« 土星 2011/04/17-18 | トップページ | 土星 2011/04/20-21 »

Registax6 vs Registax5.1 月の場合 2011/04/19

 Registax6で月の場合を試してみましたが、この月は去年(2010年)11月29日に撮影したものです。
Registax6vsregistax5moon

 少し解像度が上がっていますが、繋ぎ目に破綻しているところがあります。
 繋ぎ目破綻を軽減するには、アラインポイントを指定するときに良好なフレームを使うと良さそうですが、それでも確実なことはできませんでした。
 パラメータなどはほとんど触っていないので、何か設定があるのか分かりません。
 結局、良好なシーイングの時でしか完璧にならないのではないかと思います。

 マルチコア(インテル i7-870 ハイパースレッド8CPU)の仕事はちゃんと働きました。
 多数のアラインポイントを指定しても、30秒から1分以内で処理が終わりました。
 1200フレームから900フレームの抽出。

 土星の場合どうしてマルチコアが働かないのか理由が分かりません。

 7枚の画像でモザイク月面してみました。
Kmmoon201011297setregistax6b

 かなりシーイングの悪い日でしたから、画面の月は大きく伸び縮みしてRegistax泣かせだろうと思いますが、その割には良くできていると思います。 

|

« 土星 2011/04/17-18 | トップページ | 土星 2011/04/20-21 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土星 2011/04/17-18 | トップページ | 土星 2011/04/20-21 »