« RegiStax5 Align using Centre of gravity(輝度重心) | トップページ | 木星 2009/04/22(JST) »

26型液晶モニター

 今まで19インチのCRTモニターを使っていたのですが、1600X1200ピクセルで表示させていると、字が小さくて読みづらいのです。
 そうです眼がついて行かなくなってきたのです(笑)

 つい2ヶ月ほど前、モニターにピントが合うためのメガネ(老眼鏡とも言います)を作ってもらったところですが、それでもモニターの小さな字は解像しきれません。

 そこで、レーザープリンターの修理ができたので、その費用を大きなモニターに回すことにしました。

Sany0451433p36

 最近の液晶モニターはハイビジョンなどの映像に合わせて横長になっていますが、少々大きな液晶モニターでも縦の長さは19インチCRTと変わりません。

 そこで最近の安売りの中では一番?大きな26インチ液晶モニターにしました。
 1920X1200ピクセルの表示で、横幅はもちろんのことですが、縦も大きくなりました。

 LGエレクトロニクスのW2600V-PFで¥32Kでした。

 画像処理をするならEIZOや三菱などの高級品をと言われるのですが、費用が3~4倍もしてはとても無理です。

 視野角の狭さで、見る位置が異なると輝度や色合いが変わってしまうのですが、まぁ、ひとりで正面から見ることに限定すれば何とか実用範囲でしょう。
 字が大きくなって読みやすくなったことでストレスも減り、このモニターと当分お付き合いをしていきます。

 画像処理の色合わせのために、19インチCRTをサブモニターにしようとも思ったのですが、残念ながら・・・置き場所がありません・・・ハイ!

 通販で買っても良かったのですが、現物を見てみたいので大阪日本橋へ出向いて購入しました。

 約10Kgのモニターを電車で持ち帰るのは、なかなか大変でした。

|

« RegiStax5 Align using Centre of gravity(輝度重心) | トップページ | 木星 2009/04/22(JST) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RegiStax5 Align using Centre of gravity(輝度重心) | トップページ | 木星 2009/04/22(JST) »