« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

プラネタリウム最終投映 2010/03/28

 退職まであと数日を残しているのですが、最後の投映をして星仲間や、プラネタリウム仲間、職場のみなさんにプラネタリウムの投映を見ていただきました。
Dsc_1680bp150

 遠くは愛知県や岐阜からもわざわざ来ていただきありがとうございました。
 取り立てて面白い投映ができるわけではありませんが、長年培ってきた投映を思い出しながらおしゃべりをさせていただきました。

 久しぶりの緊張で、技術的なミスをして、一部、ブレーカーを落としてまったりしたのですが、なんとか45分間を全うすることができました。

 この瞬間を宝物にして、心に残しておくことにしたいと思います。

 ありがとうございました。

| | コメント (4)

金岡公園の桜 2010/03/27

  寒い雨が続き咲きかけた桜が止まってしまいました。
 今日、3月27日(土)は昨夜から晴れ渡った青空が広がり春本番かとも思ったのですが、寒い!朝吐く息が白い!なんという春でしょうか。

 通勤途上の金岡公園の桜はまだ1分から3分咲きで、まだまだですがそれでも寒さに負けずピンク色の花を咲かせていました。
Sany0597p36

 周りはつぼみが多いですが、しっかり膨らんでいます。
Sany059636

 やっぱり、青空がいいですね、まだ寒いですけど・・・

 満開になるのは来週ぐらいでしょうか? 

| | コメント (0)

ISS国際宇宙ステーション 2010/03/22

 野口聡一宇宙飛行士が搭乗している国際宇宙ステーションが地球を周回している。
 今夜、3月22日の夕方は大阪方面でISSが天頂付近を通過する絶好のコンディションとアナウンスされていました。

 私はいままで、凄い人たちが詳細なISSを撮影しているので、私の望遠鏡ではどのぐらい写るのだろうかと、興味は持っていたのですが、いままで一度も撮影することはありませんでした。

 しかし、今日、パソコンメールでプラネタリウム仲間が撮す準備をするというので、ちょっとその気になってしまった。
 見える場所をJAXAのサイトで見ると
http://kibo.tksc.jaxa.jp/
 火星のそばを通り、南東の空へ降りて行くではありませんか、ベランダ望遠鏡ではこれ以上の好条件はありません。
Jaxaiss20100322osaka
 しかし、夕方近くから曇ってきたので、やる気を失っていました。

 天頂付近を通過するのが、18時48分30秒、天気はどうかなともう一度見たのが18時30分。
 雲は多いものの、月が見えているので、雲の合間からちょっとでも見えるかと慌てて用意をしました。
 惑星用20cm Dall-Kirkham望遠鏡の直焦点2500mmに惑星用カラーカメラDFK21AF04をセットし、雲間から見える火星でピントを合わせて準備できたときには、もう北西の空にISSが現れているはず。南向きのベランダからは見えません。
 火星付近に現れるのを待っていると、見えたのはすでに火星より南東の空へ離れているところでした。
 鏡筒はクランプフリーにして、完全手動ガイドで追いかけます。3cm6倍ファインダーでISSを導入しますが、さすがに?6倍では簡単にDFK21AF04の写野に入ってきませんが、今さらそんなことは言ってられません!
 30FPSで撮影した2839フレームの中でフレーム内にISSがあったのは24コマでした。

 その中で一番まともなフレームがこれです。
Iss20100322a

 露出も火星に合わせたままで、カラーバランスはオートなんですが、一瞬しか入らないISSでは色を判定する暇もなかったようです。
 フレーム内に入ったISSだけを集めて、GIFアニメにしてみました。
Iss2010032222f35p

 画像サイズは小さくしていますがトリミングはしていません。

 なんか?訳分からない内に初挑戦は終わってしまいましたが、次の機会にはもう少し準備をしてみることにします。

| | コメント (0)

OAA大阪支部例会 2010/03/21

 久しぶりに第3日曜日が休みになったので、大阪市立科学館で開かれるOAA(東亜天文学会)大阪支部例会に参加しました。2年ぶりでしょうか。

 昨日から台風並?いやそれ以上?の強風が吹き荒れ、今朝は曇り空の雲が黄色い、何とも言えない春分の日でした。

 例会に出かける昼ごろには黄砂も無くなり、まずまずの透明度と青空が戻って来ました。
Dsc_1642p72

 持ち寄りの話題では、来年度の暦や神宮歴の話。
Dsc_1649p72

 淡路島のアンモナイト。
Dsc_1647p72

Uさんの「低速長経路流星(2010年1月13日 2:54:05JST 出現)の軌道」
Dsc_1651p72

 などがあり、私は火星や土星の画像を報告しました。

 今日のメインの講話は宮島一彦先生の「中国の古墳天文図・流星雨?の図」でした。
Dsc_1657p72

 例会終了後は喫茶店?(Gloria Jean's Coffees)で歓談しました。
 私が飲んだのはこれ・・・あま~ぁ!
Dsc_1666p72

 散会して帰るころには快晴の空になり、透明度も抜群!
Dsc_1670p120

 でも?帰宅したときにはベランダの火星観測可能時間には、ちょっと間に合いませんでした。
 その後、土星ぐらいはと思って覗いてみましたが、あまりのシーイングの悪さに見ただけで終わってしまいました。      

| | コメント (0)

土星 2010/03/19-20

 火星撮影の後、穏やかそうに晴れが続きました。
 少し風は冷たいですが、強く吹く風ではありません。しかし、土星は小刻みに震え、しゃきっとした瞬間がほとんどありません。
 特に環の先端部分がしっかり見えないので、これではカッシーニの隙間もだめ・・・・
Kms2010031914h03mut

 うーん、そこそこの写りになっていますが、しゃきっとした環にはなりませんでした。

 眼視で見ていると、揺れる量も少ないし中くらいのシーイングに見えたのですが・・・

 カラー情報取得画像で撮影しているカラーカメラ(DFK21AF04)で撮影したものを載せておきます。
Kms2010031913h49mut

 これで、彩度や輝度等を目いっぱい上げています。

 ちょっとパステルカラー風になりました(笑) 

| | コメント (0)

火星 2010/03/19

 朝の内は雲が残ったものの1日中ほぼ快晴でした。
 夕方の火星はベランダからの隙間では限界に近づき、薄明中になんとか撮影することができました。
Kmm2010031909h51mut_2

 ベランダのコンクリートも温かく、シーイングはぼけている時間も長く、大きな模様もないのでメリハリのない火星でした。

 でも、時折、リムがはっきりと見える瞬間もありましたので、できあがった火星像はまずまずです。

 太陽湖が左上に見えていますが、詳細は無理ですね。

 さあ、もう1回ぐらい撮影できるでしょうか。

| | コメント (0)

土星の環の傾き 2003年~2010年 2010/03/18

 土星の衝が近づいてきましたが、なかなか良好な?画像を得ることができません。
 プラネタリウムなどで環の傾きを解説するときに欲しいな?とまとめた画像です。
20032010b

 2010年分を取って付けたように追加しました(笑)

 2003年~2008年はソフィア・堺天文台の60cmカセグレンで、2009年と2010年はベランダ天文台の20cmでの撮影です。

 土星本体の縞模様が2009年と2010年に淡いのは、口径の所為だけではなく、本体そのものの模様の濃さが薄いのだと思います。

| | コメント (0)

土星 2010/03/17-18

 火星撮影の後、衝が近づいてきた土星の撮影に入ったのですが、撮影途中からちょっと薄雲が現れ通過していきました。
 シーイングは、あまり良くありません。土星が忙しく振動しながらぼけています。
 ちょっと冬型に戻ったのか、ちょっと寒い!
Kms2010031714h04mut_2

 衝が近づいてきて、衝効果でしょうか?環が明るく写っています。

 シーイングが悪いと、カッシーニの隙間もシミのような写り方だし、ちょっと見映えがしませんね。

| | コメント (0)

火星 2010/03/17

 火星はいよいよ早くなり、ベランダからは19時過ぎに撮影できなくなります。
 月と金星を撮影していたため時間がありませんでした。
Kmm2010031710h12mut

 昨夜よりはシーイングも良くなり、北極冠の見えている時間も長いです。
 しかし、ぼけている時間も結構あり、撮影は苦しいところです。

 左端の高輝度側のリム近くに模様があると、本物かどうか判定が難しいところです。

| | コメント (0)

細い月と金星のランデブー 2010/03/17

 夕方、仕事から帰る途中、西空を見ると細い月がかろうじて見えている。
 透明度の悪い空なのに良く見えるな・・・と思っている間に思い出しました。
 今日、月と金星がランデブーすることを。

 慌てて帰宅し、北のベランダから西を見るとマンションの間に月が見えている。
Dsc_1616p72

 でもすぐそばに金星は見えない、急いでパソコンを立ち上げて月と金星の距離を見ると思っていたより離れている。
 ベランダから降りて下界?で金星を探すことにしましたが、時間がありません。

 かろうじてマンションの間に見つけ撮影することができました。
Dsc_1622bp72

 構図もヘチマもありません(笑)

 やっぱし真剣さに欠けた撮影はこんなところでしょうか? 

| | コメント (0)

火星 2010/03/16

 お昼ごろから風が強く、木々が揺れていました。
 夕方になっても風は強く、望遠鏡も揺れ、火星が画面から飛び出しそうになりました。
Kmm2010031609h56mut_2

 シーイングも悪く大揺れおおぼけの状態です。

 北極冠に輝きが見えず、シーイングが悪いとあっさりと見えなくなってしまいます。

 今日の火星は黄色っぽいですが、シーイングが悪いとカラー画像に力が出ません。

| | コメント (0)

土星 2010/03/14-15

 今夜は透明度が悪く、私の肉眼では土星がやや見づらい状態でした。
 西から雲がやってきていて、曇るかとも思ったのですが、なんとか持ち堪えてくれました。
Kms2010031414h10mut

 シーイングもも一つだったのですが、南半球にある小白斑(上部中央)が写りました。
 また、衛星タイタンもなんとか捉えています。

 またまた自転GIFアニメで揺らしてみましたが、今回も?も一つ効果が良く分かりません。
Kms20100314s3c

 小白斑をきっちり捉えるには、口径と良いシーイングが必要なんでしょうね! 

| | コメント (0)

火星 2010/03/14

 2週間ぶりの火星撮影です。
 3月に入ってから梅雨状態だったと言うこともありますが、見事に撮影できませんでした。
Kmm2010031410h06mut

 視直径も10秒台になり、小さくなった上、ちょうど大きな模様のない所ですから、とっても寂しい火星になってしまいました。

 そして、南中時刻がどんどんと早くなり、ベランダからの撮影可能タイムが夕方になって、後しばらくすると撮影できなくなります。

 まあ、もうちょっとだけでも晴れてくれれば良いのですが・・・

| | コメント (0)

白木蓮 2010/03/13

 暖かくなったり寒くなったり、とっても付いて行くのが大変な日々です。
 通勤途上の金岡公園にある白木蓮が一気に咲いてしまいました。
 1週間前には、蕾がでっかくなってもうすぐだとは思っていたのですが、ここまで開ききってしまうとは思っていませんでした。
Sany0574bp36

 生憎、この日は曇り空で、白さが目立ちませんが、春が近づいた?ことを教えてくれていました。
Sany0576bp36

 白木蓮が咲き誇った後は、いよいよ桜のシーズンに突入します。
 でも、まだ寒い日が続きますね・・・ 

| | コメント (0)

土星 2010/03/11-12

 スキーから堺へ帰ってきても良く晴れていました。火星の時間には間に合いませんでしたが、土星は撮影することができました。
 ちょっと下り坂風の、ややどんよりした空なので、シーイングも期待したのですが、残念ながら忙しく揺れ、忙しくぼけていました。
Kms2010031113h47mut

 まもなく、衝の3月23日がやってきますが、今年は撮影回数が少ないこともあって、これって言う画像が撮れていません。

 春の嵐も通り過ぎたことだし、もう少しシーイングが良くなることを期待することにします。

| | コメント (0)

還暦スキー 2010/03/10-11

 この何年もスキーには行っていなかったのですが、職場の還暦仲間でスキーに行くことができました。
 目指すは岐阜のスキー場で、大阪から順調に行けば3時間あまりで行くことができます。

 ちょうど春の嵐にタイミングが合ってしまったので、ちょっと心配だったのですが、無事に?帰ってくることができました。
 1泊2日の旅で、平日に休みを取ってのスキー三昧です。

 初日は高鷲(たかす)スノーパークで、昼過ぎに到着し、則、楽珍コースで練習をした後、ゴンドラに乗って上まで昇ります。
Dsc_1443p72

 コースはいっぱいありますが、私はボーゲンモドキから卒業できていないので、なりふり構わず降りるだけです。
Dsc_1455p72

 見るだけで気持ちのいい斜面は、見るだけで終わりです(笑)
Dsc_1456p72 

 心配された大雪!吹雪!は、さほどなかったのですが、それでも冷たい風が吹きまくっていました。ゴンドラは風が入らなくって、らくちんです。

 あっと言う間に、翌日です。泊まったのは相方の別荘!です。夜の間も雪が降り、車も真っ白になりました。
Dsc_1478p72

 2日目はホワイトピア(たかす)で、平日にも関わらずそこそこの人出です。
Dsc_1500p72

 昨日より圧倒的に天気は良くなったのですが、ずーっと青空というわけには行きませんでした。でも、晴れ間を見つけては、イメージ画像を撮り続けます。
Dsc_1519p72

 えっ、滑ってる写真がないって?!そう!滑っているときは余裕が無く・・・・無理です。

 そこで固定セルフ写真です(笑)、後ろの人は他人です。
Dsc_1550p72

 帰る間際の、午後2時ごろから天気が本格的に良くなり、快晴になってきました。
 そこで、青空をバックにまたまたセルフ写真です。
Dsc_1603p72

 えっ、後ろの木がきれいだって!人物がじゃまだって・・・

 そんなのも撮っています。
Dsc_1577p72

 青空と白い木と白い雪・・・清々しい絵柄ですね・・・・自画自賛?

 念願の還暦スキーがかないましたが、周りはスノーボードばっかり、相方もスノーボードでスラスラ、ちょっとスキーの時代が終わりに近づいたのでしょうか?

 足腰が限界になる前に、スキー場にお別れします。
 高速で走るころには快晴の空の下、太陽が沈んでいきました。
Dsc_1613p72

 おっ、久しぶりの晴れだ・・・

| | コメント (0)

木星と水星の接近 2010/03/08

 3月に入って、なんか梅雨空みたいになり星が見えません。
 太陽観測衛星(SOHO)の画像を見ていると、太陽のそばに明るい星が二つ。
 そうだ、3月1日には木星が合を迎えていて、そばに水星がやってきていたのでした。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c3/512/
Latest2010030800h42mutsoholascoc3

 右側の輝星で、上が木星、下が水星です。

 木星が明け方の空で撮影できるようになるのは2ヶ月後ぐらいでしょうか?

 それにしても、もう少し晴れて欲しいものですね。

| | コメント (0)

火星 2010/02/28

 しばらく天気も悪くなり、雨も降りました。
 今夜は雨上がりのような晴れ方で、夕方は特に薄雲があるように見え、満月直前?の月が空を明るく白く照らしていました。

 火星はベランダの隙間から見る火星時間がどんどんと早くなり、午後7時台となって、少し苦しくなってきました。
 ベランダからの隙間は南中前の1時間弱ぐらいしかありませんので、時間が自由になりません。
 まあ、それでも撮影しているのですから、言い訳にはならないのかも知れません。

 シーイングは近場の気流が悪く時折シャープな火星が見えるものの、筒内気流をいっぱい受けているような、二重三重にぼけた火星がぐるぐるしていました。
Kmm2010022810h55mut

 それでも大シルチスがあることは良いことで、火星の雰囲気が締まります。

 視直径がだんだんと小さくなってきました・・・ちょっと寂しいですね・・・

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »