« 木星 2009/03/16(JST)今シーズン初! | トップページ | 土星 2009/03/16 »

Registax5(beta) Quality settings

 最近、レジスタック5β版を試しながら使っているのですが、アライメントの実施後、クオリティの順に並んでいないといけないのですが、どう見ても良い方にぼけた画像が集まっているのです。

 分からずに、レジスタック4を使ったりしているのですが、やはりクオリティの判断方法が違うのではと見てみました。

 レジスタックスには以前からクオリティの判断方法が選択できるようになっているのですが、訳の分からない私はデフォルトのまま使っていました。

Classic01

 レジスタックス5βのQuality settingsは「Gradient 2」、レジスタックス4では「Gradient」になっていました。私が触っていなければこれがデフォルトかな。

 Quality settingsには他にも選択できるのですが、その中の一つ「Classic」を使ってアライメントをしてみると、クオリティの並び方が私の思っているのと同じように良→悪とならび、見た目が揃いました。

 どうも撮影対象やシーイングによるボケ方によってクオリティ判断方法を変えないといけないようです。
 今回の土星は「Classic」が良かったのですが、木星はも一つでした。
 ちなみに、「Gradient」では、ボケている画像が中程に混じっており区別が上手くできていませんでした。

 レジスタックを理解するのはまだまだ勉強不足ですね・・・

|

« 木星 2009/03/16(JST)今シーズン初! | トップページ | 土星 2009/03/16 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2009/03/16(JST)今シーズン初! | トップページ | 土星 2009/03/16 »