« アスコスカイルック16cm反射望遠鏡 | トップページ | 木星 2009/05/20(JST) »

2009/05/12(JST)の木星でトライ2 と 気になるオーストラリア

 ちょっとお天気が悪く撮影チャンスがありませんが・・・またまた5月12日の木星でGIFアニメを作ってみました。
 6枚の画像から0.2秒間隔で動作しています。またまた往復運動です。
Kmj200905116sb

 ちょっと派手さ?が足りないかも知れませんが、この時期?としてはまずまずまとまっていると思います。

 話は変わって、最近というか、ここ数年、日本の遥か南にあるオーストラリアの惑星撮影が充実しているように感じています。
 それは、Mike SalwayさんとAnthony Wesleyさんです。お二人とも30cm級のニュートン反射鏡で素晴らしい成果をだされています。

 Mike Salwayさんは IceInSpace のサイトを管理され、惑星撮影から画像処理まで手ほどきされています。とても参考になります(英語で辛いですが・・・)。
http://www.mikesalway.com.au/
http://www.mikesalway.com.au/downloads/20090511-Jupiter_anim.gif
http://www.iceinspace.com.au/home.html
http://www.iceinspace.com.au/index.php?id=63,468,0,0,1,0

 モノクロカメラを使った惑星撮影では、LRGB法も解説されています。
 LRGBの合成をフォトショップのLabではなくレイヤーオプションの「カラー」を使って合成されています。

 Anthony Wesleyさんは木星の衛星エウロパとガニメデの食を動画で発表され、さすが・・・と感動していたら、40cmの新しい望遠鏡を作ったと新しいページができていました。
http://www.acquerra.com.au/astro/
http://www.acquerra.com.au/astro/gallery/jupiter/20090508-1802/
http://www.acquerra.com.au/astro/equipment/Nemesis-16/

 日本とは反対の南半球で、現在、南天にある木星の高度が高いのは分かりますが、それを超えた木星のディティールは技術力のたまものだと思っています。

いつの日か追いつき追い越したい?と思っていますが・・・無理かな・・・

|

« アスコスカイルック16cm反射望遠鏡 | トップページ | 木星 2009/05/20(JST) »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アスコスカイルック16cm反射望遠鏡 | トップページ | 木星 2009/05/20(JST) »