« PICマイコン事始め 2012/01/16 | トップページ | ダジックアース 2012/01/19 »

火星 2012/01/17-18

 明け方に起きるのもなかなか難しいのですが、この時間も難しい。
 夜更かしすべきか、早めに寝て起きるべきか・・・
 結局、一寝入りして起きると、ベランダから見える制限時間直前になってしまいました。
 シーイングは中低層の気流が乱れ、時折大きく引きちぎられます。それでも、瞬間そこそこ模様が見えるのですが、忙しく揺れてじっくりと見ることはできませんでした。
Kmm2012011717h54mut

 でも、火星像としては思っていたより詳細が写っていますから油断できません(笑)

 青色光の時はシーイングが良くなかったのと、データ保存用のSSDの前データを消すのを忘れていたために満杯となり、記録が止まっているのに気づかず、フレーム数に限りがあって、貧弱な青色画像となりました。

 しかし、視直径10秒ほどでここまで写れば良しとしなければいけません。

 撮影アダプターなどを並べ替えたため、想定していたよりもF数が大きくなってしまいました。
 火星がベストで写るために、今、拡大率とかいろいろ確かめ中です。

|

« PICマイコン事始め 2012/01/16 | トップページ | ダジックアース 2012/01/19 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

阿久津です。 日本では寒波に来て、雪が多いようですね。 私のC14ですが、火星を撮ると朝方の周辺が2重になります。光軸を合わせても出ています。これってなんでしょうか?以前はなかったと思いますが、なんか嫌です。火星以外は気になりません。以前台風で筒が倒れて主鏡が少し傾いた?筒がゆがんだ?とか良く判りませんが、もしもご存じであれば一報ください。

投稿: 阿久津 | 2012年1月25日 (水) 17時32分

阿久津さん ありがとうございます。
 寒いですよ・・・・そしてなかなか晴れません。
 火星の明け方リムは明るいのでカメラ側で映像信号がバウンスしているのだと思います。
 二重リム現象のさしあたり解消方法は見つかっていません。
 シーイングが良く精度が高いほど、二重にきっちりと写るかと思います(笑)
 クリストファーゴーさんの火星にはよく現れています。
 ゴーさんの火星撮影数が少ないのは、これに嫌気がさしてるからでないかと、かってに推測しています。
 Registaxのウエーブレット処理でのファンクションで、Deringingと言うのが該当すると思うのですが、私は上手く使いこなせていません。
 第1原因はカメラだと思いますので、二重リムが起こりにくいカメラがあるかとも思うのですが、残念ながら情報を持ち合わせておりません。
 セブからの火星像楽しみにしております。
 

投稿: RB星 | 2012年1月25日 (水) 18時44分

熊森様
そうですか?カメラのせいですか?困りましたね。そうなると、カメラを変えるしかありませんね!!

投稿: | 2012年1月26日 (木) 21時18分

どのカメラなら二重リムが起こらないと言うのが分かると良いのですが・・・

投稿: RB星 | 2012年1月26日 (木) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PICマイコン事始め 2012/01/16 | トップページ | ダジックアース 2012/01/19 »