« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

後の月(のちのつき)、十三夜(じゅうさんや) 2009/10/30

 今夜は職場の天体観望会でした。
 日本では2回目のお月見の日です。
 黄色い日食用の20cmドブソニアンも参加して、木星と月を眩しく見ることができました。
Sany0099p36

 後半は、最近おきまりのように携帯のデジカメでの天体撮影会となりました。
 これは20cmドブソニアンと私のコンパクトデジカメでの撮影です。
Sany0114p36

 携帯のカメラの中で1台だけ斜鏡の影が黒く写るのがありました。
 通常のアイポイントに持っていってもだめでした、どうなっているのだろう・・・

 天気予報の晴れマークよりずっと雲が多く心配しましたが、なんとかガニメデ衛星の木星面通過も何人かの人は確認できました。 

| | コメント (0)

火星 2009/10/30(JST) 朝!

Kmm2009102919h59mut  小さいながらも模様が写るようになって面白くなってきました。

 太陽湖が左上に見えています。

 でも?北極冠?の輝きが落ちているようにも見えますが、どうなんでしょうか?

| | コメント (0)

木星 2009/10/29

 うぅ~ん、ちょうど大赤斑の外ればかりになってしまいました。
Kmj2009102909h32m11h31mut

 むちゃくちゃな大揺れはないのですが、忙しく木星は揺れています。

 大赤斑が端っこに行ってもけっこうコントラストがついています。
 ちょっと濃くなったのではないかと思うのですが、あくまでも感覚の域を超えていません。

 SEBが淡くなったのでそう感じるのかもしれませんが・・・こうゆうのを定量的に測定するのは難しいでしょうね。

| | コメント (0)

木星 2009/10/28

Kmj2009102809h35m10h57mut 昨日よりシーイングは良くなりましたが、それでも木星は小刻みに揺れて、模様が見えるようで見ない・・・

 画像処理をしてみると、そこそのディティールが出てきました。

 しかし今一歩足りません!

 大赤斑が手前に来るまで撮影していたのですが、どうも振動があったのか、南西に低くなって気流の流れをひろったのか、木星像が流れていて、とても外に出せる画像にはなりませんでした。

 原因不明です・・・そのうちに追求?してみたいと思いますが、さあ、見つかりますでしょうか?

| | コメント (0)

月面 2009/10/27

 木星撮影の後、すぐそばにある月を撮影してみました。
 シーイングはやっぱり良くないので、3画像をモザイクで繋いでみました。
Kmmoon20091027123

 繋ぐと見かけ上の解像度が上がったみたいに見えるので、なんとか格好が付いています。

 でも、やっぱりシャープさに欠けますね!・・・・

| | コメント (0)

木星、火星、土星 2009/10/27-28

Kmj2009102711h33mut  台風20号はいっぺん沈んでもまた最低気圧は下がり発達している!
 中国大陸に行くとの予報から比べると、実に自由に、気ままに動いている!

 台風一過の晴れ間もなんか中途半端で、低空の北風、雲に覆われています。
 夕方晴れていたのに、木星を撮影しようとすると曇ってきました、木星のところから!

 動かず湧いてくる雲はどんどん広がってきていました。
 諦めて2時間ほど経つと、晴れ間がやってきました。

 でもシーイングは悪い・・・

 ほんとにシーイングは悪い!

 しかし、明け方の火星に合わせて望遠鏡はそのままにして就寝。

 もう夜明けだ!と思って目が開くと午前4時半、ちょうど良い時間だ。
 望遠鏡に火星を入れて見るとまずまずのシーイング、大きな模様は見えないが、北極雲、北極冠が輝く白に見えている。
Kmm2009102720h07mut
 経度を調べると、オリンポス山が中央!だが良く分からない。

 火星の撮影タイムが終わっても、まだ空は暗い(少し薄明は始まってはいますが)。

  土星が老眼肉眼では見えない!?雰囲気でファインダー導入、今日は透明度が悪く全体的に星が見えない!

