« 火星 2010/02/03 | トップページ | シリウスB 2010/02/05 »

火星の黄雲(ダストストーム) 2010/02/04

 火星の北極冠周りに黄雲(ダストストーム)が発生しました。

 去年、12月18日ごろも北極冠で黄雲が発生したのですが、捉えられずにいました。

 今回の発生をMRO MARCI Weekly Weather Reportsが捉えた画像(2010/01/25-31)が2010年2月3日に公開されました。
http://www.msss.com/msss_images/subject/weather_reports.html
http://www.msss.com/msss_images/2010/02/03/
http://www.msss.com/msss_images/2010/02/03/map_movie_100125_100131.mov

 今回も発生は日本から見えない位置でアキダリウムの海の北、の北極冠のリムで1月28日に始まり31日には拡散しているように見られます。
 しかし、1月31日には日本から見ることのできる位置で別の大規模な黄雲が大シルチスの北、ウートピアに見られます。

 あまり、画像を編集してはいけないとは思いますが、見やすいようにしてみました。

 最初のアキダリウムの海の北に現れた黄雲のところをほぼ同じ経度でGIFアニメにしてみました。
Marsmsss2010012831

 2010年1月31日、別に発生した黄雲はウートピアで大きく見られ、日本でも撮影されています。
 私は・・・見ていません・・・残念だ・・・
Marsmsss20100131b

 これらの画像は北が上になっていて、私の撮影したものは天体望遠鏡で見たように南が上になっていますので、よろしくご覧ください。

 詳しいことは、これからまとめられると思うのですが、まだまだ眼を離せません。

  こんな詳しい画像がいつも発表されたら、20cmで地上から慎ましく撮影する気力が湧いてこない・・・かな?

 でも?ほんとに火星の黄雲はいつもあるんですね・・・
 

|

« 火星 2010/02/03 | トップページ | シリウスB 2010/02/05 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダストストームの情報、ありがとうございました。31日~1日に北極冠のユートピア付近に写っているものが、確かにダストストームであることが分かり、安心しました。このような火星における厳しい環境を考えると、地球に住んでいられることの幸いをあらためて感じています。さて、私も3日も4日も撮影できましたが、ダストストームは確認できていません。しばらくは無理でしょうか。さらに、これから火星は遠くなりますので、私の観測も困難になることでしょう。これからも写真と情報を楽しみにしています。

投稿: ninzya | 2010年2月 5日 (金) 01時30分

ninzya さんコメントありがとうございます。
 北極冠周りの黄雲(ダストストーム)は、大規模のものは少ないのですが、昔の銀塩で撮影していたら、なかなか捕らえるのが難しかったと思います。
 いま、ウートピアは日本からは裏側に回ってきていますので、ヨーロッパあたりでの観測画像で確認できるかと思います。
 火星通信HPや月惑星研究会の報告ページで見ることができます。
 これから火星は小さくなっていきますが、できる範囲で撮影を続けてみてください。

投稿: RB星 | 2010年2月 5日 (金) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火星の黄雲(ダストストーム) 2010/02/04:

« 火星 2010/02/03 | トップページ | シリウスB 2010/02/05 »