« 火星 2012/01/17-18 | トップページ | PICマイコン続き SC1602BS 2012/01/21 »

ダジックアース 2012/01/19

 DagikEarthは球体(半球)スクリーンに地球や惑星などを映して立体的に惑星を科学するシステムです。
http://www.dagik.net/

 京都大学のSaitoh先生にイベント用にお借りするための打ち合わせと、内容を教えていただくために、京都まで出かけました。
Dsc_7453p72

 本来は地球の様々な現象を立体的に見せるために開発されたようですが、木星などを投影してもらうと、なかなかの立体感があり、マウスでグリグリすると極地方も簡単に見えしまいます。

 撮影した木星のシリンドカルマップをたくさん作って投影すれば、とっても面白そうでした。

 まあ、イベントではマニアックな木星は受けないでしょうから、どうしましょうね・・・

 これ、科学館の展示にも面白そうですよ!

|

« 火星 2012/01/17-18 | トップページ | PICマイコン続き SC1602BS 2012/01/21 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火星 2012/01/17-18 | トップページ | PICマイコン続き SC1602BS 2012/01/21 »