« ピッコロシアター卒業公演 | トップページ | 土星 2009/03/10 »

世界天文年 ガリレオ望遠鏡復元 イン 堺

 星仲間である堺の眼鏡屋さんのAさんは、惑星撮影用の大気・色分散補正用のウエッジプリズムを作ってもらったりしています。

 Aさんは今年の世界天文年の一つ、ガリレオ望遠鏡の復元(光学的レプリカ:実際に観測できる)にも関わっています。

 今日(3月10日)NHKの取材がありましたので、ご近所ですから冷やかしの見学をしました。

 眼鏡屋さんの店頭です。Dsc_4089p72

 取材風景です。
Dsc_4101p72

 Aさんは以前からガリレオ望遠鏡の研究を続けられておられます。

http://www.sakai.zaq.ne.jp/duadr200/galileo/

 今日も新しく手に入れられたガリレオ本を見せていただきました。
Dsc_4066cp72

 ガリレオが使ったレンズの精度なども掲載されており、面白そうな本でした。
Dsc_4075cp72

 ガリレオ望遠鏡復元に使うレンズは、メガネレンズではなく、堺にある光学レンズメーカー(菊池光学精工株式会社)によるもので、高精度に仕上がっています。
 取材に合わせて工場も見学させてもらいました。
Dsc_4119cp72

 個人的には他の研磨機とか、色々あって面白そうでしたので、取材とは別にちょっと案内してもらいました。

 Aさんは、この3月24日から始まる日本天文学会2009春季大会(大阪府立大学にて)でもガリレオ望遠鏡のことを発表するそうです。

 この取材放送は、BSで海外向けに英語版で流されるそうです。放送日等はまだ未定です。
 どんな風に編集されるか楽しみです。    

|

« ピッコロシアター卒業公演 | トップページ | 土星 2009/03/10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

RB星さん、はじめまして。ガリレオ望遠鏡の復元で検索していてたどり着きました、
上記の記事にありました菊地光学で働いています池田と申します。

写真でも菊地社長の後ろに背後霊のように写っていますが・・・、その際にカメラの事でちょっとお話させていただきました、
D70を使っておられたその方がRB星さんだと思うのですが、どうでしょうか?
ブログをちょっと拝見しましたが、RB星さんは天体観測、撮影にお詳しいのですね、これも奥が深そうです、
デジカメでの天体撮影ではノイズ処理なんかも大変なんでしょうね。

会社のサイトに、ガリレオ望遠鏡の復元に関してレンズを研磨加工した、という事を載せたら良いのになー、と思って
あれこれと検索していて、こちらのブログ記事に巡り合い、嬉しくなって書き込みをしています、
不都合な内容でしたら、削除をお願いいたします、機会が有りましたらまたお会いしましょう。

投稿: 池田 | 2009年3月24日 (火) 22時04分

池田さんコメントをありがとうございます。
 D70を持ってお邪魔をしていたのが私です。
 ぜひガリレオ望遠鏡復元レンズなどについても発信して世界天文年を賑やかに?していただけたらと思います。
 私は天体望遠鏡の趣味から反射鏡の研磨などを少ししていますので、工場を興味深く見学させていただきました。
 口径30cm級の平面研磨など社長さんに案内していただいて、とても心躍りました。
 デジタル一眼レフなどを使った天体写真も興味はあるのですが、深く深く研究されている天文仲間がいてますので、私などは足元にも及びません。
 天体写真の星空撮影では、冷却CCDとかデジタル一眼レフをペルチェ素子で冷却してノイズを減らすことが主流になっています。
 踏み込めば泥沼の世界です(笑)
 機会がありましたら、こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: RB星 | 2009年3月24日 (火) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピッコロシアター卒業公演 | トップページ | 土星 2009/03/10 »