« 木星 2011/10/06-07 | トップページ | 木星 2011/10/07-08 »

木星でモザイク撮影 2011/10/07

 できるだけ大きく撮影しましょうと言っても、なかなか理解してもらえないことが多いのですが、究極の惑星拡大撮影になるモザイク撮影のテストをしています。
 月面や太陽面では光量的に余裕があるのですが、惑星では光量が足りず、画面いっぱいに写すことがほとんど限界でした。
 ICX616ALAに改造したDMK21AF04とC11の口径28cmは少し木星に対して余裕(僅かですが)があり、それをもっと大きくする拡大撮影に向けてみました。

 普段撮影しているよりも18%ほど大きくしてみました。
 口径とCCDピクセルサイズによる解像限界(レイリーリミット)は、すでにいつもの拡大撮影サイズで満たしているのですが、より可能性をもとめてのモザイク撮影です。
 木星はVGA(640x480)画面から南北方向がはみ出してしまいます。南北の2画像を作りモザイク合成してみました。
 はみ出すと言っても僅かです。
 Registax6のマルチポイントでスタックです。
Reg61mosaics8a

 スタックするときに拡張 Maximized で広くスタックしておきます。
 ウエーブレットのパラメーターはサイズがでかくなった分、数値は普段と違います。
Reg61mosaics8

 後は、南北をフォトショップで繋ぎ、残りの処理はいつもと同じです。
Kmj2011100614h33mutmosaictest

 シーイングが悪く、効果のほどは分かりにくいのですが、標準で撮影しているよりも少し良くなった気がします。
 これ程の作業をしての価値があるかどうかは、もう少しシーイングの良いときに判断したいと思います。

 また、2画像の時間差による模様の自転移動は、リムに大きな段差となるため、どこまで妥協するのかも、もう少し考えてみたいと思います。   

|

« 木星 2011/10/06-07 | トップページ | 木星 2011/10/07-08 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

常に先進的な取り組みをされる姿勢に感銘を受けます。
最近シーイングが悪く、満足な画像が得られませんね。
昨夜もシーイングが悪い中撮影しましたが、GRSの東方のSEB内に顕著な白斑を認めました。ヨネヤンさんのメタンバンド画像にも写っているようですので、かなり高い雲のようです。

投稿: mn2192 | 2011年10月 8日 (土) 15時18分

mn3192さん ありがとうございます。
 夏のシーイングが終わって、なかなか良いシーイングになりませんね。
 強拡大撮影は少しでもディティールを写したい欲望だけで動いています(笑)
 10月7日夜は、少しシーイングが良くなりました。
 SEBの明るい斑点は、画像処理では褐色か黄色っぽく見えています。
 これから大きく変化するのでしょうか。
 衝が近づいているので、もっと良いシーイングになることを期待したいと思います。

投稿: RB星 | 2011年10月 8日 (土) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2011/10/06-07 | トップページ | 木星 2011/10/07-08 »