 土星は輝度が低いのでこの状況は辛い・・・拡大率を下げて撮影することにしました。
 普段はどんな時でも拡大率は下げないのをモットーにしているのですが、さすがに限界以下でした。
Kms2009102720h33mut

 でも?高度が少し上がったので、土星本体の色が写ってきました。本当の色かどうかはこれからの問題ではありますが。 

| | コメント (0)

東京タワー 2009/10/26

 日食報告会の後打ち上げパーティーが新橋であり、飲んだ後大阪まで帰るのは辛いので?そこのホテルに宿泊をしました。

 眼が覚めると、外は雨!ホテルの窓から雨に煙る東京タワーが見えていました。
Dsc_8238p72

 てっぺんは雲の中に入っています。雨の中・・・考えたのですが歩いて20分、東京タワーに登ってみることにしました。
 やっぱり雨の中です(笑)
Dsc_8241p72

 それでも観光バスが次々とやって来ます。まあ、満杯とは言いませんがそれほど遠くが見えないにも関わらず、歓声が上がっています。
Dsc_8243p72

 外国語もあちこちで聞こえました。がんばっても、やっぱし遠くは見えません。
Dsc_8266p72

 帰りしな雨が降る天に向かってそびえ立つ東京タワーを撮影、カメラも雨に濡れてしまいました。
 台風20号の影響で東京はずっと雨・・・
 昔、東京タワーに登ったのは、中学の修学旅行以来ですから45年ぶりでしょうか?
Dsc_8270p72

 帰りは新幹線、2時間半ですから昔10時間以上かかったことを考えると、あっと言う間に大阪です。
Dsc_8273p72

 せっかくの東京ですから、もっと遊べば良かったかなと思いますが、まあ、今回はそれなりに充実した一泊二日でした。

 次はいつになるかな・・・      

| | コメント (0)

皆既日食報告会 2009/10/25

日食情報センター主催の「皆既日食報告会」が東京の富士フイルム(株)西麻布本社ホールで開催されました。

 7月22日の世界での皆既日食状況などの報告や日食観測方法、来年の日食情報などたくさんのプログラムがありました。

 私は、日食情報センターの塩田和生さんがが発表された「船上でのコロナの拡大撮影」Dsc_8089p72
Dsc_8092p72
Dsc_8095p72
Dsc_8097p72
の中で、太陽を使ったオートガイドの参考例として船上オートガイダーの話をさせてもらいました。

 私の写真はありません(笑)

 ふじ丸での報告がなかったのがちょっと残念でした。

| | コメント (0)

台風と前線 2009-10-23 

 今夜は小学校での天体観望会でした・・・しかし、今夜も天気が悪く、一瞬の木星や月が見られただけに終わってしまいました。
 日食用の20cmドブソニアンを持っていったのですが、イマイチ効果は出ませんでした。
Sany0093p36

 天気予報は晴れマークが続いていたのですが、台風に刺激された前線が太くなり一気に日本を覆ってしまいました。
20091023p300

 さすがに天候の悪いときは手の施しようがありませんね 

| | コメント (0)

大プラ 2009/10/22

 大阪プラネタリウム連絡会の会議が、ソフィア・堺でありました。
Sany0087p36

会議のメイン?は7月22日の日食事情と言いましょうか、いろいろなことがありました。
 私は日食へ行っていた方なので、見た事情?を報告?しました。

このプラネタリウム機は、コニカミノルタのインフィニウムβです。
Sany0092p36

 みなさんの担当しているプラネタリウム機械は違っても狙いは一つ・・・
Sany0091p36

興味は尽きません・・・

もっともっと使いこなすには工夫が必要?でしょうか?

| | コメント (0)

木星、火星、土星 2009/10/20-21

 昨夜に比べるとシーイングはまずまず。とは言ってもあまり良くはありません。
Kmj2009102009h05m12h18mut

 木星撮影後、望遠鏡は片付けずに朝の火星に待機、午前5時前には眼が覚めてちょうどのタイミングで火星撮影。
 でも、どうもユラユラと近場の気流があって良くない。
Kmm2009102020h12mut

 数セット撮影すると、撮影装置が手すりにぶつかって火星撮影終了。
 東の空に金星が見えるのですが、土星は・・・いつの間にか?金星より高くなっていました。

 まだまだ低空で揺れているものの、10日前よりははるかに良好で、細い環も良く見えています。
Kms2009102020h41mut

 夜明けの中での土星撮影でしたが、東の空の朝焼けがちょっと黄金色っぽい気がする。
 黄砂の影響でもあるのでしょうか?それとも気の迷いでしょうか?

