« 木星 2009/06/27(JST)その2 | トップページ | 日本熊森協会・・・ »

7月22日の日食へ持っていくもの・・・

 今度の皆既日食は北硫黄島付近の船の上で、見る予定ですが、皆既中の地平高度は84°あたりになります。

 実質、ほぼ天頂に近いと考えて良いでしょうか?今回もメインのカメラはニコンD70とミニボーグ60EDでのコロナ撮影を考えています。

 ニコンD70は液晶モニターがスイングするような芸当はできないので、天頂付近のコロナはとても覗き憎い!

 そこでアングルファインダーの中古を買いました。大阪梅田の八百富で、¥3K弱でした。
 それは、キヤノンのアングルファインダーBで、なぜ安いか聞くと、ちょっと白くもやっとするとのことでした。
 別に、これでピントを合わせる訳ではないので、一番価格の安い物を買いました。
Sany0605p36

 ただ、このままではニコンD70に付きません。装着部が幅広の接眼部アダプターEd-Ⅱが必要です。
 ネットで検索し、ソフマップのアウトレットで¥0.7K以下でありましたが、送料を含めるとその倍ぐらいになってしまいました。それは、この小さな物が普通の箱に入って宅配で送られてきたのでした。(普通の封筒でも送れるのに・・・)

 最初は自分で工作しようとも思ったのですが・・・
Sany0608p36

 これで、天頂近いコロナを写野の中に確認しやすくなりました。あとは船の揺れをどうするかでしょうか。

 あぁ、アングルファインダーの視野が白くもやっとするのは、アングルファインダーの対物レンズのアクロマートが、バルサム剥がれで気泡を生じていて、これはどうすることもできませんでした。

|

« 木星 2009/06/27(JST)その2 | トップページ | 日本熊森協会・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2009/06/27(JST)その2 | トップページ | 日本熊森協会・・・ »