« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

C11の光軸修正 2010/09/27

 9月25-26日に撮影した木星は、シーイングもも一つでありましたが、報告していない画像に光軸不良に伴うイレギュラーな画像が現れていました。

 この日は良く晴れていたので、東の空にある木星を眼視で見るとどうも内外像のリングに光の偏りがあるので副鏡の修正ネジを動かして光軸を合わせました。
 そして撮影は順調におこなったのですが、衛星エウロパとその影が木星面を通過するころ撮影していると、どうも衛星の黒い影が特定の方向に良く流れるのです。
 この日は主に北西からの空気の流れが強く、木星(画像)に対しては左下から右上に流れていました。
 その時の画像が左の画像です。
Kmc1120100925

 衛星の影から左下に向かって淡い影が伸びています。
 エウロパ本体からもそのように見えますが、これは木星本体の模様です。
 通常このような見え方がするときは光軸がずれているときにあるので、カメラを外し木星の衛星で内外像を見ると、やはり偏っています。
 諦めて?副鏡の光軸合わせをやり直した後撮影したものが右画像です。

 左画像の方が木星面のディティールが出ていますが、これはシーイングの差です。後の方がシーイングが悪くなりました。

 シーイングの良いときや、真っ黒な衛星の影がないときは少しの光軸不良があっても目立ちません。

 この光軸の変化が、撮影装置によるものか、C11の姿勢差によるものかは、これから確かめないといけません。

 C11の副鏡修正ネジをL型ヘックスキーで回していますが、短い方をネジに刺し、長い方をレバーにして回転角でその調整量を判断しています。
 今回の回転角は15°未満でごく僅かです。

 Bob'sネジと言う手回し用のネジがシュミカセの副鏡修正ネジとして売られていますが、こんな微妙な回転量を指先でできるんでしょうかね?

 私には無理です(笑)

| | コメント (6)

天王星 2010/09/25-26

 木星のすぐそばに天王星が同じく衝を迎えていたのですが、木星からシステムを替えるのも嫌で、そのままだったのですが、星仲間から言われたこともあって、C11を天王星に向けてみました。
 5cmのファインダーには木星の北に見えており、それほど探す難しさはありませんでした。

 木星の撮影システムそのままで、拡大率も同じため、露出はDMK21AF04でゲインいっぱいで1/4秒、DFK21AF04で1秒と長く、フレーム数は稼げず、モノクロL画像は300枚でした。
 最大エントロピーなどの復元処理もしたので、なんか模様らしいものも出ましたが、画像処理のあやかも知れません。だいぶ無理があります。
Kmuranus2010092616h54mut

 南が上になっています。

 やっぱり光量不足ですね。

| | コメント (0)

木星 2010/09/25-26

 台風一過の青空でしょうか?昼間からきれいな青空が広がっていました。
 早めに望遠鏡をセットして、撮影し始めたのですが、シーイングは今ひとつで、高度の上がるのを待たなくてはいけませんでした。
 主に北西からの気流で木星は忙しく歪んでいますが、中央の模様はそこそこ安定しているので、画像処理をすると、このシーイングにしてはまずまずのディティールが出ました。
Kmj2010092513h26m17h11mut

 そこで気が緩んでちょっと休憩寝をしたのがいけません。すっかり寝てしまいました。
 眼が覚めると3時間は過ぎており、衛星エウロパが木星面を通過中で、大赤斑が姿を見せ始めていました。
 それだけだったらいいのですが、シーイングはより悪くなっていました。

| | コメント (0)

木星 2010/09/23-24

 朝の前線通過の時は大雨が降りましたね、雷も。
 気温が一気に下がり、夜中には20℃を切ってしまいました。
 お天気は晴れそうで晴れないが、雲間から満月と木星が見えているので、無理して撮影しました。

 さすがにシ-イングは最悪状態に近いですが、せっかくですから・・・
Kmj2010092312h24m16h21mut

 この酷いシーイングでも大赤斑は楽に見えていましたから、今シーズンの大赤斑は、やはり立派だ!

 20度以下になるととても寒く感じます。体が付いて行かない・・・(笑)

| | コメント (0)

木星動画 2010/09/21-22

 9月21日の木星をニフティのビデオ共有で張り付けてみました。
 DFK21AF04、DMK21AF04の動画の後は全ての画像処理を終えた静止画です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中秋の名月と木星の衝 2010/09/22

 天気予報は良くないので夕方早く月見をしました。
 雲の合間から満月前の少し欠けた月が東の空に昇ってきました。
Dsc_5424p72

 えっ、C11で写さないのかって?ちょっと月全体を写すモードは無理があると思いますので、普通のズーム望遠で・・・小さく・・・
Dsc_5436p72

 運良く木星も衝になり、シーズン真っ最中ですが、今夜はこれから雨になる予報です。
Dsc_5441p72

 ススキはありませんが、団子はいただきました。

 月に感謝(笑)   

| | コメント (0)

木星 自転GIFアニメ 2010/09/21-22

 ココログ制限の1メガバイトを越えるので別にアニメを載せておきます。
Kmj201009217set

 相変わらず揺れておりますので船酔いにご注意ください。
 往復アニメですが、帰りは巻き戻し風に速くしています。

| | コメント (0)

木星 2010/09/21-22

 衝を明日に控えた木星は、大赤斑がちょうどこちらを向く絶好のチャンスになり、待ちかまえていたのですが、思ったより雲が多く、ちょうど大赤斑が中央を通過するころ、雲が多くなり薄雲を通しての撮影ともなりました。

 それでも何とか撮影することができましたが、シーイングは今ひとつでもの足りません。
Kmj2010092112h56m15h13mut

 永続白斑BAと大赤斑を繋ぐように筋模様が見えています。
 何か大赤斑に吸い込まれているのでしょうか?

 もう少し解像度が欲しいですね。

| | コメント (0)

木星 2010/09/20-21

 雲の多い1日でしたが、雲間から木星が見えていたので早めにセッティングをしていました。が、夜半前に突然の雨でC11が濡れてしまいました。
 その後、何とか晴れたのですが、透明度も悪いしシーイングも悪い・・・
 何とか1画像分だけ撮影して、終了としました。
Kmj2010092016h30mut

 南からの湿った空気がやってきているのか、地上の風はないのですが蒸し暑い!

| | コメント (0)

木星 2010/09/19-20

 夕方から夜半になるまでは雲が多く、撮影できるようになったのは南中直前になっていました。
 けっこう北からの風が上層にあるようですが、ぱっと見た目には気流が見えません。
 木星の大揺れはなく、そこそこの模様が見えていますが、スッキリとはしません。

 一度撮影した後、休憩寝をすると眼が覚めず、右にあった衛星イオが木星面の通過を終えようとするまでに時間経過していました。
 2画像目の撮影は寝ぼけ眼のせいか、木星の模様が良く見えません。コントラストが下がっています。
 それでも揺れは少ないので、そこそこの詳細が出てきました。
Kmj2010091914h01m16h29mut

  北からの気流がある割には良く写りました。

 最初の画像付近の2画像でGIFアニメを作りました。
Kmj201009192set

 秋雨前線が近い割にはまずまずの天気が続いています。

 木星の衝は9月22日、中秋の名月と同じ日だ・・・

| | コメント (0)

C11の鏡筒蓋のフェルト 2010/09/19

 ベランダのC11は、ずーっと日向に置かれています。
 日中の温度は50℃をたぶん超えている。
 主鏡の温度はこの夏の猛暑で50℃になったのを測定しているけれど、筒先の蓋はもっと温度が上がっていると思う。

 C11の鏡筒と蓋の間にはフェルトが貼ってあり、しっくりと閉まるようになっていましたが、この夏の温度で、フェルトを止めてある接着剤がフェルトを通り抜けて湧いてきました。
 夜、観測しようと蓋を取ろうとするのですが、癒着しているようになってかなりの力を入れないと蓋が外れない。 オンボロ赤道儀が壊れてしまいそうです。

 そこでホームセンターで買ったフェルトと張り替えることにしました。
Dsc_5403p72

 元のフェルトは指で触ってもジワーッとくっつきます。
Dsc_5401p72

 フェルトの下にはコルクシートが貼ってありました。
Dsc_5404p72

 そう言う意味では丁寧な作りでしょうね。
 でも、コルクの厚みが邪魔なのではがしてしまいました。
 新しいフェルトを4ヶ所に貼って終わりです。ちょっと汚いかな?
Dsc_5405p72

 まあ、これで暫くはいけるでしょう。

 今夜も雲が多いけど晴れるでしょうか。
Dsc_5411p72

 雲の合間から月が見えています。
 9月22日が中秋の名月ですね。    

| | コメント (0)

飛ぶトンボでリハビリ?Ⅱ 2010/09/18

 前回の飛ぶトンボハヤや遠目だったので、もう少し近づいて撮影しようとリベンジに出かけましたが、惨敗です。
 かろうじてピントのあったのは1コマだけでした。
Dsc_5375p72

 やっぱり無理ですね(笑)

 で、止まっている糸トンボを撮影(笑2)
Dsc_5386p72

 やはり飛びものを撮影するには根性が要りますね・・・ 

| | コメント (0)

木星 2010/09/18-19

 9/17夜は残念ながら撮影をパスしたので、今夜9/18はしっかりと撮影しようと思っていたのですが、なかなかまともに晴れません。
 夕方から雲が多く、北から雲が流れてきました。夜遅くになって晴れてきましたが、晴れ間もスカットは行かず、薄雲があるようでした。

 まあ、せっかくですから撮影しましたが、北からのザワザワ気流が木星を揺らしていました。
 しかし、瞬間ですが、精細がすーっと浮かんでくるときがありました。
 真ん中の画像はそんな瞬間が多かったのだと思います。
Kmj2010091813h28m17h25mut

 また、ちょっとノイズフィルターを入れて遊んでみました。
Kmj2010091815h39mutp100

 気流状態から見るとこんなに写るとは思えない状況でした。 

| | コメント (0)

木星 2010/09/16-17

 天気予報では曇りマークが並んでいたのですが、夕方から良く晴れました。
 気温も一気に下がり、夜半には25℃を割っています。あちこちのエアコン室外機も動かなくなったのて、環境条件は良くなったのですが、気流は北から寒気?が流れ込んでいる感じで、ピント合わせが難しい状態です。

 それでも大赤斑がちょうど良い位置にやってきますので、根気よく粘っての撮影でした。
Kmj20100916134h24m16h37mut

 とくに大きな変化はなさそうですが、永続白斑BAが大赤斑から離れてしまいました。

 大赤斑の中央通過近くの3画像でGIFアニメをまた作ってみました。
Kmj201009163set

 もうちょっと夏のシーイングに戻って欲しいものです。 

| | コメント (0)

木星 2010/09/14-15

 夕方までの天気予報では、晴れマークが並んでいたのですが、雲がなかなか消えません。
 夜半ごろの雲はほとんど動かず、日周運動よりも遅いのではないかと思えるぐらいでした。
 ただ、雲の合間から木星は見えるので何とか撮影しましたが、雲の通過で明るさは変わるし、シーイングは悪いし、さんざんでした。
 この時点での悪気流の元は南から流れており、前線に向かって吹き込む温風のようでした。
 地上は無風状態で、涼しくなったとは言え、エアコン室外機はまだまだ活躍中です。
 午前3時ごろの雲は西からやって来る鱗雲で、この雲の層と同じ層で西からの悪気流が流れていました。
Kmj2010091414h14m18h08mut

 3コマ目は時間が離れていますが、雲が多いので休憩寝をしてるといつの間にか寝てしまっていました。

 来週あたりからまた暑くなると予報されていますので、また夏気流がやってくることを期待します。

| | コメント (0)

木星 2010/09/13-14

 秋雨前線が南下し、北の高気圧に覆われるようになりました。
 気温も下がり本格的な秋になりそうですが、シーイングも本格的に悪くなってしまいました。

 木星は忙しく揺れ、なおかつ忙しくぼけて捉えようがありません。
Kmj2010091315h24m16h44mut

 それでも画像処理をすると、ぼけていてもそれなりの木星面の様子を見ることができますから、大したものだと思います。

| | コメント (0)

リハビリ?大泉緑地散策 2010/09/12

 「頸椎椎間板ヘルニア」と言われてから3週間も経った。
 大きな痛みはなくなったけれど、まだ右手に痺れと握力不足が残っている。
 今日はテニスの予定だったのですが、残念ながら諦めました。

 そこで?心のリハビリを兼ねて、大泉緑地公園へ散策に出かけました。
 とは言ってもこの暑さ、人の数もぐんと少なく、鳥さえもほとんどいません。
 大池で、そろそろシーズン終わりに微かに残った蓮を撮影してみました。
 ここには大きな蓮がいっぱいです。
Dsc_5190p72

 さすがに蓮のシーズンも終わりで、大きな葉っぱも穴ぼこだらけです。
Dsc_5188p72

 それでもごく僅か可憐な花びらをとどめています。
Dsc_5210p72

 でも、強い風が吹くたびに、花びらが落ちていきます。あ~あぁ

 まあ、毎年これを繰り返しているから良いか?なぁ~
Dsc_5204p72

 ちょっと感傷的になって、心のリハビリはできませんでした。

 右手の人差し指になぜか力が入らなくて、自由度にかけます。
 そこで、飛ぶ鳥ではなく、飛ぶトンボを撮影して人差し指のリハビリをすることにしました。
Dsc_5237p72

 忙しく飛び回るので、なかなか画面中に入りません。
Dsc_5270p72

 ちょっとホバリングしてくれると助かるのですが・・・
Dsc_5268p72

 ホントにこれでリハビリになるのか自分でも疑問に思いながら、ひたすらシャッターを押しました。
Dsc_5241p72

 無駄なシャッターも数打ちゃ当たる・・・典型です。

 まあ、人差し指の運動にはなったようです(笑)       

| | コメント (0)

木星 2010/09/11-12

 夕焼けの美しい色を演出した雲が残り、木星は見えているものの薄雲も多くありました。
 夜半ごろからほぼ快晴になり、木星が天高く輝きます。
 気温は下がらず、夜半を過ぎても29℃を超えていました。

 シーイングはぼやけている時間が長いのですが、時折、白斑などがくっきりと見える瞬間がありました。
Kmj2010091115h22m17h03mut

 大赤斑が見えているときに良いシーイングに遭遇したいものです。

 地上は風もなく、エアコン室外機が周りにあるベランダでは、とってもやりにくくて、微風を見ながら、エアコン室外機対策扇風機をあちこち向けながらの撮影でした。

 上空の気流は要らないですが、地上は東風が欲しいところです。

 それにしても暑い!夜でした。

| | コメント (0)

木星 2010/09/10-11

 台風一過の清々しさは段々と消えて、蒸し暑くなり透明度も落ちてきましたが、良く晴れています。
 東の空にある高度がまだ低いころから眺めましたが、シーイングは悪く、木星面の前を北西の気流が昨夜より強く流れていました。

 しかし、夜半を過ぎるころからシーイングは良くなり始め、午前1時ごろには大きな気流の揺れはなくなりました。
Kmj2010091014h15m16h01mut

 大赤斑がないのがとっても残念ですが、久しぶりに色分離も良くできた木星になりました。

 午前1時ごろのシーイングが良かったので、上記画像とは別に7000枚ほどスタックした画像で、絵作りをしてみました。
 通常のウエーブレット、最大エントロピーは元より、リサイズにノイズフィルターなど見映えのための画像処理をできるだけ静かに?やってみました。
Kmj2010091016h02mutp100

 もっとシーイングの良いところでしたら、もっとうじゃうじゃと模様が出てくるとは思いますが、私の環境とC11ではこのへんが限界に近いかも知れません。 

| | コメント (0)

木星 2010/09/09-10

 台風一過というか、良く晴れました。清々しい一日でした。
 夜も良く晴れているのですが、シーイングはも一つに見えました。
 木星の全面を西からかなり強烈な気流が流れています。
 ただ、気流の合間合間には白斑などがくっきり見える瞬間があり、画像処理をしてみると思いの外良好な詳細模様がでてきました。
Kmj2010090913h56m16h06mut

 永続白斑BAのオレンジリングなど、くっきりと写すことができました。

 大赤斑が中央の3画像を使ってGIFアニメを作ってみました。
Kmj201009093set

 台風のおかげで?秋の気配が一気にやってきましたが、まだシーイングは持ちこたえているようです。 

| | コメント (0)

木星 大赤斑付近のアニメ 2010/09/08

 台風9号はすでに熱帯低気圧になってしまいましたが、昨夜の天気の崩れで、続いていた木星撮影は途切れてしまいました。
 この夏は梅雨明けから良く晴れて、酷暑ではありますが晴れも続き、シーイングも良好な日々が多くありました。

 7月22日から9月3日までの大赤斑を中心に撮影できた13枚の画像でGIFアニメを作ってみました。
 何が分かるって聞かれると辛いものがありますが、大赤斑の南側を永続白斑BAが通過していくのが分かります。
 また、BAのまわりや、大赤斑自身が回転しているようにも見えます。
 ピンボケ画像も含めての13枚ですので、ちょっと見づらいかも知れません。
Grs201007220903cc

 なかなか色を揃えたりするのは難しく、眼がチカチカすると思いますが、落ち着いてご覧ください(笑)

 私のパソコンではビューワーで見るときれいにアニメしますが、インターネットエクスプローラーで見ると、動画部分が3分割され、ずれて動くので余計にイライラします。
 みなさんのパソコンではスムーズに動くと良いですね。

 大赤斑の経度は9月3日時点で、体系Ⅱ=155度になっていました。
 これらのマップ展開も経度測定も WinJUPOS を使っています。

| | コメント (2)

木星 2010/09/06-07

 台風が近づいて曇るかと思っていたのですが、雲の隙間?に所々星が見えています。
 夜半前にベランダに出てみると、思ったより星が見えていました。
 木星も雲を通してですが、何とか見えていたので撮影してみることにしました。

 しかし、シーイングは昨夜よりも酷くなっています。
Kmj2010090615h38mut

 まともな木星像にはなりませんでしたが、大赤斑が顔を覗かせています。

 この後、低い雲がやってきたので撮影終了です。

| | コメント (0)

木星 2010/09/05-06

 今日も暑い1日で、そこかしこで高温日本記録が塗り替えられているようでした。
 良く晴れていたのですが、台風9号の影響で気流状態は一気に変わり、上空には強い西風が流れ、木星は忙しく揺れるし、ザワザワ気流から筋気流に変化していました。
Kmj2010090515h34mut

 詳細は見えませんが、これが普通なのでしょうか?

 しばらく、台風の影響で曇りそうです。

| | コメント (0)

木星 2010/09/04-05

 夕方から望遠鏡の調整などしていて万全の体勢?で挑みましたが、シーイングはあまり良くありません。
 最初のショット撮影後、急に睡魔が襲ってきて・・・寝てしまいました。
 大赤斑が中央に来るというのに・・・(笑)
 間は飛ばして(寝てるだけ)で西空に低くなったところで撮影しました。
 ほぼ180度隔てているので、木星面の裏と表です。
 どちらが裏で表かは知りません(笑)
Kmj2010090414h33m19h54mut

 酷暑シーズンが終わるまで南中前の撮影に専念することにします(疲)

| | コメント (0)

木星 2010/09/03-04

 夕方から良く晴れていますがシーイングは良くありません。
 休憩をはさみながら撮影をしようと予定したのですが、午前1時を過ぎると曇ってきました。
 そしてその後の晴れ間もあったのですが、シーイングはもっと酷くなっていて、寝てしまいました。
 午前3時過ぎに眼が覚めると、概ね晴れています。
 西の空に移り、そして高度の下がった木星は、もうだめだろうと諦めながら覗いてみると、ナント、普通のシーイングではありませんか?!
 高度30度ぐらいから20度ぐらいまで撮影しました。
 その中のベストが大赤斑の見える画像です。
Kmj2010090314h17m19h38mut

 梅雨明けから今シーズンの気流は概ね良好なのですが、私のところに限って言えば、予測ができません。
 南中を過ぎた木星のシーイング段階で1/10という、NEBの濃いベルトでさへ見えなくなってしまう酷いシーイングの隣?に良気流が存在する不思議さ!?

 今夜で言えば、地表に近いところは南西の微風(とあるところの煙突から生じる雲で分かる)、その上は北の空からやって来る積乱雲崩れっぽい雲(この層が最も酷い気流)。
 望遠鏡で覗くと中層は気流が右往左往しています。
 木星にピントのあった位置では、南からザワザワと気流が押し寄せています。

 どないかして欲しいな・・・良く見える方向で・・・(苦笑)

| | コメント (2)

LRGB分解 2010/09/03

 9月2日の木星が良く写っていたので気をよくして、LRGB木星像を元の画像と並べてみました。
 Registax5でスタックとウエーブレット、ステライメージ6で最大エントロピーとLRGB合成、フォトショップCSでカラー調整をしています。
 DFK21AF04で撮影したカラー画像は、普段、最大エントロピー処理はしないのですが、今回はカラー画像もそこそこ写っていたので、最大エントロピー処理をしています。
Kmlrgbj2010090214h36mut

 これぐらいいつも写ってくれたら楽しくて仕方がないのですがね・・・

 そうそう、人工衛星から地上を撮影するとき、高解像のL画像と低解像度のRGB画像を重ねてカラー画像を作るのを「パンシャープン画像」と云うらしい。
 こちらをご覧ください。
http://www.kazusa.net/AstroFiction/ja/?p=1406
 素晴らしいですね。

| | コメント (0)

木星 2010/09/02-03

 台風7号の置きみやげでしょうか、不安定な積乱雲崩れの雲が夕方から覆っていて、木星がややまともに見えたのは夜半前でした。
 北の方角、大阪市側はけっこうよく晴れているようなのですが、堺はなかなか晴れませんでした。

 ようやく雲間から、撮影することができましたが、シーイングは思いの外良くて、ちょっとユラユラしていますが、かなりの詳細が写りました。
Kmj2010090214h36mut

 2セットほど撮影するとまた曇ってしまいました。
 諦めて寝ていたのですが、眼が覚めて上の画像処理をしていると午前3時過ぎに晴れてきました。
 しかしシーイングはいつもどおり酷くなっていましたが、押さえとして1セットだけ撮影しました。
Kmj2010090218h38mut

 とても見られた木星像ではありませんが、押さえです。 

| | コメント (0)

木星 2010/09/01-02

 台風7号のせいか、夕方から雲が多かったのですが、夜半過ぎには何とか晴れました。
 透明度は悪いのですが、望遠鏡で覗いた感じでは、木星の揺れは少なくまずまずのシーイングと思いました。
 ところが、良く見ると細かい模様が見えません。撮影しても詳細は写りませんでした。
 なんかやりにくいシーイングでした。
Kmj2010090115h45m17h59mut

 永続白斑BAが大赤斑を追い抜いてしまいました。
 前回はまともに撮影できなかったので、これだけ写れば、まだ良しとすることにしましょう。

| | コメント (0)

木星 2010/08/31-09/01

 8月最後になりましたが、相変わらず暑いですね。
 夕方には大きな雲の発生もなく、ほぼ晴れていたのですが、東の空、低空にある木星はまともにピント合わせができませんでした。
 夜遅くになって、まずまずにシーイングになったのですが、夜半を過ぎると曇ってしまいました。
Kmj2010083114h23mut

 気象衛星ひまわりの赤外映像では写らない、温度の高い低い雲です。

 鮫のヒレ風のSEBの青い模様が中央右上に写っています。

 台風7号が日本の北を抜けそうですが、堺は晴れるでしょうか?
 夕方から雲が多くなっています。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »