« 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月20日 姫路港出港 | トップページ | 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月22日 皆既日食当日 皆既前 »

「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月21日 ひたすら南下

 7月21日、二日目。
 日本本土から随分と離れたと思うのですが天候は曇り。雲も大きく南下しているようです。
 早朝の海にも輝きはありません。
Dsc_5609p72

 今回のツアーは、兵庫県立大学の公開講座「日食観測アカデミック・ツーリズム・プログラム」として開催されており、日食当日の観測実習を含め、3回の講義を受けなくてはいけません。
 必修科目です!
Dsc_5619p72

 日食前日にあたる当日は下見として観測場所の見学を行いました。
 西はりま天文台友の会、大阪市立科学館友の会、星の広場、日本天文同好会のメンバーは大きな機材、望遠鏡など使用するものが多いので、最上階のトップデッキに集まります。
 日食24時間前には雲を通して何とか太陽の位置を見ることができました。
Dsc_5633colp72

 最上階のデッキは普段、旅客の入る場所ではなく、今回の日食のため特別に開放される場所で、出入りに制限があり、機材持ち込みのリハーサルなどはすることができませんでした。
 基本的な分担面積は90cm×150cmが言われていましたが、大きな三脚や望遠鏡など持たない人も多いので、最初から心配していた甲板面積限界による混雑は起こりませんでした。
Dsc_5634p72

 船内では日食Tシャツコンテストも行われており、黒田さん(西はりま天文台公園長、兵庫県立大学教授)の解説や黒田本舗など、日食グッズの販売などもありました。
Dsc_5657colp72

 私たちは一番安い4人部屋での宿泊ですが、私の機材を組み立てると、ベッド間の通路を塞いでしまいました。
 20cmドブソンは特に問題もなく組み上がりましたが、高橋P型の日食オートガイドの駆動回路が動かないなどトラブル続きで、半ば諦めかけてしまいました。
Dsc_5673colp150

 気象衛星の画像が公開されていたのですが、中国上海、トカラ列島、日本本土とも天気が悪そうで、南海上まで雲が下がり北硫黄島あたりが雲の南限界線になり天気は微妙でした。
Dsc_5677colp72

 今夜の夕食はフルコースディナーで、機材の不調も忘れて宴会モードに突入し、ビールもワインも美味しくいただきました(乾杯)
Dsc_5695colp72

 この後も部屋に戻り、機材の修復?・・・バッテリーがダウンしていたので動かなかったようでした。
 出発前夜ショートしたときに大きく電気を食っていたようです。その後、動いていたのですが船旅中?に完全に低下していたようです。
 充電装置も上手く使えず(鉛蓄電池も借り物)に四苦八苦しましたが、仲間の協力で何とか実用できるようになりました。

 寝たのは午前2時!もう日食当日です(激汗)   

   

|

« 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月20日 姫路港出港 | トップページ | 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月22日 皆既日食当日 皆既前 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月20日 姫路港出港 | トップページ | 「ふじ丸」皆既日食ツアー 7月22日 皆既日食当日 皆既前 »