« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

木星 2012/11/28-29

 昼間は雲が多かったのですが、夕方から雲が薄くなってきました。
 完全に雲は取れませんでしたが、淡い雲を通して満月と直ぐそばの木星は明るく輝いていました。
 シーイングは残念ながら昨夜より悪く、諦めかげんですが、大赤斑があるのでがんばりました(笑)
Kmj2012112812h59mut

 何となくスケッチ風になってしまいました。
 高解像にはほど遠いですね。

 そばの満月は半影月食もあったのですが、全く見てやらずでした。

| | コメント (0)

木星 2012/11/27-28

 昨夜も撮影していたのですがあまりの気流の悪さで画像書処理する気力が湧きませんでした。
 今夜は風も弱まりなんとか模様も見えていましたが、気温は低くなんと6℃台でした。
 たくさん撮影した中で、やっとこさなんとか見える画像がこれだけでした。
Kmj2012112713h41mut

 この画像だけ見ているとそれほど悪くないように見えるのですが、AutoStakkert!2でも木星周辺は繋ぎ目破綻をほとんどの画像で起こしていました。

 衝が間近になって木星が明るくなっています。
 撮影は今がチャンスなんですがね・・・シーイングがですね・・・

| | コメント (0)

大泉緑地の紅葉 2012/11/25

 昨夜は久しぶりに良く晴れていたのですが、高校時代のなかまとの飲み会で木星撮影はできませんでした。
 今朝は朝早く眼が覚め、その勢いに乗って朝早くの大泉緑地へ紅葉の姿をもとめてチャリンコで行って来ました。
Img_0611p42

 桜の木の紅葉もちょうど見ごろになっていました。
Img_0608p42

 大池に浮かぶ鴨たちものどかに集まっています。
Img_0616p42

 やや黄色みを帯びた朝日を浴びているので、木々の色も鮮やかです。
Img_0644p42

 イチョウの木も全身ほぼ黄色に染まっていました。
Img_0648p42

 良く晴れた今朝は気温が3℃まで下がり、家の近くでは車などが露でびっしょりでしたが、大泉緑地の紅い葉の上は霜となって輝いていました。
Img_0629p42

 朝早くからランニングに散歩、釣りに鳥撮りの人たちも多くおられ、私にとっては早朝ながら、多くの元気人が大泉緑地に集まっていました。

 この後、久しぶりのテニスに参加しましたが、もうぼろぼろ、体が動きません(笑)    

| | コメント (0)

プラネタ研修会@堺 2012/11/19-21

 プラネタリウムの担当者研修会がソフィア・堺であったので一部参加してきました。
 現役を引退している私ですが、まだ個人会員として日本プラネタリウム協議会に所属しています。
Img_0565p42

 100名を超えるみなさんが3日間の研修を受けられました。
Img_0566p42

 熱気を帯びる研修会で、基礎基本からユニークな模擬投影まで盛りだくさんの内容の濃い研修でした。
004cp150

 私はどちらかというと、情報交換会で若い人たちのエキスをいただきました(笑)   

| | コメント (2)

木星 2012/11/18-19

 久しぶりに安定して晴れました。
 大赤斑がちょうどこちらを向いて、良いタイミングです。
 シーイングは大ボケからそこそこまで乱高下が激しく、今ひとつでしたが、なんとか画像になりました。
Kmj2012111814h18mut

 C11の補正板による色収差を軽減するためのY44フィルターを外して撮影してみました。
 解像度を上げるためには色収差の激しい青光をカットする方が良いと思うのですが、赤道帯のフェストーンの青みがなかなか上手く表現できないので、黄色フィルターを外してみました。
 何とも微妙で、評価しにくいのですが、しばらくこれで行こうかと思います。

| | コメント (0)

SSD256GB 2012/11/18

 惑星撮影用に新しくパソコンを設置したのは良いのですが、惑星撮影の動画をUSB3で繋いだ2.5インチハードディスクに保存していると、どうもコマ落ちなどが現れるので、以前購入した60GBのSSDに交換するとコマ落ちはなくなりました。
 書き込み速度は必要なようです。
 ところが、最近画素数の多いBasler Ace acA1300-30gmで撮影するとファイル容量が多く、あっという間に60GBが満杯になってしまいます。
 月面や太陽面ではフルサイズで撮影しないともったいないのですが、木星だと木星より外の部分は無駄なので、トリミングモードで撮影して、ファイル容量を減らすのですが、それでも12ビットデータを取れるカメラですから、FireCapture2で16ビット保存をするとまたまたファイル容量が大きくなってしまいました。
 60GBのSSDでは僅か40~50分のあいだに撮影する木星ですらオーバーしてしまうようになりました。
 そこで容量の大きい256GBのSSDを購入しました。
Img_0555p42

 カタログデータでは一番速いほうに属します。私の欲しいのは書き込み速度の速いものです。
 超特価で安売りしているモノには、読み出し速度は速くても書き込み速度が遅いモノがあるので注意しました。

 60GBのSSDも購入後一度認識しなくなったので、修理交換したものですが、あまり働かないうちにお役ご免になりました(写真左側)。
Img_0561p42

 USB3で繋いでいるので、カタログ最大速度までは出ませんが、なかなかの速度です。
Img_0562p42

 なんと読み出し速度より書き込み速度の方が早い、良い傾向です(笑)

 木星も衝が近づいてきて、ベランダからの観測可能期間も、そう残りはありません。
 良く晴れて、良いシーイングを願いたいものです。   

| | コメント (0)

九州の旅 2012/11/11-14

 秋の九州へプライベートの旅で3泊4日を過ごしてきました。
 不安定な天候でやや残念なところもありましたが、高校の修学旅行で行ったところも巡ったりして、時を確認してきました(笑)

 出発は新大阪からのぞみに乗って博多まで行き、そこからはレンタカーで走ります。
 最初は熊本まで行こうと思ったのですが、博多を過ぎると一気に新幹線料金が加算されるので、博多から走ることにしました。
 ちょうど低気圧の通過で11日(日)は西から雨が降っていましたが、大阪はまだでした。午前7時12分の早い新幹線で出発。
 途中はずっと雨でしたが、ちょうど博多駅に着くころに雨が上がり、青空が広がり始めました。
 博多駅前です。
Img_0094p30

 レンタカーはニッサンのキューブでした。ちょっと見通しの悪い車ですが慣れるしかありません。
 まず最初は太宰府天満宮へお参りし、憶えたモノを忘れないように祈願しました。
Img_0115p30

 さっきまで晴れていたかと思うと、黒い雲が急にやって来て雨になる忙しい天気でしたが、太宰府天満宮は七五三の子ども連れなどで人はいっぱいでした。
 せっかくですからおみくじを引きました。
 末吉でした、「旅行 遠くは控えたがよし」って、ケアンズは行ってはだめと言うことなのでしょう・・・ね
Img_0129p30

 天満宮を後にして、阿蘇へ向かいます。
 途中で、九重夢大吊橋を歩きました。全長350mの日本最大の吊り橋だそうです。
Img_0185p30

 紅葉や滝が3本見え、まずまずの景観でした。まわりには外国語の団体さんも多く来られていました。

 後はやまなみハイウエイを走って高原の秋を楽しむ予定だったのですが、高いところは全て雲の中で、景色は視界50mで道路のまわりしか見えませんでした。
 今夜は阿蘇外輪山の中にある内牧温泉で宿泊です。
 今、日本のゆるキャラでトップに立った、くまモンのポスターと記念写真です。
Img_0205p30

 2日目は、まず阿蘇山に登りますが、下界は陽射しがあっても山の中腹から上は雲の中でした。
 阿蘇の火口が見えるところまで有料道路を上がりましたが、料金所のオッちゃんに「上がっても何も見えませんよ!」と言われましたので、それなら「まけて」ッテー言いましたが、定額を取られました。
 残念ながら火口は全く見えませんでした。それにめちゃ寒い!
Img_0227p30

 長居は無用と、次は宮崎県に入る高千穂峡へとまいります。
 観光雑誌で見る高千穂峡はなかなか雰囲気のある、渓谷なんですが、観光写真というのはイイ瞬間だけを切り取ってることが多くて行ってみるとチョットナーと言うのが多いのですが、ここはある意味、観光写真その通りでした。
 なかなか良い雰囲気でした。
Img_0257p30

 高千穂峡の近くに天岩戸神社(あまのいわどじんじゃ)があります。ケアンズに行っている人たちのためにも晴天を祈願してきました。決して行けなかったからといって、呪ったりはしません(笑)
 天の岩戸神社の奧には「天岩屋(あまのいわや)」に隠れられた「天照大神」を巖から出てもらうため、神々が集まって相談したといわれる、「天安河原(あまのやすかわら)」があります。
Img_0269p30

 何となくそんな雰囲気ですが、私としては天の岩戸の方を見たかったのですが、自由には見ることができないそうで、残念ながらパスしました。
 天の岩戸のお話は皆既日食と例えられてもいますが、阿蘇山の噴火で太陽が見えなくなっただけとの説もあるそうです。

 高千穂から阿蘇の麓へ戻って、昼食は念願の「馬刺し定食」を食べました。
 30ウン年前、初めて阿蘇の麓で馬刺しを食べたとき、こんな美味い馬肉があるんだと感激したものでした。
 その時の店とは違いますが、美味しくいただきました。
Img_0278p30

 阿蘇にお別れし、熊本を通り九州自動車道で霧島まで南下し、2日目の宿泊は坂本龍馬も新婚旅行に来たという霧島温泉です。湯煙がいっぱいの温泉らしい温泉でしたが、それらしい写真を撮り忘れました。

 3日目の朝は、えびの高原にも行ったのですが今日も高原は雲の中で霧島連山も見えず、でした。
 少し下がって、坂本龍馬と妻、お龍が新婚旅行でお参りした霧島神宮へと走ります。
Img_0319p30

 紅葉の真っ盛りでした。
Img_0342p30

 霧島から錦江湾の方に出て桜島を巡ります。
 桜島は最近何度か来ているのでナビよりも土地勘がありました。
Img_0373p30

 桜島からフェリーに乗って鹿児島市へ渡り、またまた南下して、3日目の宿泊は指宿温泉です。
 名物砂蒸し風呂も入りました。
 思っていたよりも熱く重たいモノでした。
 15分が限界でした。
C2

 4日目の朝、そう、14日はケアンズでの皆既日食が起こっています。
 晴れたでしょうか?
 指宿は今日も不安定な天候でしたが、日の出直後の太陽が大隅半島の上に昇ってくるのを見ることができました。
Img_0432p30

 指宿から少し走ると、開聞岳があります。高校の修学旅行できていたのですが、その時からずっと開聞岳は単独の島だと思っていました。陸続きとは思ってもいませんでした。

Img_0450p30

 この後、カルデラ湖の池田湖を見た後、鹿児島市街に戻りました。
 天文館通など散策しながら薩摩ラーメンを食べ、鹿児島を満喫しました。
Img_0496p32

 ここでレンタカーを返しました、レンタカーは約800kmのドライブでした。
 ここからは九州新幹線さくらで新大阪まで帰ります。
Img_0500p32

 ここで、あまり言いたくはないのですが、九州新幹線さくらの指定席の座席は私にとってとても不快な座席でした。(グリーン車も自由席も座席のデザインは違うそうです。)
 指定席の椅子デザインは背のカーブが深く、頭が飛び出しているので、強制的にお辞儀をさされている態勢になり、この状態での4時間25分は苦痛以外の何ものでもありませんでした。幅広くゆったりした座席だけにとても残念です。
 私は二度と乗りません。

 まる4日間、九州にいましたが、まだまだ見たり無いところもあるので、まだ行っていないところへといつか行けることを、動けるあいだに動こう(笑)

| | コメント (0)

季節の贈り物 2012/11/10

 山形の友人から今年もラ・フランスを届けていただきました。ありがとうございます。
 戴いたのは少し前なんですが、ラ・フランスは熟すまで食べるタイミングが重要で、ただ今待機中です(笑)
Img_0082p42

 山形の仲間の観測所は、今年カメムシが大発生しているそうで、こんな時の冬は大雪になるんだそうです。

 今日は大阪府立大学で「しんかい6500の世界」のお話があったので行ってきました。
 学園の中も紅葉が始まっており、木々が色づいていました。
Img_0059p42

 なかなか赤い色を表わすのは難しい。
Img_0063p42

 昼からはお天気も下り坂、気温以上に寒く感じてきました。

 ここ2、3日でケアンズ日食に出かける人たちが出発していますが、私は今回留守番組です。
 そのかわりとは言ってはおこがましいですが、明日から九州へプライベート旅行に出かけます。
  しばらくは晴れてもブログ更新はありません。

 決してケアンズに行っているのではありませんので、お間違えなく・・・(^o^;)/~

| | コメント (0)

木星 2012/11/08-09

 3夜連続になりましたが、夜半まで雲も多くありました。
 ちょうどベランダ木星時間ごろから雲が切れ始め、撮影することができましたが、透明度もシーイングも悪くなっており、も一つでした。
 せっかく大赤斑がこちらを向いてきているイイ場面なんですがね。
Kmj2012110815h22mut

 高層の気流は悪くないと思ったのですが、中層低層の気流により大ボケの時間が長く、がっかりでした。
 衛星エウロパ本体も、輪郭がまるっきり捉えられていません。

 やっぱりイイシーイングが欲しいですね。

| | コメント (0)

木星 2012/11/07-08

 昨夜よりも、シーイングは少し荒れ模様になってきました。
 地上も時折風が吹き、望遠鏡が揺れました。
 衛星ガニメデ本体が通過していましたが、木星から離れたところでシーイングが少し良くなり、その時のショットです。
Kmj2012110715h23mut

 シーイングがそれほどでもない割にガニメデの模様が写りました。
 WinJUPOSのシミュレーション画像をコピーしてみました。
Ganymede

 まあ、何とも言えませんね・・・ 

| | コメント (0)

木星 2012/11/06-07

 日本海まわりには低気圧がいっぱいあって、低く冷たい雲が押し寄せ、日中は薄ら寒い一日でした。
 シーイングは期待していなかったのですが、望遠鏡を覗いてみると思いの外模様が見ているではありませんか。
 高層は西の風が強く流れ、中層は北の風が流れていて木星は小刻みに激しく揺れていました。
 それでも模様はいつも(今年の悪気流)より遙かに良く見えていました。
 大ボケはほとんどありません。
Kmj2012110615h03mutp70

 撮影途中からBasler Ace acA1300-30gmに切り替えて撮影してみました。

 シーイングが悪いときはDMK21AF04(ICX618ALA)の方が良く写ることが多いのですが、シーイングが良いとBasler Ace acA1300-30gmは、その能力を垣間見ることができます。

 大きく撮影していることが功を奏していると思うのですが、どうでしょうか。

 DMK21AF04(ICX618ALA)ではゲインが 700/1023で、Basler Ace acA1300-30gmですとゲインが 900/1023 となっています。

 もっとシーイングが良かったら何処まで伸びるのか見てみたい・・・

| | コメント (0)

2012/11/03-04の月面

木星撮影後、追いかけて月がベランダからの隙間へ昇ってきました。
シーイングはユラユラと悪いのですが、タイミングが良かったのでつい撮影してみました。

ポシドニウスです。
Kmmoon_20121103posidonius

死の湖です。
Kmmoon_20121103lacus_mortis

モザイクです。
Kmmoon20121103p34

 シーイングの変化が大きいので半分以上が甘くなっています。
 川底のような気流でしたが、それでもなんとか写っています。

 C11+R60+Nikon EiC-16+Basler Ace acA1300-30gm+AutoStakkert!2+Registax6+PhotoshopCS.   

| | コメント (2)

木星 2012/11/03-04

 冬型の気圧配置が緩んできて晴れそうなんですがなかなか晴れませんでした。
 今夜は諦めかけた24時ごろからやっと晴れてきたので慌てて、撮影準備。
 晴れて文句を言ってはなんですが、シーイングは酷い。
 高層の北風だけでなく、中低層はメラメラとした北風で木星は大ボケを起こしていました。
Kmj2012110315h51mut

 永続白斑BAと大赤斑が見えているのでモノクロカメラにフィルターを入れました。
 XagylのLフィルターとY44フィルターです。
 XagylのLフィルターは、BAの中の模様を出したいためですが、このシーイングでは全く効果のほどは分かりませんでした。
 BAが赤っぽいので、いつもの赤外までスルーの撮影では赤みを帯びた模様が良く写らないからです。
 Y44フィルターは補正板の色収差(青光がボケる)のを軽減するためですが、この効果もこのシーイングでは見極めが付きませんでした。

 ベランダからの木星撮影可能時間は40~50分ほどしかないので、いろいろフィルターを変えるのは大変です。

| | コメント (0)

半田付け 2012/11/03

 以前に購入していたパルスモーター駆動回路のキットをようやく半田付けを開始しました。
 サンケンのSLA7078MPRマイクロステップ駆動 IC を使ったモノで、汎用基板を使って空中配線で作るよりも、とっても作りやすいのでした。
 しかし、一つだけとっても小さい部品がありました、表面実装型のトランジスタです。
 私の眼にはゴミにしか見えない(笑)
Img_0025p42

 正に吹けば飛ぶような・・・

 苦心の末、なんとかくっつけたのですが、ちゃんとくっついたかどうかルーペで見ても良く分からない世界です。
 真ん中です。
Img_0030p42

 PICによるパルス発生回路のプログラムもまだできていませんので、動くのを確かめただけでした。
Img_0036p42

 ちゃんと実用になるのはまだまだ先のようです。

 なかなか、ちゃんと晴れないこのごろで、室内工作に走りました・・・   

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »