« 秋味 | トップページ | 空蝉(うつせみ) »

真空波動研SuperLite

 アニメのタイトルみたいな名前ですが、そうではなくて動画やサウンドのファイル形式(コーデック)を読み取るフリーソフトです。
 ありがとうございます。

http://www.kurohane.net/seisanbutu.phtml

Shslicon  AVIファイルを「真空波動研SuperLite」のアイコンにドラッグドロップするだけで、AVIファイルのコーディックなどの詳細を教えてくれます。
 もちろんAVIだけでなくmpg なども同じです。
 ToUcam PRO やDFK21AF04、DMK21AF04で撮影保存したコーデックを見ることができます。

↓はToUcamで撮影したAVIファイルものです。
 私のToUcam はファームウエアを書き換えて、spc900nc(ToUcam PROⅢ)相当になっていますので、保存コーデックとしてYUY2(カラー深度=16ビット)を選ぶことができますが、通常のToUcam PRO では I420(カラー深度=12ビット)しか選択できません。
Toycamspc900ncyuy2b

↓はDFK21AF04のカラーカメラですが、無圧縮のRGB24(カラー深度=24ビット)になっています。
Dfkrgb24

↓はDMK21AF04のモノクロカメラですが、8ビット不明Y800になっています。Y800コーデックはちょっと特殊なのでしょうか。
Dmky800

 3行目にある(AVI2.0)はAVI規格の古いVFW(ビデオ・フォー・ウインドウ)に対応していることを示しています。

 ただ、このソフトで読めるのはあくまでファイルのデータだけで、DFK21AF04などのカメラ側のセッティングフォーマット(BY8とかYUV)は、当然のことながら見ることはできません。

 このデータを見たからと言ってどうなるものではありませんが、いろいろなコーデックがあることを勉強できることでしょうか?

 コーデックの勉強を私はここで見ています。

http://vision.kuee.kyoto-u.ac.jp/~hiroaki/firewire/yuv.html

 複雑で良く分からないコーデックの世界です・・・

|

« 秋味 | トップページ | 空蝉(うつせみ) »

画像処理」カテゴリの記事