« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

土星 2012/05/27-28

 一日中良い天気でした。ちょっと暑いくらいでシーイイングも良くなるかと期待したのですが、残念ながら北西からの気流が強く流れていました。
 それでも最悪と言うことはないので、そこそこ写っています。
Kms2012052711h46mut

 目立つ模様がないので、静かな土星です。
 良好なシーイングで高解像であれば白斑嵐の痕跡あたりは、うねうねしているらしいですが、そのようには捉えることができません。

 晴れてるだけでも良しとしましょう。

| | コメント (0)

土星 2012/05/23-24

 今日も夜から晴れたのですが、薄雲が漂いシーイングもも一つでした。
 カラーカメラの色バランスが緑によりすぎていて全体に緑がかってしまいました。
Kms2012052312h29mut

 気をつけないといけませんね・・・

| | コメント (0)

土星 2012/05/22-23

 金環日食後は不安定な天候が続いていました。
 今日の日中も雨がぱらぱら降って、天気予報とは違いました。
 夜になってようやく晴れてきましたが、最初望遠鏡で覗いたときは土星がかなり波打っていましたが、撮影を始めるころからやや静かになり、そこそこの小さな揺れになっていました。
Kms2012052212h05mut

 土星も南中が早まってきましたので、ベランダからはシーズン終了が近づいて来ました。
 ただ、土星の緯度が南に下がっているので、望遠鏡の南中越えができ、もう少し粘ることはできそうです。

| | コメント (0)

金環日食は那智勝浦へ行って来ました。 2012/05/20-21

 いよいよ金環日食がやって来ました。
 いつものパターンで中途半端な準備ながら、時間切れで出発です。
 5月20日(日)朝からなかま達と南紀に向かいますが、中途半端な割にあれもこれもといっぱい積み込んでしまいました。
 傘もです(笑)
Dsc_2435p72

 天気予報では南に行くほど天気が悪いのですが、金環日食中心線と温泉は外すことはできません。

 行きがけの駄賃とばかりに、まずは和歌山龍神温泉で休憩です。
Dsc_2441p72

 龍神温泉から熊野川の流域に出、新宮に入ると那智勝浦は直ぐそこです。
 宿泊は休暇村「南紀勝浦」で、観測場所は太平洋を望むことのできるテラスです。
Dsc_2451p72

 日中から小雨がぱらつき、天気状況は予報どおり良くありません。
 フロントにあるパソコンでひまわりの映像を見ても、前線がびっちり日本の上に乗っかっていました。
Dsc_2476p72

 ここ勝浦では金環日食に合わせてイベントが開催されていました。
 朝日新聞夕刊に掲載された金環写真はこのイベント会場で撮影されたもののようです。
Dsc_2493p72

 雨が降っているので、望遠鏡架台のセッティングもできる状況になく、温泉に浸かった後はもちろん宴会です。
 縞鰺と鮑の造りがメインです。縞鰺はしゃぶしゃぶでも美味しくいただきました。
Dsc_2490p72

 部屋に戻ってからは、今回急遽仕事の都合で来られなくなった広島の仲間からの差し入れ、日本酒でまたまた乾杯です。
Dsc_2495p72

 うーん、飲み過ぎで金環のことを忘れて寝てしまいました。

 翌朝、眼が覚めたのが午前5時・・・雨は降っていないものの黒い雲が全天を覆っています。
 嘆んでいても仕方が無いので、車からテラスへと荷物一式を運び込みました。
 取材の方々もカメラのセッティングをされていました。
 私の架台は一番手前のアドバンスGT架台とボーグ60ED+カサイ2インチマルチショートバローで、ボーグだけだとこんな大きな架台は要らないか.。
Dsc_2514p72

 鯉のぼりのように見えるのはマグロのぼりですが、どんどん風がきつくなってきたので、後で外されていました。
 私の機材はもう一つ、20cmのドブソニアンがあるのですが、この後、部分食中に組み立てました。
 しかし、結局ほとんど使われることはなく、派手さをアピールしただけでした。

 晴れることはぜんぜん無いのですが、雲の隙間がぼちぼち現れてきました。
 最初のショットがこれです。すでにずいぶんと欠けていました。
Dsc_2528p72

 紫色っぽいのはアストロソーラーフィルターの色です。
 この後、雲が厚いフィルターとなっているのでソーラーフィルターを外して直接撮影となりました。
 金環直前です。フィルター無しの方が色は自然ですね。
Dsc_2568bp72

 運良く金環中心近くでも雲の隙間が現れ、撮影することができました。
Dsc_25737475p72

 ニコンD70はインターバルタイマーも用意したのですが、こんな状況では全く役に立ちません、出番無しでした。
 雲フィルターでは露出がどんどん変化するので、シャッターを切ってはモニターを見て露出を変える繰り返しですが、雲の隙間が短いので、慌てて操作をして、もの凄く疲れました。

 次の隙間では もう金環が終わってしまっていました。
Dsc_2593p72

 その後も隙間は少なく、最後のショットはここまででした。
Dsc_2691p72

 この後晴れ間はなく、日食後は雨が降って来ました。

 最悪のシナリオからは免れることができましたので、みなさんの運に感謝です。

 片付けた後、帰りは白浜温泉まわりで、3度目の温泉「崎の湯」の露天風呂に入って疲れを癒しました。
Dsc_2708p72

 聞くところによると、堺では金環日食中は快晴だったそうです。

 でも良いんです、同心円のリングも撮影できたし、楽しく宴会も温泉もできたし・・・

 で、まとめの合成写真です。
Kmkinkan3p72

 そして、イメージ合成写真です。
Dsc_25093p100

 イメージは並べ方も大きさも全てちゃらんぽらんですから、間違えないようにしてくださいね。
 私の心のイメージですから(笑)

 見えてホントに良かった・・・

追記、記念写真をもらったので記念合成してみました。
Dsc_25083s7ninyokop72

 天気予報の悪い南部へ行った勇気ある7人組です・・・(^o^;)/~               

| | コメント (2)

土星 2012/05/18-19

 寒気がようやく遠ざかり、シーイングもそこそこ良くなりました。
 エンケの隙間もかろうじて写り始めています。
Kms2012051812h28mut

 もっとシーイングが良くなって欲しいところですが、難しいかな・・・

 晴れてるだけでも良しとしないといけませんね。

| | コメント (2)

立山黒部アルペンルートに行って来ました。 2012/05/13-14

 ゴールデンウイークを外して、ツアーに乗っかり立山黒部アルペンルートを楽しんできました。プライベートな旅行でしたが、ツアーに揉まれてきました。
 前日までの冬のような天気では立山は冬を覚悟していたのですが、天候に恵まれたのか、極寒は避けられました。
 大阪駅からサンダーバードで富山まで揺られて走ります。サンダーバードは思っていたよりよく揺れるし、キーンという金属音が大阪から富山まで、鳴り続きとても不快でした。
Dsc_1831p72

 富山駅からはバスで宇奈月まで走ります。なんと3台のバスを連ねて、満杯状態です。
この時期、このツアーはもの凄い人気なそうです。1台42人です。
Dsc_1863p72

 宇奈月からは黒部峡谷トロッコ列車に乗って観光です。
 今年は雪が深かったりしたのか、奧まで行けず、猫又駅でUターンでした。
 天気はまずまずでしたが、前日までの冬のような気温が残っているのか、トンネルに入ると冬のような冷たい風が吹き抜けました。
Dsc_1904p72

 13両編成で、団体さんは、窓・壁のない吹きさらしの普通車両で、自然をもろに楽しみました(笑)
 景色は緑がいっぱいで、色々ありましたが、私はつい目の前にある鎖に・・・
Dsc_1957p72

 往復100分のトロッコ列車で充分、自然を満喫しました。

 宿泊は宇奈月から2時間ほどバスで走って、白馬岩岳までやって来ました。
 宇奈月ではだんだんと曇ってきていたのですが、白馬にやって来たころにはまた晴れてきました。
 テレビには金環日食の話が流れていました。
Dsc_1997p72

 夜は金星を見ただけで寝てしまいました。
 翌朝もいい天気です。雪が残った山が眩しく見えていました。

Dsc_2000p72

 ホテルのまわりにはいろいろな花が咲いて連なっていましたが、そのうちの水仙です。
Dsc_2031p72

 今日は、大町側の扇沢からトロリーバス、ケーブルカーなどを乗り継いで立山の室堂に向かいます。
 トロリーバスはトンネル内を走るので、景色は蛍光灯だけです。
Dsc_2071p72

 黒部ダムに到着です。220段の階段を上り展望台から黒部ダムを見学です。
 夏にならないと放水はないので物足りないですが、大きさは良く分かりました。
Dsc_2093p72

 黒四ダムからはケーブルカーですが、これもトンネルの中です。
Dsc_2146p72

 次の黒部平から大観峰まではロープウェイは途中に支柱がないことで有名?らしいのですが、見晴らしは抜群です。
Dsc_2204p72

 大観峰まで上がり、ふり返ると後ろ立山の山並みが大パノラマを作っていました。
Dsc_2213p72

 大観峰からはまたトンネルを走るトロリーバスで、真っ暗でしたが、室堂に着き外へ出ると一面銀世界です。
 室堂のホテル立山です。
Dsc_2264p72

 室堂から今回のメインは雪の大谷ウォークです。
 そう、雪の壁を歩くのです。
Dsc_2292p72

 今年の高さは15mだそうで、過去最高には及ばないようですが、それでもなかなかの高さです。
Dsc_2301p100

 それでも凄いラッシュアワーでした。
 室堂の駅には平日というのに団体がいっぱいで身動きができないぐらいでした。

 それでも楽しくツアーしてきました。
Dsc_2389p72

 ホント良い天気で良かった。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土星 2012/05/12-13

 ゴールデンウイーク後半から不安定な天気になりましたね。
 連休明けから酷くなり、天気予報は晴れマークが続いているのに全く晴れない、天候が続きました。
 北から冷たく低い雲がやって来て、冬のような日々か続きました。天気予報というのは途中で修正しないのですかね?
 やっと晴れた5月12日、相変わらず木枯らし1号のような、冷たい北風が吹き、シーイングもガタガタでした。
 その中でもまだなんとか耐えられる画像がこれです。
Kms2012051211h25mut

 いやはやこの時期にこんなに寒くなるとは思ってもみませんでした。

 良シーイングのないまま、土星シーズンも終わってしまうのでしょうか。

| | コメント (0)

土星 2012/05/05-06

 一日中青空で期待していたのですが、夕方くらいから透明度がだんだんと悪くなり、月が眩しいこともあって、土星は辛うじて見えますが、隣にあるスピカは見えません。
 シーイングも思ったほどよくなく、忙しく小刻みに揺れていますが、昨夜ほど悪くはありません(昨夜はあまりにもシーイングが酷いので撮影をパスしました)。
 透明度が悪く光量不足により、L画像は露出を普段の倍、RGB画像は4倍の露光をかけています。
Kms2012050513h10mut

 カラーカメラは1秒露出でも色乗りが少なく、色分解にキレもなく、またもやシャキッとしない画像になってしまいました。

 このまま遠ざかってしまうのでしょうか・・・

| | コメント (0)

インターバルタイマーのテスト 2012/05/05

 先日改造したキヤノンのリモートコントローラ TC-80N3 とニコンの赤外線リモコン ML-L3のテスト撮影を西空に移った太陽で確かめてみました。
 三脚に載せたニコンD70にズームレンズ28mmを取り付け、ソーラーフィルター越しに3分間隔でインターバル撮影です。
 太陽が見えなくなってからの背景写真と比較明で合成しています。
Dsc_178622komabp100

 右上の光芒はフィルター枠からの光漏れのようです。もっときっちりとしたフィルター枠を作らないといけませんね。

 高度がある太陽で露出を合わせたので、透明度が悪くなった低空では露出アンダーになってしまいました。
 このインターバルタイマーシステムでは露光量を途中で変えるには人間が操作しないといけないので難しいですね・・・

| | コメント (0)

いい天気だな「こどもの日」だけど  2012/05/05

 朝から綺麗な青空が広がっています。
 大きくなった子どもたちは相手をしてくれませんので、久しぶりの散髪に出かけついでに彩りをスケッチ撮影。
 今日のカメラはいつもと違って、最近、全く使っていないコニカミノルタ DiMAGE Z2 を使ってみました。
 何せ10倍ズームの望遠側ではほとんどピントが合わないと言う、とっても使いにくいカメラなんですが、日食用のサブ機として使おうかと引きずり出したものです。

 最初は家の近くのツツジです。まあ派手な色ですが、蝶々にはピントが合いませんでした。
Pict0021p24

 白いツツジです。
Pict0022p24

 散髪屋さんから少し歩くと大泉緑地です。
 子どもたちが眩しい陽射しの中で元気よく遊んでいました。
Pict0026p24

 緑地内の木々は、今、緑真っ盛りです。
Pict0031p24

 バーベキューの臭いが充満していますが、花の方がイイですね。
Pict0030p24

 公園内にはカキツバタ園があります。永らく工事?していたかと思うのですが、そこそこ揃って咲いていました。
Pict0032p36

 紫をアップです。なんとかピントが合ってるようですね。
Pict0035p24

 トンボも何枚か挑戦しましたが、ピントのほぼ合った1枚です。
 トリミングしています。
Pict0045cp36

 カキツバタ園の入り口には、堺の風車が復元展示されています。
 主に湊の方で使われていたものですが、私も無くなる寸前のものを1、2台見ただけです。
Pict0057p24

 今日はホントに良い天気です。      

 夜もきれいに晴れて欲しいものです。

| | コメント (0)

ボーグ60EDとソーラーフィルター 2012/05/04

 金環日食には大きな望遠鏡は要らないので、いつも日食用に使っているミニボーグ60EDにアストロソーラーフィルター(ND5)を付けて撮影することにしました。
 ただ、そのままでは太陽が小さいので、カサイの2インチマルチショートバローを間に入れて、少し大きくしてみました。
 バローはレンズ部分だけを鏡筒内に放り込んでいます。
Pict0005p30

 ちょっと長くなりすぎて、支えるものが無いのですが、カメラネジ1本では無理だなぁ。

 とりあえず大きさを見るために昨日の夜は月を撮影してみました。

Dsc_1704p100

 まあこんな大きさかな・・・

 今日は太陽を撮ろうとして待っていたのですが、ひたすら黒い低い雲が1日中あって、チャンスがなかなかありませんでした。
 夕方になってほんの僅かな雲の隙間から撮影。
Dsc_1733p100

 辛うじて黒点も写っていますが、ゴミもいっしょに写っています。

 もうちょっと大きくしたい気もしてきましたが、安全を考えてこのぐらいかな・・・
 迷っています。

 太陽のリムが右と左で色が違うのは大気の色分散かな・・・ちょっと角度が違うような気もしますが、もう少し、今度晴れたら確認することにします。   

| | コメント (0)

土星 2012/05/03-04

 発達した低気圧がゆっくりと動き、通り過ぎた後も低い雲が立ちこめて時折時雨れる不安定な一日でした。
 夜遅くなって晴れてきたのですが、覗いた最初は、この不安定な天候の割にはまずまずのシーイングだと思っていたのですが、撮影中からどんどんとシーイングが悪くなり、土星が波打つようになりました。
 どうも北西からの冷たい気流に変わってきたようで、また、曇ってしまいました。
 土星の写りそのものは、シーイングの割に良く出ていると思います。
Kms2012050313h21mut

 土星の環の影が環の南側(上側)に見えるようになりました。
 本体上の環がクッキリと見えるようにコントラストが付いています。

 土星の赤緯が南に下がったおかげで、撮影装置がベランダ手すりにぶつからない状態で南中を迎えることができます。
 まだ暫くはベランダから撮影を続けることができます。

| | コメント (0)

ソーラーフィルターのテスト 2012/05/01

 だんだんと金環日食も金星の太陽面通過も近づいて来ました。
 毎度、お尻に火が点かないと動かない性格なモンで、なんとかなるさと思っているのですが、テレビニュースで金環日食の話が出ているのを見ると、そろそろ慌てないといけないのかと、テストを始める気になりました。
 私の大目標は金星の日面通過なので、惑星用望遠鏡システムで、太陽面が上手く撮影できるかと撮影してみることにしました。
 まずはベランダのC11で撮影してみるので、大きなフィルターが必要です。これは国際光器からバーダープラネタリウムのソーラーフィルター50cm×100cm(ND5)を購入しました。
 段ボール紙と同じ形状のスチレンボード?をホームセンターで購入しカッターとセロテープ、ガムテープでアダプタを作り、鏡筒前に載せました。
Dsc_1699p72

 フル口径の28cm有効径の太陽望遠鏡となりました。
Dsc_1670p72

 今日は午前中の束の間しか晴れ間はなさそうですので、雲間に見える太陽を忙しく撮影してみました。
Dsc_1677p72

 鏡筒に太陽の光が当たらないように朝から準備をしていました。太陽の光は鏡筒前のフィルター枠のみに当たりますが、温度が上がってフィルター枠が膨張したのか、ソーラーフィルターがピンと張って鏡面のように見えていました。
Dsc_1693p72

 金星の太陽面通過は野外での晴れ間移動を考えているので、ポータブルバッテリーも新しく購入しました。
 大自工業のSG-3500LEDで、これは通販でなく店頭販売で買いました。5月の連休明けには値段が下がるかも知れないと言われましたが、テストもしないといけないので、思ったより高めで購入、でも望遠鏡屋さんよりは安く購入しました。
Dsc_1698p72

 撮影用のノートパソコンは内像バッテリーがすでにゼロ状態になっているので、このバッテリーで駆動するしかありません、約2時間半持ちました。

 で、黒点の撮影結果です。(黒点1471)
Dmk61830fps1172svpr64f10g1800020avi

 C11(28cm)+F10+DMK21AF04(618)+1/1172sec-30fps-50sec-R64filter
AviSTACK2で1035フレームをスタック処理、ウエーブレットはRegistax6処理です。Registax6では上手くスタックできませんでした。
 惑星撮影とは条件が違うので、試行錯誤です。
 スタック状況を見るためトリミングせず、最周囲まで出しています。

 シーイングは 2/10 から 3/10 と言ったところでしょうか、太陽のリムではピント合わせは難しく、黒点が無いと合わせることができませんでした。

 もう2箇所ほど撮影してみました。
 リム近くにある黒点です。(黒点1468)
Dmk61830fps1172svpf10r64g1800013avi

 小黒点です。(黒点1472)
Dmk61830fps1172svpr64f10g1800015avi

 拡大撮影していると、黒点の実サイズが良く分かりませんので、太陽観測衛星SOHOのサイトからSUNSPOTSの画像をお借りしました。
http://sohowww.estec.esa.nl/sunspots/
20120501mdi_sunspots_1024

 1471番の黒点が金星ぐらいのサイズぐらいでしょうか。

 米粒斑の写りがイマイチなので、解像度が足りないと思いますが、初試写としては合格でしょうか。

 太陽の下ではパソコンのモニターが全く見えず、濃紺のウインドブレーカーを頭からかぶっての撮影で、疲れてしまいました。

 いよいよ近づいて来ましたね・・・      

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »