« 木星 2008/11/04 | トップページ | 土星 2008/11/06(JST) »

土星 2008/11/05(JST)

Kms2008110421h01mut  11月4日、夕方の木星は散々でしたけれど、天気予報ではずーっと晴れマークがでています。

 北の冷たい高気圧がやって来て、シーイングが良くならない可能性はありますが、木枯らしが吹きすさんでいると言うほどではないので、少しでも期待して明け方の土星に努力。

 ひと寝入り後、ベランダに出てみると、おおいぬ座のシリウスが明るく輝いています。思ったほどちらついてはいません。

 望遠鏡を土星に向けてみると、まずまずのシーイングで、細い環もちゃんと見えています。

 ところが、いざ撮影に入ろうとすると、シーイングが悪くなり、良く見ると淡い雲が通過しています。
 良く見ないと分からないぐらいの雲なので、大したこと無いと思っていると、なんかやたらと土星が揺れるし、時々大ボケもします。

 そして良く見ると、空全体に広がっているではありませんか・・・

 でもせっかくですから、撮影はするのですが明るさは変化するし、ボケるし、そのうち夜が明けてくるし・・・

 しかし粘って待っていると、青空の中で淡い雲の途切れているところがやってきました。
 そこはまずまずのシーイングでした。

Dsc_26828485p100

 もう夜が明けています。
 私の20cmは接眼部の遮光チューブが不完全で、接眼部から天空の直接光が見えるため、薄明中などは不利なんですが、かまってられません。
 青空に埋もれる前になんとか捉えることができました。

 画像処理をしてみると、衛星タイタンの本体が土星面を通過中でした。
 眼視でも、モニターでも気づきませんでしたが、今シーズンは衛星が土星本体近くを通過するので、こんなシーンを良く見ることができるはずです。

 今度は眼視でじっくり見てみたいものです。

Kms2008110478910

|

« 木星 2008/11/04 | トップページ | 土星 2008/11/06(JST) »

惑星撮影」カテゴリの記事