« もばぷらでびゅー 2010/08/08 | トップページ | 木星 2010/08/12-13 »

L型 IEEE1394コードがない 2010/08/09

 台風4号から伸びた雲の腕が近畿地方にかぶり、突然の雨がやってきました。
 甲子園で開かれている夏の高校野球も雨で中断しています。
 C11も雨でびしょ濡れです(もちろんカバーが濡れてるだけです)。
Dsc_5065p72

 C11が南北状のベランダ手すりに乗っているので、木星が南中したときLRGB撮影システムのDMK21AF04が際どく手すりの上を通過しているのですが、IEEE1394のコードがぶつかるので、無理矢理曲げて撮影しています。
Dsc_4841p72

 ところがここ最近、撮影途中でDMKを認識しなくなることが出てきました。
 どうやら、無理矢理カーブの力で接触不良か断線が起きてしまったようです。

 そこで、IEEE1394のコードにL型のものがないか調べたのですが、どうもありません。
 じゃ作ろうかと、大阪日本橋でコネクタを探したのです、基板用のメスコネクタはあるのですが、オスタイプは見つけることができませんでした。

 IEEE1394のコードは規格が厳しいのか?、ノイズを受けやすいのか?、ノイズを出しやすいのか?この太くて硬いタイプしか市販されていません。
 その上、DMKに使っているのはフェライトが封入された、高耐ノイズと謳われているもので2重シールドと合わせてより硬い?かも知れません。
 ともかく、コネクタあたりを分解してみました。
Dsc_5072p72

 この後もっとバラバラにしたのですが、どうやら断線のようです。
 IEEE1394のコード配線はテスターで測ってみると、端子形状は出口入り口と全く同じなのですが、途中でクロスしているようで、私の頭では混乱してしまいました。

 断線したコードの加工は諦めて、別のコードをL字型にすることにしました。
Dsc_5095p72

 さすがに直角に曲げることはできませんので、ほどほどで妥協いたしました。
 曲げたところを、エポキシ系接着剤で固めてしまいました。
Dsc_5106p72

 これで今シーズンの木星の南中時撮影はクリアできそうです。

 IEEE1394の時代は終わろうとしているのでしょうか?
 正確に言えば、IEEE1394aのコネクタですね、今は転送速度が倍速いIEEE1394bが出ていますから・・・コネクタの形状も違います。    

|

« もばぷらでびゅー 2010/08/08 | トップページ | 木星 2010/08/12-13 »

望遠鏡」カテゴリの記事

コメント

初めまして、IEEE1394のL字を探していてここにたどりつきました。
ご自分で作成するとは凄いですね・・・尊敬します。

私はIEEE1394の4ピンオスをL字を探しているのですがなかなかありません。
去年の記事なので必要あるかはわかりませんが
下記サイトにIEEE1394 6ピンのL字が販売していたのでよければ見てみてください。
ただの通りすがりの者ですが木星観測頑張ってください。
http://www.usbfirewire.com/

では、失礼します。

投稿: しろ | 2011年8月12日 (金) 12時13分

同じサイトに求めてるものとは少し違いますがありましたので
簡易的にそれで良しとしておきます。ご報告までに・・・

それではまた何かご縁がございましたら。
失礼します。

投稿: しろ | 2011年8月12日 (金) 12時23分

しろさん ありがとうございます。
 情報ありがとうございました。あるところにはあるのですね。
 私の加工したL型IEEE1394コードは、夏の初めに接触不良か断線で使えなくなってしまいました。
 さしあたり直線コードで今はいけるので、修理待ちでほったらかしになっています。
 木星観測の応援ありがとうございます。
 ぼちぼちがんばります。

投稿: RB星 | 2011年8月12日 (金) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もばぷらでびゅー 2010/08/08 | トップページ | 木星 2010/08/12-13 »