« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

おさ公園の紅葉 2011/11/30

 11月も今日で最後、思っていたより天気が良く青空が見えていました。
 ソフィア・堺の隣にある公園の桜の木の葉っぱが、ちょうど赤く染まり秋の終わりを告げていました。
Dsc_6745p80

 朝晩は寒いくらいですが、日中は南の暖かく湿った空気がやって来て、昼は気持ちの良い公園日和です(笑)
Dsc_6754p80

 気持ちの良い昼間にメモ写真です。
Dsc_6761p80

 最後にいつもの一人記念写真です。
Dsc_6769p120

 影だけですが、実態を表しているのかも・・・

 明日から師走、早いですね、ほんとに早いですね。   

| | コメント (0)

土星 2011/11/25-26

 実は火星を撮影するつもりで起きたのですが、眼が覚めた5時半に火星はベランダ時間を過ぎて南中していたのでした(笑)
 諦めて南東の空を見ると、見慣れない2個の星が並んでいた。土星とスピカだと気がつくのに少し時間がかかりました。
 で、土星を撮影することにしました。
Kms2011112521h10mut

 今シーズン最初の撮影です。

 シーイングも低空の割にはまずまずで、開いてきた環にはカッシーニの隙間が良く見ていました。
 淡くて分かりにくいのですが、昨シーズンの白斑嵐の影響はまだ残っているみたいです。
 もう少しシーイングが良くなると、ちゃんと解像できるのではと思います。

| | コメント (2)

木星、大赤斑中心のアニメと衛星イオ 2011/11/25-26

 大赤斑を中心にしたGIFアニメを作ってみました。ココログの1MB制限があるので別ページになりました。
Kmj201111254siob2

 大赤斑で位置合わせをしています。
 これだと衛星イオと影の動きが良く分かります。

 衛星イオは動きが速くて面白いのですが、合成による木星画像を得ようとするものにとってはなかなか厄介な存在です。
 自転速度が早い木星は、ある程度の短時間のあいだに撮影しないと模様がずれてしまいますが、衛星イオはもっと早いので、画像合成が直ぐにずれてしまいます。
 私の行っているLRGB方でも大変ですが、3色分解(RGB)フィルターで撮影されている方は、より短時間でしないと明らかな色ズレを起こしてしまいます。
 特に高解像になればなるほど限界時間が短くなってきます。

| | コメント (2)

木星 2011/11/25-26

 ここのところ忙しかった?のと、我が家のプチリフォームでベランダが荷物置き場になり望遠鏡に近づくことができませんでした。
 真冬並みの寒さと風だったのですが、今夜は気温は低めですが、風は収まりかけていました。
 シーイングも良くはないのですが、最悪では無く、伸び縮みする木星の合間にも時折詳細が垣間見える状態で、画像処理をすると思っている以上の詳細が出てきました。
 大赤斑の中にいっぱいの模様が見えますね。
Kmj2011112509h46m11h11mut

 衛星イオ本体と影が通過中です。

 大赤斑が中央に近い4画像で、自転GIFアニメを作ってみました。
Kmj201111254sh

 やはり大赤斑が中央にあると、見映えがしますね。 

| | コメント (0)

Jupiter2RB 2011/11/23

 木星の衝を過ぎて一月近くになるのですが、ブログの検索に大赤斑の位置や衛星の位置が良く出ています。
 VB6で作っているソフトのJupiter2RBを少し手を加えてみました。

 アニメーション速度を低速と高速の選択ができるようにしました。
 衛星の大きさを視認性が良いようにサイズを大きくしました。
 (下の画像は6倍モードで表示しています)
Jupiter2rbwinjupos

 11月15日の木星で確かめてみました。
 大赤斑の位置をWinJUPOSで測定(Ⅱ=171°)すると、3度ほど経度Ⅱで違うようです。
 今シーズンの大赤斑の後退が一時ストップしていたため、単純に増加計算をしているこのソフトでは数値が大きくなってしまったようです。
 まあ、堅いことを言わなければ誤差の範囲内でしょう(笑)

| | コメント (0)

大仙公園の秋 2011/11/20

 堺市には私がよく行く大泉緑地(おおいずみりょくち)と間違われる大仙公園(だいせんこうえん)があります。何を間違えるかというと「大泉」を「だいせん」と読み間違う人が多いからです。
 大仙公園は最大の前方後円墳「仁徳陵古墳」が目の前にあり、博物館とか図書館、日本庭園などがあります。
 今日はとあることでこちらにやって来たので、秋風の吹く中少しだけ紅葉が進んだ公園でスナップ写真です。
Dsc_6419p72

 まだまだ紅葉は僅かですが、そろそろ寒くなる予報が出ていますので、一気に進むかも知れません。
Dsc_6421p72

 昼間の公園での休憩でした。 

| | コメント (2)

木星 2011/11/16-17

 今日は一日中穏やかな天気でした。
 夕方から撮影準備ができていたのですが、木星がベランダから見え始めた19時ごろの木星は昨夜とは違って大ボケは少なく、大赤斑が何とか見えていました。
 21時ごろにはそれまで無風状態だったのに、地上に東風が吹き始めるともっとシーイングが良くなりました。
 ただ、ベランダからの撮影限界の最後だったのが残念でした。
Kmj2011111609h38m12h02mut

 細かく振動はしているものの大ボケは無く、モニター上でも永続白斑BAが良く見えていました。
 冬型が少し緩んだせいかもしれません。

| | コメント (2)

木星 2011/11/15-16

 昼間は北から低い雲が流れて晴れたり曇ったり、西風も時折強く吹いていました。
 南中時刻がどんどん早くなってきたので、撮影準備も早くしないといけなくなってきました。
 19時ごろにはベランダから見え始めたのですが、シーイングは最悪、木星の直径が時々2倍まで膨らんだりしていました。
 中層に北からの風が吹き込んでいるようです。日本海に低い雲があって近畿に流れ込むような状況の時は、常にシーイングが良くありません。この状況は冬型とは限りませんが、今回は、冬型の気圧配置も入っているようですね。
 20時ごろまでは撮影を諦めようと思ったのですが、21時に近づくと何とか、少しだけでも気流が良くなり、撮影することができました。
Kmj2011111511h56mut

 大赤斑の上には衛星エウロパ本体が輝いています。
NEBに見られる濃い煉瓦色のバージと呼ばれる模様は、ホントに濃いですね。
 今、木星面で一番はっきりとした模様で、大赤斑なんかより遙かに見やすく、シーイングが悪いとこれしか見えない状態です。

| | コメント (0)

木星会議2011イン三鷹国立天文台 2011/11/12-13

 第35回木星会議が東京三鷹国立天文台で開催され、参加してきました。
 土曜日の朝早く新幹線に乗ったのですが、ほとんど満席で、3人掛けの真ん中の席になったので身動きできず、静岡あたりで頂上が白く輝く富士山が美しく見えてのですが、撮影できませんでした。
 三鷹の国立天文台に入るのは私は初めてです。
 このでかい車は神奈川の I さんで入り口でばったりとお会いしました。
Dsc_5885p72

 今回は学生さんが多く、何と55名ほども参加する大きな会議となりました。
Dsc_5894p72 

 特別講演として国立天文台の渡部潤一教授の木星面の閃光について継続的に観測をしようではないかとのお話しがありました。
Dsc_5992p72

 閃光セッションの後、50cm望遠鏡ドーム前で記念写真です。
Dsc_6036p72

 休憩後、堀川さんの木星近況、この1年での木星面の変化が報告されました。
Dsc_6043p72

 夜は調布駅前で懇親会です。
 私は飲んでるだけなんですが、周りでは熱心な木星談義や撮影方法の談義などが飛び交っていました。沖縄の素晴らしいシーイングの元での生画像も・・・
Dsc_6059p72

 翌13日は午前中に研究発表がありました。
 トップは、米山さんの「DMK21AU618の冷却」です。
Dsc_6101p72

 2番目は山崎さんの「2010~2011のメタンバンドにおける木星面の変化について」です。
Dsc_6116p72

 3番目は、電気通信大の亀井さんによる「電気通信大における木星火球の観測」です。
Dsc_6122p72

 4番目は私の「高解像惑星写真をめざして Ⅱ」として、普段ブログでお話ししていることを発表させてもらいました。
 その中で概念として思っているシーイングとシャッター速度が与える解像度と効率グラフ?を入れました。いつも言っている1/30秒ぐらいのシャッター速度が効率が良いですよ、と言うお話しです。あくまで概念で、科学的根拠があるわけではありません。
P72

 そして、今年の10月7日に撮影して処理をしたLRGB法によるデモ動画を見ていただきました。YouTubeの画像はずいぶんと圧縮されてぼけていますが、会議ではオリジナルのAVIファイルが入ったDVDを参加者のみなさんにお渡ししました。

 5番目は堀川さんの「大赤斑周辺の帯状流に関する考察」です。
Dsc_6132p72

 研究発表の後は再度閃光セッションの続きが討議され、具体的に木星面の閃光観測のスケジュールなどが決められました。

 最後に、次回の木星会議は2013年2月に北海道旭川で開催されることが決まりました。

 会議終了後は天文台内の見学をし、でっかく長い65cm屈折と記念写真を撮りました。
Dsc_6199p120

 その後、武蔵境まで I さんに送ってもらい三鷹を後にしました。

 16時10分発の新幹線で東京駅を出るともう日没です。
Dsc_6253p72

 せっかく富士山の見える窓側に座ったのですが、富士山が良く見えるころにはすっかり暗くなっていました(残念)。

 出発前にDVDを焼いたり、プリントを作ったりしたので、思いの外ハードなスケジュールでしたが、いろいろな人にお会いできてとても楽しかった2日間でした。

 お世話いただいたスタッフのみなさん、ありがとうございました。 

| | コメント (4)

木星 2011/11/08-09

 天気予報は晴れマークなんですが、雲が多くて雲を通して見えている時間が長い木星でした。
 雲の合間で辛うじてまともに撮影できた1ショットからの画像です。
 それでも輝度変化があるのかRegistax6では繋ぎ目破綻が起こりましたので、Registax5.1でスタック処理後、Registax6のウエーブレット処理をしています。
Kmj2011110812h13mut

 左上の衛星はエウロパです。

 大赤斑が中央に来ているのに残念ですが、撮影できただけでも良しとしましょう。

| | コメント (0)

木星 2011/11/04-05

 月の撮影時から雲が多くなっていたのですが、20時を過ぎてもまだ晴れていました。
 木星も1週間ぶりの撮影です。
 大きな揺れは無くまずまずの気流なんですが、高層では北西からの気流が絶え間なく流れもう少しのところが見えません。
 撮影したAVI画像を見ていると、撮影時の見た目以上に木星は伸び縮みしていました。
Kmj2011110411h40m12h43mut

 永続白斑BAがこちらを向いていますが、赤みは少なくはっきりとしていません。

  これぐらいで晴れて欲しいのですが、今日、11月5日(土)は雨になってしまいました。

| | コメント (0)

月面撮影 2011/11/04-05

 天気予報では夜からは曇りなんですが、月が綺麗に見えていたので、久しぶりの月面撮影となりました。
 月の高度がやや低いので、今回は赤フィルターを使って見ました。
 ただ、3色分解用の赤フィルターしか見つからなかったので、光量的にちょっと損した感じでしょうか。

 アルキメデスあたりを6枚でモザイクしてみました。
Kmmoon201111046set

 シーイングがも一つなんですが、何とか画像になっています。

 直線の壁です。全体に甘いですね。(モザイクではありません)
Kmmoon20111104stratewall

 同じ撮影システムで、昇ってきた木星を撮影してみました。
Kmj201111042xf20r

 C11&DMK21AF04(ICX618ALA) 2x 3枚玉ショートバロー、Rフィルター
 1/30sec 30fps 2200フレーム、RegiStax6による処理

 次の機会には赤外を通す赤フィルターで撮影してみることにします。   

| | コメント (0)

豊川ジオスペース館で観望日記 2011/11/03

 文化の日、愛知県の豊川ジオスペース館に呼んでもらい、プラネタリウムでお話をしてきました。
Dsc_5859p72

 私の持っているネタはふつうの星空と惑星撮影ネタしかありませんので、このシーズン木星一色のお話ししかできません。
 残念ながら空席が目立っていましたが、それでも私の話を聞きに来ていただいたみなさんありがとうございました。
Dsc_5861p72

 残念ながら投影中の写真はありません。
 プラネタリウムを使った秋の星空の話と、パワーポイントを使っての木星観測や撮影方法などのお話をしました。

 後半は国立天文台のMITAKAを使って宇宙に飛び出そうとしたのですが、画面が出てきません。
 始まる前にセッティングはちゃんとしていたのですが・・・全くの真っ暗です。
 パニックになった後、スタッフのおかげで遅れながらも宇宙に飛び出し、宇宙の果てまで旅行することができました。
Jio

 終了後はミニ観望会が開かれ、薄雲がありながらもデジカメや携帯で月などを撮影することができました。

 パソコンはなかなか難しいですね。また勉強することにします。   

| | コメント (0)

伊豆・箱根ツアー 2011/10/30-11/01

 プライベートの旅ですが2泊3日で旅してきました。
1日目、10月30日(日)は朝早くから新幹線(新大阪)に乗りましたが、静岡まで乗るのかと思えば残念ながら岐阜羽島で観光バスに乗り換えです。ホントのツアーはここからのようです。
Dsc_5071p72

 今にも雨が降りそうな空を見ながら、名神・東名をひた走り、富士川楽座までやって来ました。 ここまで来るとぽつりぽつりと雨が落ちてきました。
 淡い富士山が迎えてくれていました。
Dsc_5082p72

 富士川楽座って、どこかで聞いたことがあると思っていたら、そう、プラネタリウムあるのでした。大平技研のプラネタリウムがありました。
 これは大平さんのサインとメガスターの変遷でしょうか。
Dsc_5089p72

 東名を降りて、伊豆半島に向かい最初は修善寺です。お寺は修禅寺と書くそうです。
 雨が本格的に降ってきましたが、お寺を見て周りを散策していると竹林の公園?がありました。温泉・足湯などもあるのですが、時間が無いのでほぼ素通りです。
Dsc_5136p72

  修善寺を後にして、次は演歌「天城越え」で有名な浄蓮の滝にやって来ました。
 空が暗いので鬱蒼としていますが、雨が降っているせいか水量は豊富です。
Dsc_5176p72

 その横には天城越えの記念碑も、苔むして景色の中に溶け込んでしまっていました。
Dsc_5168p72

 もうずいぶんと暗くなってきました。今日の宿は下田のホテルです。
 海の側にあり、部屋の窓から日の出が正面に見えるのが売りのようですが、雨です。
 しかし、夜は雲間があって木星が見えていましたが、朝はまた曇り空になっていました。
Dsc_5272p72

 天気予報では10月31日(月)は晴れることになっていたのですがだめでした。

 朝一番は個人経営の熱帯植物園見学です。いろいろ解説付きで案内してもらったのですが、花に疎い私は、写真だけ撮らしてもらいました。でも名前を覚えていませんです。
Dsc_5328p72

 名前を知らなくても、やっぱり明るい色は良いですね。
Dsc_5335p72

 下田と言えば黒船来港ですね。ペリーが最初に降り立った下田港です。
Dsc_5387p72

 忙しいのです。下田港を後にして北上を続けます。お昼過ぎには箱根の芦ノ湖へ到着。これまた忙しく遊覧船に乗ります。昼からお天気は良くなったのですが、富士山は見えません。
Dsc_5488p72

 芦ノ湖を20分ほど楽しんだ後は黒い温泉卵で有名な大涌谷へとやって来ました。
 平日というのに人がいっぱいです。修学旅行生もいっぱいです。
 結局、黒い卵は食べませんでしたが、周りには黒い殻が散乱していました。
Dsc_5530p72

 2日目の夜は箱根のホテルです。ここは静かです。
 ハロウィンの折り紙が出迎えてくれていました。
Dsc_5596p72

 夜には三日月や木星も良く見えていました。
 綺麗に刈り取られた芝生、朝靄の中、気持ちよく起きましたが、しばらくするとキン・キンと音が鳴ります。見ると、綺麗な芝生の上でゴルフの練習が始まっていました。なんだかな・・・
Dsc_5585p72

 3日目は箱根を後にして、今度はいざ鎌倉です。
 箱根から一気に下り、江ノ島までまいります。
 江ノ島神社も見学しましたが、散策する時間は無く駆け足です。
 綺麗な青空の下、江ノ島から富士山が見えていました。
Dsc_5678p72

 江ノ島からは江ノ電に乗って鎌倉まで。江ノ電はツアーでも人気があるのだそうです。
Dsc_5693p72

 そして最後の締めは鎌倉の大仏さんです。
 中学校の修学旅行で昔々来ましたね。50年近く昔ですね・・・
Dsc_5804p72

 他にも回ったのですが、もうイイですね。

 この3日間、この時計に振り回されました(笑)
Dsc_5828p72

 鎌倉で終わりです。
 東名をひた走り、17時過ぎに豊川を過ぎるころ、夕焼けの中に金星を見ることができました。
 また岐阜羽島で新幹線に乗り換え、我が家にたどり着いたのは22時近くでした。

 まあ、中身が濃いというか慌ただしいツアーでしたが、私よりも人生の先輩たちが沢山おられましたから、私も少しがんばることにします。            

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »