« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

火星 2012/01/30-31

 天気予報では晴れマークがほぼ続いているのですが、雲も多く、雲間からの撮影です。
 シーイングは北からの気流で絶え間なく流れていて、火星のリムは常に振動していました。
 大ボケがない分まだなんとかディティールが浮かんできました。
Kmm2012013016h00mut

 北極冠の縁に模様の濃い部分がありますが、晴れ間でしょうか?

 なんか議論するには写りがも一つで、北極冠もシャープさに欠けています。
 気温は3℃台、やっぱり寒いですね。

| | コメント (0)

第2回 星なかまの集い~天文楽サミット~ 2012/01/28-29

 兵庫県姫路市で「星なかまの集い」第2回が開催され参加してきました。
Dsc_7739p72

 去年の集いは西はりま天文台で開催されたのですが、今回は姫路の街中での開催となり、どんな風に開催されるのかも興味津々でした。

 初日は、姫路駅近くのホテルから始まります。15時過ぎにホテルに到着すると広島の佐藤健さんと目が合い、観望会が始まるまでの間喫茶店で時間を潰します。
 メニューが良く見えないと言いながら注文したのがでっかいパフェ!、いやー大丈夫ですか?
Dsc_7593p72

 そんなこんなで夕闇が訪れるころ、観望会が始まっています。
 私は、一般客と同じように望遠鏡を順番に見させていただきました。
Dsc_7596p72

 でかい望遠鏡も準備され、先程まで曇っていたのに運良く晴れ間が現れて、金星、月、木星が綺麗に輝いていました。
Dsc_7603p72

 シーイングはも一つ良くありませんが、繁華街の中で見る星はなかなかのものでした。
Dsc_7630p72

 観望会が終わると本番のホテルでの懇親会です。
 ここでは、またもや最長老?の佐藤健さんが乾杯の音頭をとり、情報交換会のスタートです。
Dsc_7647p72

 今回の懇親会はアストロノミーパブと称してサイエンスカフェの延長でしょうか、ちゃんと科学するお話しがありました。
 神戸大学名誉教授の向井正さんによる「惑星 X について+α」でした。
Dsc_7651p72

 1日目の記念写真です。
Dsc_7666p72

 記念写真の後、話が尽きないみなさんはホテルを出て姫路の街並みへと消えていきました。
 私は名古屋グループのみなさんと引き続き・・・続きました(笑)

 2日目です。
 今日は場所が変わり、姫路市花の北市民広場の大ホールで発表会となります。

 第一部は主にグループ活動の報告です。
西宮の星のソムリエグループの報告です。
Dsc_7681p72

 緩和ケアを必要とするがん患者・家族への緩和ケアサロンにて移動型プラネタリウムを使った報告です。
Dsc_7684p72

 昼の休憩に入る前に2日目の記念写真です。
2p150

 ポスターセッションは別室で行われていました。
Dsc_7690p72

 昼からは日食関係の発表が増えました。
 神戸の岡村さんによる2005年金環日食(コスタリカ)とアメリカの同好会との交流。
Dsc_7694p72

 ガリレオさんと呼ばれる大西浩次さんの2012年金環日食の話。
Dsc_7700p72

 西はりま天文台の時政さんによる金環日食予報による位置のズレがあるお話し。
Dsc_7704p72

 友田哲さんによる「天文替え歌のつくりかた」では多くの替え歌が発表されましたが、小惑星探査機はやぶさに載せた「帰ってこいよ」は、みなさんの感動と爆笑を呼んでいました。
Dsc_7711p72

 北尾さんの星名伝承の多様性に迫るでは、実物の道具を出しての和名伝承でした。
Dsc_7722p72

 明石市立天文科学館の有名キャラクター「ブラック星博士」の天文クイズもありました。
Dsc_7729p72

 最後に発表の中から森本奨励賞の3人が選ばれ授与されました。(右側の3人)
Dsc_7734p72

 発表は上記以外にもいっぱいあったのですが、詳しくは星なかまの集いのホームページをご覧ください。
http://hoshinakama.jp/

 今回は西はりま天文台公園長の黒田さんが体調不良のため欠席されたので、大宴会が小宴会に・・・ちょっと寂しく思いました。

 さあ、来年は第3回でしょうか!       
    

| | コメント (0)

火星 2012/01/27-28

 ひまわりの映像を見ると雲がやって来ているのですが、ベランダから見るとまだ星が見えているので、火星を撮影してみました。
 ただ、だんだんと雲が濃くなってきて、まともな撮影にはなりませんでした。
Kmm2012012715h57mut

 シーイングも良くなく、薄雲が通って輝度が変化するとRegistax6のスタックはがたがたになり、全滅でしたので Registax5.1でスタックしました。

 ちょっとボケボケですね・・・

| | コメント (0)

火星 2012/01/26-27

 夕方からの晴れが続き、寒いものの風はほとんど無く、夜更かしをして火星撮影を行いました。
 衝が近づいて来たので観測可能時間も早くなって来ました。 我がベランダでは午前 1 時から2時ぐらいがベスト時間になっています。
 シーイングはあまり良くありませんが、最悪ではありません。
Kmm2012012616h45mut

 太陽湖が左上に見えています。
 中央下の明るいところがオリンポス山と思っていましたが違うようで、中央右がオリンポス山のようです。
 北極冠の輝きがやや弱いようです。

 気温は3℃あたりで、私にとっては充分寒いのですが、風がない分まだまあしです。

| | コメント (0)

三日月と金星とニサンザイ古墳 2012/01/26

 今朝は大阪でも氷点下になったらしい。
 ただ、風がないので昨日一昨日よりも強い寒さは感じません・
 昼間は堺でも雪が舞う天気で、積もりはしませんが寒さのピークでしょうか。

 夕方から雲が切れ始め、南西の空に三日月と金星が見えたので記念写真を撮影しました。
 堺には古墳がいっぱいありますが、大阪府立大学の隣にニサンザイ古墳(前方後円墳)があります。
 全国8位の規模だそうですが、ぱっと目には良く分かりません。
 良く分からない?ニサンザイ古墳と金星と三日月のスリーショットです。
Dsc_7577cp100_3

 ニサンザイ古墳は御陵山公園と地図では表示されます。
 「陵」が変化してニサンザイとなったと言われています。

 カメラの後ろは墓地で、撮影のために少しお借りしました。

| | コメント (0)

月惑関西例会 2012/01/22

 月惑星研究会関西支部の例会が京都山科であったので参加してきました。
 山科では今日は暖かい方だというのですが、私にとっては思っていたより寒く感じていました。
Dsc_7507p72

 みなさんの近況報告の後、最近の惑星たちの状況を見ていきます。
 まずは木星です。
 大赤斑後方の活動の推移が注目です。
Dsc_7510p72

 小接近とは言え、火星が近づいて来ましたので、火星の北極冠の縁取りが明るく見えているのは、雲であろうとの話になりました。
Dsc_7513p72

 私も、WinJUPOSの自転補正について少し報告をしたのですが、持参したハードディスクが途中から認識されずに昇天されてしまいました、いやーっ(涙)

みんなで記念写真です。
Dsc_7520p72

 例会後は懇親会兼新年会で乾杯です。
Dsc_7528p72

 飲み過ぎには注意しましょう(笑)    

| | コメント (0)

PICマイコン続き SC1602BS 2012/01/21

 お天気悪いですね・・・一日中暗くて時折雨も降っていました。
 PICマイコンとにらめっこをしながら、サンプルプログラムをテストしていました。
 なんとか MikroC のエディターやコンパイラーがエラー無しで使え、利用できるようになってきました。

 今日はLCDの表示器(SC1602BS)を使って見たのですが、ブレッドボードに刺さらず、ジャンパー線を半田付けし、空中配線で乗り切りました(笑)
Dsc_7497p72

 なんとか教科書にあるサンプルは動くのは分かってきましたが、意味は理解しておらず、望遠鏡の駆動回路にはまだまだ近づくことができません。

 ネットで、直のサンプルを探しているのですが、なかなか見つかりません。
 なかなか甘くはありませんね・・・

 ブレッドボードの周りには、何種類ものメガネが・・・情けないですね(涙)

| | コメント (0)

ダジックアース 2012/01/19

 DagikEarthは球体(半球)スクリーンに地球や惑星などを映して立体的に惑星を科学するシステムです。
http://www.dagik.net/

 京都大学のSaitoh先生にイベント用にお借りするための打ち合わせと、内容を教えていただくために、京都まで出かけました。
Dsc_7453p72

 本来は地球の様々な現象を立体的に見せるために開発されたようですが、木星などを投影してもらうと、なかなかの立体感があり、マウスでグリグリすると極地方も簡単に見えしまいます。

 撮影した木星のシリンドカルマップをたくさん作って投影すれば、とっても面白そうでした。

 まあ、イベントではマニアックな木星は受けないでしょうから、どうしましょうね・・・

 これ、科学館の展示にも面白そうですよ!

| | コメント (0)

火星 2012/01/17-18

 明け方に起きるのもなかなか難しいのですが、この時間も難しい。
 夜更かしすべきか、早めに寝て起きるべきか・・・
 結局、一寝入りして起きると、ベランダから見える制限時間直前になってしまいました。
 シーイングは中低層の気流が乱れ、時折大きく引きちぎられます。それでも、瞬間そこそこ模様が見えるのですが、忙しく揺れてじっくりと見ることはできませんでした。
Kmm2012011717h54mut

 でも、火星像としては思っていたより詳細が写っていますから油断できません(笑)

 青色光の時はシーイングが良くなかったのと、データ保存用のSSDの前データを消すのを忘れていたために満杯となり、記録が止まっているのに気づかず、フレーム数に限りがあって、貧弱な青色画像となりました。

 しかし、視直径10秒ほどでここまで写れば良しとしなければいけません。

 撮影アダプターなどを並べ替えたため、想定していたよりもF数が大きくなってしまいました。
 火星がベストで写るために、今、拡大率とかいろいろ確かめ中です。

| | コメント (4)

PICマイコン事始め 2012/01/16

 木星もベランダからは見えなくなったし、お天気は悪いし・・・妄想を巡らしていると、C11の載っている架台のモーターを、ちょっとまともな回路で動かしてみたいと思い始めていました。
 今でも赤経の駆動モーターはマイクロステップ駆動のパルスモーターで、そこそこがんばって自作しているのですが、微動がも一つで、停止と倍速しかないので望遠鏡が揺れて仕方がありません。パルスモーターは瞬時に倍速、瞬時に停止するので、望遠鏡の慣性が追いつけず、望遠鏡がギクシャク動いてしまいます。
 微動はスローアップ・スローダウンして欲しいと思いつつ面倒なのでそのまま使っていました。
 世の駆動回路はいまやマイコンの時代です。しょうもないオモチャ類までマイコンで動いています。ロジック回路を組んで作る時代は遠~~に終わっているようです。
 そこで一念発起、PICマイコンに挑戦することにしました。
 いろいろなマイコンが世にありますが、PICマイコンが一番参考資料なども多そうなので、PICマイコンで入門です。
Dsc_7394bp150

 今日、大阪日本橋へチャリンコで出向いて、PICライターやブレッドボードなどを、共立電子やデジットで買い集め、サンプルデータを組み込んでみました。
 最初はLEDを交互点灯するだけなんですが、動いただけでほっとしました。

 パルスモーターを自由に動かせるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうですが、気長に付き合って勉強を続けることにしましょう。

| | コメント (0)

土星 2012/01/09-10

 火星撮影の後、続けて土星と思ったのですが、まだ土星の高度は低く、一寝入りしてからの土星撮影となりました。
 薄雲が増えて、雲間からの撮影になりました。
Kms2012010920h39mut

 火星撮影の後、続けての土星撮影はちょっと苦しい・・・

| | コメント (2)

火星 2012/01/09-10

 久しぶりの火星撮影です。
 視直径も少し大きくなってきました。
 気流で火星は忙しく揺れていましたが、大ボケはあまりありませんでした。
 ブルーフィルター単独の画像も撮影してみましたが、目立った雲なんかは無いようです。
Kmm2012010918h07mut

 拡大率をどの程度にするか迷っています。

 大シルチスが正面に見えています。
 北極冠が綺麗に見えていますが、均一ではないようです。

| | コメント (0)

De-rotation images Test 木星の自転補正テスト 2012/01/09

 WinJUPOS 9.1.18 の自転補正はマップ作りと同じシステムを使ってコンポジットをしていると推測していました。
 WinJUPOSによる経度線・緯度線を描いた2枚の木星像を作り、それをWinJUPOS 9.1.18 の自転補正を使ってコンポジットしてみました。
 2枚の画像は40分の時間差を設定しています。
Derotation40min

 経度線が重なって描かれていることから、推測どおり、40分差の中央値でコンポジットされ、中央時刻値に合わせて木星面にマップを描きなおしていることが分かります。
 自転補正でコンポジットしたものから、模様の位置測定をしても問題が無いことが分かります。
 周辺減光については擬似的?に計算上で与えているようです。

 ただし、WinJUPOSで木星を計測(Measurements of Jupiter images)するときの木星全体を包むフレームの大きさが違うと、模様のコンポジット位置がずれるようです。
 直径で4ピクセルほど大きなフレームで測定したものを自転補正コンポジットすると、結果は微妙にずれていることが分かります。
2012010909200a

 ただ、いろいろな処理を増やせばそれだけの誤差が増えては来ると思います。 

| | コメント (0)

木星 2011年のベストショット 2012/01/09

 最近更新のないホームページでしたが、木星のベストショット2011を更新しました。
 このブログでは以前出でているものばかりなので、新鮮さはありませんが、一つのまとめです。
Kmj2011100714h44mutresize

 2010年よりも良く写っていると自分で思います。

| | コメント (0)

木星 2012/01/07-08

 いよいよ今シーズン最後の木星でしょうか。
 日没前から準備をして、薄明中の撮影でしたがベランダ限界までやって来ました。
 シーイングは最悪ではありませんが、細かいところは良く見えません。
Kmj2012010708h36mut

 大赤斑がないのが残念ですが、多分、今シーズン最後のベランダからの姿です。

 夕方から気温6℃と寒いですね。

| | コメント (0)

室生で初観測? 2012/01/03-04

 奈良県室生にある共同観測所で、しぶんぎ流星群観測とともに新年の集まりがありました。
 今回、私の一つの作業は、ドーム内のLEDライトが白色光なんですが、赤いビニールテープで応急の赤色化をしていました。しかし、ちょっと格好が悪いので、赤いカバーを作ってみました。
 別に加工をした訳ではありません。100均で見つけたピンクのペンシルケースと、赤い透明の下敷きでフィルターを作り、LED光源を赤色化するものです。
 ペンシルケースです。中に赤下敷きフィルターが入っています。
Dsc_7210p72

 これをLEDライトにかぶせると赤色化完了です。
Dsc_7212p72

 夕方から夜半過ぎまで、お天気が悪く時雨れてもいました。
 ゆっくりと、みんなで新年のご挨拶です。
Dsc_7201p72

 夜半を過ぎると突然晴れ始めました。
 私はC14で木星、火星、土星とご挨拶しましたが、シーイングも悪く、火星の極冠しか見えませんでした。
 仲間のみなさんはしぶんぎ流星に、またや、アスコに同架した髙橋のε16cm fl:530mmで試写されていました。
 SugimotoさんとTakedaさんが撮影されたデーターをもらったのがこのM65、M66、NGC3628で、30秒露光10枚をコンポジットしました。ノーガイド撮影です。
Img_3956bp12

 アスコの架台は旧のままのドライブしか付いていないので、早く?自動導入やオートガイドができるようになれば良いのですが、何せ仲間で手作りしようとしているので時間がかかりそうです。
Dsc_7222p120

 明け方にはまた天候が悪くなり、雪まで降って、うっすらと雪景色となりました。
Dsc_7204p72

 でも、太陽が雲間から出るとあっという間に溶けてしまいました。
Dsc_7237p72

 さあ、今年は何回くらい室生に来られるでしょうか?・・・      

| | コメント (2)

あけおめ 2012/01/01

 明けましておめでとうございます。
 大晦日に木星を撮影した勢いで、火星、土星ともくろんだのですが曇られてしまいました。
 夜明けのC11望遠鏡です。木星撮影後のまま放置です。
Dsc_7156p120

 今年一年のC11はどのくらい力を発揮してくれるでしょうか。
 年末に、収納カバーを新しくしました。バイク用のものですが、前回のものより生地が薄いので、どのくらい持つか心配です。でも、新しいので銀色のぴかぴかです。
Dsc_7158p72

 昼から年賀状の整理をした後、近くの金岡神社へ初詣です。
 行って見ると例年になく人がいっぱいです。
Dsc_7162p72

 並んだおかげで、お願いをするまで時間がたっぷりとありました。
 龍にお願いするか・・・・・・
Dsc_7172p72

 今年はビッグな天文現象がいっぱいあります。
 金環日食に、金星の太陽面通過、ケアンズ皆既日食・・・いっぱいお願い事をしましたが、かなうでしょうか?
 ちょっと自己中心的過ぎるかな・・・

 おみくじも引いてみました。
 吉でした。
Dsc_7174p72

 ○旅行 慎みあればよし・・・二つぐらいに減らせば良いのかな(笑)

 謹んでぼちぼちまいります。
 今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (8)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »