« 吉野の桜 2009/04/13 | トップページ | 土星 2009/04/19 »

エプソン レーザープリンター LP-8400の修理

 1998年に購入したA3対応のレーザープリンターは12年目を迎えて、紙送りの調子がとみに悪くなってきました。
 もちろん途中でも、いろいろ調整?をしてきていたのですが、最近、紙がつながって排出され止まることが増えてきました。
 そこで、ちょっと意地になって修理を始めました。

Sany0312p36

 もちろんバラバラにすることから始めます。
 最初は紙送りローラーを疑いましたがどうもそうではありません。
Sany0313p36

 2枚送り防止装置(ゴム?スポンジ?)の劣化も疑って、滑り止めテープに交換してみましたがだめでした。(トレイ用)
Sany0316p36

 何度も繰り返し分解組立を行ったのですが、どうも紙送りローラーの間欠駆動がおかしいことに気が付きました。
Sany0314p36

 トレイ用の間欠駆動すべきローラーが連続回転をしている・・・
 プリンターの中には紙送りを判断するセンサーがたくさんあるのですが、これが壊れてるのかと赤外センサーを調べるとはずせる範囲の赤外センサーは正常のよう。
 ネットで調べると、間欠ギヤーのバネ、電磁クラッチ、電磁ソレノイドあたりが原因の可能性が・・・

 あちこち触ってみると、どうも電磁ソレノイドの動きが緩慢・・・外から見えやすいカセット用のソレノイドを見ると、なんか粘着しているみたい。(中央の赤いやつ)
Sany0315p36

 外して詳しくみると、焦げ茶色の粘着糊のものがあり、どうもこれがソレノイドの動きを緩慢にしているようだ。
Sany0405p36

 この糊状のものをはがしてみるとソレノイドの動きは軽やかになりました。
 この赤いソレノイドはカセット用ですから、トレイ用のソレノイドがあるはずと探したのですがなかなか見つかりません。
 どうもローラーやギヤーが組み込まれている中にあるようです。
Sany0398p36

 ところがあちこちのネジを外して、全部バラバラにしようとしても、どうしてもローラーやギヤーのブロックを取り外すことができません。
 でも、かろうじてトレイ用のソレノイドの固定ネジが下部の隙間から垣間見えたので、手探りで、無理矢理隙間から引きずり出しました。
Sany0413p36

 このソレノイドもやはり粘着糊?が着いており、削り取りました。
 元の位置に戻すのも大変でしたが、悪戦苦闘の末、組み立てました。

 なんとか普通そうに紙送りができるようになりましたが、80本ほどあったネジが、6本止め忘れで残ってしまいました。そのうちプリンターがバラバラになるかも・・・

 このソレノイドを型番から調べてみると、神明電気株式会社のフラッパソレノイドと呼ばれるもので、粘着糊になっていたのは消音設計のための熱圧縮ウレタンフォームが経年変化で糊状になったものと思われます。

 エプソンでは規定の修理期間が終わってしまったプリンターですが、なんとかもう少しの期間は使えそうです。

 ただ、どうしても完全にバラバラにできなかったことが心残りです!?!?はい!
 また、原因を突き止めるのに、この一月ほどかかりっきりになっていました。
 人件費を考えると膨大な修理代になっていると思います(笑)        

|

« 吉野の桜 2009/04/13 | トップページ | 土星 2009/04/19 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

8400復活しました \(^o^)/ 情報、有難うございます
カセット側の戻りが遅く、2枚ぐらい連続給紙状態になっていて、トレイ側だけ使っていましたが、こちらはウォームアップ中も給紙状態に、w(゚o゚)w  メーカーサイトに行ってみると、修理終了\(*`∧´)/

検索してみると、こちらの情報が!!!

私の場合、ギヤを外す勇気が無く、また、ネジへのアクセスが斜めなので、トレイ側のを外す事が出来ず、_| ̄|○
諦めかけましたが、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 思いつきました。 なんと、ホコリです。
綿棒の綿球を半ばムシリ、先を折り曲げ、間に入るようにして清掃し、それでも駄目だったので、
綿棒の先に、プリンタの中に積っていたホコリを付け、(大きいのは落とし、殆ど砂のようなやつだけ)
粘着力を弱め、復活に成功しました。
長期的にはどうなるか解かりませんが、とりあえず今回必要な分は印刷できました。両面印刷したかったので、一度印刷した紙の場合、カセット側ではうまく給紙せず、トレイ側の給紙がどうしても必要でした。
新しい格言、「ホコリは、プリンタを助く。」 有難うございました!!

投稿: 輝 | 2010年7月27日 (火) 17時43分

輝さん こんにちわ
 治って良かったですね。
 まだしばらくお使いください。
 私のもまだ使っています。
 エプソンも修理期間が終了したら、分解方法でも教えてくれたらいいのですがね。

投稿: RB星 | 2010年7月27日 (火) 18時46分

これはすばらしい情報ですね。私にとってビンゴです。

私もLP-8400Fを持っていますが、用紙トレーの給紙が連続動作してしまいとても困っていたんです。

初期不良でエプソンの修理の方を呼んだ際に聞いてみたところ用紙センサーじゃないか?とのことでしたが、その方LP-8400Fは頑丈で良いシリーズでしたけど見たのは2台しかないとのことで...。


基本的なことで申し訳ないのですが、この機体を開ける方法を教えていただけませんか。
そのとき教えてもらえたらよかったのですが、サービスの方は上手に見えないところで色々やって開けますからねぇ。

投稿: さわさわ | 2010年12月10日 (金) 18時12分

さわさわさん ありがとうございます。
 開け方は・・・私は見えてるネジを片っ端から外していきましたので、正しい開け方は分かりません。
 基本的には左側と上側から攻めていったと思います。
 上でも書いていますが、エプソンさんも修理しないのなら、開け方など教えていただきたいと思うのですが・・・ね。
 お役に立てずすいません。

投稿: RB星 | 2010年12月10日 (金) 22時27分

自分のところで捨ててあったLP-8600FXも同じ方法で用紙カセットだけ復活しました。感謝!
カセット用の電磁ソレノイドの色は赤じゃなくて青でした。
粘着糊を綿棒で取ると、多少ですがカチカチ言うようになりますね。無害で耐久性のある代替物貼れないかな。

トレイの方は自分の技量じゃ電磁ソレノイドが発見できませんでしたので、もう少し詳しい画像があると嬉しいです。

#やはりねじが6本くらい余ったorz 

投稿: | 2011年2月15日 (火) 16時43分

こんにちわ
 トレイ用のソレノイドは左下から覗いてやっと見えました。
 分解の仕方が分からずに無理やりしたから引き出したしだいです。

投稿: RB星 | 2011年2月15日 (火) 17時35分

good!!!大変参考になりました

投稿: | 2012年4月 1日 (日) 18時03分

レーザープリンターの修理で検索してこちらにたどり着きました。
私のプリンターは富士通のXL6100という古い機種でソレノイドはパナソニック製でしたが、故障症状も故障原因もまったく
一緒でした。
貴重な情報を公開していただきまして、感謝いたします。

投稿: sippo | 2014年3月31日 (月) 18時56分

sippoさん お役に立って良かったです。

投稿: RB星 | 2014年3月31日 (月) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野の桜 2009/04/13 | トップページ | 土星 2009/04/19 »