« 金星日面通過準備 2012/06/05 | トップページ | 土星 2012/06/10-11 »

8年越しの金星太陽面通過 2012/06/06

 8年前は仕事で観察会の担当して待機していましたが、曇り時々雨で観察会は中止になり、夕方まで個人的に粘っても太陽の姿すら見ることはできませんでした。
 その時思ったのは、8年後は定年退職をし、フリーになっているので必ずリベンジをしたいと、晴れてるところへ何処へでも行くぞ!と人生に誓ったのでした(笑)
 金環日食や、今回の金星太陽面通過でも多くの方が観望会や、観察会をボランティアを含め自分のことはさておいて一般の方々へサービスをされていますが、私にはとってもできません。
 今回は自分が楽しむために時間をつぎ込みました。

 天気予報とにらめっこをしながら、最悪はフェリーに乗って北海道まで行くつもりでした。
 二日前から北海道の予報は悪くなり、そして1日前には金沢あたりを目論んでいたのですが、これもなくなり、次は日本海の松江あたりが早く晴れそうなので、直前まで松江の地図をプリントアウトしながら、計画を練っていました。
 台風3号の影響で天気の予測がころころ変わります。

 結局、関西方面は6月6日当日急速に晴れていく予想になり、思案の結果、仲間とともに播州赤穂の瀬戸内海岸にに出かけることとなりました。
 21時過ぎにGPVの天気予報を見て最後の決定をし、赤穂の海浜公園にやって来ました。到着は午前1時過ぎ。
 ここは有料施設があって広いのですが、 駐車場などは夜間閉鎖されていました。
 そこでもう少し良い場所はないかと、連れて行ってもらったのが、小さな半島の上にある御崎公園でした。
 ここは駐車場もオープンで、トイレもあるし、ここで観測することになりました。

 天気は空の3分の1が晴れていますが、雲も多くまだまだ予断を許しません。
 望遠鏡などを組み立てて、極軸合わせなどをしていると空全体が曇ってきました。
 仕方なく車で仮眠をとって休憩していると、眼が覚めたときはもう夜が明けて、月しか見えませんでした。
 結局、極軸合わせなどは充分にできませんでした。

 それでも金星の太陽面通過は定刻通りにやって来ました。

 今回私の機材は、メインが20cm Dall-Kirkham+DMK21AF04による拡大撮影と、ミニボーグ60EDによる太陽全体像の記録と、20cmドブソニアンによる眼視観望の3点が目標でした。
 ところが、第1接触が近づいて来たのに20cm+DMK21AF04のピントが合いません。昨日ベランダから遠くの景色で合わせたはずなのに・・・

 そんなこと言っても始まりません!

 第1接触を間近にしながら、20cmDall-Kirkhamの主鏡と副鏡の鏡間距離を縮めることにしました。6角レンチを使いながら、鏡間距離を縮め、また光軸合わせも同時進行です。
 本来望遠鏡の能力を全て出すための光軸合わせは、恒星の内外像を見ないと、見かけの主鏡・副鏡の幾何図形を合わせただけでは不十分ですが、今さらそんなことを言ってられません。

 破れかぶれの見かけの光軸合わせだけで、撮影をスタートしました。
 すでに第1接触は過ぎ、まもなく第2接触になろうとしていました。

 必死になって汗をかいてる間に、仲間は20cmのドブソニアンで、金星の回りに光輪が見えると叫んでいました。

 あぁ、見たいけど見る余裕がない(激汗)、必死になって撮影できたのがこれです。
Kmv201206063

 辛うじて太陽からはみ出している金星の部分に微かな光輪を捉えることができました。

 太陽観測衛星「ひので」の画像には勝てませんが、自分のミスを補いなんとか価値ある1枚になりました。

 太陽の高度が上がると、シーイングもそこそこ良くなり、太陽面の粒状斑が良く見えてきました。
 今回の中で一番解像度が高い画像になります。
Kmv2012060618

 太陽黒点のそばを通らなかったのが残念ですが、太陽観測衛星「ひので」の画像に迫るものと自画自賛しています(笑)
 金星の回りに見える光輪は金星大気では無く、カメラなどによるエッジシャープの可能性が高いです。
金星は黒点などよりも遙かに真っ黒で、エッジシャープ効果が出やすいと思われます。
 また、光輪のまわりの粒状斑が少しぼやけているのはスタックソフトの影響かも知れません。この画像はAviStack2で処理しています。ウエーブレットはRegistax6で行っています。

 この解像度が良かったころの5画像をGIFアニメにして見ました。ニフティココログの1MBの制限以内に全ての画像容量を収めないといけないので、残念ながら大幅にトリミングしています。
Kmv17181920215sd3

 お昼を迎えるころから雲が沸き始め、シーイングも悪くなっていきました。

 第3接触直後です。
Kmv2012060682

 今回も光輪が出ないか、露光オーバーで挑戦してみました。
Kmv2012060691

 上側にヒゲのような光輪が見えています。
 このころは雲の通過も多く、シーイングもコントラストも良くありません。

 ミニボーグ60EDでの連続写真は、ピンとが途中で変わるわ、露出が途中で変わるわ、あげくにインターバルタイマーが途中で止まってるわと散々な上に、最後は雲で写っていないコマがあり、できばえは良くありませんが、記録です。
Kmv2012060627432818p100

 仲間が持ってきていたPST4cmでコリメートさせてもらいました。
 Hα光による太陽面と金星です。
Kmv20120606pst4cmp42

 6時間半晴れきることはできませんでしたが、充分堪能させてもらいました。
 まあ、第4接触だけが完全に雲の中でした。
 肉眼で見る金星黒点は、私の眼では限界で、これでは普通の人はほとんど裸眼では見えなかったかと思います。
 ただ、20cm望遠鏡で見る金星黒点は黒々として大きく、水星の太陽面通過とは雲泥の差があります。

 慌てることはありましたが、概ね満足の結果となりました。
 良く晴れているときの観測風景です。
Pict0063p24

 パソコンモニターは太陽光下ではほとんど見えないので、遮光カーテンを頭からかぶって、調整をしていました。蒸し暑いこと!!!!
 減光は全てバーダープラネタリウムのアストロソーラーフィルターです。
Pict0067p24

 20cmドブソニアンで見る真っ黒い金星は凄みさえ感じることができました。
Dsc01412

 前回の金環日食では曇り空のために飾りだったドブソニアンですが、今回は日の目を見ることができました。

 最後に、遠征5人組の記念写真です。
Dsc00855p20

 もう、105年後に失敗分を取り戻すことはできませんが、8年前のリベンジは果たせたと思っています。

 晴れて良かった・・・          

|

« 金星日面通過準備 2012/06/05 | トップページ | 土星 2012/06/10-11 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お見事の一言!しっかり光環を記録されましたね。
太陽面上の金星の周囲の白い環は幅が広過ぎるので違うように感じますが、最初の画像と最後の画像は、間違いないでしょう。
素晴らしい画像と8年前のリベンジ達成に拍手喝采です。

投稿: ヨネヤン | 2012年6月 8日 (金) 00時20分

ヨネヤンさん ありがとうございます。
 台風の影響で一時はどうなるか心配でしたが、なんとかそれなりの結果を残すことができました。
 105年後は無理ですからね(笑)

投稿: RB星 | 2012年6月 8日 (金) 07時52分

素晴らしい写真に感動いたしました。
わたしも、金星の周囲の白い環を不思議に思っていたのですが、エッジシャープ効果である可能性があるのですね。
ところで、金星の白い環が写っている写真の露出時間はどの程度ですか。わたしは30秒でしたが、もう少し短くしても
良かったと反省しています。
火星などで1分を超す撮影に慣れてしまっていたものですから。

投稿: ninzya | 2012年6月 8日 (金) 11時13分

ninzyaさん ありがとうございます。
 今回の太陽中心の露光は30fpsで40秒間の撮影です。
 DMK21AF04のゲインを最小にし、シャッター速度は3000分の1秒ぐらいです。
 やはり最低1000フレームは欲しいことから、この長さになりました。
 ただ第二接触とか、第三接触とかを忠実に撮影しようとすると、20秒以下でしょうか。
 ただ、長く撮っても編集ソフトでカットすれば良いので、それほどこだわらなくても良いのではないでしょうか。
 普通の惑星撮影は100秒を基準にしています。

投稿: RB星 | 2012年6月 8日 (金) 18時51分

8年前のリベンジ、素晴らしい写真で本当に果たせましたね!
太陽面の粒状斑が凄い、金星の輪郭が凄い!
さすがです。

投稿: Shin | 2012年6月 8日 (金) 22時57分

Shinさん ありがとうございます。
 ふだん太陽撮影をすることはほとんど無いのですが、惑星撮影の方法が充分に通用することが分かりました。
 8年前に見ていたら、ここまでやる気が出たかどうか疑問ですが、今世紀最後を充分に楽しむことができました。

投稿: RB星 | 2012年6月 9日 (土) 00時16分

素晴らしい!。さすがRB星さんです。
それにしても関西地方は良く晴れて羨ましい限りです。私ははるばる長野県まで遠征しましたが、第二接触と第三接触付近が数秒見えたのみでした。
ましてや撮影なんてまったくできませんでした。いまだに落ち込んでいます。

投稿: mn3192 | 2012年6月11日 (月) 14時03分

mn3192さん ありがとうございます。
 台風3号のおかげで際どかったですが、大阪以西は概ね良く晴れました。
 mn3192さんももう少し走って関西まで来られたら青空と出会えたかと思います。
 天文現象は晴れないと疲れますからね(笑)

投稿: RB星 | 2012年6月11日 (月) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金星日面通過準備 2012/06/05 | トップページ | 土星 2012/06/10-11 »