« 肥後橋界隈 2011/12/16 | トップページ | WinJUPOS 9.1.18 の自転補正 2011/12/18 »

木星 2011/12/17-18

 冬型の気圧配置が少しだけ緩んできたのですが、日中はあいかわらず寒く、低く寒い雲が空の多くを覆っていました。
 夕方から晴れわたり、木星が頭上近く輝いていました。
 シーイングは良くありませんが、ほんの少しの瞬間瞬間に大赤斑周りが浮かび上がって見えましたので、最悪ではありません。画像処理をするとそこそこの模様が出てきました。
Kmj2011121709h10m09h47mut

 NEBがホントに細くなりました。
バージと呼ばれる濃い赤みが、NEBの赤みを吸い取っているのではないかと思うぐらいに濃い赤色になっていますね。
 NEBはこのまま経過すると消えてしまうのでしょうか?

|

« 肥後橋界隈 2011/12/16 | トップページ | WinJUPOS 9.1.18 の自転補正 2011/12/18 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

今日の木星は、関東でもそこそこ良いシーイングでした。残念だったのは、今夜は小学校での観望会にバッティングしていたことです。
C11での撮影ができませんでした。CN212で、観望会が始まる直前に少し撮影できただけでした。
NEB,本当に細いですね。もし、消えてしまうことがあったらそれは大事件ですね。興味津々です。

投稿: mn3192 | 2011年12月17日 (土) 23時35分

mn3192さん ありがとうございます。
 観望会ごくろうさまです。観望会もだいじですから子どもたちに感動をお伝えください。
 将来の仲間になるかも知れませんので(笑)
 私の眼では今木星で一番濃い模様はNEBのバージで、大赤斑よりはっきりしています。
 ただ、ベランダの限界が近づいているので、今年いっぱいぐらいまでしか追いかけられないのが残念です。

投稿: RB星 | 2011年12月18日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肥後橋界隈 2011/12/16 | トップページ | WinJUPOS 9.1.18 の自転補正 2011/12/18 »