« 木星会議2011イン三鷹国立天文台 2011/11/12-13 | トップページ | 木星 2011/11/16-17 »

木星 2011/11/15-16

 昼間は北から低い雲が流れて晴れたり曇ったり、西風も時折強く吹いていました。
 南中時刻がどんどん早くなってきたので、撮影準備も早くしないといけなくなってきました。
 19時ごろにはベランダから見え始めたのですが、シーイングは最悪、木星の直径が時々2倍まで膨らんだりしていました。
 中層に北からの風が吹き込んでいるようです。日本海に低い雲があって近畿に流れ込むような状況の時は、常にシーイングが良くありません。この状況は冬型とは限りませんが、今回は、冬型の気圧配置も入っているようですね。
 20時ごろまでは撮影を諦めようと思ったのですが、21時に近づくと何とか、少しだけでも気流が良くなり、撮影することができました。
Kmj2011111511h56mut

 大赤斑の上には衛星エウロパ本体が輝いています。
NEBに見られる濃い煉瓦色のバージと呼ばれる模様は、ホントに濃いですね。
 今、木星面で一番はっきりとした模様で、大赤斑なんかより遙かに見やすく、シーイングが悪いとこれしか見えない状態です。

|

« 木星会議2011イン三鷹国立天文台 2011/11/12-13 | トップページ | 木星 2011/11/16-17 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星会議2011イン三鷹国立天文台 2011/11/12-13 | トップページ | 木星 2011/11/16-17 »