« 木星 2012/10/23-24 | トップページ | 季節の贈りもの 2012/10/25 »

AutoStakkert!2 vs Registax6 2012/10/25

 最近、太陽や月の動画ファイルのスタックにはAutoStakkert!2を使うことが多くなってきました。
 そして、木星もAutoStakkert!2を使ってみるようになりました。
 そこで、AutoStakkert!2とRegistax6のスタック性能を比較してみました。
Autostakkert2vsregistax6_2

 差は超微妙ですが、中央付近はAutoStakkert!2の方がやや集中しているように思います。
 ウエーブレット処理はどちらもRegistax6で処理しています。
 最大エントロピー処理はしていません。

 経験上、ボケボケの木星をスタックするとRegistax6では繋ぎ目破綻ができることが多いのですが、AutoStakkert!2では無難にスタックしてるときが多いです。もちろんだめなときもありますが。

 推定ですが、AutoStakkert!2は輝度重心を基準にマルチポイントを計算しているのではないかと思います。

 AutoStakkert!2はCPUのマルチコアに対応しており、Registax6ほど速くはありませんが、そこそこの速度で処理してくれます。
 まだ使い切っている訳ではありませんが、しばらくの間テストを繰り返すことにします。

|

« 木星 2012/10/23-24 | トップページ | 季節の贈りもの 2012/10/25 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2012/10/23-24 | トップページ | 季節の贈りもの 2012/10/25 »