« 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月23日 小笠原諸島 父島上陸 午後 | トップページ | 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月25日 最終日 姫路帰港 »

「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月24日 北上

 昨夜から夜明けまで宴会が続いた後(テンションが上がりすぎてご迷惑をみなさんにお掛けしました、今からですがお詫び申し上げます・・・m(_ _;)m

 孀婦岩(そうふがん)が見えてきました。朝早くにもかかわらずみなさんが集まりました。標高99メートル海底火山の外輪山の一部らしい。
Dsc_6530p100

 夜明けまでお付き合いいただいた黒田さんもにこやかに登場されました。
 我々は、このクルーズ、この皆既日食ツアーを通称「黒田号」と呼んでいました。
 最初から最後までとってもお世話になりました。ありがとうございました。
Dsc_6533p100

 徹夜組は一寝入りすると、鳥島です。残念ながら鳥は見えません。
 そうこうしている間に朝食の時間が過ぎてしまいました。
Dsc_6541p100

 午前中はフリートークと操舵室の見学です。
Dsc_6604p100

 操舵室から見る全景は抜群ですが、ちょっと天候が悪くなってきました。
Dsc_6609p100

 午後には浴衣大会がありました。と言っても仲間内だけなんですが・・・私はふだんこのようなものを着ることがないので、浴衣一式を持ってきていただきました。
 コロナ画像処理中のパソコンと記念写真です。
 急いで画像処理したコロナは船内のデジタルプリンターで出力し、みなさんにお配りしました。
Dsc_6669p100

 旅の終わりが近づいて来て、グループ毎に記念写真が撮影されました。
 ここは西はりま天文台友の会ですが、この時全員集まれなかったので、最終日にもう一度撮影されました。
Dsc_6716p100

 天気も悪いので今夜の天体観望会は中止。私の望遠鏡なども解体?し片付けてしまいました。
 そして最後の夜の宴会モードに突入したのです。
Dsc_6718p100

 そして我々のグループの記念写真です。全員ではありません・・・違う人も入っています・・・良いのです!・・・(^o^;/~~~
Dsc_6741p100

こうして最後の夜は更けていきました・・・         

|

« 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月23日 小笠原諸島 父島上陸 午後 | トップページ | 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月25日 最終日 姫路帰港 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月23日 小笠原諸島 父島上陸 午後 | トップページ | 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月25日 最終日 姫路帰港 »