« セブ島のシリウス-B | トップページ | ヴィーナス 2009/02/14 »

1テラバイトハードディスク

 現使用中のデスクトップパソコンのハードディスク(Cドライブ)が、なんとなく振動が増えてきた気がする。

 元もと振動の多いシーゲートの500GB-IDEのものですが、転ばぬ先の何とやら・・・で入れ替えることにしました。

Sany0304p36

 元と同じ500GBでは面白くないので、1TB(テラバイト)に増量増設することにしました。

 以前書いたとおり、今や、私のパソコンマザーボードに合う IDE のハードディスクはもうパソコンショップ店頭にはありません。
 S-ATAのハードディスクを購入し、以前増設したPCIスロットS-ATAアダプターバッファローのIFC-PCI2SAは、ジャンパスイッチの切り替えでシステムOSの起動にも切り替えることができます。

Sany0306p36

 まずは増設モードでAcronis Migrate Easyを使ってハードディスクの丸コピーを行ったあと、立ち上げ前にS-ATAアダプターのディップスイッチを起動用(ブート)に設定、IDE(1)プライマリのハードディスクもコードも全部外し、再起動すると気持ちよく1TBのハードディスクからWindowsXPが立ち上がったではありませんか。

 もう少しトラブルがあるかと思ったのですが、肩すかしでした。でも、トラブルはない方がいい! 1TBのハードディスクは\7.8Kでした。

 これでまた、パソコンの寿命が延びました・・・

|

« セブ島のシリウス-B | トップページ | ヴィーナス 2009/02/14 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セブ島のシリウス-B | トップページ | ヴィーナス 2009/02/14 »