« 木星 2010/08/29-30 | トップページ | 木星 2010/08/30-31 »

C11主鏡温度50℃を超える 2010/08/29

 2チャンネル温度計のグラフ表示を50℃にして、その答え?すぐさまやってきました。
 8月29日、大阪のとある場所では38℃を超え、またしても堺はトップになりませんでしたが、その時、我がベランダ天文台のC11の主鏡温度は50.4℃まで上昇していたのです。
 喜ぶものではありませんが、そのグラフです。
 8月29日午前8時17分から24時間のグラフです。
T1t22010082908h17m

 日中、外気温とC11主鏡温度の差は10℃以上にもおよびます。
 まあ、日向にほったらかしてる人はあまり居ないとは思いますが(笑)

 翌8月30日は、日中、白い雲が多く、気温はそれほど上がりませんでしたが、夕方には大きな入道雲が東の空にたくさん発生していました。
Dsc_5155p72

 雲間に虹、ちょっと弱々しいですが
Dsc_5156p72

 最近、鳥撮りもごぶさたなので、ベランダ前に来たヒヨドリ?を確保(笑)
Dsc_5175p72

 8月も終わりですね。   

|

« 木星 2010/08/29-30 | トップページ | 木星 2010/08/30-31 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

C11主鏡温度50°C、、外へ出してある望遠鏡の宿命ですね。
当方でも、ワテックのカメラを外へ出しっぱなしです。こちらも同様に温度がかなり上がって
いると思われます。しかし、高温にも負けず、毎晩、流星を見張ってくれています。

投稿: 上田 昌良 | 2010年8月31日 (火) 06時46分

上田さん ありがとうございます。
 続けて観測するのには、常にセットしているのが便利ですね。
 ただ、ワテックのカメラと違ってC11は接着剤とか両面テープなど使っていますので、温度上昇はちょっと心配です。
 C11の鏡筒蓋はアルミ製で、鏡筒とのはめ合いにフェルトが貼ってあるのですが、どうも接着剤が溶けだしてきているみたいで、鏡筒とアルミ蓋がくっついて外れにくくなってきています。
 やはり50℃はなかなか厳しいようです。

投稿: RB星 | 2010年8月31日 (火) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2010/08/29-30 | トップページ | 木星 2010/08/30-31 »