 そうそう、火星撮影の合間合間に南の空を見ていたのですが、オリオン群流星は一つも見えませんでした。

 やっぱり真剣に見ないといけないでしょうね、パソコンモニターを見ている時間が長いようではだめですね。   

| | コメント (0)

木星 2009/10/19

Kmj2009101909h46mut  ちょうど大赤斑が良い時間帯に日本に向くので、夕方はやめから待機していました。

 大赤斑のそばの小白斑がどうなっているのかを確認するためだったのですが・・・

 まぁ、ひどいシーイングです。

 昼間は少し風はあるものの穏やかな天気で青空が広がっていました。

 しかし、夕方になり望遠鏡で木星を見ると強烈に揺れているではありませんか、木星のリムがくっきり見える瞬間もありません。

 でも?このせっかくの晴れは利用しなくては・・・

 結局無駄だと思いながらもボケボケの木星を27ギガバイトも撮影してしまいました。

 その中で一番まともな画像がこれです。

 大赤斑下の小白斑は、あまり変化していないようにも見えますが、強調処理しても良く分かりません。
 シーイングの良い時を待つことにしましょう。

 どうやら日本海にある低気圧が上空(2、3千メートル?)の空気をかき混ぜているようですね。

| | コメント (0)

丹波篠山の黒大豆の枝豆 2009/10/19

 いただき物です!ありがとうございます。
 丹波篠山の友達から送ってもらっている由緒正しい?黒豆の枝豆です。

 なんと言ってもビールの肴に最高のの枝豆です。普通の枝豆に比べると、まん丸と太っていて、その甘みは食べ出したら止まりません。

 枝付きのを送ってもらっています。
Sany0069p36

 早速、枝から切り離して今夜の晩酌の肴です。
Sany0077p36

 黒大豆の枝豆はいつもこの時期、秋たけなわのころに戴いています。

 ちょっと夏場のビールに合わせてと思ったりするのですが、今が旬!

 美味しくいただきました。

 ごちそうさまでした・・・(^o^;)/~

  

| | コメント (0)

木星 2009/10/18

Kmj2009101809h26mut  天気予報では一晩中晴れだったのですが、最初のショットを撮った後、西から雲がやってきて、シーイングは極端に悪くなり、雲も切れ間はあるもののなかなか動きません。

 大阪方面の北の空は晴れ間が広がっていますが、堺北部は曇ったままでした。明け方まで曇ってしまいました。

 衛星イオの影が通過中です。

| | コメント (0)

火星 2009/10/18(JST) 夜明け

Kmm2009101720h20mut  眼が覚めたら午前5時、火星撮影タイムの残りがありません。
 慌てて撮影準備をしましたが、3ショット撮すと撮影装置がベランダ手すりにぶつかってしまいました。

 大シルチスがないと寂しい火星です。

 DFK21AF04で撮影したRGB画像では北極雲(下側の極雲)が広がっているのが分かりますが、LRGBではどうしても北極雲の出方が弱まってしまいます。

 L画像が赤外域を含めて撮影しているからなのですが、なんか?いい方法はありませんかね・・・

| | コメント (0)

木星 2009/10/17

Kmj2009101709h26m11h50mut    

 日中は雷雨があり、ほぼ天気予報どおりでしたが、夕方から良く晴れてきました。

 ただ、透明度も悪くシーイングもあまり良くなく、木星が小刻みに揺れていました。

 早めの撮影で大赤斑付近がかろうじて写りましたが詳細は不明です。

| | コメント (0)

月面 2009/10/16(JST) 夜明け

 明け方の月が1日で細くなっていく。
 火星撮影後またしても薄明に消えていく月を撮影してみました、

 闇に沈みかけのシッカルトクレーター
Kmmoon20091015b

 グリマルディクレーター
Kmmoon20091015c

 北の端に近いピタゴラスクレーター
Kmmoon20091015d

 明け方の月は見るチャンスがあまり無いので、余計に?新鮮さを感じるのかもしれない。

 20cm Dall-Kirkham & DMK21AF04 

| | コメント (0)

火星 2009/10/16(JST)

 木星がまずまずだったので、気をよくして、2日連続で火星タイムに起きました。
Kmm2009101520h25mut

 シーイングもまずまずだったので、できるだけでっかく撮影してみました。

 しかし仕上がりはもう一つでした。残念!

| | コメント (0)

木星 2009/10/15

Kmj2009101509h46mto11h36mut  久しぶりに安定した晴れがやってきました。

 シーイングもまずまずです。

 大赤斑は登場しませんが、そこそこのディティールが写りました。

 永続白斑BAの中のリングもなんとか写っています。

 北部(下)の小赤斑も見えますが、やはり輪郭までは写りませんでした。

 これぐらいのシーイングが何時も欲しいですね!

| | コメント (0)

明け方の月 2009/10/15(JST)

 火星撮影の時に東の空にはきれいな月が見えていました。
 火星撮影後、薄明中の月がまだ明るく見えていましたので、急いで撮影してみました。

 シッカルトクレータ付近です。
Moon20091015b

 グリマルディクレーター
 クレーター内右下の小さなクレーターはグリマルディBで、「さへき」と名付けられたのですが、正式名にはなりませんでした。
Moon20091015a

 アリスタルコスクレーターとシュレーター谷
Moon20091015c

 明け方に見えるクレーターの内部が黒く見え、いつもと違うクレーターに感じてしまいます。

 すっかりと明るくなった月の全体像をデジカメコリメートで記念撮影です。
Sany0059p36

 少し寒いくらいの気持ちのいい朝でした。   

| | コメント (0)

火星 2009/10/15(JST)

Kmm2009101420h12mgmt  一ヶ月ぶりに、朝、うまく眼が覚めました。
 ちょうど隣のベランダとの隙間から火星が見えています。

 昨夜、木星の後の雨もしばらくすると止み、夜半には晴れてきていました。

 前回の火星からちょうど一月経ち、同じように大シルチスが右に見えています。

 短い時間ですが、4画像で揺れる火星を作ってみました。

 僅かしか揺れません(笑)
Kmm2009101412345678

 視直径は大きくなったと言っても僅か7.1秒角でしかありません。

 昔なら撮影していない大きさです。

| | コメント (0)

木星 2009/10/14

Kmj2009101409h21mut  天気予報と違って晴れ間があったので撮影を開始していると、 夜空がピカッピカッ・・・と、
 西から雲がやってきて、シーイングは極端に悪くなるし・・・

 慌てて片付けると、まもなく雨!

 危うくセーフ?

 大赤斑の中央は撮影することができませんでした。

 今夜は間違わずにカラーです!

 大赤斑北側の小白斑はまだありそうですが、この画像だけでは何とも言えませんね?

| | コメント (0)

木星 2009/10/13

 あーぁ~情けない・・・
 カラーカメラのデータをモノクロで保存してしまいました。
 よって!モノクロ画像です(笑)
Kmj2009101311h04mut  LRGB法ではPCカメラをモノクロとカラーを同時にパソコンに繋ぎながら撮影しているのですが、撮影ソフトは同じものを複数立ち上げています。

 ところがこれが良く混乱するのです。使う方が混乱しているのかもしれませんが・・・

 混乱しないために、パソコンへのカメラの繋ぐ順番や、起動の順番、終了の順番など決めて呪文のように繰り返していたのですが、先日、終了の順番を間違えてしまいました。

 その翌日の撮影ではそれを意識してチェックしたので、ちゃんと撮影できたのです。

 しかし、今夜はチェックを忘れていました。

 カラーカメラの保存データーがモノクロカメラと同じになっていたのです。
 このカメラを使いはじめたころはしょっちゅうあったのですが、手順をふまえてからは久しくなくなっていたのです・・・疲れました(涙)

| | コメント (0)

木星 2009/10/12

Kmj2009101209h34mut  1日中晴れが続き、夕方から木星撮影の準備を始めました。
 日中の陽射しで望遠鏡もベランダもホットです。

 薄明中から木星を導入して眼視で見ましたが、ガリレオ衛星の内外像がちょっとずれています。
 あまり触った記憶がないのですが、ボケ方からどうも副鏡がずれているみたいでした。
 光軸修正している間にどんどんと空は暗くなってきました。

 気象衛星ひまわりの画像では西から雲がやってきているので、早めに撮影開始です。

 高層の西風(ジェット気流?)が木星を忙しく揺らしていますが、大きな揺れはありません。

 カラーカメラの撮影モニターを見ていると、いつもより大赤斑がくっきりとしているような気がします。
 大赤斑が濃くなってきたのでしょうか・・・最近の中ではシーイングがちょっとだけ良い?ので見やすいだけなのでしょうか。

 画像処理をしてみると、なかなかディティールが出てきました。

 大赤斑の北側(下側)になにやら小さな白斑が明るく写っています。
 10月の初めごろからこのあたりは明るくなっているようですが、前夜の10月11日の画像では、白斑としては写っていません(シーイングが悪かったので捉えられていないだけかもしれませんが)。

 大赤斑姿が良く写っている、9月24日の画像と比較したアニメを作ってみました。
Kmj20090924vs1012grs

 これからどうなっていくのでしょうか?

 ほんとに暗くなるころには予定より早く雲がやってきましたので、撮影終了。

 3枚の画像でまたまた揺れるアニメを作ってみました。
 往復なんですが、戻りの時は早回しふうにして往復でタイミングを変えてみました。
Kmj20091012135

 遊んでいるわけではありませんが、動く画像で見やすいのはどんなかな~と探しているだけです。

| | コメント (0)

「体育の日」快晴 2009/10/12

 朝から抜けるような青空!・・・しかし、火星観測可能時間帯には眼が覚めずに、陽が昇ってからしかたなく望遠鏡やパソコンを片付けました。

 堺では市民オリンピックが、近くの金岡公園陸上競技場で開かれています。
 昼からちょっと見学がてら出かけてみました。
Dsc_7815p72

 公園のモニュメントの噴水?の水が明るい太陽光に照らされて、輝いていました。
Dsc_7819p72

 しばらく陸上競技を見ていましたが、自分が出るわけでもないので金岡公園を後にして大泉緑地公園へと場所を移しました。まあ、自転車ですから10分ぐらいで移動完了です。

 祝日ですからたくさんの人出かなとも思ったのですが、思ったより少なめでした。

 池の周りを周回しながら思ったままにスナップ撮影です。
Dsc_7846p72

 あまり明るい花はなく、またまた逆光系でススキ(笑)
Dsc_7855p72

 樹の上に鳥が・・・百舌鳥(モズ)?
Dsc_7852c_p200

 大泉緑地公園には、いつも鳥撮影のみなさんが、 凄いレンズを持ってポイントに集まっておられます。
Dsc_7863p72

 私のタムロン28mm-300mmズームでは、歯がたちませんが、撮影練習をしてみます。
 ダイサギ?の小魚捕獲!
Dsc_7895c_p200

 ダイサギの飛翔!
Dsc_7919c_p200

 鳥の名前は勉強中です。間違ってたらすいません。

 それと、鳥の写真はズームいっぱいの300mmでも寄り切れませんので、トリミングモードになっています。

 そのうち望遠鏡でも持って撮影に出かけてみましょうか?      

| | コメント (0)

木星 2009/10/11

 天気予報よりずっと雲が多く、雲が薄くなるのを待っての撮影でした。
Kmj2009101110h14m12h25mut

 始めはシーイングがまずまずだったのですが、時間とともに悪くなっていきました。

 カラーカメラのDFK21AF04を立ち上げたとき、IC capture2 のカラーバランスがうまく作動せず、再度起動したところで動いたのですが、ちょっとカラーバランスがいつもと変わったみたいです。
 
・・・壊れる前兆?でなければいいのですが・・・

| | コメント (0)

木星 2009/10/10

 台風が通過した後、晴れ間もあったのですが、強烈に気流が乱れている上に雲も多く、撮影できなかったのですが、ようやく?昔の体育の日に撮影できました。

 シーイングも良くはないけれど、まずまずでそこそこ写りました。
Kmj2009101010h05m11h46mut

 永続白斑BA(上部の小暗斑の左側)は、ますます分かりにくくなり、眼視ではもちろんのこと、画像処理によって詳細が見えるまでまったく分からなくなりました。

 NEB(下側の濃いベルト)は相変わらず複雑な構造をしていますが、このシーイングでは込み入った姿を現すことは難しいですね。

 右下に現れる小赤斑がオレンジ色に写っています、輪郭が捉えられないので、大きくなったのか、濃くなっただけなのか良く分かりませんが、異彩を放っています。

 4画像で自転アニメも作ってみましたが、時間間隔が空いているので、一瞬自転モードから離れてしまう感覚になってしまいます。
Kmj200910101458

 1フレーム0.5秒送りで、最後のフレームを1秒表示にしました。 

| | コメント (0)

夜明けの土星 2009/10/11(JST)

 明け方火星を撮影しようと午前5時前に起き準備を始めると、北から雲がやってきて火星は見えなくなってしまいました。
 東の低空に金星がキラキラと輝いているので、望遠鏡に導入すると金星も雲に覆われてしまいました。
 金星よりも下に星が見えるので導入するとこれが土星でした。

 まぁ!記念に撮影!
Kms2009101020h33mut

 かろうじて環が分かる・・・高度15°ぐらい・・・
 水星は見えませんでした。

 この後全天雲だらけになりました。
Dsc_7788p72

 でもこの後、日が昇ったころには快晴の青空となりました。

 残念でした!

| | コメント (0)

木星 2009/09/09~20によるマップと自転アニメ

 台風がやってきて、なかなか強烈な風をもたらしてくれました。
 幸いベランダの望遠鏡は飛ばずにすみましたが、一晩中気が気ではありませんでした。

 9月9日と10日の木星画像を中心にマップを作り、1回転の自転アニメにしてみました。
 ただ、両日だけの画像ではちょっと足りませんでしたので、日の離れた9月19日、20日の画像も入れていますので、あまり真剣に見ないでください。
 このころのイメージ画像・・・てな雰囲気でご覧ください(笑)

Kmj20090909to20c

 ゆっくり回すと、ココログの1メガバイトの制限を越えてしまいますので、超忙しく回転している木星です。

 マップは
Kmj2009099to20c

 これまた波打ってますし・・・色も不安定ですし・・・気にしないでください。
 経度も0(ゼロ)にあっていませんのでご注意ください。

 台風後のお天気みたいにバラバラです。

| | コメント (0)

中秋の名月 2009/10/03

 今日は夜明けまで雨が降っていましたが、夜が明けるとともに雨は上がり青空が広がりました。
 今日、運動会のところも多かったようですが、昨日までの予報では午前中雨でしたから、悩んでいたとは思うのですが運動会日和になりました。

 夕方近くまで良く晴れていたのですが、夕方からは雲が多くなり、ちょっとお月見が危ぶまれました。
 でもなんとか雲間から月が見え隠れしていました。

 職場からの帰路、ちょっと寄り道をして堺では有名な?仁徳陵古墳の上に見える名月を記念写真しました。
Sany0021bp36

 少し離れた百舌鳥八幡(もずはちまん)では賑やかに秋祭りが行われているのですが、ここは静かです。

 でも?この古墳に住んでいる狸がこちらを見て様子を窺っていました。
Sany0027bp36

 狸が宴会をしていたら、仲間に入ろうと思ったのですが?ちょっと無理っぽいですね?

 この後は雲が多くなり、木星もほとんど見えません。
 気象衛星ひまわりの画像では雲の塊はないのですが・・・ 

| | コメント (2)

出番のなかった20cmドブソニアン望遠鏡 2009/10/02

 雨の中、星のお話をしてきました。
 秋の星空に、木星、お月見、かぐや探査機、そして小笠原、北硫黄島近海皆既日食のことなど・・・結局、雨は止まずお話だけで終わりました。

 組み立てた20cmドブソニアン望遠鏡は、持っていったものの車から降りる機会もなく・・・
Sany0012p36

 車の中で鎮座していたのでした(雨)

 よりによってこんな日に雨が降らなくてもいいとは思うのですが、皆既日食の時に雨が降るよりはまだ・・・まあしかな・・・

 思いは複雑ですね・・・

| | コメント (0)

おぼろ月 2009/10/01

 明日10月2日は頼まれ天体観望会へ出向くのですが、観望用の望遠鏡が・・・ない?
 そこで、7月22日の皆既日食に持っていったコロナ観望用の20cmドブソニアンを組み立てることにしました。

 ところが日食から2ヶ月以上が経って、車にほったらかしのドブソニアン望遠鏡を組もうとすると、手順が思い出せない・・・、ネジなどのパーツの順番を忘れてる・・・やっとの思いで組み上げたらもう夜。

 昼間は青空がそこそこあったのですが、夜は雲だらけ、でもピントや光軸の確認だけはなんとかでき、月が雲間からかろうじて見えているので、記念写真をパチリ。
Sany0003p36

 20cmドブソニアンに手持ちデジカメのコリメート撮影、まあ、記念写真です。

 明日の天気予報は「雨」・・・話のネタをこれから準備・・・晴れないかな?無理かな・・・

 お月見の話でも延々としようか・・・?

 10月3日が中秋の名月です。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »