« 火星 2010/01/29-30 | トップページ | 室生観測所の雪 2010/02/02 »

ブルームーンと火星 2010/01/30

 1月は元旦の日と30日と2回の満月があり、2回目をブルームーンと呼ぶようになりました。
 これはアメリカの雑誌スカイアンドテレスコープに掲載された誤解記事から始まったとされているのですが、まあ、なんでもきっかけに星が見れればいいかな・・・の私にとって些細なことはまあ、いいかな?

 と言うことで、2回目の満月をメモしてみました。
Sany0397cp54

 仕事の帰りにいつも抜けている金岡公園のモニュメント噴水を通して撮影してみました。
 満月は露出オーバーになっているので、ちょっとはめ込み合成をしています。

 ただ、この上記の画像だけでは訳わかんないと思いますので、もう少し場面のわかる画像の載せておきます。
Sany0364cp36

 月の左上にあるのが火星です。火星の明るさも満月には勝てません。

 満月が月に2回は3月にも起こります。よって?2月は満月がありません。

 1月は元旦朝の月食に始まり、15日の部分日食、25日のすばる食、そしてブルームーンと、お月さんにお世話になりました(笑)

 この後、雲はどんどんと広がり、濃くなって火星撮影はできませんでした。 

|

« 火星 2010/01/29-30 | トップページ | 室生観測所の雪 2010/02/02 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

1月の2回目の満月は大阪港からオレンジ色の巨大で美しい月をみていました、普段は八尾空港から木星やISSなども観測していますが撮影はデジカメ500mmとテレプラスで撮影してトリミングしフォトショで加工して楽しんでいます、ブルームーンなんて言葉始めて、コチラに訪問して教わりましたm(_ _)m

投稿: m-cyan | 2010年2月 2日 (火) 14時09分

m-cyanさん、はじめまして、コメントありがとうございます。
 ブルームーンはどちらかというと新しい言葉で、まだまだ浸透しているとは言えません。
 また、ちょっと誤解と言うか、言葉ができた経過も危ういので多少書きにくいことはあるのですが、ブログにも書いているとおり、星を見たり月を見たりする話題提供としては良いんじゃないかなと思っています。
 月の撮影もなかなか難しいところで、天体としてマニアックに撮影するときと、情景描写に月が入るのと、どちらにするのか混在するのか悩むところです。
 ISSを私は撮したことがないですが、いつしか望遠鏡でISSの形状を撮してみたいとは思っています。

投稿: RB星 | 2010年2月 2日 (火) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火星 2010/01/29-30 | トップページ | 室生観測所の雪 2010/02/02 »