 ガニメデ本体はボケボケで、本来の姿より小さくなっています。

 それでも大赤斑があるだけ、画像としては安定して見えていると思います。

| | コメント (0)

木星 2012/12/19-20

 天候不順と宴会続きで撮影できておりませんでしたが、北からの寒い高気圧に押されて晴れてきました。
 撮影時、地上の風はほとんど無かったのですが、高層は西風、中低層は右往左往状態で、これが激しく木星を揺らしぼかしていました。
 ベランダからの撮影可能時間の後半に、ややボケが小さくなる時が増え、なんとか画像を得ることができました。
Kmj2012121911h52mut

 永続白斑BAが縁に見え始めています。

 シーイングで木星は揺れていますが、木星面の様子は静かになってきているのでしょうか。
 赤道帯に見えるフェストーンの青色も弱いですね。

| | コメント (0)

今夜も梅田 2012/12/17

 今夜はぷらのみなさんと忘年会で、梅田へ出てきました。
 正確には一駅西の福島であるのですが、梅田から歩いて行きます。
 行く途中でのシーズンたけなわの光り物をスケッチです。
Img_0073p36

 ビルの中のツリーも。
Img_0074cp90

 今夜の宴会場はここ。
 あまり光り物には関係が無いようです。
Img_0076p36

 みなさんが来る前にメモ写真、何とも言えないところですね(笑)

 帰るころには雲の隙間から木星がちらっと見えていましたが、お天気悪いですね・・・   

| | コメント (0)

高速コロナ 2012/12/16

 高速コロナと言っても自動車が速く走る話ではないのです。
 太陽のコロナ撮影などで有名なShiotaさんが大阪へ出てこられたので、星なかまでこの前の皆既日食(2012/11/14)、ぱしふぃっくびーなす上でのあれこれをお聞きしました。
 大阪駅での記念撮影です。
Dscf7067p40

今回の船上での皆既日食は2009年の北硫黄島近海の時と違って船の揺れが大きく皆既中のコロナが写野をはみ出すことが多く、画像処理ができるだけの写りを持った画像は少なかったそうです。
 ケアンズ付近で撮したコロナには写っていない高速コロナが、ニュージーランド沖で撮した約40分後の時間差の画像には写っているので、他の時間帯での撮影画像を今探しているのだそうです。

 次回、ぱしふぃっくびーなすで、2016年のグァム沖の皆既日食が船上での皆既日食としてはお勧めだそうです。この時の陸地は天候が悪いそうです。
 ただ、まだぱしふぃっくびーなすが行くかどうかは決まっていなとのことでした。

 やっぱり皆既日食は行かないとだめですね・・・

| | コメント (0)

星軌跡 2012/12/15

 ふたご座流星群を狙ったニコンD70による連射画像を「しりうすこんぷ」による比較明合成をやってみました。
Km20121213_compp72

 露出開始時に上手くスタートできずに点々としているし、途中からカメラバッテリーがダウンし始めて、露光間隔が延び始めてるし、バッテリー交換の時にカメラが動いているし・・・
 まあ、撮影者の性格を現している画像となりました(笑)

 オリオンが通過しているのも分かるし、冬の大三角も通過しているし、まあ、良しとしましょう。

 街中、ベランダで撮した星の軌跡としてはイイんじゃないかと・・・ねっ

| | コメント (0)

ふたご座流星群 2012/12/13-14

 久しぶりに月はないし良く晴れてるし、ふたご座流星群の極大だし、木星撮影の後ちょっとがんばって見ました。
 しかし20分ほど見ていたのですが一個も流れませんでした。
 そこで、後はニコンD70に任せてしまいました。
 2時間半ほどで3個の流星が写りました。
Dsc_5709b3s2p20

 右上に三ツ星の内の二つ、右下にはシリウス、天井近くにはプロキオンが見えています。左端はC11です。

 ベランダから写ったふたご座流星です。

 写って良かった・・・

| | コメント (0)

木星 2012/12/13-14

 大寒波による日本海から流れてくる冷たい雲もなくなり、地上の風もほとんど無風状態で、今夜こそはシーイングが良いだろうと期待して望んだのですが、残念ながら、今まで北西の激しい気流だった階層は、なんと南風に替わりボケボケ状態でした。
 それでも良く晴れているので、撮影を続けているとほんの少しの時間だけ、ややましになりました。
 その短い時間だけの2画像でできています。
Kmj2012121312h02mut

 この画像だけ見ていると「たいしたことないやん」と見られると思うのですが、この他はこの画像とエライ違いです。

 やはり冬は優しくないですね(笑)

 この2画像は5分差がありましたので、久しぶりにWinJUPOSのDe-rotationを使って自転補正をしています。  

| | コメント (0)

木星 2012/12/12-13

 ようやく寒波が緩み始め、ほぼ快晴状態になりましたが、シーイングは、この寒波の中でも最悪に近く、大ボケを繰り返していました。
 それでも、なんとか画像になるから不思議です。
Kmj2012121212h15mut

 撮影時間帯は6℃ぐらいだったのですが明け方には氷点下まで下がりました。
 この急速な気温低下が悪気流を伴う寒波なのでしょうか。

 心持ち木星が小さくなり始めました。

| | コメント (0)

木星 2012/12/11-12

 地上の風も弱まり、徐々に寒波は弱くなっているようでしたが、相変わらず雲が飛び、シーイングは、木星が雲の近くになるとひたすら悪くなりました。
Kmj2012121112h33mut

 雲間からの撮影で、詳細は写りませんでした。

 まあ、凄い寒気なんでしょうね・・・

| | コメント (0)

室生の雪 2012/12/11

 奈良県室生にある共同観測所の望遠鏡の赤経モーターが動かないときいたので、修理に行こうかと思い立ったのですが、観測所のライブカメラを見ると、この寒波で雪が積もっている。
20121211maosnow

 チェーンを巻く気力はないので、行くのは止めました(笑)

 次の機会に・・・年越しになるかな・・・

| | コメント (0)

木星 2012/12/10-11

 ピンポイントの天気予報では曇りマークが出ていたのですが、21時過ぎから急に晴れてきました。
 準備不足ですが慌てて撮影準備をして辛うじて大赤斑界隈を撮影することができました。
Kmj2012121012h51mut

 昨夜のように望遠鏡が揺れるような風はなくなり、シーイングもほんの少し向上しています。
 衛星エウロパとその影が通過中です。本体は見分けが付きにくいのですが、なんとか丸く見えています。

 最低でもこれぐらいのシーイングが欲しいですね。
 これでもAutoStakkert!2ではリム周辺に繋ぎ目破綻ができるので、リムを避けて中央付近にマルチポイントを手動で置いて処理しています。

 やはり大赤斑がそこそこ写るとイイですね。

| | コメント (0)

木星 2012/12/09-10

 午前中は雪が舞っていた堺ですが、夕方から良く晴れてきました。
 ただ、風は止むこと無く吹き続けており、撮影中も望遠鏡を揺らし、ベランダに飛んできた枯れ葉がカラカラと音を立てながらベランダを走り回っていました。
 シーイングも良くありませんし、気温は3℃と寒く、撮影に意欲が湧きません。
 それでもなんとか画像はできましたが、詳細は写りません。
Kmj2012120912h41mut

 大赤斑もないし、気合いの入らない木星でした。

 STBの位置?(Ⅱ=42°)に淡い白斑が見えています。
 以前からあるようで、特に変化は無さそうです。

| | コメント (0)

ほしのぼーねんかい 2012/12/08

 ほしなかまのぼーねんかいがあべのでありました。
 夜のあべのは久しぶりです。
 いつの間にか明るい通りができていますね。
Img_0039p42

 いっぱい手ぶれです。まだ酔ってないんですけどのこの時点では・・・

 和歌山のTさんがオリジナルのブライトコメットのポスターを持参、お披露目されましたが、誰かが持って帰りました。
Img_0041p42

 来年の2大コメットはこの仲間に入るのでしょうか?

 明るい通りで記念撮影。
2012p32

 なんか微妙な集団ですね(笑)   

| | コメント (0)

木星 2012/12/06-07

 寒いですね。撮影時間帯の21時ごろには4℃まで下がりました。
 こちらとしては真冬並みの寒さです。
 シーイングも昨夜ほどではありませんが、北西からの気流が激しく流れ揺れていました。
Kmj2012120612h49mut

 衛星イオが通過中で、撮影時のモニターでは影がそばにあるので、綺麗に立体的に見えていたのですが、画像処理では上手く表現ができませんでした。
 シーイングが良くないとだめなのでしょうか。

| | コメント (0)

木星 2012/12/05-06

 予定外に急に晴れてきて、撮影をしましたが、シーイングはぼろぼろでした。
 いろいろ画像をこねくり回したのですが、ろくな画像にならないので、カラーカメラだけの画像を作りました。
Kmj2012120513h02mut

 まあ、ボケボケですがそれなりです。さすがに月惑には報告しませんです。

 それでも、せっかくなので大赤斑も見えていることだし、大赤斑の体系2の経度をWinJUPOSで測ってみました。
Kmj2012120513h02mutwinjupos

 大赤斑の経度(体系2)=187.3°と出ました。
 ボケボケ画像ですからあまり正確ではありませんが、公開している木星の経度を算出するソフトでの大赤斑予想経度では188.4°ですから、まあ、合ってる方かなと思います。
Kmj2012120513h02mutjupiter2rb

 まあ、それにしてもえぐいシーイングでした。   

| | コメント (0)

木星 2012/12/04-05

 またまた寒波がやって来ました。昼間はかなりの北風が吹き、ポプラの枯れ葉が宙を舞っていました。
 夕方からは風も収まり晴れ間も広がりましたが、シーイングは冬の気流です。
 大ボケはないのですが、木星は常に揺れ続けて細かい模様は見えません。時折の風で望遠鏡が揺れ、木星が写野からはみ出しました。
Kmj2012120412h31mut

 NEBが複雑そうに写っていますが、詳細は見えません。

 まあ、衝、直後と言うことで、この寒波では苦しいところですが、良いことにしておきましょう。

 撮影時で気温は6℃でした。

| | コメント (0)

SLA7078MPRのテスト 2012/12/04

 先日製作キットでハンダした回路ですが、16分割のマイクロステップ駆動回路の割に何だか振動が多い気がしていました。
 そこで、オシロスコープを引き吊り出して見てみました。
Img_0024p42

 SLA7078MPRの見るところは5番ピンと19番ピンのSenseAとSenseBのA相、B相電流検出部です。
 見ると台形の形をしていました。
Img_0019p42

 ここは基本的にサインカーブになっていないといけない筈なんですが・・・

 キットの回路には出力電流を調整する可変抵抗(R7)が用意されています。
 通常は電流をコントロールするためのモノでREFとG2をテスターで測って、1A=0.15V、2A=0.3V、3A=0.45Vとなるように可変抵抗(R7)を設定するように指定されています。

 オシロスコープを見ながら、可変抵抗(R7)を動かしてみると、ずいぶんと小さな値でカーブになりました。
Img_0026p42

 REFの電圧を測ってみると30mVでした。
 ところがカーブが出て良くなったのですが、トルクもダウンしてしまいました。

 そう言えば東芝のTA8435Hのマイクロステップ回路の時も悩んだんですね。
  無振動のパルスモーターって奥が深そうですね。
Img_003742

 今日はここまでで終了です。
 望遠鏡に取り付けるまでは先が長そうです。

 

| | コメント (0)

木星 2012/11/30-12/01

 ソフィア・堺で「木星」のお話をさせていただいた時には、お天気が悪かったのですが、21時ごろから一気に晴れてきました。
 今夜も大赤斑がこちらを向いています。
 しかしシーイングは今夜も良くありません。衝間近なので木星自体は明るく輝いています。
Kmj2012113013h43mut

 AutoStakkert!2を使ってもリム周辺に繋ぎ目破綻がいっぱい出るので、マルチポイント数を極端に減らしてスタックしています。

 ホントに冬のシーイングになりましたね。

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »