« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

木星 2012/10/28-29

 昼過ぎに大きな雲と雨は去って行ったのですが、夕方には激しい雷雨が残っていました。
 その後晴れ渡ってきましたが、シーイングはやはり良くありません。
 高層中層とも北西からの気流がどよどよと流れ、木星が伸び縮みしていました。
 前線が通過した割にはやや暖かく、最近の気温に比べると3℃~4℃高いでしょうか。
Kmj2012102815h58mut

 このシーイングでも画像処理するとそこそこの模様が出てくるので、画像処理のおかげです。

 衝がじわっと近づいて来たので南中時刻も早くなり、ベランダからの木星時間は0時30分から01時ごろとなってきました。
 夜更かしモードでの対応となりました。

| | コメント (0)

月面 2012/10/26撮影

 二日続けて月を撮影しました。
 昨日(2012/10/25)の月面はモザイクしようとして撮したのですがむちゃくちゃ間違ってることが分かってボツです。
 抜けていたり、同じところを何度も・・・
Kmmoon20121025a1600

 まあ情けない(涙)

 で、ちょっと気合いを入れて本日(2012/10/26)撮影。
 モザイクです。
Kmmoon20121026a1600

 10枚の画像をモザイクしています。
 ココログの制限が1600ピクセルなので半分以下に縮めています。

 1枚画像のHEINZELです。これは陥没クレーターだと思うのですがね~~
Kmmoon20121026hainzel

虹の入り江です。
Kmmoon20121026b1600

 月面は面白いですが、処理に時間がかかりすぎで~~~ッス! 

| | コメント (0)

木星 2012/10/26-27

 昨夜に続いて良く晴れました。
 今日も穏やかそうに見えるのですが、昨夜のえげつないシーイングを見てるので、ある意味期待していません(笑)
 最悪の大ボケの連続がないので少し良くなっているようです。
 高層の北西からの気流も目立たず、中層の気流が今一分からず右往左往しています。
 今夜はコノ右往左往が一番の悪気流のようです。
 それでも最後に撮ったBasler Ace acA1300-30gmのものがやや良いのでこれで画像を作りました。
Kmj2012102616h23mut

 昨夜とも色合いが違いますが、雰囲気だけで色を作っています(笑)

 なんで関東だけが?シーイングが良いのでしょうか・・・もういや!

 ウチだけでしょうか悪いのは・・・気力減退です。

| | コメント (0)

木星 2012/10/25-26

 月面がままだったので木星を期待したのですが、最悪のシーイングに近かったです。
 高層は北西の気流ですがそれほど速度は速くなく、よどみながら流れていました。
 中層から低層は南東から南の流れでしたが、どちらかというと上昇気流のような、モヤモヤぼわぼわ気流で、大ボケの原因になっていました。
 撮影途中で嫌気がさして中断しましたが、最後に月面で使っているBasler Ace acA1300-30gmでテスト撮影した L 画像が一番まあしだったので、今回はちょっと雰囲気の違った画像になりました。
Kmj2012102516h26mut

 普段と同じ拡大率でBasler Ace acA1300-30gmを付けていますので実際の木星像は1.5倍大きいのですが、これを66%に縮小しています。

  シーイングはホントに酷いですね、地上は穏やかなんですが・・・

| | コメント (0)

月面 2012/10/25-26

夕方から良く晴れていて、月の赤緯もまだ撮影可能な位置だったので久しぶりに月を撮影してみました。
 調子に乗って100GBを越える撮影量だったのですが、処理するのが間に合わないのでそのうちの2枚を載せてみます。

 クラビウスです。
Kmmoon2012102502

 虹の入り江の横です(笑)
Kmmoon2012102501

 全部の処理が終わればまた報告します。 

| | コメント (0)

季節の贈りもの 2012/10/25

 今年も丹波篠山の黒豆の枝豆がやって来た。
 篠山に住む星なかまから、枝付きで送ってもらっています。
 ちょっと色が黒いですが、黒豆ですから・・・
Img_0478p42

 ほっこりとして甘く美味しくいただきました。
 ありがたく季節をいただいています。

 あては?最近は第3のビールばかりですが、これを基準に飲んでいます。
Img_0480p42

 なでしこジャパンを応援しなくちゃ!ネ! 

| | コメント (0)

AutoStakkert!2 vs Registax6 2012/10/25

 最近、太陽や月の動画ファイルのスタックにはAutoStakkert!2を使うことが多くなってきました。
 そして、木星もAutoStakkert!2を使ってみるようになりました。
 そこで、AutoStakkert!2とRegistax6のスタック性能を比較してみました。
Autostakkert2vsregistax6_2

 差は超微妙ですが、中央付近はAutoStakkert!2の方がやや集中しているように思います。
 ウエーブレット処理はどちらもRegistax6で処理しています。
 最大エントロピー処理はしていません。

 経験上、ボケボケの木星をスタックするとRegistax6では繋ぎ目破綻ができることが多いのですが、AutoStakkert!2では無難にスタックしてるときが多いです。もちろんだめなときもありますが。

 推定ですが、AutoStakkert!2は輝度重心を基準にマルチポイントを計算しているのではないかと思います。

 AutoStakkert!2はCPUのマルチコアに対応しており、Registax6ほど速くはありませんが、そこそこの速度で処理してくれます。
 まだ使い切っている訳ではありませんが、しばらくの間テストを繰り返すことにします。

| | コメント (0)

木星 2012/10/23-24

 寒冷前線の雨が夕方近くまで残っていましたが、その後良く晴れました。
 シーイングは最悪を想定していましたが、思ったよりは悪くありません。
 そこそこのディティールが写りました。
Kmj2012102316h20mut

 中層から上層まで北西からのの気流でした。

 特に目立った模様もありませんが、そこそこの木星になりました(笑)

| | コメント (0)

隠岐の島へ行って来ました 2012/10/21-23

 星なかまと星ネタ無しの旅行に行って来ました。
 のろのろ台風が早めに去ってくれたかと思うと、寒冷前線の通過で嵐になる予報が出ていたのですが、なんとか無事に3日間を過ごすことができました。
 3日間のスナップ写真を並べてみます。

 スタートは大阪国際空港(伊丹空港)から飛行機で45分で、隠岐空港にひとっ飛びです。
 この飛行機は小さいのですが満席でした。
Img_0193p42

 隠岐の島の至る所にゲゲゲの鬼太郎のモニュメントがありました。
Img_0241p42

 隠岐の島後(どうご)の西郷港から島前(どうぜん)菱浦港へ行く途中で日没です。
 綺麗なオレンジ色に染まりました。
Img_0259p42

 夕食ではいろいろ出ていたのですが、私の一番はこれでした。
 大きな隠岐のいわがきです。
Img_0267p42

 夜には船で移動し西ノ島で神楽の観賞です。
 小学生が立派に演じていました。
Dsc_4383p72

 翌日は中ノ島にある隠岐神社を巡り歴史の勉強です。
Img_0323p42

 また、海岸線の絶景見学です。
 西ノ島国賀海岸摩天崖からの眺望です。
Dsc_4633p110

 国賀海岸の通天橋です。
Dsc_4660p72

 国賀海岸は遊覧船で巡る予定だったのですが、寒冷前線の通過が近づいたのか風が強くなったために遊覧船は欠航になり、バス移動での観光となりました。

 2日目の夜は前線の通過で嵐となりましたが、夜明けにはほとんど雨も上がり、観光を続けることができました。
 モーモードームでの牛突きの見学では関脇クラスの牛が闘いを見せてくれたのですが、観光客相手の闘いでは力が入らないのか、穏やかな闘いに見えていました。
Dsc_4757p72

 島のあちこちで相撲場がありました。
 奉納相撲に力が入っているようで、来年(2013)1月12日には映画「渾身」で公開されるそうです。
Img_0427p42

 島後の西郷港には多くの漁船がならんでいました。
Img_0443p42

 他にもいっぱい回ったのですが、私のイメージはこのぐらいにしておきます。

 飛行機で行けば近い隠岐でした。          

| | コメント (0)

木星 2012/10/20-21

 イイ天気でイイシーイングを期待しましたが、相変わらずよくありません。
 せっかく大赤斑が見えているというのにです。
Kmj2012102016h17mut

 衛星ガニメデが直ぐそばに居たのですが、上手くないのでカットしました(笑)

 IEEE1394のトラブルでPCカメラを認識しなかったりしたので、むちゃくちゃな撮影になっていました。
 こまったもんだ。

| | コメント (0)

木星 2012/10/19-20

 台風一過の青空です。安定して晴れました。
 ただシーイングは大ボケもあって、全然だめかと思いましたが、少しだけ良くなるときがあって、なんとかまともそうな画像になりました。
Kmj2012101916h43mut

 衛星イオの本体と影が見えています。

 どちらも丸く写ってほっとしています(笑)

| | コメント (0)

シュミカセの良像ポイント? 2012/10/19

 シュミットカセグレンやDall-Kirkhamなどのカセグレン系の光学系は、主鏡と副鏡の鏡間距離は設計時に最良距離が決まっています。
 しかし、実際は撮影装置や拡大光学系などの関係で最良位置ではなく、通常は鏡間距離を縮めて焦点位置を主鏡後方へ大きく伸ばした状態で使っているのが実状です。
 それでも惑星たちはそこそこ写るので、最良鏡間距離を厳守しなくても大きな変化(悪像)にはならないと思っています。まあ、限度はあると思いますが。
 最近シーイングも良くないし、いろいろ考えている間に、この鏡間距離のベストポジションで撮影したら、ごく少しでも良くなるのではと、10月始めぐらいから惑星撮影システムを少し変更してみました。

 今回の撮影システムでの内外像です。
 アイピースプロジェクションで拡大したモノを撮影しています。
 下半分は過去に撮影した内外像で、これはPCカメラだけで撮影しています。
Insideoutsidefocus20121016

 焦点からのボカシ方がいい加減で大きさが違ってしまいましたが傾向は良く分かります。
 シュミカセは鏡間距離を離す方が負修正側に寄っていきます。
 過去の内外像と比較すると、過去の内外像は過修正であり、今回の内外像は負修正の形状をしています。
 つまり、この間に最良像ポイントがありそうです。

 今回の変更は鏡間距離を縮めるため、プロジェクション用のアイピースをペンタックスのXP24mmからカサイのSV-40mmに変更してSV-40mmがフォーカシング内部まで入り込むようにセットしました。
2012p100

1:カサイの拡大撮影用カメラアダプター機能を組み込んだ特製アイピースSV-40mmで、アイレンズとカメラボディとの間隔がスライド調整可能であり、M42mmT2ネジ部分(オスネジ)がカメラ側にある。

2:カサイのアイピースの鏡胴スライド部分。ここにM42mmT2ネジがある。

3:バーダープラネタリウムのT2アダプター(245 8110(#29))の一つ。M48mmフィルターネジ(オス)とM42mmT2ネジ(メス)がある薄っぺらいアダプターリング。この組み合わせを探すのにずいぶんと時間がかかりました。このアダプターのおかげで今回のシステムができました。

4:カサイCNC 2インチHybrid直焦点アダプター、31.7mmアイピースホルダーが装備されたハイブリッド型直焦点アダプター。31.7mmのアイピース類が入りますが、直後にウエッジプリズムアダプターがありアイピース類がぶつかるので、アイピース類を逆向きにしか装着できません。いろいろなバローレンズの多くは、ここに装着して撮影していました。

5:大気による惑星地平高度に対する色分散補正用のバリアブルウエッジプリズムが入るアダプター(自作)。前部は「4」のT2ネジ(メス)を直接、後部にはT2ネジ(オス)をカメラアダプターのリングから流用してはめ込んでいます。周囲からイモネジで留めています。

6:ケンコーフィルターのバリクロスフィルター枠を使い、1度角のウエッジプリズム2枚をそれぞれ回転させ、惑星の地平高度に合わせて分散強度を合わせ色分散を補正するバリアブルウエッジシステムです。

7:高橋のカメラアダプターに付いているフィルターボックスです。このタイプのフィルターボックスのネジの種類は色々あるそうですが、これはT2ネジのオス・メスで繋ぐことができます。

8:トミーボーグのアダプターリング、ボーグ(BORG)[7423] M42P0.75→M36.4/42P0.75AD で、T2ネジのオス・メスと36.4mm(メス)のアダプターが一体になったモノです。36.4mm→31.7mmアイピースアダプターを取り付け、ペンタックスXP24mmで拡大撮影するときには、ここにXP24mmが入っていました。フォーカシング端面から約70mm後方の位置になります。

9:ビクセンの接眼アダプターで、42mmT2(メス)→50.8AD(2インチスリーブ)のアダプターです。要はビクセンのフリップミラーが付きます。

10:ビクセンのフリップミラー 2インチバレル、出口には42mmT2ネジ(オス)が付いています。高倍率で天体を導入するときはPCカメラをアイピースに置き換えて導入しています。

11:イメージングソース社のPCカメラ DFK21AF04 で、LRGB撮影システムのカラー情報をこのカメラが受け持ちます。IEEE1394での接続です。Cマウントアダプターにはボーグの31.7→CマウントAD【7511】を使用しています。

12:イメージングソース社のPCカメラ DMK21AF04 で、LRGB撮影システムのL画像を受け持ちます。CCDチップをICX618ALAに交換しました。IEEE1394での接続です。Cマウントアダプターにはボーグの31.7→CマウントAD【7511】を使用しています。

13、14:古いビクセンの拡大撮影アダプターから42mmT2(メス)→31.7mmアイピースアダプター部分だけを流用しています。過去にいろいろな加工をしているので、溝が入ったりしていますが、今は関係なく使っています。

 「A」がフォーカシング内部に入る量で 75mmあります。
 C11の鏡筒後部セルの2インチ後部端面からフォーカシング2インチスリーブ端面まで110mmありますから、C11後部セル端面から後方の約35mmのところに焦点があると考えられます。

 どちらにしても長大な撮影装置です。
Img_0182p72

 拡大撮影用アイピースとしてはペンタックスのXP24mmの方がヌケの良さを考えても良いと思いますが、C11主鏡光学系の最良位置との兼ね合いで、今しばらくテスト撮影を繰り返すことにします。

 こんな事をしていても、シーイングの良さにはかなわないと思うのですが、藁ヲも掴む心境です(笑)

| | コメント (2)

木星 2012/10/15-16

 透明度が少し落ちましたが、安定して晴れました。
 ただ、シーイングは乱高下して、大ボケからそこそこ見える瞬間まで慌ただしいシーイングでした。
 時折大赤斑後方の複雑さを垣間見ることができましたが、全く長続きしませんでした。
 それでも画像処理をすると、そこそこのディティールが浮かび上がってきました。
Kmj2012101516h41mut

 何だか久しぶりにまともそうな木星のような気がします(笑)

 今回もスタックはAutoStakkert!2で、ウエーブレットだけRegistax6.1です。

| | コメント (0)

惑星撮影用パソコンのキーボード、コード収納 2012/10/15

 惑星撮影用パソコンのキーボード、マウスは無線式で良いのですが、置き場所がなかなか無いので、PCケースにくっつけて置くようにしました。
Img_0172p42

 フックで受けて上はマジックテープで固定しました。もちろん使用するときは外します。
 マウスはカー用品のゴミ袋をPCケースにくっつけ、その中に入れるだけなんですが、どうもスリープ状態になりにくいみたいなので、使用後は電池を外しています。

 電源コード類も別にしまっておくのは面倒なので、モニターの裏側にあるつり下げ金具を利用してコード類を巻いて収納してみました。
 電源コードと HDMI コードです。
Img_0174p42

 電源コードは3Pの太いモノだったのですが、収納しにくいので普通の2Pコードと交換し、3Pコンセント部分だけ利用してモニターとPCの電源コードを1本化しました。アース線があっても繋ぐところがないし、まあ、イイでしょ(自己責任です)。

 これでベランダへ移動するとき、持ち運びの回数が2回分減りました。 

| | コメント (0)

太陽黒点 2012/10/15

 太陽面に小さな黒点が群がっている群がSOHOのSUNSPOTSで見られたので撮影してみました。
Kmsun20121015a

 面積的にはそこそこなんですが、も一つですね。

 ついでに、もう一つの群も撮影してみました。
Kmsun20121015b

 やはり?小さな黒点は見映えがしませんね・・・

Astro Solar filter +C11+Nikon EiC-16+Basler Ace acA1300-30gm+FireCapture2+AutoStakkert!2+Registax6.1+PhotoshopCS

| | コメント (0)

木星 2012/10/12-13

 夜半から良く晴れましたが、時折雲が通過します。
 急に気温が下がり、14℃を切りました。
 シーイングは昨夜よりも悪く、大ボケの時間が増えました。
 今回のスタックはAutoStakkert!2で行い、ウエーブレット処理のみRegistax6.1で実施しています。
Kmj2012101217h15mut

 衛星イオに尾っぽみたいに流れているので光軸がずれているのかもしれません。
 この前、合わせたところなんですがね。

 久しぶりに大赤斑を見ましたが端っこで良く分かりません。
 永続白斑BA が処理すると赤みがけっこう出てきます。

| | コメント (0)

木星 2012/10/11-12

 夕方は豪雨でした。
 夜半からゆっくりと晴れたのですが、シーイングも透明度も悪く、がっかりです。
 上層は北西の風、中層は南東の風、低層は東の風、地上は無風状態でした。
Kmj2012101117h11mut

 ただ、大ボケはいつもより少なめでした。

 中層の南東の気流は台風の影響でしょうか。

| | コメント (0)

木星 2012/10/09-10

 一般の天気予報では晴れマークが続いているのですが、なかなか実際の晴れとはタイミングが合わずに撮影できませんでした。
 今夜もベランダから撮影可能時間まではずっと曇りで、午前1時ごろからやっと晴れてきたのですが、雲も多く雲の通過待ちをしながらの撮影でした。
Kmj2012100917h16mut

 シーイングは今夜も良くありません。高層は西風、中層は南風が酷くピントもまともに合わせられませんでしたが、画像処理をするとそこそこの画像になるので不思議です。

 NEBが何だかぼこぼこの様相を見せていますが、もっと解像度良く撮したいですね。

| | コメント (0)

撮影用モニターに取っ手 2012/10/07

新しい惑星撮影パソコンシステムで酷いシーイングに振り回されながらも撮影を続けているのですが、ベランダに持ち出すパソコン本体はこの前ハンドルを付けて持ち運びやすくなりました。
 しかし、21.5インチのモニター(LG IPS225V-BN)も(3.7kg)そんなに重たい訳ではないのですが、持ち運びにくいので、これにも運び易いように取っ手を付けました。
Img_0158cp42

 背面カバーのプラスチックに直接プラスチック用ネジ(PCファン固定ネジ)で止め、それだけでは怖いのでエポキシ樹脂の接着剤も間に入れました。
 本来はプラスチックカバーを外し裏から当て金をした方がイイと思うのですが、プラスチックカバーはハメアイの爪で固定されているので、これを探しながら外すのはスキルと根性が要りそうなので止めました。
 この取っ手が壊れて外れたときに分解を考えることにします。
Img_0157cp42

 この工作のついでに、写真にはありませんがモニターの首振りが上向きに15°しか動かなかったこのスタンドの首のところのプラスチックを削って+5°の20°ほど上に向くようにしました。

 IPSパネルのモニターは上下左右の視線がずれても木星の色がほとんど変わらないのでいいですね。
 画像処理用のパソコンもできればIPSパネルに変えようと思います・・・いつか(笑) 

| | コメント (0)

木星 2012/10/04-05

 月の撮影後半から雲がやって来ました。
 月の撮影中は月にかからずいけたのですが、木星がベランダから撮影可能位置にやって来るころには、空全体を覆い始めました。
 雲の合間の晴れ間で、辛うじて1セット撮影することができました。
 しかし、がんばってもシーイングは酷い・・・
 高層は西あるいは北西の風、中・低層は南あるいは南西の風、地上付近は北の風あるいは東の風・・・と、めちゃくちゃ!

 やってられない・・・

 辛うじて画像になりました。
Kmj2012100416h55mut

 もうちょっとだけイイシーイイングが欲しい・・・

| | コメント (0)

月面 2012/10/04-05

 二日続けての月面撮影です。
 木星にずいぶんと近づいているのですが、木星撮影の前に見上げる月は高く、良シーイングを期待したのですが昨日よりは悪くなっていました。
 今夜は少しがんばってモザイクに挑戦してみました。
13枚のモザイクです。ココログの画像サイズの制限が最大1600x1600ピクセルなので縮小しています。
Kmmoon2012100414setp32

 真ん中あたりがシーイングでぼけているので残念ですが、撮り直しはできません。

 単品撮影です。
 モレタス、クラビウスの直ぐ南にあります。
Kmmoonmoretus

 クラビウスです。
Kmmoonclavius

 北側にあるメトンです。中央付近にある四つ葉のクローバー風です。
Kmmoonmeton

 撮影は、C11+Nikon EiC-16+R60+Basler Ace acA1300-30gm+FireCapture2+AutoStakkert!2+Registax6.1+PhotoShopCS

 モザイクは、撮影も後の画像処理も大変、そして大きな画像になると発表の場所がない(笑)   

| | コメント (0)

月面 2012/10/03-04

 台風19号は東寄りの道を進んで北上し、近畿からは直接的な影響はほぼ無くなりました。
 天気予報も一晩中晴れマークが付いています。が、しかし、肝心の夜半過ぎから曇ってきました。
 雲間からの撮影です。

 ジャンサンとレイタ谷です。
Kmmoonjanssenvallisrheita

 メシエ、メシエAです。ずいぶんと露出アンダーで撮影してしまいました。
Kmmoonmessiermessiera

 アトラスとヘルクレスです。
Kmmoonatlashercules

 シーイングはあまり良くなかったのですが、眼視で覗いていると大揺れの割には時々精細な姿が浮かんできましたので、画像処理の得意とするところでしょうか、思ってる以上にディティールが出てきました。

 C11+Nikon EiC-16+R64+Basler Ace acA1300-30gm+FireCapture2+AutoStakkert!2+Registax6.1+PhotoShopCS

  スタックは今回もAutoStakkert!2で、Registax6.1はウエーブレットのみです。
 薄雲が通るようなときはRegistax6.1は全然だめですね。

 AutoStakkert はバージョン1の時に少しテストしていましたが、テストだけで終わっていました。それほど魅力はありませんでした。
 バージョン2になって、マルチCPU、マルチスレッドに対応し、マルチポイントでのスタックとRegistax6.1と充分対抗できるようになっていました。
 また、Registax6.1に比べると薄雲通過などで崩れることも少なく、耐性はピカ一です。

 AviStack2は太陽面、月面には優秀ですが、私の撮影するボケボケの木星にたいしては力が発揮できないのか使いこなせません。
 また、クリックする行程も多く、処理速度も遅いので、やや使う回数が減っています。

 今夜は木星のテスト撮影もする予定だったのですが、北から流れてくる低い雲が増えて雲間の一瞬しか撮影することができませんでした。
 まだ、木星の光が鏡面の半分しか当たっていない状態での撮影です。
Kmj20121003

    ちゃんとした撮影は次回に持ち越しです。

 晴れそうで晴れない・・・
Img_0074p42

 秋の空でした(笑)

| | コメント (0)

秋を見つけに大泉緑地を散歩 2012/10/02

 太陽撮影の後、雲が多くなって陽射しが減ってきました。
 また台風が太平洋から日本へと迫ってきています。
 秋を探しに近場の大泉緑地へと散歩に出かけました。

 何となく秋らしいものを見てはメモ写真です。今日はキヤノンS95だけで身軽に散歩です。
 赤い実はサンザシ?でしょうか。
Img_0005p42

 大池にはまだ蓮の葉がいっぱいです。
Img_0022p42

 でも、しばらく来ていない間に華の時季は過ぎてしまいました。
 もう、がんばった跡・・・がいっぱいです。
 身に染みますね・・・お疲れさま。
Img_0029p42

 暗い話はやめておいて明るい花壇の花をメモ。
 トレニアというのでしょうか。
Img_0038p42

 これは私にも分かります。
 コスモスです。
 でも、疲れていますね・・・
Img_0043p42

 彼岸花も終焉が近いのか力がありません。
Img_0052p42

 鳥撮りの皆さんも多く見かけましたが、キヤノンS95では近づくこともできません。
Img_0059p42

 全体的に暗い散歩になってしまいましたが、まだ気温も高く、あちこちで、じっとしているとヤブ蚊やいろいろな血を吸う虫がやって来て、あちこち痒くなりました。

 ちょっぴり秋の空気を感じましたが、歩くとまだまだ暑いですね。        

| | コメント (0)

太陽面 2012/10/02

 台風一過の晴れもなく、今朝?の木星時間は曇っていたのですが、午前中青空が広がっていたので、久しぶりに太陽を撮影してみました。
 特に大きな黒点があった訳では無く、ここのところ静かな太陽の中で単独?黒点としてはまずまずらしいのがSOHOのサンスポットで見られたのでテスト撮影してみました。
 シーイングは全く良くありませんが、なんとか撮影できました。
Kmsun20121002

 擬似カラーです。

 AstroSolar+C11+Basler Ace acA1300-30gm +NIKON EiC-16+R64+FireCapture2+AutoStakkert!2+Registax6.1+PhotoShop CS にて、撮影と処理

 拡大画像だけでは大きさが分かりませんので、SOHOのSunspotsから全体像をお借りしました。
 黒点1582を撮影しています。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/synoptic/sunspots_earth/mdi_sunspots_1024.jpg
Sohomdi_sunspots_1024

 スタックソフトを今日はAutoStakkert!2で処理しました。
 AviStack2は今回のぼけぼけ太陽も上手くいきませんでした。
 Registax6.1もスタックはだめでした。

 拡大用のNIKON EiC-16バローは永らく引き出しにしまっていたモノを引きずり出して来ました。

 しかし、シーイングが良くないと結果は付いてきませんね・・・   

| | コメント (0)

台風17号 2012/09/30

 台風17号が近畿に近づき、15時ごろからかなりの風が吹きました。
Img_05374bp36

 大雨洪水警報も出たのですが、夏のゲリラ豪雨の方がもっとたくさん降りました。

 いちおう、ベランダ望遠鏡も、最悪のことを考えて待機していたのですが、南向きのベランダには強い風は吹き込まず、なんとか移動せずに済みました。
Img_0518p42

 友達の結婚式参加で新潟に行っていた娘も、早めの飛行機に変更して無事帰ってきました。
 夜は台風一過の晴れまもなく、名月も見えずでしたが、娘のお土産のお酒を即いただき名月を偲びました。
Img_0542p42

ああ、写真はでかいですが一合ビンで、ちょっとモノ足りません(笑)   

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »