« 木星GIFアニメ 2009/05/09(JST) | トップページ | 木星 2009/05/11(JST) »

松葉菊(まつばぎく)の色

 この花は当然のことながらずーっと昔から見ていた。しかし、名前は今回初めて知りました。

 いつも夏場、照り付く太陽光の下じりじりと焼け付きそうな時に派手な色で咲いている。これからが本番だ。
 そしてその花びらは、ビニールで作られた安物の造花のように光沢を持っていて、とても日本の花とは思えなかった。

Sany0463p36

 南アフリカ原産とあって妙に納得しましたが、決して安物という意味ではありません。
 夏場の太陽にも負けず、咲き続けるエネルギーに感心しているのです。
Sany0466p36

 花言葉は「忍耐」だそうで、そのまんまだ!

 ところで、少し引っかかることがあります。それは花の色なんですが、私が見て撮影した花の色はもう少し?いや、もっと赤みが強くて紫色ではないのです。

 デジタルカメラの限界でしょうか?

 昔から赤紫色はカラー撮影の難物で、銀塩時代のカラーフィルムでも表現できなかった代物でした。
 RGBの三色合成で表される色の限界なのかも知れません。

 天体写真でも「本当の色」を求めて多くのみなさんが意見を交わされています。
 私などは「自分色に染める」などと言って逃避してはいるのですが、本当の色が分かるならそれに越したことはないと思っています。

 でも本当の色は分からないでしょうね?

 私より一世代前のころは、良く「天然色とカラー」は違うと言っていた人が多くおられました。
 そう言えば今でも「color と colour」は違うと言ってる人がいますから、進歩していないのかも知れません。

 色は不思議ですね・・・ 

|

« 木星GIFアニメ 2009/05/09(JST) | トップページ | 木星 2009/05/11(JST) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星GIFアニメ 2009/05/09(JST) | トップページ | 木星 2009/05/11(JST) »