« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

木星 2011/09/27-28

 天気予報は晴れマークの連続でしたが、前線上にやや発達した雲ができ、ひまわりの映像では、まもなく晴れそうだったのですが、ベランダからの撮影可能時間には薄曇りのままでした。
 薄雲を通して撮影しましたが、輝度の変化も激しくRegistax6で全くだめで、Registax5の輝度重心でスタックし、ウエーブレットはRegistax6で行いました。ちょっとぼやけているので、ステライメージ6の最大エントロピーも施しています。
Kmj2011092715h02m15h45mut

 なかなかスカットは晴れませんね。

 ゲインも上げたのでずいぶんと荒れています。

| | コメント (0)

木星 2011/09/24-25

 晴天が続きましたが、シーイングは良くありません。
 少し涼しいので北からの気流かと思っていたのですが、木星を見ると何と、南からの気流がどやどやと中層に流れているではありませんか。
 撮影始めは木星も大きく歪み、今日はだめかなと思いましたが、ベランダからの限界に近づいた午前1時前ごろはそこそこシーイングが良くなりました。
Kmj2011092414h55m15h52mut

 細かい模様はSEBにいっぱいあるのですが、捉えきれません。

 でも、衝を後一月ほどに控えて、視直径も大きくなりディティールの一部を想像できるようにはなってきたようです。

 シーイングがまずまずの3画像を使っての自転GIFアニメです。
Kmj201109243sd

 もっともっと良いシーイングが欲しいですね。

| | コメント (2)

室生観測所にC14が入る 2011/09/23

 奈良県にある星仲間の共同観測所に、新しい望遠鏡セレストロンC14(35cmシュミットカセグレン)が導入されました。
 綺麗な青空の下、アスコ架台(30cm用)に同架するための工作が始まりました。
Dsc_4003p120

 何せ現場合わせで穴を開けていくので作業の中心は機械工作になれているメンバーが主体です。周りから応援しています。
Dsc_3985p72

 C14はアメリカに赴任していた仲間の帰国に合わせて、アメリカの値段で購入することができました。
 C14は鏡筒後部セルなど大きくデザインが変更されており、エッジHDタイプとよく似ています。
 アリ型アリ溝は K-ASTECを購入し、アスコ架台への取り付けバランス位置を考えています。
Dsc_4010p120

 仮にプレート上でバランスを取って決めていきます。
 後ろにあるのはアスコ架台から外された45cm鏡筒です。
Dsc_4026p72

 ポータブルの電動ドリルで穴を開けますが、まともなボール盤に比べると不安定です。
Dsc_4033p72

 M8mmのタップ(ねじ切り)はアルミ材でも食いつきなどがあって思ったより慎重さが必要です。
Dsc_4036p72

 穴開け加工、ねじ切りが終わるといよいよドーム内のアスコ架台にセットします。
Dsc_4044p72

 鏡筒の接眼部にはムーンライトの電動フォーカサーと筒内気流防止のためのスコープクーラーもどき(自作)が取り付けられています。
 C14の後部セルにはエッジHDタイプと同じ空気循環窓があります。スコープクーラーもどきを稼動させると、循環窓から空気が出てきます。
Dsc_4080p72

 CP(補正板)です、マルチコーティングでなかなか綺麗です。光軸修正ネジは+ネジになっていました。回転キャップがあって、写真から光軸修正ネジは見えません。
Dsc_4088p72

 いよいよ、調整のためにドームを回そうとしたら、動きません。どーも太陽電池で充電するバッテリーの出力がでなくなったようです。DC出力器から直接繋いで乗り越えることができました。
Dsc_4096p72

 まだ明るいのですが、天頂近くにあるベガを導入しようとがんばりますが、ファインダーの向きも何も調節できていないので、なかなかベガを導入できません。
Dsc_4101p120

 今夜は快晴、室生の空に久しぶりの星空を迎えます。
Dsc_4113p72

 夜に入り、乾杯もせずいろいろな星を堪能させて頂きました。
 ギャラッド彗星も少し青緑っぽく見え、淡いながらも尾を確認することができました。

 一通り見終わった後で、乾杯をして木星の高度が上がるのを待ちました。
 いちおういつものベランダで使っている撮影装置は持って行ってのですが、拡大率がうまく合わずに四苦八苦、そのうちにCCD面にはいっぱいホコリが着くしで、散々でしたが、辛うじて撮影できたC14によるカラー画像です。残念ながらC14の威力分には届きませんでした。
Kmj2011092401h21mjstdfk

 光軸はちょっと外れていたので、修正しましたが、モノクロカメラでは像が流れて上手く撮影できませんでした。
  シーイングも悪かったのですが、アスコの架台も極軸が観望程度にしかあっておらず、赤緯にも頻繁に動くので、修正しようとコントローラーを触ると、低速のガイドモードで動かず、大きく動くため木星は写野をはみ出すのでした。翌朝に修理しました。

 C14の能力を引き出すのは、今後の課題です。

 さあ、これからもっと使うことになるのでしょうか・・・

| | コメント (0)

木星 2011/09/22-23

 台風の通過後全然晴れなくて、やっと夕方ぐらいから晴れ間が多くなってきたのですが、ベランダから撮影できる時間帯はまだまだ雲が多く、1セット分しか撮影できませんでした。
Kmj2011092214h43mut

 弱い冬型の気流になりシーイングも良くありません。

 まあ、それでも1週間ぶりの撮影ですから良しとしましょう。

| | コメント (0)

22階 2011/09/21

 とあることで、とあるビルの22階へ上りました。
 台風15号が来ているというのに・・・
Dsc_3937p72

 ここに窓ガラスなどはありません。
 ほぼ屋上です(笑)
 雨風はありますが、景色も何とか見えています。
Dsc_3948p72

 まあ屋根もあるのですが穴が開いています。
Dsc_3978120

 せっかくなので一人記念写真を・・・完全にびびっています・・・顔が・・・
Dsc_3982p72

 台風ですよ・・・台風・・・

| | コメント (0)

星もと2011に、最後滑り込み 2011/09/19

 9月19日朝、堺では青空が見え快晴状態でした。
 昨夜は雲を通して木星が辛うじて見えるだけで、とても撮影できるような空ではありませんでした。
 台風15号の遅い動きと秋雨前線の動きで、晴れ間はあっても撮影できる状態ではありませんでした。

 今年の星をもとめては9月18日、19日と開催されていたのですが、都合で終わりがけに滑り込みました。
 到着したころにはほとんどの店も望遠鏡も片付けが終わっており、唯一、国際光器さんが残っていました。
Dsc_3915p72

 宇治天体精機さんにお借りしていたロンキーテスターをお返しして、雑談をしていると突然大雨となりました。
Dsc_3917p72

 天気予報では大雨注意がでていたのですが、一気に大雨で、閉会式の準備が始まっていたのに大変です。
Dsc_3921p72

 雲間から太陽望遠鏡で覗いていた人たちも身動きができません。
Dsc_3922p72

 マーカーテントから動けないほど豪雨です。
Dsc_3923p72

 星もとの話題で雨ばかり写してると怒られそうです・・・・ね。

 建物の中に入ってビンゴゲームによる、お土産が当たる・・・
 参加しましたが、やっぱり当たりません・・・(笑)
Dsc_3929p72

 最後に大会委員長のお開きの言葉で解散となりました。
Dsc_3934p72

 前日から参加してないものですいません。

 堺から車で、1時間半ほどでるり渓まで行けるのですが、何となく遠いですね。
 帰りは大阪まで戻ると綺麗な青空が広がっていました。

| | コメント (0)

木星 2011/09/15-16

 台風が二つもやって来ている、規模はたいしたことないと思われますが、不安定な天候です。
 上空には南風が強くながれてシーイングはガタガタです。
 むりやり模様を引き出しました、普通なら没ですが、努力を報告しました(笑)
Kmj2011091515h30mut

 しばらくは天気が悪そうですね。

| | コメント (4)

立ち待ち月のペタビウス 2011/09/14-15

 昨夜に引き続き、明るい月で撮影。
 1日経つと影も着いてクレーターらしくなり、小さな凸凹も良く見えます。
 シーイングは昨夜より、ちょっと良くなり時折ディティールは見えますが、ぼけている時間も結構長いです。
 3画像のモザイクです。C11、カサイ3エレメント2倍ショートバロー、DMK21AF04(改造ICX618ALA)、露出1/64秒、30FPS、ゲイン300。

 見かけのシーイングよりも、画像処理でディティールがよく出てきました。
Dmk618petavius20110914

 これ以上のディティールはシーイングでしょうかね・・・

 月の撮影が終わって、木星をと思ったら曇ってしまいました。

 明け方起きると快晴の青空でした(笑)

| | コメント (2)

大泉緑地散歩 2011/09/14

 パソコン前で画像処理ばかりしていると当然のことながら、超運動不足になっている。
 ちょっと運動にはほど遠いですが、歩いて10分あまりのところにある、いつもの大泉緑地へ散歩に出かけました。
 もう夕方ですから散歩している人も少なめでした。

 鳥もカラス以外はほとんど居なくて、いつものところにアオサギがじーっとしていました。
 池には藻?がいっぱいで水面が見えません。
Dsc_3426p72

 9月に入ってるとは言え、この残暑の中なかなか厳しく、花も少なめでしたが、彼岸花が咲き始めていました。
Dsc_3434p72

 夕暮れ時で明るさはありませんが、日没間近の太陽だけが空を金色に染めていました。
Dsc_3482p72

 帰り間際にまたまたアオサギが目の前にやって来たので、写、今日はアオサギにご縁があるようでした。
Dsc_3500p72

 緑地公園を出ようとすると、出口の向こうに太陽が沈んでいくところでした。
Dsc_3506p72

 いやー夕暮れですね・・・(笑)

 今夜の肴は、先日、娘が高知へと旅行に行って来たので、そのお土産の鰹のたたきと土佐宇宙酒です。
Dsc_3521p72

 美味しくいただきました。

 うぅーん、ちょっと少なかったかな・・・m(_ _;)m

| | コメント (0)

木星 2011/09/13-14

 今夜はちょうどベランダ時間に大赤斑がこちらを向くので、月面撮影の後、何度も光軸修正をしながら待ちました。
 ただ、シーイングの方はなかなか好転せず、上空には北からの風がどやどやと入り込んでいました。
 それでも木星の高度が上がるにつれて少しずつシーイングが良くなってきたのですが、ちょうど大赤斑が中央に来るころにあっと言うに曇ってしまいました。
 上空には鰯雲に鱗雲、低空には入道雲もどきが現れ、がっくりです。

 今シーズンは大赤斑の中に模様が良く写ります。大赤斑付近を強調処理したものを加えてみました。
Kmj2011091314h54m16h19mut

 シーイングがまずまずな3画像でGIF自転アニメを作ってみました。
Kmj201109133sd

 枚数が少ないのでも一つですが、写りはまずまずです。

 それにしても不安定な晴れで、予測が付きません。

| | コメント (0)

満月過ぎの月面 2011/09/13-14

 中秋の名月を過ぎたところですが、木星撮影の前に南東の空に見えたので久しぶりに月面撮影を行いました。
 残念ながらシーイングはあまり良くありませんでしたが、それでもそこそこ写りました。

 C11、DMK21AF04(改造ICX618ALA)、カサイ3エレメント2倍バロー、露出は1/100秒前後で、スタック数は約2000フレーム、ゲインは 300 。Registax6のマルチポイント100箇所ぐらいでスタック、ウエーブレット処理しました。

 最初は2重クレーター Boussingault 。シャキッとしないのは地形が古いためか、写りが良くないためか・・・
Dmk618boussingault20110913

 ペタビウス Petavius 、3画像のモザイクです。
Dmk618petavius20110913

 シャープに見えていたので撮影、Endymion 。
Dmk618endymion20110913

 影のないプラトー Plato 。
Dmk618plato20110913

 今回は名前の分からないクレーターを知るために Virtual Moon Atlas をインストールして調べました。
http://ap-i.net/avl/en/download
Virtualmoonatlas

 ホントに便利な時代になったものですね。

 もうちょとシャープ感があると良かったのですが、まずまずでした。

| | コメント (0)

スコープクーラーもどき 2011/09/13 

 奈良県にある共同観測所(室生観測所)に、新しくセレストロンC14望遠鏡が入るのですが、シュミカセは筒内気流に気をつけよう!と普段から言っているので、今度のC14にも筒内気流防止ファンを付けようかと話は出たのですが、さすがに新品で自分のものでない鏡筒などに大きな穴を開ける勇気がでませんでした(笑)
 そこで、シュミカセ用の換気装置「スーコープクーラー」が販売されているのですが、購入せずに、これと似たようなものを作ってみました。
 まだ全部でき上がったわけではありませんが、後は直接C14に装着してパイプの長さなどを決めたいと思います。
Dsc_3411cutp80

 塩ビパイプは規格が40なんですが、実際の外径はΦ48mmで、2インチのスリーブにぎりぎりでした。Φ40mmぐらいが良かったのですが、ホームセンターではこれが一番近いサイズでした。
 ソケット(継ぎ手?)とパイプを合わせて¥390でした。

 ファンは以前、大阪日本橋のデジットで購入したもので、値段は忘れてしまいましたが、そんなに高いものではありません。
 12V、Φ40mmの2連ファンで、0.54Aも消費する小さいけれどハイパワーです。
 2連のファンはそれぞれ逆方向に回転しますが、フィンの形状も逆になっており、送り出す風の方向は揃っていて、風のねじれも少ないようです。
Dsc_3412p72

 スイッチでファンを、1台時と2台同時のパワーローとパワーハイの切り替えができるようにしました。パワーハイで動かすとかなり煩いです。

Dsc_3409p72

 パイプと2インチスリーブの隙間がほとんど無いので、空気抜きが上手くできない可能性がありますが、C14は主鏡の固定するネジ穴があるそうなので、そのネジを外しておくとなんとか排気口になりそうです。

 塵の侵入を防ぐフィルターなども用意しないといけません。

| | コメント (0)

木星 2011/09/12-13

 中秋の名月が東の空に綺麗に見えていましたが、見るだけで撮影はしていません。
 久しぶりに?満月に近い名月を見ました。周辺のクレーターも少ししか見えていませんでした。
 シーイングは昨夜よりはずいぶんと良く、高層で弱い北風、中層で南風から西風、地上は東からの微風でした。
 シーイングが良くなって分かりました、9月9日からちょっと写りがおかしいのが、たぶん少しだけずれていた光軸だと。
Kmj2011091215h16m16h45mut

 撮影が終わってから、おうし座のアルデバランで光軸修正をしてみました。
 オレンジ色の綺麗な星でした。
 修正したのは副鏡の修正ネジ1箇所で、ネジの回転角度は約10°で、たぶん次からは大丈夫でしょう、たぶん(笑)

 この時期、撮影前の南東の空に明るい星が無いので、光軸をチェックするタイミングが減っていました。
 光軸修正は木星の衛星でもできなくはないのですが、やっぱり暗いのと、木星が眩しくて見づらいのと、木星が見えているときは撮影したいのと・・・言い訳です(笑)

| | コメント (0)

木星 2011/09/11-12

 日中は残暑ながらも青空が広がり、シーイングに期待をかけていたのですが、夕方から夜半近くまでは低空で雲が湧き、北東から南西へとゆっくりと流れていました。
 午前0時を過ぎるころ木星を見ると全くピントが合いません。上空には南からの熱風が入ってるのでしょうか。
 それでも撮影はしたのですが、後半、撮影装置がベランダにぶつかりそうになるころ何とかそれらしくなりました。
Kmj2011091116h53mut

 久しぶりに厳しいシーイングでした。
 10フレームでGIFアニメにしてみました。
Kmj2011091110sp48

 せっかくですから?がんばって画像にしてみました。
Kmj2011091115h49mut

 これが限界ですね。

 東の空にあるオリオン座の星々は、気持ちが良いくらい激しく瞬いていました。
 ちょうど、プラネタリウム機に組み込まれている瞬き装置のようにわざとらしく・・・(笑)

| | コメント (0)

木星 2011/09/09-10

 台風14号が沖縄方面を北上するとともに南の暖かい大気を引っぱってきたのか残暑に戻りました。
 夜半で27℃ぐらいあり、エアコン室外機も稼働し再開しはじめました。
 シーイングはまずまずなのですが、シャキッーッとしないのは、エアコン室外機のせいでしょうか。
Kmj2011090915h38m16h27mut

 今日は永続白斑BAがモニター上でも良く見えていました。

 ところが撮影後半の画像がなぜか南北に流れてしまっていたのでした。
 まあ、僅かですが原因は不明です。
Kmj2011090916h34mut

 シーイングは後半の方が良かったのですが、残念でした。

| | コメント (0)

木星 2011/09/07-08

 今夜も良く晴れているので快晴が続くと思っていたら、1セット撮影すると鱗雲の大群がやって来ました。結局それだけで終わってしまいました。
 シーイングはあまり良くなく、ピント合わせがまともにできません。モニター画面上では細かい模様は全くと言ってイイほど見えませんでした。
 これだけの画像が出てくるのはホントに画像処理のおかげです。
Kmj2011090715h41mut

 撮影中は永続白斑BAも全く見ることができませんでした。

 また、台風が来ているようでややこしい天候にならないように願います。

| | コメント (0)

木星 2011/09/06-07

 多少低い雲があるものの、ほぼ快晴状態でした。
 気温も若干下がり、撮影時は20℃あたりまで下がっていました。
 シーイングは昨夜より悪く大ボケ状態で始まりましたが、時間とともに少しずつ改善していきました。
 ただ、撮影装置がベランダ手すりにぶつかるので、南中前までしか撮影できません。
 大赤斑が中央を過ぎるところでしたが、その時はシーイングが悪く詳細な姿はとらえることができませんでした。
Kmj2011090615h14m16h26mut

 虫の音も聞こえて気持ちの良い夜ですが、もう少しシーイングが良くなって欲しいものです。

| | コメント (0)

木星 2011/09/05-06

 大きな被害を出した台風12号が通り過ぎました。大阪は紀伊山脈などに守られてか、大きな風も雨もなく(ちょっと道路が冠水したりはありましたが)和歌山や奈良などに比べると、思っている以上に穏やかな台風でした。これ以上の被害でないように、と思います。

 長らく晴れ間がありませんでしたが、やっと晴れ間がやって来ました。
 透明度も良くフォーマルハウトなどもキラキラと輝いて見えています。
 上空は北からの風が押し寄せ、木星はぼけている時間が長く、また揺れていました。
Kmj2011090515h22m16h34mut

 今回も最大エントロピー画像復元処理で何とかディティールを表しています。

 撮影時の気温はぐっと下がって22℃になり、涼しくなってきました。虫の音も大きくなっています。
 秋本番になりそうですが、シーイングはもう少しがんばって欲しいものです。

| | コメント (4)

ムーンライトフォーカサー 2011/09/03

 8月20日、超円高になった記念にポチしてしまいました(笑)
 ただし、これは私が使うものではありません。
 星なかまで作っている奈良県にある共同観測所の室生観測所の主砲である45cmニュートンがドブソン時代からの経年で、再メッキ後も存在感が薄くなり、鏡筒も使いにくいなどで、第一線から降り、口径は小さくなりますが、セレストロンC14が替わって観測所のメイン望遠鏡になることになりました。
 そこで、フォーカサーは電動がいるやろうと言うことになり、以前から興味があったムーライトフォーカサーを私が購入したわけです。
http://www.focuser.com/
Dsc_3102bp72

Your Order:
1 x MoonLite CS Model SCT Focusers ($395.00)
    Flange=3 1/4" Celestron Thread tall FR style
    Drawtube=1.15" travel brass comp ring
    Color=MoonLite Red
    Knob/Motor=DC motor w/ Rigel hand controller ( add $150 )
Shipping: $57.00
Grand Total: $452.00
 これに日本での税関手数料と消費税と合わせて¥1000が加算されます。

 セレストロンのシュミカセ用でDCモーターによるコントローラー付です。
Dsc_3131bp80

 ディープスカイをする人はパルスモータのフォーカスエイドが使える方がイイと思いますが、ちょっと高くつくのでDCモータータイプにしました。手動フォーカスはできません。
 リゲル社のn-FOCUSは外部からのコントロールができるように端子が付いていました。
 DCモーターでどこまでコントロールできるのか分かりませんが・・・

Dsc_3105bp80

Dsc_3113bp95

Dsc_3121bp95

Dsc_3124bp85

Dsc_3116bp90

 C14への取り付け部は口径の大きな 3.25インチネジに取り付けるものを選んでおり、セレストロンのレデューサーも内蔵できるようになっています。
 1.4kgもあり、結構ずっしりときます。
 クレイフォードタイプですが、ベアリングが直接ドローチューブに当たるタイプなので、ちょっと心配ですが、まあ、なんとかなるでしょう。

 本当の使い勝手はC14に付けてからまた報告することにします。

 ムーンライトレッドは何とも言えない良い色ですね!

アメリカからの配送もネットで確認できました。

Bullet Arrival at Post Office, September 03, 2011, 8:37 am, JAPAN
Bullet Customs clearance processing complete, September 02, 2011, 5:05 pm, JAPAN
Bullet Customs Clearance, September 02, 2011, 10:34 am, JAPAN
Bullet Customs Clearance, September 02, 2011, 9:00 am, JAPAN
Bullet Processed Through Sort Facility, September 01, 2011, 9:18 pm, JAPAN
Bullet Processed Through Sort Facility, August 29, 2011, 3:44 pm, ISC NEW YORK NY(USPS)
Bullet Arrived at Sort Facility, August 29, 2011, 3:44 pm, ISC NEW YORK NY(USPS)
Bullet Processed through Sort Facility, August 26, 2011, 10:13 pm, HARRISBURG, PA 17107
Bullet Processed through Sort Facility, August 26, 2011, 6:42 pm, WILLIAMSPORT, PA 17701
Bullet Shipment Accepted, August 26, 2011, 3:32 pm, TURBOTVILLE, PA 17772
Bullet Electronic Shipping Info Received, August 26, 2011

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »